五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?8」参加記事

5月31日・・・、ぎりぎりです。だ、大丈夫ですよね?

今回、この企画への参加記事が遅れることは織り込み済みだったのですが、ここまで遅れることになろうとは・・・。もう少し早く書くつもりではあったんですよ?でも、毎度のことですかね。ピッコロ様、いつもお手数おかけしてしまい、申し訳ありません。

さて、今回評価させていただくのは、『とある科学の超電磁砲』『君に届け』『テガミバチ』『はなまる幼稚園』『バカとテストと召喚獣』『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』の6作品。各話感想を書いてきた4作品と、一気に見て感想を書いた後の2作品(「観終わったアニメ」のところに感想があります)です。いつものことながら、よくわからない「画」「音楽」あたりのところは、かなりいいかげんな評価です。しかし、評価してみて思ったんですが、今回の自分の評価、おもしろくない・・・。ありがちな感じですよね?別に、奇をてらうつもりもないけど、もう少し個性が出ても・・・、なんて思ってしまう。でも、こう思ったんだから、仕方がない。

では、以下、私ヴィッザの評価とさせていただきます。


『とある科学の超電磁砲』

ストーリー :4
キャラクター性 :5
画 :4
演出 :5
音楽 :3
総合的な評価 :4
<コメント>
個性的なキャラクターたちによる、笑いありバトルありの派手な印象の作品。そんな派手な部分もさることながら、揺れ動く微妙な人間心理の描写もうまく描けていてのが好印象。それが、作品自体が大味にならないよう、しっかり下支えしていたと感じもしましたしね。ただ、木山の事件の後、ストーリー的に中だるみのような感覚をおぼえたのが・・・。中盤以降も、畳みかけるように物語を展開させてほしかったです。でも、キーになる伏線の多くを回収してオチをつけたし、全体としてみると、いい作品だったと思います。


『君に届け』

ストーリー :4
キャラクター性 :4
画 :4
演出 :4
音楽 :3
総合的な評価 :4
<コメント>
まっすぐな青春ラブストーリー。暗くなりそうなシーンを、ギャグとして面白おかしく魅せる手腕は見事だったと思います。序盤から結末は見えつつも、爽子と風早の恋の行方を丁寧に魅せていくのもよかったですしね。非常にバランスのとれた良作という感じでしょうか。しかし、原作通りだったためか、クライマックスに向けて話が盛り上がっていくという感じが、いま一つ出せていなかったのは残念でした。


『テガミバチ』

ストーリー :1
キャラクター性 :2
画 :2
演出 :2
音楽 :3
総合的な評価 :2
<コメント>
幻想的な雰囲気の世界観、その中で繰り広げられる心温まる物語。・・・のはずなんですが、そこまで感動した話がなかった印象が・・・。全体として、それぞれの話にもう一捻り欲しい、という感じがしました。そして、二期前提とはいえ、ゴーシュを探し出すラグの物語が、投げっぱなしな感じで終わったのも・・・。序盤、あれほど鬱陶しかった泣き虫のラグが、成長していったのはよかったんですけどね。


『はなまる幼稚園』

ストーリー :3
キャラクター性 :2
画 :4
演出 :3
音楽 :3
総合的な評価 :3
<コメント>
子どもの世界と大人の世界、その接点となる幼稚園を舞台にした話。その舞台を使って、子どもと大人、二つの世界を相対的に見せるというのは、なかなか魅力的でした。大人がなくしてしまったものを突きつけられるような感じもあったし、感動する話もいくつかありました。しかし、作風のためなのか、いま一つ作品自体にパンチに欠けるという印象もありました。あと、杏の「土田先生大好き」という描写が、ちょっとくどすぎだったかな。


『バカとテストと召喚獣』

ストーリー :4
キャラクター性 :3
画 :3
演出 :4
音楽 :3
総合的な評価 :4
<コメント>
「バカ」を題材にしたコメディ、熱血作品・・・かな?キャラクターはずいぶんとあくが強いですね。正直、はじめはどうなることかと思ったんですが、中盤以降、一話完結の話でしっかり魅せるようになってから本領発揮、という印象です。最終回あたりの話は、熱かった。ストーリー構成が見事だったということなんでしょう。それを、大沼監督らしい演出を使って、うまく魅せてくれたという感じもしましたよ。


『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』

ストーリー :1
キャラクター性 :3
画 :3
演出 :3
音楽 :3
総合的な評価 :2
<コメント>
入り組んだ物語に、シャフトらしい凝った演出。それがうまくはまればよかったのかもしれないのですが、見にくい、分かりにくい、という感じになってしまっていたのが・・・。後半、こういった欠点は解消されてきたのですが、今度は物語が広がるのではなく、内へ内へと入って行ってしまったため、話がしぼんでいくような印象が出てきて・・・。話自体には、ちゃんとオチをつけた感じはしましたけどね。やっぱり、シャフトは、ギャグをふんだんに盛り込んだ明るい作品のほうが合っているのでしょうかね?

