五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『黒神 The Animation』Episode23「道」感想

こんな早い時間に『黒神』の感想。そう、今日は仕事が休みなのです。で、早めにこの感想を書き終えて、『エヴァ』でも観に行こうかなぁ、と画策しておりますよ。『エヴァ』の感想、どうなることやら・・・。観に行く前から、気にいております。そんなことより、目の前の『黒神』の感想ですね。こちらでも、やっと最終回が放送されました。これで『黒神』の感想も終わるわけですが、来週から月曜日はどうしよう・・・。とにかく、最終回の感想ですね。では、いってみましょう。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

結婚式に臨む茜。彼女、そしてクロは、今までの出来事を思い出す。慶太への思いとともに・・・。そして、随分と時が流れたある日、役目を行うクロのもとに、慶太からの思いが届く。「すべてオレが背負う」と・・・、という話。

最終回、どういう話になるのかと思ったら、ほぼ総集編でした・・・。総集編といっても、これまでの出来事を茜とクロが思い返す、という形のものでしたけどね。これまでの慶太による視点から、茜とクロによる視点で、ということで、総集編としては面白かったです。でも、これ最終回だぞ・・・。最終回でいままでの話を回想する形で幕を閉じるのはいいだろうけど、それでも回想シーン多すぎだろ・・・。今の彼らの状況のシーンは、頭と終わりの少ししかないという・・・。まぁ、前回の話が実質的な最終回だったという作りは分かりますけどもね。

回想シーンなんですが、結構、クロと出会う前の茜と慶太の様子や、クロが慶太と出会う時の様子は、しっかり描かれてました。こうして視点を変えて、物語を捉えなおすというのは、面白いですね。物語序盤を思い出すとともに、こういう事情があったんだと納得するところもありました。でも、今回の話、物語の途中ならまだしも、これ最終回・・・。

で、出会いの部分は、しっかりと描いていたのですが、後半部分についてはずいぶんと端折り気味。まぁ、三人の関係が出来上がってしまってからは、特段、今になって描くこともないのかもしれないからなのかもしれませんけどね。でも、茜と黎真の契約の場面は、もっとしっかり描いて欲しかったなぁ。今回、茜視点で契約を受け入れる心情を描いているのはいいのですが、彼女の中にある葛藤というのは全然描かれなかったからなぁ。だって、葛藤してしかるべきでしょう。今まで敵のボス、諸悪の根本だと思っていた人物と契約するのだから。いくら納得すべき言説を並べられても、おいそれと信用できるものではないと思うしね。まぁ、描くだけの尺が無かったということかもしれませんけど。

そんなこんなで、茜は慶太と結婚、幸せな人生を謳歌し、死亡ということでお終い。なんか、そこまで感傷に浸る感じもなかったなぁ。まぁ、慶太自身幸せな人生を送ったようだし、満足して死んでいったからなのか。というか、そこまで慶太に思い入れがないからのような気がする。ところで、クロたち元神霊は年をとらないのか。クロと揶雲、以前と全く変わっていないようだったけど。

さて、終わり方としては、まぁまぁだったかな、と。彼らの今後を見せることで、想像の余地を奪われた印象もあるんですけどね。前回の終わり方で、作品を終わらせてもよかったのかなぁ、という気もしますけどね。一応、ドッペルライナーシステムという、この作品の根本の部分が解決するところまで見せたかった、ということなんでしょうね。


今回の話についての感想は、ここまで。で、この『黒神 The Animation』全体についての感想。

感想は、いまいち面白くなかったかな、と。

前半については、取り立てて面白い、というわけでもないが、それなりに楽しんでみていたわけですが、後半になって・・・。とくに、最後の真神編になって・・・。この作品、現代社会の裏で、暗躍する影、そして超絶アクションが行われる、ということに魅力があったんですが、真神編になってからは舞台も思いっきりファンタジーの世界になってしまったからなぁ。現代社会から、ファンタジー世界に舞台を移したことで、魅力が激減・・・。というか、この作品、2クールの作品なのに、舞台がコロコロと変わりすぎ。舞台だけならまだしも、倒すべき敵についても変わりすぎ。蔵木編なんかも、結局、端折りすぎになって残念な終わり方になった印象だし。なんか、作品全体での統一性みたいなものが、もう少し欲しかったなぁ。

