五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『バスカッシュ!』第26話「フリー」感想

台風ですねぇ・・・。こちらも、夕方から雨が降り出しましたよ。今夜が本番らしいとのこと。明日の朝にはすっきりと晴れていてくれるとありがたいのですが、予報ではそうはならないとのこと・・・。嫌ですねぇ・・・。そういえば、自転車盗まれたんですよ、自転車。ボロ自転車なので、「返してくれ」という切実な感じはないのですが、生活の足がなくなったのは、なかなか不便。昨日は休みだったのですけど、警察行ったりなんだりで、忙しかった・・・。昨日も、なにか感想も書きたかったのに・・・。では『バスカッシュ!』の感想いきましょうかね。こちらでも、やっと最終回でございます。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

月とアースダッシュの衝突が近づくなか、ダンやスラッシュたちはそれを回避しようと、「バスカッシュ」で戦っていた。一方、ヤンはついにレジェンドバレットの発射スイッチを押してしまう。レジェンドバレットが月に到達する直前、ダンは豪快なゴールを決めるのだが、遺跡は一度反応したものの、すぐに光を失ってしまう。レジェンドバレットは、スラッシュが受け止めることで軌道を変え、月の破壊は免れたものの、月とアースダッシュの衝突は防ぐことはできなかった。絶望の淵に叩きこまれるダンたちだったのだが・・・、という話。

最終回ということで、ビッグフットの動きなどはなかなか良かったと思いました。が、話がなぁ・・・。話を盛り上げようという思いは感じるのですが、話をまとめるのに手一杯な感じがして・・・。話が忙しすぎるというか・・・。もう少し、前回の話で、物語を進めておいてもよかったんじゃない?

結局、「伝説」はダン一人ではなく、ダンに引き寄せられた多くの者たちが「伝説」だったというオチでしたね。これはまぁ、ある程度予想してましたよ。この世界の危機に際して、ダン一人でなく、みんなで「バスカッシュ」をする、そうならないとうまく締まらないなぁとは思ってましたし。でももっと、これまでのキャラをだしたほうがよかったんじゃない?これまでダンと戦ってきたキャラクター総出演って感じでさぁ。そして、世界の危機に瀕しても、かれらの「バスカッシュ」に熱狂する観客がいる、そういう光景が見たかったなぁ。

絶望の中でダンが「バスカッシュ」に興じようとするときに、彼の心意気や世界に向けた大号令のようなセリフも欲しかった。世界が危機的状況だからこそ「バスカッシュ」に興じるのでも、世界の危機なんか関係ないと割り切ってバスカッシュに興じるのでもかまわないけど、そういうスパッと割り切るセリフが欲しかったなぁ。まぁ、個人的にダンが、世界の危機だのに執着してほしくない、という思いもあったんだけどね。無心で「バスカッシュ」に興じるダンの姿が、世界を動かし、世界を救う、そう明確に見せて欲しかったというか。アイスマンとの決着をつけるために「バスカッシュ」はじめるという流れからすると、そういう展開でもあるんだけど、ダンの中に「世界を救う」という思いもどうも垣間見えてしまって・・・。

あと、ダンとともにレジェンドバレットをゴールする相手がアイスマンだけというのもなぁ。アイスマンが、ダンと並ぶ主人公というかたちで話が進められてきたとか、常にライバルとしてダンの前に立ち塞がってきたとかいうキャラクターなら文句ないんだけど、単なる脇役にしか見えなかったから・・・。このシーン、むしろみんなでレジェンドバレットをゴールに沈める、というシーンにしたほうが良かったんじゃない?