スポンサーサイト

PageTop

「今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?7」参加記事

遅ればせながら・・・。

さっき『ささめきこと』の感想を書き終わり、2月28日という締め切り日に参加記事を書くという情けない状態。毎度のことになってしまいまして、申し訳ございません、ピッコロ様。年末年始が仕事で大変忙しかったとはいえ、こんなことになるとは自分でも思っていませんでした。

さらに今回は、評価する作品が二作品だけという惨憺たる状態・・・。途中まで見ていた作品は、いくつかあったのですけどね・・・。でも現時点で、見終えることができたのは二作品だけ。二作品だけの評価でいいのかと、自問自答する感もあります。がしかし、「参加することに意義がある」と、勝手に自分に言い聞かせて、厚かましくも評価させていただきます。

さて、今回当ブログで感想を書いたのは、『夏のあらし!~春夏冬中~』と『ささめきこと』の二つ。さびしい限りではございますが、以下が私の評価です。


『夏のあらし!~春夏冬中~』

ストーリー 2
キャラクター性 3
画 3
演出 3
音楽 4
総合的な評価 2
<コメント>
特徴的な演出と、意外とストーリーも魅力的だった『夏のあらし!』の続編。しかし、この二期では、ストーリーも散漫でありながらもマンネリな印象をうけ、特徴的だった演出にも慣れてしまった感がありました。


『ささめきこと』

ストーリー 3
キャラクター性 4
画 3
演出 3
音楽 3
総合的な評価 3
<コメント>
一話を見たときは、どうしたものか・・・、と思ったものです。話が進むにつれて、コメディタッチの話が増え、キャラクターが増えてきてからは、しっかり楽しめるようになりましたけど。この作品で魅力的だったのは、百合な女の子たちの細やかな心情描写。主人公純夏を視聴者目線として、彼女と彼女の周りのキャラクターたちの微妙な心の動きを魅せるのはとてもうまかったと思います。ただ、その所為もあってか、話が大きく盛り上がることもなく終わってしまった感じがしたのは残念でした。


時間がたちすぎていることもあって、うまくコメントが書けない・・・。そして、時間がないこともあってか、ちょっとやっつけ感がただよってる・・・?なんか、申し訳ない感じでいっぱいです。しかしながら、今回は、この評価でよろしくお願いします。次回、また参加させていただけるならば、もっとしっかりしたものにしたいと思っています。

PageTop

【雑記】忙しすぎて・・・

さっき、家に帰ってきました。これでもまだ今日は早く帰れたほう・・・。ついに、この時期がやってきてしまった、と言う感じです。仕事が、本当に忙しいです。アニメ感想、いろいろとためこんでいますが、普通どおり書けるようになるのは再来週くらいからかなぁ・・・、と希望的観測。数日後に、今年最後の貴重な休みがあるので、そのときにたまっている分、いくつか書ければ、とは思っていますけどね。まぁ、その日は、疲れて倒れているかもしれませんが・・・。

とりあえず、報告ということで。

PageTop

「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6」参加記事

人間すぐには変われないようです・・・。

前回の第5回に続き参加させていただく、ピッコロ様主催の「今期終了アニメの評価をしてみないかい?」。またしても、締め切りが近付いてから参加と相成りました・・・。ピッコロ様、毎度遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。

今回は、もっと早く書くつもりだったんですよ。これ、本当。でも、「今期終了アニメで見てないものも見てから・・・」とか、「『化物語』が・・・」なんて言い訳しながら先延ばしにしてしまい、その結果が、御覧の有様でございます。自分の怠惰さを痛感するばかりです。評価するにしても、遅くなればなるほど、記憶は薄れていくし、本当によくないと思っているんですがね。

さて今回、自分が評価するのは、感想を書いた7作品と感想書いていないけど見てはいる1作品(毎話感想を書いていない『シャングリ・ラ』『咲‐Saki-』『戦場のヴァルキュリア』の感想は、「観終わったアニメの感想」にまとめ感想として書いています)。後者の1作品は、『涼宮ハルヒの憂鬱二期』ですね。感想も書きたいし、書かなければとは思ってはいるんだけどねぇ・・・。今回の評価は、計8作品。前回よりは増えたかな?では、私ヴィッザの勝手気ままの作品評価、以下のとおりです。


真マジンガー衝撃!Z編

ストーリー :3
キャラクター性:3
画:4
演出:5
音楽:3
総合的な評価:4
<コメント>
第1話に総集編という度肝を抜く構成はあったけど、全体としてしっかり楽しませてくれましたかな、と。ただ、最終回の投げっぱなしが無ければなぁ・・・、総合的な評価「5」をあげたのに・・・。あと、時間経過があまりにゆっくりなことも気になりました。でも、良い作品だったと思いますよ。相変わらずの今川演出、個人的に大好きです。


バスカッシュ!