次に、キャラクターの無駄遣い感がすごくある。前にも感想で書いたと思うのですが、どうもキャラクターに思い入れができる前に次々と死んでしまう。使い捨て感がすごい。たぶん、生か死かみたいな二択の結論しかないような戦闘に問題があったのでしょうね。主人公の慶太も、死んでは生き返りを繰り返していて、死ぬような場面があっても、「どうせ生き返るんでしょ」という冷めた見方しかできなくなっていたし。生か死かという戦闘による勝敗だけを目的とするのではなく、違うところに目的をおいた上での戦闘や、妨害や水入りなどをうまく入れるような形で、戦闘を見せるべきだったのではないかなぁ、と思いました。

あとは、作品の雰囲気の問題。キャラクターの雰囲気というのかね。前半は、慶太がうじうじしすぎで、どうしても爽快感の欠ける印象だし。後半になったら、それまで楽しませてくれたキャラクターだったクロが思い悩むようになり、楽しんで見られる雰囲気が全然なくなってしまっているというね。前半については、クロが楽しませてくれる場面もあったのだが、主人公は慶太で慶太視点で作られているため、慶太の暗くうじうじした心情がクロの面白おかしい言動も食ってしまう感じでね。そして、後半には、クロも・・・。ということで、もう少し明るく楽しめる感じで、作品を作ることができなかったのか、と。そんな印象をもちました。

感想はこんなところですかね。なんといっても、地味な作品。地味だけれども、良作、というのならいいのですが、そうでもない・・・。それでいて、目新しい感じも全然ない・・・。そんな印象の作品でした。なんか、サンライズ作品らしからぬ作品だなぁ、と。もちろん、悪い意味でね。べつに、サンライズが良作ばかり作るとは、全く思っていませんよ。でも、サンライズ作品、たとえ駄作でも、話題性があったり、見るべきところはある、というような作品を作るという印象があるんです。まぁ、個人的な印象にすぎないですけど。でも、そんなサンライズが作った『黒神』、なんかいろいろと残念な気がしました。

黒神 The Animation VOLUME03 限定版 【初回限定生産】 [Blu-ray]黒神 The Animation VOLUME03 限定版 【初回限定生産】 [Blu-ray]
(2009/07/24)
下屋則子浪川大輔

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『黒神 The Animation』Episode22「運命」感想

『黒神』も、残すところあと二話のようです。2クール感想を書いてきましたが、感慨深さは、・・・特にないなぁ・・・。そこまで必死になって見てきたわけでもないし、感想を書くのに苦心した感じもない・・・。いいことなのか、悪いことなのか・・・。まぁ、この作品全体の感想については、最終回である次回の感想のときにでも書くとして、まずは第22話の感想ですね。では、いってみましょう。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

黎真が封じた真神。だが真神は、再生は封じられたが、互いのテラを補うことで、一つの体として復活してきた。今ここに、クロと真神の最後の対決が始まる・・・。ついに、真神を倒したクロ。そして、もとに戻る世界、だがドッペルライナーシステムは消えていなかった。ナムは、呪いを受けた存在のクロがいるからだという・・・、という話。

なんか最終回のような話でした。というか、今回が最終回でもいいんじゃない?次回、何をするのかわからないけど・・・。そんな今回の話、後半のクロと慶太の別れのシーンは、なかなか良かったですよ。慶太があっさりクロとの別れを認めてしまった感じだったのは、疑問でしたけど。

ただ、前半の話は・・・。真神は何回蘇るんだ・・・。戦闘シーンは、結構力が入っていてよかったんですが、ちょっと展開にうんざり・・・。まぁ、子供向けの戦闘アニメならば、こういう展開が常のような気がしますけど、でもこれ、大人向けだろうしなぁ・・・。そんな作風と展開のアンバランスさが妙に気になりました。あと、慶太とクロの最後の決戦にかけるやりとり、ちょっとセリフが長いよ・・・。もっと端的に思いを伝えて欲しかった。

なかなか良かったと書いた後半のシーン。だが、彼らがいる状況に合点がいかない・・・。今回の話では、元の日常に戻ったような描写がされていましたが、清き処が出現した時点で、多くの土地が水没していたんでしょ。そして、蔵木の行ったことも含めて、多くの人の命も失われていたんでしょ。それが、そんなに時間が経たないなかで、元に戻るというのは・・・。再就職しようとしている茜だけが取り残されている感じがする、という違和感・・・。もっと、復興している最中、という状況ならば納得したと思うんですがね。まぁ、そうなると、のんきに生活している慶太たちが逆に浮いてしまうのかもしれませんが。

