五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『化物語』第十四話「つばさキャット 其ノ肆」感想

配信されたときに、見逃していた、というか、見る気になれなかった『化物語』の第14話。別に、この作品に飽きたとか、そういうわけではなかったんですけどね。アニメ自体、そしてブログで感想を書くこと自体に対する興味がなくなっていただけで・・・。期間限定配信だったこの話、でも今回、また見られるようになったのはうれしいです。最終話を前に、配信してくれるは、本当にありがたい。っていうか、最終話の配信はいつになるんだよ、って感じもしますが・・・。DVDの発売も遅れているし、大丈夫なのかなんて、いらない心配をしてしまったり。まぁ、いいや。たぶん、これ以上遅れることはないんでしょう。では、遅ればせながら、『化物語』第14話の感想です。

今回は、おもしろかったです。

ブラック羽川を呼び出し、捕える忍野だったが、その様子は、いつもとどこか違う。歯切れが悪く、ブラック羽川の対処法となる忍もどこかへ行かせてしまっていたのだった。その忍を探すために動き出す暦。怪異に関わった少女たちに協力を求め、自らも忍探しに奔走する暦だったが、彼の前に現れたのは、捕えられているはずのブラック羽川だった・・・、という話。

ブラック羽川が、想像以上にかわいいなぁ。普段の羽川翼には、自分、あまり魅力を感じるところはなかったのだけど、ブラック羽川はいい・・・。なんなんでしょうね、普段の羽川の真面目でおしとやかな雰囲気とのギャップがいいんでしょうかね?怪異という名目はありますが、ブラック羽川として表れたものも、羽川翼自身の隠れた部分でもあるわけで、彼女の満たされない欲求が真逆な性格として発露しているのも惹かれるのかな。

そんな今回、これまで登場してきた怪異に関わった少女たちも全員登場しましたね。基本、一話における登場人物がとても少ないこの作品で、これまででてきたキャラクターが多く登場するというのは、豪華な感じがしますね。作品のそれぞれの話における少女達が、暦を中心にして同じ世界の中で同時的に繋がっているというのを実感もしたしね。また、前回の話で、羽川が話題にしたラジオの投稿者と彼女たちが重なるというのもおもしろかったですよ。しかし、暦に忍の捜索をお願いされた彼女たち、実際に捜索をしているのかなぁ?それぞれのキャラクター性を見せながら、それぞれが忍捜索をしている姿もちらっとでも入れてほしい感じもしました。

羽川を救うために忍が必要だから、忍の捜索をしているはずなのに、いつの間にかブラック羽川と仲良く捜索をしている暦。羽川はこれはこれでいいじゃない、と思えば、何のために今急いで忍の捜索をしているんだ、という気がしないでもない・・・。まぁ、こうなったのも、暦云々ではなく、ブラック羽川のほうに原因があるんでしょうけどね。羽川翼のストレスの権化であるブラック羽川、彼女のストレス発散がこういう形で行うのであるなら仕方のないことかもしれませんけど。にしても、ひたぎ・羽川・忍と、暦にいろいろなかたちで必要な存在、助けなければならない存在がいる、というのはおもしろい状況(他人ごととしてですが)のような感じもします。しかもみんな女性だし・・・。暦の行動自体はいいことなんだろうけど、客観的に見た場合、とくに恋人であるひたぎ目線で見た場合、いいことなのかどうなのか・・・?

そういえば、暦とブラック羽川とのやりとりで、怪異について示唆に富むようなやりとりがありましたね。怪異に慣れてはいけない、ということ。怪異は、人間社会とは同列にできない存在であって、あってないようなもの。常に、畏れる存在でなければならないもの。これまでの話で、結局は人間の所業が原因にあって、その人間の暗い部分、黒い部分が怪異と捉えられたことを考えると、ある種、怪異それ自体は人間の概念的なもののようにも考えれる。怪異という名を借りた人間側の行いの擦り付けでありながらも、概念として存在し続けるもの、そんな風にも考えられるような感じがする。実在してはいけないものなのに、暦の周りにたびたび現れる、そのことに対する暦の危うさを警鐘している思えましたよ。ほんと、ここでのやりとりが、この作品の話の根幹のようにも感じました。

