五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『うみものがたり~あなたがいてくれたコト~』#012「島の心 人の心」感想

早いところでは大分前に放送されたようですが、こちらでもやっと放送されました、『うみものがたり』の最終話。これで、一日に三本もアニメの感想を書く日曜から解放される・・・。感想書くのは好きですよ、でも自分には、毎週毎週、日に三本も感想を書くのはきつすぎた。貴重な休みなのに、アニメ見て感想書くだけで一日が終わってしまう感もあったし。来週からは、『鋼の錬金術師』と『テガミバチ』の二本で、いい塩梅になるのでは、と思っています。さてその前に、『うみものがたり』の最終話の感想を書かないといけませんね。では早速、感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

セドナと一体化したウリンの前に、マリンと夏音は倒れていた。ウリンは、マリンも闇の心にとらわれるようにしようと、彼女を連れ出し自分さえも嫌いになるようにしようとする。そんなウリンにマリンは、自分のウリンに対する気持ちをぶつける。その言葉に、変化の兆しをみせるウリン。そんなウリンにセドナは彼女を絞めつけようと動き出す。ウリンは、自分の身を犠牲にしてでもセドナを封じ込めようとするのだった・・・、という話。

闇が人間が捨てた悲しみだとわかり、光と闇が対立するものでない、と分かった前回。それでもウリンとセドナが一体化してしまい、それをどう解決していくのかなぁ、と思っていたんですが、光と闇が溶け合う、か・・・。話の展開自体は、微妙な感じでまとめたなぁ、という印象です。松本が、なにか握っているのでは、とも考えていたんですが、そういうこともなかったし。

でも、ウリンに対する思いをぶつけるマリン、そして自分の身を犠牲にしてセドナを封じ込めようとするウリン、そんなウリンが最後に吐いた本当の思い、こういった場面はこみあげてくるものがあるくらい感動的でした。自分は嫌われなれているから、マリンにも嫌われてもいい、というウリンは、ほんと悲しすぎるぞ。そして、以前は分からなかった島唄の意味、ここで使うためだったのね。良かったですよ。自分を犠牲にしてでも、とセドナの封じ込みをはかるウリンが最後に吐いた言葉、これは良かったです。『ザンボット3』の人間爆弾の話を思い出すような感動。カッコいいことをしようとしていても、最後の最後で本心が出ることで、人間味がぐっとでていいんだよね。まぁ、そのウリンの言葉を待ち構えていたかのように、マリンと夏音がウリンを助けに行くのはどうかと思いましたけど。

そして、マリンと夏音の別れ。ちょっとやりとりが長かったかなぁ。クールぶっていた夏音が、マリンが海に帰っていくのを見て、海へ足を踏み入れるシーンは良かったですけど。でも、夏音の「あいしてる」のエコーのかかり方は・・・。いや、セリフ自体は良かったんですけどね。

展開自体には煮え切らなさも感じましたが、しっかり盛り上げる展開を見せてくれる最終回だったかな、と。なぜ急に光と闇が溶け合っていくのかとか、よく分からなかったですけどね。でも、人間、光と闇を抱えながら生きていくものである、そういうことはしっかり伝わってくる終わり方だったと思いますよ。

では、『うみものがたり』全話見終わっての感想。

感想は、なかなか面白かったです。

リアリティある心情描写と魔法少女のように変身する高校生、そのことが作品の独自性としてうまく機能すればよかったのですが、なんかアンバランスな感じになっていた印象です。とくに、変身したあとの決めポーズは、この作風には全く合わなかった。

でも、作品を通して描かれる登場人物たちの感情の動き、そして変化は、とてもリアルで良かったと思いますよ。人間の表の感情と、自分でも認めたくない裏の感情、それを違和感なく描いていたと思うし、それがしっかりと物語を紡いでいくかたちになっていたと思います。表の感情を光、裏の感情を闇と短絡的な分け方をして話を進めていきましたが、そこにもしっかり意味があったしね。そして、人間どうしの思いのすれ違い、この描かれ方もとても良かった。それはマリンとウリン、夏音と小島くんの関係に顕著でしたけど、人間どうしの誤解や齟齬が物語を引っ張っているし、この人物はこう言っているけど、実際はそんな人ではない、みたいな登場人物たちがそれぞれ視点で他の人物を見ている点も面白かったです。