あとは細々としたことをちょっとだけ。

・スラッシュって、ダンと接点が全然ないと思っていたけど、ダンがバスケをはじめるきっかけになった人物だったっけ?すっかり忘れていた・・・。

・生身のまま、アースダッシュから月へと飛んできたナビー・・・。爆笑しましたよ・・・。おかしいだろ、どう考えても・・・。

・はるかとジェームスは、子どもを送り出した母親と父親の気持ちらしいのですが、かれらをいままでそういう印象として見てこなかったのですが・・・。えっ、そう見せたかったの?と最終回で知る驚き・・・。にしても、二人、のんきだなぁ・・・。

盛り上げようとするのは分かるのですが、どうにもそれがから回っている印象の最終回でした。そう見えるのは、自分が穿った目で見ていたからなのかなぁ・・・。そういえば、最後に、この作品の企画はこれからも続くようなことの告知がありましたね。まぁ、アニメに関することではないようですけど。

ではでは、この『バスカッシュ!』を見終わっての全体の感想。

感想は、いまいち面白くなかった・・・。

どうも、完全オリジナルだと失敗する印象があるサテライト(うまくいったのって、『アクエリオン』くらいのような・・・)。この作品も多分にもれず・・・。コンセプト自体は、面白そうな感じはしたんですよ。序盤は、ダンの性格に首をかしげながらも、期待をもって見てましたし。でも、あれこれと詰め込みすぎたのかなぁ、後半になるにしたがって何を楽しむアニメなのか分からなくなってしまった印象がありました。

ビッグフットというロボットでバスケを、それこそがこの作品で見せるべきものだと思うのですが、後半になるにつれ試合も減り、見せ方も単調になってしまった印象があります。そしてドラマも、ビッグフットバスケの試合をするなかで展開していけばいいのですが、なんか脇の話だ出っ張って来てしまった感じで。展開を盛り上げるためにあれやこれやを足していったら、そのあれらこれらを収拾つけるために本来の魅力であるビッグフットバスケの部分が置き去りにされてしまったような・・・。もっと王道な展開で良かったんだと思うんだけどね。

主人公のダンについては、あまり印象がよくないです。原因は、ダンはあまり成長しない、目に見えて成長しないキャラクターなのに、ダンについての話ばかりが続く、ということにあるのでは、と。ダンがあまり成長しないのならば、ダンに出会うことで周りがどう変わっていくのか、ということを中心に描かなければ面白くないし、ダンを中心に物語を描くのならば、ダンが目に見えて成長していく様を描かなければ面白くない。なんかそのどちらでもない中途半端な感じがあって、初期のころの彼の悪いイメージがいつまでたっても拭えず、最後まで彼の悪い部分だけ目につく感じがしました。他のキャラクターたちについては、十分に魅力を引き出せずに終わってしまった印象。多少魅力的に見えたのは、エクリップスの面々くらいかな?

はじめのころのビッグフットバスケの見せ方、それはとても良かったです。序盤は本当、物語がいまいちでも、それだけ見れれば満足、という感じがあったしね。でも、よかったのもそれくらいしか・・・。そういえば、ココって最終的にどうでもいいキャラクターになってしまったなぁ・・・。それはさておき、監督交代も含め、いろいろと残念な印象の作品でした。やっぱり、放送中に制作スタッフ内のゴタゴタが見えてしまうと、作品もダメになってしまうのですかね?

バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]
(2009/09/16)
下野 紘伊藤 静

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『バスカッシュ!』第25話「アバヴ・ザ・リム」感想

今日から10月ですねぇ。帰ってから、今日もいろいろとアニメ見て、なんて考えていたんですが、仕事が恐ろしく忙しいんですけど・・・。どうしてなのかなぁ、予定狂いまくりです。なんとか『バスカッシュ!』の感想を書くくらいで、一日が終わってしまいそうなかんじですね。できれば、明日は余裕があればいいんだけどなぁ。さて、この『バスカッシュ!』も、次回が最終回ですね。そろそろさすがに盛り上がってくれないと・・・。では、第25話の感想です。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

ホシワタリに乗り月へと向かうダンたち。一方、ダンたちの到着を待ちわびながら、伝説リーグで戦うアイスマンたちは疲労の色が隠せなくなっていた。月に到着したダンたちは、スラッシュの歓迎を受け、すぐに伝説リーグで戦うことになる。相手はアイスマンたち。そのアイスマンのチームには、三人目の選手としてスラッシュの姿があった。ここに、月とアースダッシュを救うための試合が始まる・・・、という話。