羽川のストレスの原因が、暦の存在自体にあったことが明らかになったところで終わった今回の話。原作は、だいぶ前に読んでいるので、この点は覚えていますが、あとどんな展開があったっけ?ほんと、かなり原作の内容忘れている・・・。逆にいえば、それだけこの作品を原作抜きにして楽しめる、ということでもあるんですがね。とにかく、次回は最終話、どういうかたちで最後をしめてくれるのか、期待しています。ということで、次回も、楽しみにしてますよ。

化物語 第六巻/つばさキャット 下【完全生産限定版】 [Blu-ray]化物語 第六巻/つばさキャット 下【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/07/28)
不明

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『化物語』第十三話「つばさキャット 其ノ參」感想

ネット配信された『化物語』の続きです。久しぶりだなぁ。11月2日に配信開始されたらしいけど、すっかり忘れておりました・・・。思い出したのが3日の夜だけど、なんか見れないし・・・。で、今日やっと、ということに相成りました。それにしても、画面ちっちゃ・・・。これだからネット配信は・・・。そんな愚痴を言っても仕方がないので、感想いきますよ。

今回は、面白かったです。

学校へ向かっていた阿良々木暦は、八九寺真宵と出会う。暦が来るのを待っていたという真宵によれば、ドーナツ屋の前で忍野忍を見かけた、ということだった。その後、学校に着いた暦は、メールで羽川翼に呼び出される。公園にいた羽川は、帽子にパジャマといういでたちで待っていた。彼女の帽子をとると、そこには猫耳が・・・。また、記憶を取り戻したという羽川。二人は急いで忍野のもとに向かかう・・・、という話。

羽川の「障り猫」がまた現れる、という話だったかな、今回。出来事的には、羽川の様子が変わったことと「障り猫」の登場、これくらいしかなく(忍野の変化や忍のことも重要といえば重要だけど)、後はひたすら会話というか、雑談という感じ。でも、それが『化物語』らしい、という感じでもありました。雑談の内容も、今回、かなり面白かったしね。そういえば、暦と羽川のラジオについての話のところ、原作を活字で読んでいたときよりもわかりやすかった感じがしたなぁ。まぁ、自分が読み飛ばしていただけなのかもしれませんけどね。

羽川自身にスポットを当てた今回の話、うまく彼女をアピールできていたと思いますよ。パジャマの胸なんかも悪くはないけど、個人的には猫耳を隠していた彼女が帽子をとるところがとてもよかったなぁ。恥ずかしがる羽川は新鮮だったし、猫耳と羽川の表情をべつに見せるのもなんかよかった。暦が羽川に帽子をとるようお願いする件も、上着のときの繰り返しだけれども、帽子のときは暦のほうが理がある面白さ。自分、これまであまり羽川を気に入っていなかったのですが、今回の話でかなり好感度アップしました。

忍野のもとで、(忍野の手により)現れた「障り猫」ブラック羽川。あんな感じで現れるのね。それにしても忍野、羽川を倒したところはいきなり何をするのか、と思ったよ。自分、原作の内容、ほんとに忘れているんだ・・・。まぁ、忍野については、今回のいつもとは違う雰囲気が、次回以降の話で重要になるんだけど。ブラック羽川の活躍については、これも次回以降、ということになるのかな。

今回の話、面白かった。面白かったんだけど、感想を書こうとすると書くべきことが全然ない・・・。5話あるなかの真ん中の話だし、キャラクターたちの会話を楽しませようという話でもあったと思うので、仕方ないのかな。でも、今回の話、違和感なくうまく話が流れて行ったとは思いましたよ。さて次回ですが、ブラック羽川が逃げ出して、神原や撫子たちと探す話になるのかな。原作ではこうだったと記憶してますけど、これで合っているよね?ところで次回の配信はいつになるのでしょう?いつになるのかわかりませんが、次回も楽しみにしてます。

化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray]化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/01/27)
不明