話の展開としても、まず視聴者に一番近い夏音の闇の部分を取り上げた上で、マリンとウリンの闇をテーマにしていくという順序で、すっと世界のなかに入っていける感じがありました。ほんと人間の描写がうまい作品だったなぁ、と思います。ただ、だからこそよくある魔法少女っぽい部分がなじんでなかったように感じるし、最後に捉え方が変わるとはいえ、光と闇の二項対立的な図式で話を進めていったのは無理があったように思えました。

こう考えてみると、非常におしかった作品のように思えますね。魔法少女の部分がちゃんと作風に溶け合っていれば・・・。

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第2巻 [DVD]うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第2巻 [DVD]
(2009/11/22)
阿澄佳奈寿美菜子

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『うみものがたり~あなたがいてくれたコト~』#011「光の心 闇の心」感想

ふぅ・・・。なんか『鋼の錬金術師』の感想を書いたら、今日することは全部終えたような感じがしてしまったよ・・・。この『うみものがたり』の感想、明日以降に書いてもいいかなぁ、なんて邪な心が生まれてきたり・・・。でも、きっちり書いていかないと、と今、心を奮い立たせております。先週分の『バスカッシュ!』の感想も残っているし、休みには書きたいと思っているアニメの感想もあるしね。ということで、『うみものがたり』第11話の感想、いきましょうか。この『うみものがたり』全12話なのかな?まぁ、いいや。では、第11話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

闇の力に飲み込まれたワリン・サム・市川に襲われる、マリンと夏音。マリンの浄化が効かない彼らに、マリンと夏音は二人で力を合わせて浄化するという方法を見出す。三人を介抱したマリンと夏音は、その方法でもってウリンを助けることができると海へと向かう。海でウリンを探す二人。ウリンがいたのは、マリンとウリンが住んでいた家だった。夏音がマリンと一緒にいることで暴れ出したウリンに、二人はワリンたちに使った技を使うのだが・・・、という話。

今回、かなり力が入っているなぁ。戦闘シーンはよく動くし、アングルも面白い。そして、この作品でずっと気になっていたマリンと夏音の変身シーンも、自然なものになっている。そんな印象の回でした。松本と市川の戦闘シーンなんて、すごい動いているし迫力あるしでよかったのですが、それが笑える、という不思議な感じもしました。だって、亀がすごい戦闘を繰り広げているんだもの・・・(笑)。あと、個人的に、マリンとウリンの家のシーンで、ウリンが飛び出して行ったあとマリンが出ていくところのカットがとても印象的でした。なんか劇場アニメ見たいな迫力を感じたというかね。

お話のほうですが、まず、ワリンやサムたちとの対決は意外とあっさり終わったなぁ、と。友達が敵としてということで、もっとしっかり見せてくれるのかなぁ、なんて思っていたんだけどね。で、ワリンはともかく、サム・・・(笑)。闇に呑み込まれているのに、岩に剣が刺さって抜けなくなっているのは・・・(笑)。ここで、マリンと夏音は、力を合わせて強い力を発するという方法を見出したわけですが、なんかプリキュアみたいだったなぁ・・・。そういえば、今まで二人で力を合わせて技を出すというのは、無かったんだとも思ったり。ここで、二人にとってウリンを助ける希望見出したからこそ、ウリンを助けに行けるという展開は良かったですよ。

で、海でウリンがどこにいたのかと思ったら、マリンと住んでいた家で寝てる。あれ、マリンの夢なのか、と一瞬思ってしまったよ。そしてウリンがマリンに語る夢の内容のは、ウリンがマリンに傷つけられたと感じた出来事の数々・・・。いかに夏音が悪いやつなのかと誘導させるかのようなウリンの問いかけ、これはマリンにとってはつらいなぁ。マリンが口ごもるのも無理はない・・・。というか、ウリンにとってマリンは、自分のもとに引き入れるかだけでなく、自分と認識を共有するかも大事なのね。ウリンにとって、マリンは自分と同じ思いを持っていなくてはならない、そうでないなら裏切りだ、と考える彼女。その部分こそウリンの問題のようにも思いました。人間にとって、違うものをいかに認めるか、これが大事なんですけどね。