ダンたちが参加した伝説リーグがやっと始まったわけですが、始まったところで終わってしまった・・・。最終回の前の話としたら、話の内容が薄くない?主人公であるダンたちがやったことは、月に到着して、試合会場に現れて、試合が始まって・・・、これだけだもの・・・。もう少し前の話で、この内容ならばいいのだろうけど、次回最終回だよ、最終回。で、これっていうのは・・・。今回、試合が始まって、ダンたちが活躍するところまで見せて欲しかったなぁ。さもなくば、スラッシュたちがダンの「伝説」の力を発揮させることができないくらいに圧倒するとか。いまさらながら、話の展開が遅い気がしてなりませんでした。

今回、スラッシュの正体が明らかになりましたね。月の王だったけど、行方不明になった人物なんだってね。スカイブルームの王様の兄弟だけど、石の力で若返ったそうな。へぇ~、としか・・・。彼のおかげで、ソーイチやヤン、サウザントの関係性を明らかになり、エクリップスという強化人間を生み出すカギになったのはわかるけど、それ所詮脇の話だし。スラッシュ、主人公のダンに直接関係するような立ち位置でないようだし、そこまで謎として引っ張ることだったのか、って感じが・・・。そもそも、月の王という存在が、これまでの話で全然注目されてこなかった、という問題が・・・。今までの話で、「今、月の王がいれば」とか、「月の王は月とアースダッシュのためにいろいろなことをしていた」とか、話題になっていれば、いないと思っていた月の王がスラッシュであると分かり、興味深く思えたかもしれないんだけどね。

そのスラッシュという存在に驚き、ダンやセラと一緒に試合に出ようとしていたアランが、ルージュとの交代を申し出たわけですが、ダンの言い方、どう考えても「お前は使えない」と言っているようにしか・・・。いや、必死にダンが取り繕おうとしているのは分かるのですが、それも「お前にはまだ力不足だよ」と言っているようにしか・・・。ほんとどうにかならなかのかね、あの場面の会話のやりとり。ダンがアランの行為を変に正当化しようとするから、おかしくなっているような気はしますけどね。

あと思ったことは、スカイブルームの王様関連のこととかありましたけど、あれってそこまで重要なことなんですかね?なんか今更どうでもいいよ、と思ったり・・・。そして、ダンが月に着いた時、子どもたちが取り囲んでいましたが、彼らがダンに対してどう思っていたのかが描かれてこなかったので、とってつけたような感じがしてならなかった。前回といい今回といい、なんか話の整合性をつけようとして、とってつけたようなことが多かったような印象です。そんなことばかりだから、話が盛り上がってこないのかなぁ、なんて思ったり・・・。

今回、OPが流れるなかで、ダンたちが気合を入れるシーンは良かったですよ。それに、ヤンが、ダンが「伝説」である、という可能性を認めながらも、だからこそ月を攻撃する、という論理を展開したことも良かったと思いましたね。でも、話自体が・・・。まぁ、なんにせよ、次回の最終回次第ですね。どういうかたちで話をまとめるのか、注目したいと思います。ということで、次回は、楽しみにしてますよ。

バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]
(2009/09/16)
下野 紘伊藤 静

商品詳細を見る

PageTop

『バスカッシュ!』第24話「フー・アー・ユー?」感想

シルバーウィークも終わりましたね。今日から、以前と変わらない日常に・・・。自分、当然、仕事だったわけですが、連休明けで忙しくなるのかなぁ、と思っていたら、そうでもなかった。早く帰ることができ、感想が書けるというのはいいですね。ということで、昨日に引き続き、『バスカッシュ!』の感想。昨日、『レギオス』と『シャングリ・ラ』の感想も書いたので、なんか二日続けて、という感じはないなぁ。意外と、新鮮な感じで書けるかな?わかりませんが・・・。では、第24話の感想、いってみましょう。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

スラッシュの主催する伝説リーグ、それが早速開幕する。ファルコンと二人で参加したアイスマンは、数的不利もあり大苦戦していた。一方、遺跡にたどり着きミユキたちと合流したダンだったが、そのダンは一向に目覚めようとしない。そんなダンを見たミユキは、ダンをダンガン号に乗せ動き出す。その時、遺跡は活性化し、その形を変えるとともに、ダンに語りかけるのだった、「バスカッシュ、汝は何者か」、と・・・、という話。