商品詳細を見る

PageTop

『化物語』第十二話「つばさキャット 其ノ貮」感想

今日も仕事が忙しかった・・・。まぁ、昨日ほどではないんだけどね。しかし、日が落ちるのも早くなりましたね。職場から帰るころには、もう外は真っ暗。しかも、雨降ってるし・・・。一人家路を行くのも、悲しくなってくる感じがありました。さて、『化物語』の感想です。今回がTV版の最終回。続きは、ネット配信のようですね。ネット配信、遅れることなく見れ感想書けるのはいいのですが、パソコンの画面で見て感想を書くのもどうなのかなぁ、という感じも・・・。無料で見られるのなら、それにこしたことはないですけど。では、TV版の最終回、「つばさキャット」の二話目の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

戦場ヶ原ひたぎと弁当を食べていた阿良々木暦は、ひたぎにデートに誘われる。放課後、暦がひたぎの家に行くと、彼女に車で連れ出されてしまう。しかも、運転手はひたぎの父親だった。車内で、気まずい暦に、きわどい質問を散々ぶつけてくるひたぎ。あまつさえ、ひたぎは準備のためと、車内に暦と父親だけ残し、出ていってしまう。だが、その状況で、暦は父親から、彼のひたぎに対する思いを聞く。そして、戻ってきたひたぎは、暦をあるところへ連れ出すのだった・・・、という話。

まず思ったのは、TV版の最終回、やはりこのエピソードだよね、ということ。EDも、この話のためにあるかのような曲だし(でも、ED曲、フルで聞くとかなわなかった恋、片思いの曲なんですけどね。そのへんは、羽川の・・・?)。TV版だけで見ると、暦とひたぎ、二人のラブストーリーという感じでうまくまとまっていたかな、と。まぁ、羽川のことは、放りだしたままになっているわけですけどね。「つばさキャット」というサブタイトルなのに、今回、羽川翼が一切出てこない、という・・・(笑)。今回の出来事があるからこそ、次回以降に羽川が・・・、という感じでもあるのですが。

満天の星空を見上げながらの暦とひたぎ、二人の告白は、なかなか感動的なやりとりでした。いつも強がっているひたぎが、すっと自分の弱さを語る、それが良かったのかなぁ。しかも、BGMもいい感じでかかっているし、エンドロールの見せ方もいい。ただ、止まっている星空に、寝っ転がっている暦とひたぎ、そのためか、ちょっと絵がもっていない感じもしました。感動的なやりとりをしているのに、絵に動きがない、という感じかな。暦とひたぎは仕方がないとしても、星空はもっと印象深く見せられたのではないかなぁ。リアルではなくても、星の降るような感じとか、暦視点で星空を見まわすような見せ方とかあっても良かったんじゃないかなぁ、と。まぁ、この場面に対する、自分の期待が高すぎたのかもしれませんが・・・。

その前段の、父親がいる車内での暦とひたぎのやりとり、これも暦の気まずさがひしひしと伝わってきて面白かったです。ひたぎは、自分が父親を知っているからこそ、暦に対してムチャなふりもしているわけだし、彼女はそれを楽しんでいる。いたずらじみたひたぎの様子が、ほんと面白かったです。自分、暦の立場になるのは嫌だけど、ひたぎの立場は面白そうだなぁ、と思ったり。ただ、暦が、運転手がひたぎの父親である、と知る場面も見たかったなぁ。今回、暦がそのことを知っているという状態の車内のシーンになったからね。普通にひたぎと話していた暦が、急に無口になる瞬間、それも見てみたかったですよ。

そして、暦と父親二人になり、気まずい雰囲気の車内。もう少し息を押し殺した雰囲気の車内をじっくり見せて欲しかった。すぐに二人の会話が始まってしまい、あまり気まずいという感じはなかったです。でも、父親の言っていることは良かったですよ。ひたぎに対する自分の責任と、自分の娘である彼女を信用し愛している、ということが、訥々とした語りながらもしっかり伝わってきたし。そういえば、父親の顔、しっかり見せてくれませんでしたね。なんか、アニメでよくあるサラリーマンの父親という風貌のようでしたけど。あと、父親、暦とはしゃべっていましたけど、ひたぎの問いかけには一切答えてない。原作では、父親は要所要所では答えるが、ひたぎはそれを取り合わない、という感じではなかったっけ?どうなんだろうね、このアニメでの見せ方。まぁ、ひたぎと父親、二人のやりとりの無さから、戦場ヶ原家の家庭環境が難しい状況にある、ということは伝わってきましたけどね。