なんか最終回のようだった今回。で、次回はなにを描くのかな?定番としては、ある程度成長した慶太が再びクロと出会う、というものですけど。そういえば、「沢村」の墓に花をたむけていた人物は、意味深でしたね。あれが本物の沢村?あの時死んだのは影武者?次回の話であきらかにされるのかはわかりませんが、注目していますよ。とにもかくにも、次回は最終回、最後ですし、楽しみにしてますよ。

黒神 The Animation VOLUME03 限定版 【初回限定生産】 [Blu-ray]黒神 The Animation VOLUME03 限定版 【初回限定生産】 [Blu-ray]
(2009/07/24)
下屋則子浪川大輔

商品詳細を見る

PageTop

『黒神 The Animation』Episode21「神変」感想

肩が痛い、腰が痛い・・・。なんだろ、今日、異様に体の各部位がこっております。自分、もともと凝りやすい体質なのですが、月曜からこれなのはなぁ・・・。原因はたぶん、このブログを書くために座っている椅子ではないかと。安物の椅子で、長時間座っていると疲れてくるんですよ。で、昨日は、一日中パソコンの前にへばりついている状態だったし。さすがに、新しい椅子を買わないといけないかなぁ。さて、『黒神』の感想です。もう話も終盤ですね。うまくまとまってくれればいいのですが、どうでしょう?では、第21話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

真神二体を倒そうと戦いを挑む黎真。黎真の手により、真神を倒したかに思えたその時、クロが真神の力に支配されてしまう。そして、三人がそろい、真神は圧倒的な力で、すべてを破壊しつくそうとしていた。必死にクロに心を通わせようとする慶太。その思いが通じたのか、クロは真神の力を振りほどき、真神に戦いを挑んでいく・・・、という話。

最終回か、と思わせるほどの迫力ある回でした。アクションもなかなか良かったし、展開も盛り上がってよかったと思います。まぁ、クロが真神に乗っ取られて、あっという間に慶太により元の姿を取り戻すのは、どうかと思いましたが・・・。回をまたいでもよかったのでは、という感じもしましたね。それでも、慶太によるクロの説得は、はじめはうまくいかないが二回目で、とうまく間をとってくれたので違和感なく見られましたけどね。あと、クロと慶太が普通より深く契約している、ということが、今回の話で重要な意味をもっていたこともよかったですしね。それにしても、やっぱり主題歌の力は偉大だ。主題歌を流しながらの戦闘で、一気に気持ちが高ぶりましたよ。

そして、今回の話を全部もっていったのは、黎真。自分の命と引き換えに、真神二体を封じ込めることに成功したようです。今回でラスボス死亡ならば、おいおい、主人公形無しだよ・・・、と思うのですが、なにやら次回に主人公であるクロの役目があるようで。クロがするのは、黎真の後始末、ってことになるのかな。一度は真神を壊滅寸前まで追い込み、最後も真神封じ込めに成功し、大活躍の黎真さん。ただ、最後の自分の命を引き換えにしたイクシード、あれ、なんで黎真が死んでしまうの?って感じも・・・。理由については、ナムがしっかり解説してくれましたけど、絵的に説得力のある感じがしなかったなぁ。それは、おそらく黎真のイクシードに原因があるのではないか、と。黎真のは、遠距離から攻撃するイクシードだし。黎真のイクシード自体が近接するもの、そのため黎真が近接して真神と刺し違えるような感じならば、印象が違ったのではないかな、と思いました。

で、真神なんですが、やはり、クロだけが元神霊で、他二体が神というのは、違和感があるなぁ。そのためか、三人そろって攻撃するときなんかは、なんか笑えたし。他二体も神という存在ではなく、なにか生物に憑依する形ならば、説得力がありそうなのにね。まぁ、クロだけが元神霊で真神である、ということは、前回の話で、獅子神一族の呪いということで、説明されていたんですけどね。でも、呪いを残しておきながら、クロに対して神ではない、なんて言う真神、お前一体なに言っているんだ?って感じでしたけども・・・。

あと思ったのは、茜が黎真に協力するようになる過程。やっぱりこれは、しっかりと見せてくれなければ、ダメだったでしょう。傍観者の立場から、物事に積極的に介入するようになるには、大きな心情の変化があるのは当然のことだろうし。口で説明されるだけでは、いまいち説得力がない。まぁ、いまさら言っても遅いことですが・・・。茜に関しては、黎真の前では、弱々しい感じになるのに、慶太を前にすると強い態度になる、このこともよく分からなかったなぁ。