そして、マリンと夏音がウリンに放った浄化するための技は、ウリンに吸収され、逆に闇の力で巫女になることができなくなってしまう。闇の力を浴びたマリンと夏音は、闇の力がなんなのか分かるわけですが、なるほど、人々が海に捨てた悲しみの心か・・・。人間にとって闇の部分はどうしても必要で、光と闇の二項対立で決着がつくようなものではない、ということですね。光と闇、ともに抱えるからこそ人間である、と。この作品、結構リアルな人間描写がありながらも、それを光と闇のどちらかでくくってしまう感じがあって、自分、それがなにかもやもやしたものとして感じてはいたんです。でも、それも今回の話で、そのこともミスリードさせるための展開だったんだなぁ、と納得。しかし、どうやって作品としてケリをつけるの、という疑問も同時に・・・。これまでの話、光=善、闇=悪というかたちで話を進めてきたわけで、その図式を崩壊させて説得力ある結末ができるのか、自分には想像できない・・・。光と闇をともに受け入れろ、ということになっても、この物語でなぜこれまでの事態が起こったのかが分からないしね。とすると、今まで光=善、闇=悪という図式を押し付けてきた張本人、松本になにか裏があるということになるのかな?

マリンと夏音は、巫女の力がなくなってしまったし、次回はどう展開していくのか、全く想像ができません。で、次回最終回なんだよね?とにかく、作品としていい結末を迎えてくれることを期待しています。どうなるのかなぁ?とにかく、次回も楽しみにしています。

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第2巻 [DVD]うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第2巻 [DVD]
(2009/11/22)
阿澄佳奈寿美菜子

商品詳細を見る

PageTop

『うみものがたり~あなたがいてくれたコト~』#010「沈黙する心」感想

この時間に『うみものがたり』の感想、今日は、順調に感想を消化していけそうです。これで、時間も有効に使える。・・・まぁ、この感想書いたら、昼寝する気満々ですけどね。そういえば、ついこの間まではネットで動画みたりだの情報を集めたりだのばかりして、時間を無駄に使っていたのですが、最近、なんかそれに飽きてしまった感じがあります。テレビでとり溜めているアニメを見ている方が面白い。それがいいことなのか、どうなのか?まぁ、一時的なものなのかもしれませんけどね。そろそろ『うみものがたり』の感想、いきましょうか。今回は、第10話です。

今回は、なかなか面白かったです。

セドナのしもべに捕えられた小島くんは、マリンのウリンを呼ぶ言葉により解放される。しかし、ウリンは闇の巫女として覚醒するのだった。空と海が闇のオーラに支配され、人々は次々と闇に支配されていく。そして、マリンと夏音の前に、姿を現すウリン。マリンを闇へ誘うウリンだったが、断られたためどこかへと去っていってしまった。ウリンの姿に悲しむ二人に、松本はセドナを倒すための方法を教える。それは、ウリンごとセドナを光の槍で突き刺すことだった・・・、という話。

ついに覚醒した、闇の巫女ウリン。画面も、全体におどろおどろしい雰囲気になりましたね。でも、ウリン、闇の巫女として蝶のような羽が生えていましたが、衣装はいままでと変わらないのね。もっと「極悪」って雰囲気の格好になってもよかったのに。まぁ、黒ウリンも意外と魅力的だなぁ、とも思いましたけど・・・。そういえば、ウリンが飛び立つ姿は、見たことある感じがしたけど、なんだろ・・・?