なんか、きれいな感じで終わった印象のTV版の最終回。おっと、羽川のことがまだ残っているんだった。で、あと三話分残っているんだけど、羽川のことで後そこまで魅せる場面あったっけ?忍野のことと、神原・千石・真宵に捜索を頼むことと、解決のことの三つ?原作の内容、いろいろと忘れている感じもありますが・・・。まぁ、なんにせよ、次回のネット配信の話を楽しみにしてますよ。・・・で、配信されるのは、いつなんだ?

化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray]化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/01/27)
不明

商品詳細を見る

PageTop

『化物語』第十一話「つばさキャット 其ノ壹」感想

今日はなんか疲れてる。仕事が大変というわけではないけど、シルバーウィークということで休みが多かった反動でしょう。二日働いただけで、くたくた・・・。今もどうにも眠いし。さてさて、『化物語』も今回で最後の話「つばさキャット」に入りましたね。この「つばさキャット」、テレビで二話放送して、残りはネットで、と聞いているけど、どこでいつ配信されるんだろ?ネット配信の話も感想書いていきたいし、気になるなぁ。まぁ、とにかく今回の話の感想を書いていきますかね。では、第十一話の感想です。

今回は、面白かったです。

学校から帰る阿良々木暦を待っていたのは、千石撫子だった。撫子は、暦にお礼を言いたいということで、彼の帰り待っていたのだった。中学生撫子との会話を楽しむ暦。そこに現れたのは、羽川翼だった。羽川は暦に、彼の彼女、戦場ヶ原ひたぎのことを話題にしてきた。そんな会話の最中、羽川は突然頭痛を訴える。その様子を見て暦は思い出す、ゴールデンウィークでの出来事を・・・、という話。

前回の作画がひどかった話があると、どうしても今回、穿った目で見てしまいますね。前回のようなことが繰り返されるのではないか、という不安はもちろんのこと、「あれ、このカット、さっきのカットとおなじじゃない?」とか、「ここ、全然動いてないのでは?」とか・・・。今までも同じことをしていたのであろうけど、今回に限ってはどうしても作画部分が気になってしまう・・・。でもまぁ、結局、今回の作画は今までの感じに戻ったかなぁ、という感じはしましたけどね。自分、作画なんて全然分かってないのだけど。

物語の部分なんですが、原作を読んでいたとき、この「つばさキャット」は本筋以外の部分がひたすら長い、そういう印象をもっていました。『化物語』の〆として、今まで登場してきたキャラクターたちに、暦が次々と会っていくからね。だから、今回の話、話の本筋部分が見えず、つまらなくなるのかなぁ、と思っていたんです。でも、今回の話を見て、面白かった。理由は、しっかり今回の話のなかで、これを見せようというのが分かる作りになっている、ということでしょう。なるほど、ゴールデンウィークの出来事を今回の見せ場にもってくるのか。なんか感心しましたよ。

で、この羽川にまつわるゴールデンウィークの出来事、これって原作でこんなにしっかり描写されていたっけ?だいたいの顛末は、なんとなくは想像がつくけど、それも描写が断片的で詳しいことは分からない、って感じに捉えていたんだけど・・・。なんか、今回の話で、自分、原作を読んでいながらも、そういう出来事だったのか、と初めて分かった感じ。もしかして、新規で盛り込んだの?それとも、原作でもここまでしっかり描写されていたの?自分、原作の内容もだいぶ忘れているからなぁ・・・。

そういえば、今回の話、キャラクターを万華鏡で見せるような演出は面白かったです。あれ、イヌカレーさん?第一話のときは、どうも浮いているような感じがしたけど、今回はしっかりマッチしているように感じましたよ。あと、今回、『ビックリマン』だの『ドラえもん』だの、やたらと出てきましたね。まぁ、原作でもあったのは、記憶していますけど。そういうのは、面白いし良いのですが、キャラクターデザインを思いっきり変えるようなのは、いまだに慣れないし違和感あるなぁ。ビックリマンはいいのですけど、あの口のでかいのはなんだったんだろ?今回思ったけど、撫子ってやっぱり可愛らしいのね。「なでこスネイク」では、全然そんなこと思わなかったのに・・・。まぁ、自分、撫子の本領発揮は、『偽物語』だと思ってますけど・・・。