最終回も近づき、話を盛り上げようとするのはわかるのですが、さすがに超展開すぎるでしょう・・・。遺跡が語りかけるのはいい、いままで遺跡に何かあるというのは見せてたし。でも、「バスカッシュ」って言っちゃってるよ、ダンの作った言葉「バスカッシュ」って・・・。これで、遺跡の神秘性やら威厳が一気に低下・・・。というか、なんか呆れて笑ってしまったよ・・・。もしかしたら、ダンが無意識に遺跡の言葉を選んでいた、という可能性もあるのですけど、それならこれまでに誰かがそれに気づくという展開くらいはあってくれないと。

さらに、遺跡で歌が必要だと分かり、エクリップスが歌い出すと、月へ向かうための神秘的な戦艦が・・・。おいおい・・・(笑)。さすがに突拍子無さ過ぎだろ・・・。まだ、遺跡の地下に月に上がるための施設が埋まっていた、くらいだったり、エクリップスが歌う過程で一悶着ありそのときに遺跡についてのことがもっと詳しく分かるということがあれば、見れたものになったかもしれないんだけどねぇ・・・。これまで、ダンたちがなかなか月に行けなかったのに、それがこんなあっさり解決してしまって、なんか唖然としてしまいました。

ただ、ダン復活のときは、OPがBGMとして流れて、月でもがいていたアイスマンの復活とシンクロして、盛り上がりましたよ。命の危機に陥って、主人公のダンが復活する、そして月でダンの放つボールの軌道を見てアイスマンがダンの存在を確認し復活する、この展開は良かったと思います。でも、ダンが放ったボールが、音楽を奏でていたのに、OPがBGMになっていたというのは、どうなの?という感じも・・・。

あと、今回の話で気になったことが、他にもいくつか。まず、伝説リーグが四つのチームで始まったわけだけど、たった四つって・・・。もっと数えきれないほどのチームが、いろいろなところで試合をはじめるって感じもよかったんじゃない?チームの数が制限されるとしても、さすがに四つは少なすぎるよなぁ・・・。で、その四チーム、アイスマンたち以外は話に初登場って感じなのは・・・。今までどこかで出てきてたっけ?もっと何かしらの因縁があれば、伝説リーグの試合だけでも盛り上がるものになったのに・・・。そして、はるかのシューズ作りを支えていたのが、ジェームスだったようですけど、これもなんか唐突だったような・・・。はるかの知らないところで、ガンツとベルがジェームスと繋がっていたなんて、全然印象に残ってないぞ・・・。まぁ、これは自分の記憶力のなさが原因なのかもしれませんけど・・・。

これまでの話の筋を無視してでも、盛り上げよう、話をまとめていこう、という感じの強かった今回の話。それがよかったのかというと、個人的には、う~ん・・・、と首をかしげてしまう・・・。まぁとりあえず、次回はダンたちが月へ行って伝説リーグに、という仕切り直しの話になるだろうし、期待しておこうかな。ということで、次回は、楽しみにしてますよ。

バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]
(2009/09/16)
下野 紘伊藤 静

商品詳細を見る

PageTop

『バスカッシュ!』第23話「コーズ・スラッシュ・セッド・ソウ」感想

こちらで、先週放送された分の感想です。連休で、自分も昨日と今日休みなんですが、この『バスカッシュ!』の感想、昨日書くつもりだったんだよね。でも、今日書くことに・・・。で、昨日、何をしていたかというと・・・。昼寝したこと、買い物に行ったことは覚えているんですが、あと何していたっけ・・・?ただ言えることは、無駄に一日を過ごしたということだけです。はぁ・・・。さて、『バスカッシュ!』の感想、こちらでは今日の深夜に放送あるので、次回分をまた明日感想を書くことになります。二日連続か・・・。とにかく、第23話の感想、いきましょう。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