黒ウリン登場の今回、よかったのは松本からセドナ封印の方法を聞いたマリンと夏音のやりとり。なんかちょっと、互いに「自分が悪い」「自分の責任」と自意識過剰が鼻につく感じはあったけど、いい場面でしたよ。相変わらず一人でウリンを助けようとし、自らも犠牲になろうとするマリンと、マリンも大事な友達だ、という夏音のやりとりは、ちょっと胸にくるものがありましたね。一方で、ウリンを殺すこともいとわない感じの松本の態度は冷徹すぎる気もしましたけど。もう少し松本にも、こうせざるを得ない、と苦渋の決断をするって感じがあっても良かったけどね。

闇のオーラに支配された世界で、一人いつもと変わらない大島(笑)。闇にも慣れていて、全然ピュアじゃないのね(笑)。まぁ、分かっていたことだけど・・・。でも、シリアスになっていく展開のなか、一人ボケをかましている彼女は最高です(笑)。鈴木を挑発してへこまされ、愛しの小島くんにも傷つけられる・・・・、可哀想ではあるんですが、そんな大島はとても魅力的でした。一人正気の大島、彼女も、このあと重要な役割を果たしていくのかなぁ?

あと、マリンと夏音は島の巫女と会っていましたが、島の巫女の発言、そしてそれに反論する松本のやりとりは、意味がよく分からなかった・・・。島の巫女が言ったのは、光を強くすればするほど闇が強くなる、だから互いに抑えよ、ってことなのかな?で、松本は闇を倒すことが大事だってことで反論したのかな?こんな感じかな?結構、大事そうな会話のようにも思えたけど。さて、ここのやりとりが、今後の展開にどう影響してくるのか・・・?

最後は、サム・ワリン・市川がセドナのしもべとなって、マリンと夏音の前に立ちふさがりましたね。ということは、次回は彼らとの戦闘回?サムはともかく、ワリンは普通でも結構強かったし、戦って大丈夫か?って感じはしますけど。また、悪になった市川によって、冷徹だった松本にも変化は出てくるのかな?この仲間との対決が、どういう展開を生んでいくのか、次回も楽しみにしてますよ。

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第2巻 [DVD]うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第2巻 [DVD]
(2009/11/22)
阿澄佳奈寿美菜子

商品詳細を見る

PageTop

『うみものがたり~あなたがいてくれたコト~』#009「愛する心」感想

やはり特段、書くべきことはない・・・。これ、『うみものがたり』の感想でなくて、今日の自分の日記のような前置きについてね。まぁ、それは『鋼の錬金術師』の感想を書き終わって、そのまま『うみものがたり』を見だしたのだから当然なんですけど。というわけで、今日も昼寝とアニメの感想を書いて、終わる日曜日・・・。これは、有意義なのか・・・?つい自問自答してしまいます。いや、日曜はまだ終わっていない、この感想をさっさと書いてしまい有意義な時間を・・・。ということで、『うみものがたり』第9話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

マリンたちとの日々を懐かしむ夏音のもとに、巫女に変身できなくなったマリンが現れる。ひどく落ち込むマリンに夏音は、ヨガを習っている鈴木のもとを訪れる。鈴木によって明らかにされる本当の夏音の気持ち。その後、海にきた二人は大島に会い、夏音は小島との関係について嫌みを言われる。そして、夏音と別れて行動することになったマリンは、たまたま小島に会い、夏音について聞くのだった・・・、という話。

夏音とマリンが、次々と夏音の友達と会い、夏音という子がしっかりと見えてくる話でした。マリンが夏音のことをしっかり理解する話でもあったのかな。そんな、他人を思うから、他人を傷つけてしまうかもしれないから、別れが怖いから、他人と深く付き合わない夏音。そのぶっきら棒な態度と反して、とても優しい心を持っている夏音の気持ちがしっかりと分かったという印象でした。でも、人を遠ざけてきた夏音は、一人でいることへの強さをもっていると同時に、人間関係に対してひどく臆病でもあるわけですけどね。そんな夏音の気持ち、とてもよく分かります。自分も、人間関係に臆病なもので・・・。いや、全然夏音のように優しくはないし、あそこまでいきすぎてもいないですけどね。