さて、次回は、テレビ版の最終回ですね。内容は、やっぱり暦とひたぎのあのエピソードになるのかな?羽川のことは、そっちのけでエンディングを迎えそうですが、仕方がないか。そういえば、「つばさキャット」って、忍野の出来事もあったよね。それも、ネット配信で、ということになるのかな?それはさておき、次回、ひたぎの父親はどんなキャラクターとして描かれるのか、なんか気になります。ということで、次回も、楽しみにしてますよ。

化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray]化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/01/27)
不明

商品詳細を見る

PageTop

『化物語』第十話「なでこスネイク 其ノ貮」感想

昨日の『バスカッシュ!』の感想、書けませんでした・・・。なんだろ、昨日といい今日といい、洒落にならないほど仕事が忙しいのですけど・・・。理由は、それです。今日だって、書きはじめましたけど、全然時間がない・・・。この忙しさ、連休前だからなのかなぁ?とりあえず、『バスカッシュ!』の感想はそのうち書きます。さて、『化物語』の感想をいきましょうかね。時間もないし、短くなるかもしれませんけど。では、第10話の感想、いってみましょう。

今回は、いまいち面白くなかったです。

忍野に、撫子の蛇の文様への対処を聞いた阿良々木暦。すぐに行わないと撫子が危ない、と聞いた暦は、それを行うため、早速、神原も連れて神社へと向かう。お守りの力で、蛇が消えていく様子の撫子。ほっとする暦だったが、いつまでたっても終わらず、ついには撫子が苦しみ出してしまう。その状況、撫子の体には、二匹の蛇がついていたのだった。残った一匹の蛇を力づくで外す暦、すると蛇は暦に襲いかかってきた・・・、という話。

とにもかくにも、絵がひどいことに・・・。アニメどころか、紙芝居にもなっていない感じでした・・・。さすがに、これを楽しめっていうのはなぁ・・・。いや、いろいろと耳にはしていたのですよ、先に放送された地域の感想なんかで。で、前半は、そうひどくもないかなぁ、なんて見ていたんですが、後半・・・。しかも、大事なところで、酷いことに・・・。

まず、後半になって、神社に行くシーンで、夜のはずなのに昼のシーンが入っていることで、あれ?って感じが・・・。でも、まぁこのくらいならと思っていたら、儀式が始まって、どうしようもないくらい酷いことに・・・。でてきたのが、止め絵の連発。撫子、もう死んでるみたい・・・。で、大事なシーンで絵がなく、朗読みたいになってる・・・。大きな動き部分や、大事な表情のカットがないのに、状況描写のようなカットはあるので、それが恐ろしく滑稽な感じになってましたね。とくに、暦が戦う蛇なんて、全く描写がない・・・(笑)。もしかして、蛇の描写で苦戦していたの?

で、話のことなんですが、・・・話のことなんて、書けるかぁぁぁ・・・(笑)。ともあれ、アニメって、意外と絵がないと話も分かりにくくなるものなんだね。まぁ、大体の筋はわかりましたけど。しかし、絵の重要性というのを、今更ながら実感。そして、声優さんたちって、絵のないなかでのアフレコ、頑張っているんだなぁ、と。見ていて、絵がないのに、感情のこもったセリフがあると、なんか笑えてしまいましたが・・・。

それにしても、楽しみにしていた「なでこスネイク」、まさかこんなことになるとは・・・。非常に残念でした。で、次回は大丈夫なの、シャフトさん・・・?こんなこと、今回だけで終わってくれればいいのだけど、なんか、とても不安だなぁ。とにかく、次回からの「つばさキャット」でラストスパート、ぜひ頑張ってほしいですね。まぁ次回は、楽しみにしてますよ。

化物語 第四巻 / なでこスネイク【完全生産限定版】 [Blu-ray]化物語 第四巻 / なでこスネイク【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2009/12/23)
神谷浩史花澤香菜

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。