ヤンの計略に倒れたダン。ヤンはそのまま軍事力でスカイブルームを制圧してしまう。エクリップスは、ヤンからその計画を聞き出すと、ミスター・パーフェクトとともにダン救出に動き出した。サウザントに解剖されそうになるダン、すんでのところで彼を助けだすエクリップス。だが、ダンは息をしてはいなかった。一方、急遽月とアースダッシュが激突しようとしていることを世界に訴えるスラッシュ。新たなリーグを開催する彼のもとに、アイスマンがいた・・・、という話。

やっぱり、月とアースダッシュの衝突、それが問題となる世界の話だったか。で、スラッシュたちとヤンで、その対策に対する違いが鮮明になった話でした。ヤンは、軍事力によって月を破壊しアースダッシュだけを救うという計画で動き、スラッシュたちは「伝説」に基づくバスカッシュによって世界を元に戻そうとする計画を進めていた、と。今回、月とアースダッシュの激突が逼迫した状況になり、それぞれの計画が表舞台に出てきた、という感じかな。でも、この月とアースダッシュの衝突への危惧は、もっと物語の早い段階で鮮明にしてもよかったんじゃない?むしろ、月とアースダッシュの衝突とバスカッシュを結びつける「伝説」の中身を秘密にしておいたほうが・・・、そんな感じがしました。

今回、エクリップスのダン救出、自身の計画を着々と進めるヤン、そして動き出すスラッシュ、と三つの視点を中心に話が進んだ感じでしたが、個人的にはもう少しダン救出とヤンの動きを対比したかたちで話を進めて欲しかったなぁ。スラッシュについては、最後の宣言でしっかり存在感のあるものになるわけだし、途中そこまで触れないで。自分としては、ヤンがダン救出をどう思っていたのか、それがもっと知りたかった、というかね。ヤンにとってダンはもう用済みなわけで、どうでもいいと捉えていても、それが実際起こったときにどう思うのか、たとえ自身の計画に万進する姿でもいいからヤンをしっかり見せて欲しかったです。

ヤンから彼の計画を聞いたエクリップスが、ダン救出に動くわけですが、ヤンから情報を聞き出すときに、仲間外れにされるヴィオレット・・・。可哀想に・・・。まぁ、あの場面、シトロンとルージュによるアドリブだったのでしょうけど。自分も、「あれエクリップス、まだヤンについていくつもりなの?」と騙されたし・・・。しかし、シャワー室で、裸になって本当の事を告白する三人・・・(笑)。なぜシャワー室?シャワー室だって、監視されているかもしれないのに。あっ、でも、ヤンがシャワー室まで監視していたら、これはただの盗撮か・・・。

一方、ダンはサウザントによって調査されてましたね。サウザントにとっては、ダンが「伝説」である理由というのを科学的に証明したい、という感じなのかな?そのためには、解剖も辞さない、と。非常に科学的立場の人間、まぁ、よくある科学崇拝の科学者、という感じですね。さて、そこに現れたのが、エクリップスと、ミスターパーフェクト。ジェー・・・、いや、ミスターパーフェクトはアースダッシュにいるのね。スラッシュと離れて・・・。今回は、もう少し彼の活躍は見たかったかなぁ。救出はあっさり成功で、逃げるときに水路でみんな流されていましたが、ミスターパーフェクトはどこへ行った?

最後に、スラッシュの宣言。国家元首とかでもなく、ただのスポーツ団体の理事なのに、全世界への宣言・・・。まぁ、それはいいんですが、スラッシュ、彼は何者なんでしょう?まだ分からない・・・。でもかれ、宣言でダンが作ったバスカッシュ、という言葉を使っていましたね。これは、ダンがスラッシュにも影響を与えているという証左かな?さて、今回の話で、最終的に全世界でみんながバスカッシュをする、という展開が見えてきたような気がしました。あと、心臓も止まっていたようなダンですが、ルージュのキスで心臓の音が・・・。でも、まだ目覚めない。ダンが目覚めないのはいいのですが、心臓が止まっているかのようなことまではいらなかったんじゃない?