いろいろと思うところはありますが、戦闘中心の話で、クライマックスとしては盛り上がったかな、という感じの今回。黎真大活躍の回でもあったわけですが、次回は、クロが活躍してくれる回になるのかな。で、クロはいったい何をやるの?やっぱり黎真が封印した真神を破壊する、ってことになるのかなぁ。その点に注目しつつ、次回も、楽しみにしたいと思います。

黒神 The Animation VOLUME03 限定版 【初回限定生産】 [Blu-ray]黒神 The Animation VOLUME03 限定版 【初回限定生産】 [Blu-ray]
(2009/07/24)
下屋則子浪川大輔

商品詳細を見る

PageTop

『黒神 The Animation』Episode20「覚醒」感想

一気にいきますよ、『黒神』の感想。この20話が、こちらでの最新話になるので、これを書けばこの作品は放送に追いついたことになります。そして、あと宿題として残っているのは、『戦国BASARA』の感想一本だけ。明日休みだし、なんとかなりそうです。これで、先週・先々週に溜めた分も消化し、やっと通常の状態になれますよ。さぁ、『黒神』の感想、いきましょうかね。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

霊王石のもとへたどり着いた黎真。黎真はそこで、今までの出来事をふりかえる。獅子神一族に伝わる真神の呪いを解き放つこと、そのために真神を倒すこと、それが黎真の目的だった。そして、真神の呪いを受けた者こそ、クロだった。ついに、霊王石を破壊する黎真。そこから現れたのは、怨霊の大軍、そしてその奥から姿を現したのは真神だった、という話。

黎真のやろうとしてきたこと、そしてクロの秘密が明らかになった回でした。でも、同時に、う~ん?と首を傾げるようなことも・・・。それはさておき、クロと慶太、やっぱり生きていました。というか、黎真、わざと殺さなかったのかよ。まぁ、クロを殺してしまったら、今回の話で、黎真のやろうとしていることが本末転倒になるので、当然の行為という感じもしますけど。

黎真の過去なんですが、もう少し黎真の積極性という部分が欲しかったなぁ。母親を殺すまでは、ひたすら周囲に導かれて、という感じだったし。もっと、黎真が「根本的な解決をしたい」という思いを抱いて、それを母親が身を犠牲にして後押しするとかさぁ。どうも黎真自身の意思よりも、役目とか責任という部分が先に来ているのは、彼の強さを感じられず、なんか残念でした。

その獅子神の里で問題となっていたのは、一時的な状況の安定をはかるか、根本的な解決をはかるかの対立。そして、その中心にいたのが、クロ。その対立自体はもっともなことなんですけど、根本的な解決をはかる側が、そこまでしてクロを守る必要があったのか、と。クロを殺して、事態を安定化させた上で、根本的な解決をはかってもよかったのではないかとも思えるんですよ。また、根本的な解決をはかろうとしてきた黎真が、これまで多くの人々の命を犠牲にしてきたことも考えないと、って感じましたね。クロ一人の命で、一時的であれ事態が収まるのなら、安いとも考えられるんだし。彼の愛するものを守るって考えにしたって、自身の母親だって犠牲にしているんだしさぁ。なんか、黎真のクロを守って、真神を破壊するという考えが、腑に落ちなかった・・・。

あと、今までの黎真の言動から、彼がクロをどう思っていたのか、ということが分からないんだよね。序盤の話では、黎真はクロには無関心なように思えたしね。クロがここまで重要人物ならば、彼が一貫してクロについて気にかけているべきなんだけども。それと、獅子神の里でのクロと黎真の強い関係みたいのも、しっかりと見せるべきだったかなぁ、と。やっぱり、黎真のクロに対する思いは、しっかり描いてしかるべきなのではないか、という感じがしました。

茜と契約を結び、理解しあえるまでの流れ、結局、黎真の解説だけで終わってしまったけど、ここが見たかった。茜がどう黎真を理解していくのか、それがやはり重要でしょ。ドラマにもなるしさぁ。あっさり終わってしまったのはガックリ・・・。