ストーリー:1
キャラクター性:2
画:3
演出:3
音楽:4
総合的な評価:1
<コメント>
主人公にイライラさせられながらも、アクションシーンでしっかり見せてくれた前半。が、後半になると、そのアクションシーンも・・・。主人公が目に見えて成長せず、周りが主人公を求めるような展開になるのは、やっぱりお話として気持ち悪い。主人公を取り巻く環境だけが複雑になっていくばかりで、キャラクターたちのドラマをしっかり魅せられなかったのも問題だったようにも思う。ロボットでバスケと、放送開始前は期待していただけに、残念な作品でした。


かなめも

ストーリー:2
キャラクター性:2
画:3
演出:3
音楽:2
総合的な評価:3
<コメント>
ギャグアニメだけど、ちらっとしんみりとしたシーンも入れる。うまいバランスでいい回もあったけど、全体としてみると、ギャグとシリアス、どっちつかずで中途半端な印象。なんとなく、出来のいい回と出来の悪い回が混然としていた感じでした。あと、百合だのなんだのと、個人的にキャラクターたちがちょっときつすぎました・・・。


うみものがたり~あなたがいてくれたコト~

ストーリー:3
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:2
総合的な評価:3
<コメント>
リアルな雰囲気の高校生が魔法少女に、うまくはまれば面白かったのかもしれませんが、う~ん、変身後の決めポーズが痛々しい・・・。人間の心に潜む光と影、その狭間で揺れるキャラクターたちの感情の描写は特筆すべきものがありました。光と闇という二項対立に煽る展開を仕掛けとしてつかったのも良かったのです。が、結果として導き出された結論がいまいち釈然としないものだったのは、非常に残念でした。


シャングリ・ラ

ストーリー:3
キャラクター性:2
画:3
演出:2
音楽:4
総合的な評価:3
<コメント>
気持ちの悪い作品という印象。そして、前半があまりにもつまらなすぎた・・・。でも、後半になり物語世界の仕組みと、主人公国子と支配者である涼子が何者なのか分かっていくにつれて、楽しめるようにはなりました。キャラクターたちは全体に冴えない印象がありましたが、オカマ二人は結果的にいいキャラだったなぁ、思います。脚本・演出などは、終始ツッコミどころの絶えなかった感じもありましたが、物語自体はうまくまとまっているように思いました。


咲‐Saki‐

ストーリー:3
キャラクター性:4
画:2
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4
<コメント>
動きの少ない麻雀の試合を飽きさせないように魅せる演出、多くのキャラクターたちをうまく立たせる展開が見事だった作品。ライバルたちもしっかり個性を持ち、その個性と個性のぶつかり合いや、そこから生まれる駆け引きがとても面白かったです。麻雀としてはあまりにも現実的ではないのでしょうけど、これくらい派手にやってくれたからこそ楽しめたとも思います。ただ、不自然なまでの話の引き延ばしや、必然とはいえ投げっぱなしの最終回は非常にもったいなかった・・・。


戦場のヴァルキュリア

ストーリー:2
キャラクター性:2
画:3
演出:2
音楽:3
総合的な評価:2
<コメント>
いい回もあったのですが、全体を通して考えると・・・。人間ドラマは見ごたえはあったと思います。が、話の展開と戦争の描写に問題が・・・。とくに、セルベリアとアリシアがヴァルキュリアの力に目覚めてからは、あまりにも展開が大味になりすぎて、それまで少しずつ築いてきたものをすべてぶち壊してしまった印象です。あと、話がウェルキンとアリシアのことばかりで、第七小隊の面々の、戦争での役割とその個性がいまいち見えなかったのも残念でした。


涼宮ハルヒの憂鬱二期

ストーリー:0
キャラクター性:4
画:4
演出:1
音楽:4
総合的な評価:0
<コメント>
今期一番の話題作ですね。すべてをかっさらったといっても過言でない。さすが、京アニと『涼宮ハルヒの憂鬱』。二期になれば、話題性もなくなり注目もされなくなるという定説を、ことごとくぶち壊してくれました。なかでも注目の「エンドレス・エイト」は、おそらくアニメ史にその名を刻み、後世の語り草になることでしょう。自分、感想を書くためにこの作品をもう一度見返したいのですが、全く見る気になりません。