鈴木の家でヨガを習うマリンと夏音。マリンをどうにかしようと、連れてきたのに、マリンにはヨガは全然効果がないような・・・。でも、鈴木が語る夏音の思い出話、これはマリンにとってはよかったのだろうと思いますけどね。まぁ、夏音にとっては恥ずかしいことこの上ないでしょうが・・・(笑)。必死になって、鈴木の話を遮ろうとする夏音の姿は、可愛らしい。こんな子どもの頃の夏音にまつわるエピソードをしっかり覚えている鈴木、彼女は夏音にとって一番の友達であるべきなんだけどなぁ。彼女を遠ざけてきた夏音、何とも勿体ないことをしている感じが・・・。

次に出会ったのは大島なんですが、彼女、夏音に恨み節を利かせている感じがありながらも、夏音のことも思っているだなぁ、という感じが。彼女の言っていること、夏音がよきライバルとして認めているようなものだし。結局、嫌い嫌いも好きのうち、ってことなのかな。そんな大島の夏音を無下にしないような気持ちが透けて見えるから、彼女が憎らしいのでなく、可愛らしいのですけどね。

そして、小島くんと会ったマリン。ここで、夏音と小島くんの出会いが明らかに・・・。まぁ、たいした出会いでもなかったですけどね。でも、人を避け続けてきた夏音に、一歩踏み込んでくれた小島くん。その一歩踏み込んでくれたことが、夏音の心を少し変えたのかもしれませんね。しかし、小島くんも結構な変わりものなんだなぁ(笑)。図書館で告白とか・・・(笑)。邪悪云々言っている夏音が、読んでいる本が「幸せの名言集」というのも笑えましたけど。

島歌がどんなものなのか、マリンに教えてくれた小島くん。この歌の意味を語ってくれる場面は、なかなか感動的だったなぁ。別の場所で、夏音は口ずさんでいたし、歌詞の意味は、ちゃんとマリンの今の心情に対応するようなものだったし。マリンにとって大事だったのは、責任を他人に転嫁してはいけないことと、別れた相手とも繋がっていることを意識すること、だったのかな。ちょっと歌詞と今のマリンの状況が対応しすぎ、って感じもあったけど、それでも、というか、それだからこそとてもいい場面だったと思いました。

そんな夏音にとって大事な存在で、マリンを導いた小島くんも、セドナのしもべに捕まってしまうことに・・・。やっと、夏音が自ら意思表示をしようと決心した矢先だったのにね。これで、夏音にとってもセドナと戦う理由がしっかりできたという感じかな。この行為、セドナの作戦というよりは、ウリンの意思のほうが大きそうだけど・・・。で、マリンも再び変身できるようになったけど、やっぱり変身バンクの最後の決めポーズは違和感あるなぁ・・・。

さて、次回はつかまった小島くんを助けるための戦いになるのかな。小島くんがあっさり解放というわけにもいかなそうだけど。予告での、マリンの流す涙、その意味はなんでしょうね。ということで、次回も楽しみにしてますよ。

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第1巻【Amazon.co.jp限定リバーシブルジャケット仕様】 [DVD]うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第1巻【Amazon.co.jp限定リバーシブルジャケット仕様】 [DVD]
(2009/10/28)
阿澄佳奈寿美菜子

商品詳細を見る

PageTop

『うみものがたり~あなたがいてくれたコト~』#008「求め合う心」感想

二週間も間をあけて、久しぶりの『うみものがたり』の感想。・・・って、感想を書こうとして、PCを立ち上げたら、うまく立ち上がらず、焦ったよ・・・。まぁ、今書いているということは、なんとかなったということですけど・・・。さて、『うみものがたり』、こちらでは二週休んでいたということは、これからは確実に一週遅れて放送されることに・・・。どうしてこうも遅れるかなぁ。一回で二話分放送するとか、粋なことしてくれないものか・・・。・・・でもそんなことされると、感想書く自分としては大変になるか・・・。まぁ、放送の遅れなどは気にせず、のんびり感想を書いていくとしますよ。では、第8話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