怨霊がでてから現れた真神。人間の姿をしているのは、どういうことなんでしょう?神も人の形をする?ちょっと、違和感を覚えましたよ。もしかして、昔の獅子神一族のクロと同じ紋章をもつものなのかな?そのくらいの理由づけはほしいものですね。そういえば、やっと揶雲が活躍。遅すぎるよ・・・。もっと早い段階で、揶雲が大活躍する回があったら、役立たずって印象もなかったんだけど。ナムについては、・・・結構、こういうキャラ好きだったりします。まぁ、話の解説役みたいな、いい立ち位置のキャラですけど。

ということで、黎真の目的も見えてきた今回。でも、彼もそろそろお役御免な雰囲気が・・・。で、問題は、クロがどうなるかなのかな。真神に取り込まれそうなったクロを、慶太が救う、というラストが見える感じがしますけど・・・。どうなるかな?次回は、楽しみにしてますよ。

黒神 The Animation 第二巻 限定版 [Blu-ray]黒神 The Animation 第二巻 限定版 [Blu-ray]
(2009/06/26)
下屋則子浪川大輔

商品詳細を見る

PageTop

『黒神 The Animation』Episode19「千尋」感想

今日は、忙しい月曜のはずなんですが、予想外に早い時間に帰ってこれました。仕事が減っているのか?まぁ、いいや。ということで、『黒神』の感想です。この『黒神』も、先週感想を書いていないので、まずはその第19話から。そして、今週分も書くつもりでいます。ちなみに、こちらでは放送自体が遅れているので、これが先週分です。では、感想、いきましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

黎真の契約者は、茜だった。彼と契約した茜に疑問を抱きながらも、慶太とクロは、黎真と戦う。クロは、一度は黎真を追い詰めるも、茜の強大なテラをまとった黎真に形勢逆転されてしまう。そしてついに、クロは黎真のイクシードを受けて倒れてしまう、という話。

クロと黎真の対決の話。一話まるまる使った戦闘回でした。話自体をそれほど気にしなくてよかったので、自分としては楽しめたのかな、と。ただ、黎真とクロ、互いに追い詰められては回復、追い詰められては回復、という繰り返しの感じがしたのがちょっと気になった気もしましたが。たとえば、片手をダメージ受けたら、その手は使えないまま、片目をダメージ受けたらその目は閉じたまま、という感じで戦ってくれたら、もっと死力を尽くしてという感じに見えたのではないかと思いましたね。

黎真の契約者は、茜だったわけですが、なんか今までと性格変わっているような・・・。まぁ、最後に本人であるような雰囲気を見せましたけど。なにか強い決意で茜は黎真の契約者になったようだけど、やっぱり慶太やクロが傷つく姿を見たら、気持ちの揺らぎみたいなものは出てくるものでしょう。そのあたりをもう少し表現してほしかったなぁ。たぶん視聴者にも、茜は黎真に操られているのでは、と思わせるためそうしたんでしょうけど、最後の黎真のイクシードを食らったクロの場面なんかでは、茜がどんな表情をしているかはみせてがほしかったですね。

で、黎真が今まで行動してきたことも、かれが真神の力を求めるために行っていたということなのかな。すべては結局、黎真の思惑どおり、と。で、その力で、どうするのかはまだわかりませんがね。茜も、黎真に賛同していることからみて、たぶん悪いことをしようとしているのではない感じはしますけど。

さて、黎真のイクシードで、クロが死にました。そして、深く契約している慶太も死にました。・・・って、慶太、死ぬの二回目・・・。主役二人が死んだわけですが、どうせ生きてるんでしょ?そう思ってしまうところが、この作品の悪いところ。いままでの話で、そんな場面がなければなぁ・・・。そもそもこの作品、戦いの場面が基本一対一(正確には、二体二)で、どちらかが死ぬまで戦う、みたいになっているのが問題だと思うのですよ。撤退せざるをえないみたいな状況を作ろうとしないのが問題というか。それで、キャラクターは使い捨てのようなことになるし、主人公が何度も死ぬようなことにもなる。ほんと、もう少し戦いの幅を広げて欲しいものです。

さて、次回はどんな話になるんですかね。なんか、黎真が真神の力に触れるような場面が見えましたが。黎真と茜が中心となる話なのかな。そろそろ、黎真の目的、そして茜が彼についていくことを決めた過程も見せて欲しいですね。次回も、一応、楽しみにしてますよ。

黒神 The Animation 第二巻 限定版 [Blu-ray]黒神 The Animation 第二巻 限定版 [Blu-ray]
(2009/06/26)
下屋則子浪川大輔

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。