さて、次回からは、スラッシュが提唱したバスカッシュのリーグが始まるようです。そういえば、今回、全然バスケをするというシーンがなかったなぁ・・・。次回はしっかり見せてくれるでしょう。期待しています。また、アイスマンはどう変わったのか、ダンはいつ目覚めるのかも気になりますね。ということで、次回は、楽しみにしてますよ。

バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]
(2009/09/16)
下野 紘伊藤 静

商品詳細を見る

PageTop

『バスカッシュ!』第22話「クラッチショット」感想

昨日今日と、急に寒くなりましたね。つい最近まで夏だったのに、一気に秋になった感じ。こちらでは、もう半そでではほんと寒いです。こういきなり気温の変化があると、体調崩しそうで怖い・・・。インフルエンザとかあるしさぁ・・・。話はかわって、9月ということで、多くのアニメが最終回まで残りわずかとなりました。この『バスカッシュ!』も、その一つ。どんな結末を迎えるのでしょう。まぁ、それはともかく、第22話の感想、いってみましょうか。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

エクリップスのコンサート会場に着いたダンとアラン。ルージュに会いたいダンは、アランの力でリハーサル中ながら、中に入ることに成功する。そして、ルージュに再会したダン、しかしルージュはダンのことを忘れてしまっていた。一度その場からひいたダンだったが、シトロンのメッセージを受けて、コンサート中にビッグフットで乱入することを決意する。ダンたちの乱入で、ルージュは・・・、という話。

ダンとルージュのことの見せ場回、・・・のはずなんですが、そこまで面白くなかったなぁ・・・。物語の展開的には、大きな意味をもつ回でもあるはずなんだけどね。なんか残念でした。

まず、この作品の見どころであるビッグフットによるバスケのシーンの迫力が、今回はいまいち無い・・・。今回、ダンたちとエクリップスの最後の対決で、結構尺取っていて魅せようというのは分かるんですが、もう少しなんとかならなかったのか、と・・・。どうも、見せ場なのに引きのカットが多すぎる感じがするし、そもそも見せ方に面白みが無い、そんな感じがしました。初期のころは、ビッグフットバスケのシーンがあるだけで面白かったと言えるような出来だったのになぁ・・・。初期のころが懐かしい・・・。まぁ、初期のようなものは作るの大変なのは分かるが、今回はそれを見せなければいけない回なんだし・・・。

次に、今回の意外なキーパーソンであるシトロンとヴィオレットの立ち位置が、いまいち見えない。つまり、彼女たちが、ダンよりの考え方をしているのか、ヤンよりの考え方をしているのか、ということなんですけどね。まぁ、ダンよりなんでしょうけど。でも、それを今回の早い段階で説明してくれないと、ダンとルージュの物語に集中できない。そもそも、二人が帰ってきたルージュに対して、どの程度彼女のことを知っていて、どう思っているのかが分からないんだよね。二人にとってもルージュは久しぶりの再会のはずなのに、会ったときのやりとりが無かったし・・・。あと、二人はヤンの計画について、どの程度知っていたかということもあるか。でもこの点は、来週みえてきそうですけどね。

さて、ダンの記憶を無くしたルージュを、ダンがバスカッシュで取り戻すという本題の部分。展開的には、ありきたりだったなぁ。別に悪いことでもないんだけど・・・。でも、ルージュの記憶喪失の展開、もう少し引っ張ってもよかったんじゃない?今回、ダンの記憶を失ったままで終わって、次回、記憶を取り戻すことになるとか・・・。まぁ、話数も残り少ないし、そんな悠長に進める余裕もないのかな?そんな、ルージュが記憶を取り戻した後の、ダンと二人でのシュートシーン、なんか恥ずかしさを感じたなぁ。そして、う~ん、どうなんだろ?という感じも。『Gガンダム』の最終回っぽくもあったけど・・・。

今回の話、大筋の部分は悪くはないんだけど、それを支える脇役の描写不足、そしてアクションシーンの演出がいまいち、そんな感じでした。で、今回の最後、ダンがヤンによって撃たれましたね。ヤンの暗躍する様については、個人的に結構好きだったりするんですが・・・。さて、次回、ダン、そしてエクリップスはどう動いていくのですかね?クライマックスに向けて、どう話が進んでいくのか、次回は楽しみにしてますよ。

バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]
(2009/09/16)
下野 紘伊藤 静

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。