ウリンに拒絶されたマリンは、一人思い詰めていた。そして思い出すのは、ウリンとの思い出の数々。一方、夏音は一度ソラへ帰ることを命じられ、地上に戻る。帰った地上で夏音の携帯には、小島くんからの何度にもわたる着信と、大島からのどなりつけるかのような電話があった・・・、という話。

マリンとウリンの子どものころの思い出からはじまった今回の話。前半は、二人の思い出話と落ち込むマリンの描写ばかりであまり面白くありませんでしたが、後半になると面白かった。今回のMVPは、なんといっても大島でしょう。彼女と夏音との会話は、ほんとに面白かった。感情に任せ、ライバルと目してる夏音に、本当のことや本音をべらべらとしゃべってしまう大島(笑)。体全体を使った表現で、コミカルに語るその語りっぷりは、ほんと面白かったです。小島くんの夏音に対する思いを知ってしまい、悲しみに打ちひしがれているはずの彼女が、八つ当たり気味であるとはいえ、面白可笑しく夏音に思いをぶつけるさまは、見ていて清々しいというか、気持よかったです。内に重苦しいものを抱えてしまったマリンに比べ、大島の気持ちいいことといったら・・・。大島も、夏音にこんな態度を示すというのは、それだけ夏音のことを思っている、認めているということでもあるのでしょうね。そして、彼女、悪い子というわけではなかったのね。そういえば、夏音と小島くんの別れの件、あれ、完全な夏音の思い込みだったんだ。なんとなく、分かってましたけど・・・。ほんと全く、彼女は・・・。でも、夏音もあの時と比べたら、かなり変わったのかな。

マリンの思い出すウリンとの過去。海人は、生まれてすぐに貝の殻の中で育つんだ・・・、なるほど。父親母親というものは分からず、兄弟姉妹の関係もない。でも、マリンとウリンは同じ白い貝から生まれたこと、マリンがウリンが生まれたときからずっと一緒にいたことから、姉妹という関係になった、と。厳密には姉妹ではなく、それで二人は髪の色なども全然違うのね。でも、海人には姉妹というものが存在しないのだから、姉妹という概念も存在しないのでは・・・。そんなことを気にしても、仕方がないですかね。さて、思いつめるマリン、指輪がセドナに支配されるきっかけとなったと知り、夏音にも当たっております。人に当たるなんて、ダメすぎるなぁ・・・。指輪なんかよりも、マリンがウリンに言ってしまった言葉のほうが、よっぽどこうなってしまった大きな原因だと思うし・・・。それを分かっているからこそ、責任を他人になすりつけたいと思うマリンの気持ちが、夏音に当たってしまうという言動になったのかな。

そんなマリンは、独りよがりに再びウリンのもとへ。ウリンのもとに行きたいと思いながらも、いざ邪悪なオーラが彼女を呼び込もうとしたら、拒絶しだすマリン。これが、今の彼女の弱さ、ウリンのためというよりも自分自身のための行動ということの証左なのかもしれません。本当にウリンを思っての行動なら、邪悪なオーラの中だろうとウリンを求めて突っ走れるはずだからね。結局、そんなマリンの姿に、セドナにとらわれたウリンも幻滅した、って感じなのかな。で、彼女はもっと邪悪なものに支配される・・・。ワリンも言っていたように、今のマリンには、ウリンのことを思うよりも自分自身を見つめ直すことが必要なのでしょう。

絶望の淵にあり深く落ち込むマリンと、希望が持てるような状況になってきた夏音。そんな対比が際立つような今回の話でした。一話のときの状況とは、真逆だなぁ。で、次回はマリンが再びソラへ、夏音のもとに行くみたいですね。これも、一話との対比な感じで描かれるのかな?以前とは状況の違う二人が出会って、どういう物語をみせてくれるのか、また、マリンはどう元の自分を取り戻すことになっていくのか、次回も、楽しみにしてますよ。

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第1巻【Amazon.co.jp限定リバーシブルジャケット仕様】 [DVD]うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第1巻【Amazon.co.jp限定リバーシブルジャケット仕様】 [DVD]
(2009/10/28)
阿澄佳奈寿美菜子

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。