五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』第十五話「強き者と弱き者」感想

昨日、前の回の感想を書いたところなのに、もう次の回の感想です。前の回の話をかなりしっかり覚えているのは、いいことなんですけどね。でもなんか、変な感じがするというか、恥ずかしい感じがするというか・・・。まぁいいや。さっき一本感想を書いたら、もうなんか眠くなってきていますが、感想いきますよ。では、『SDガンダム三国伝』第15話の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

自分たちを必要としてくれる者に出会うための旅に出た劉備たち。空腹のため倒れていた彼らを助けてくれたのは、徐州の民とその領主陶謙だった。陶謙は病床につきながらも、劉備たちを手厚くもてなしてくれた。しかし、その徐州に曹操軍が攻め込んできた。劉備たちは、陶謙の恩に報いるためにも、と曹操の前に立ちふさがるのだが・・・、という話。

陶謙の守ってきた徐州という国に対して、劉備と曹操の考え方がぶつかるような話でしたね。民の支えによって領主は成り立つものと考える劉備と、民は強い者に守られてこそだと考える曹操。同じ民を思う者同士であっても、下から思いを大事にする劉備と、上からの保護こそ大事にする曹操、という違いなのでしょうね。武力をあまり持たない陶謙の治める徐州に対してこそ、その二人の考え方の違いが鮮明になったのでしょう。まぁ、どちらが正しいということはないのでしょう。劉備の考えでは、外敵に攻め滅ぼされてしまう危険性は高くなるわけだし、曹操の考えでは領主の資質如何で国が不幸になってしまう可能性もある。徐州という国をもとに、劉備と曹操、二人の考え方の違いをはっきりと魅せたのはとてもよかったです。

徐州に攻め入った曹操ですが、劉備と一太刀交えただけで撤退を決めましたね。もう少し、二人の対決が見たかった・・・。なんで?なんて思ったのですが、そこはしっかり司馬懿が突っ込んでくれました。曹操は、なんだかんだ言っていましたが、司馬懿の言っていたことが彼の真意なんでしょう。曹操、ツンデレ・・・(笑)?曹操も、民を思うということを同じくする者として、劉備とこの段階で決着をつけるのは惜しいと思ったのでしょうね。彼にとって、先に戦うべき相手がいるのだろうし。また、劉備がどういう国を作り上げていくというのを見たかった、というのもあるのかもしれません。

曹操を追い払うことに、(結果的に)成功した劉備。しかし、陶謙は劉備に国を任せることを言い残し、死んでしまいました。演出のうまさなのか、なんか泣けるような感じが・・・。それにしても陶謙、出てきたと思ったら、こんなすぐに退場とはね。もう少し、劉備が陶謙と出会って、なにを思うのか、というのも見たかったですよ。そして、陶謙だけでなく、民からの願いもあって、劉備が徐州を治めることになりました。いいですよね、自分が、と領主になるのではなく、みんなが必要とするから領主になる。民が自分を必要としてくれる、これこそが劉備の求めていたものなのかもしれません。しかし、前回始まった劉備の旅、これで終わってしまったぞ・・・。ちょっと早すぎでないかい?もっと劉備が旅の中で、いろいろな人物と出会っていく、そんな話もみたかったようにも思いましたよ。

徐州を治めることになった劉備。でも次は、曹操が中心の話のようですね。彼のもとに、また強力なキャラが従えるようになる話なのかな。誰でしょうね?どんなキャラでしょうね?とにかく、次回も、楽しみです。

SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors創世記 劉備編SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors創世記 劉備編
(2010/06/23)
岩本 ゆきお

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>そんな話もみたかったようにも思いましたよ
それはもう三年前にやってしまったので、アニメでは初めて彼が国を持つという展開をしたかったのですよ
実際には時間の制約と、あまりにも少なすぎる予算からくる弊害だそうですが

>でも次は、曹操が中心の話
さらに再来週からは二話連続で孫権のターンなので、劉備一行は約一ヶ月お休みです
まぁ次出てきた時には、袁術が皇帝宣言と同時に部下である呂布と共に徐州を追い出されて、また放浪の旅になるわけですが…まぁそれはそれですね

>誰でしょうね
タイトルバックで誰なのかばればれですよね、アレ(笑
さらに、あのマントぐるぐるなのは、実は一年前の赤壁後の曹操ガンダムの旅姿と同じだったりして、それが今度は似たような姿の侠に襲われる曹操ガンダムという面白い構図だったりして、楽しそうですね

レッドグリブパートスリー | URL | 2010年07月11日(Sun)22:29 [EDIT]


Re: タイトルなし

レッドグリブパートスリー 様、コメントありがとうございます。

また、返信遅れて申し訳ありません。

この作品の狙いや、今後の展開、裏事情も含めて教えていただき、とても勉強になります。ちょっとネタばれがすぎるような感じもしますが・・・。もう少し抑えていただけるとありがたいです。当然、こうしてコメントいただけるのは、とてもありがたいことですよ。

> さらに再来週からは二話連続で孫権のターンなので、劉備一行は約一ヶ月お休みです
劉備たちは、お休みですか。ちょっと残念。でも、曹操や孫権の話のほうが、おもしろくなりそうな感じもします。楽しみにしてます。

> タイトルバックで誰なのかばればれですよね、アレ(笑
> さらに、あのマントぐるぐるなのは、実は一年前の赤壁後の曹操ガンダムの旅姿と同じだったりして、それが今度は似たような姿の侠に襲われる曹操ガンダムという面白い構図だったりして、楽しそうですね
実は、自分、意外と分かっていなかったりして・・・。まぁ、たぶん、という感じです。タイトルバック、んん?自分、もう一度見返した方がいいのかもしれない。マント姿のことは、コメントで、あぁなるほど、と気付かせていただきました。ありがとうございます。

ヴィッザ | URL | 2010年07月15日(Thu)20:54 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。