PageTop

今更・・・!?いろいろなアニメの第5話の簡単な感想

今日も、仕事は休みです。こんな時期に三連休だった、と。明日は仕事か、気が重い・・・。しかし、この連休、お金もないし、ずっとパソコンの前にへばりついていたような・・・。ほんと、ほとんど外に出てないし・・・。感想を書くことが進んだのはよかったけど、こんな過ごし方で良かったのか、という疑問も・・・。とにかく今日も、引き続き感想を書いていきましょうかね。今回は、第5話です。

『クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者』第5話「策謀!嘆きの王宮」

今回は、なかなか面白かったです。

レイナ対ユーミル、カトレア対アイリの話でした。毎回戦闘シーンを入れてくれるこの作品。でも、今回は、戦闘パートよりドラマパートのほうが面白かったです。女王アルドラの秘密の一端を知ったアイリが、王宮から脱出しラナと行動を共にするようになるところが一番の見どころだった感じです。その前段のカトレアとアイリの対決は、ほんと拍子抜けだったし。決着の着き方もそうだけど、戦闘でもアイリはもっと空を飛びまわって戦ってほしかったです。レイナとユーミルの対決は、ユーミルの技カッコよかったけどよくわからんかったなぁ・・・。しかし、女王アルドラの策略が少しずつ見えてくる話のつくりは面白いです。

クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 第1巻 [Blu-ray]クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者 第1巻 [Blu-ray]
(2009/12/22)
川澄綾子能登麻美子

商品詳細を見る


『11eyes』第5話「友と明日のために 〜barátoknak,holnapra」

今回は、なかなか面白かったです。

姉とそっくりな少女菊理と出会う駆、そして駆は「赤い夜」で真の能力を覚醒させる、という話ですね。前半の話のときは、「今回はあまり面白くないなぁ」と思っていたんですが、後半の駆の覚醒で今回の話の評価が一変。第5話まで何もできない主人公、というのもどうかとは思いますが、これまでタメてきた分、盛り上がりました。ただ、前半はなぁ・・・。元レディースの教師というのはまだいいとして、日本でストリートチルドレンって・・・。賢久を魅力的に見せようという意図はわかるが、全然好きになれない・・・。そういえば賢久、バイク壊れたのに、学校に瞬間移動してない?それ以外にも、この作品、なんか日常パートのほうで、演出の不自然さが目立つような気がします。

11eyes 1 初回限定特装版(Blu-ray Disc)11eyes 1 初回限定特装版(Blu-ray Disc)
(2009/12/25)
小野大輔後藤麻衣

商品詳細を見る


『戦う司書 The Book of Bantorra』第5話「裏切りと杯と迷いの小道」

今回は、まぁまぁ面白かったです。

図書館を飛び出していったヴォルケンを思う、ミレポックの動揺を描いた話ですね。シリアス基調のこの作品ですが、今回は笑いをとる描写もありで見やすかったです。が、最終的にミレポックが選んだ、ヴォルケンの記憶を消すという選択、ハミュッツも許可していたけど、これでいいの?そういう思いが・・・。これどう考えても、ミレポックの逃げでしょう。やはり人間、嫌な記憶も背負いながら歩んでいったほうが、強くなれると思うんだけどね。物語的にも、今後のヴォルケンとミレポックのドラマも、見ているこちらの想像するものを狭めてしまう感じもするし。個人的には、現状から逃げようとするミレポックに、ハミュッツが喝を入れてほしかったなぁ。

戦う司書 The Book of Bantorra 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray]戦う司書 The Book of Bantorra 第1巻 <初回限定版> [Blu-ray]
(2010/02/26)
沢城みゆき朴叙ミ美

商品詳細を見る


『生徒会の一存』第5話「休憩する生徒会」

今回は、なかなか面白かったです。

水着回ですね。こんな季節に、夏の話というのもどうかと思いますけど・・・。でも、今回の話、水着回だからといって、話のなかでキャラクターが直接萌え描写をするのではなく、すべて杉崎の頭の中で萌え描写が描かれる、というのは面白かったです。杉崎、直接水着姿の生徒会の面々を見るよりも、隔離され妄想のなかにいるほうが幸せなんじゃない?あと、ロッカーのなかにいる杉崎は面白かったなぁ。カッコイイこと言っているようで、内容は・・・ってところが。ところで、今回、杉崎と深夏がいい雰囲気になっていたけど、なんだったんだろ、あれ?他の面々が二人を誤解する、とかなら分かるんだけど・・・。

生徒会の一存 第1巻 限定版 [DVD]生徒会の一存 第1巻 限定版 [DVD]
(2009/12/11)
本多真梨子斉藤佑圭

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。