五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『かなめも』第13話「そして、はじめての…」感想

今日も、またしても仕事が忙しかった・・・。なんだろう、この忙しさ・・・。なんかもう、体がガクガクです。単に、運動不足がたたっているのかもしれませんが・・・。感想を書く気力も・・・。いけない、ちゃんと書いていかないと。この『かなめも』も、今回で最終回だし。書きますよぉ、『かなめも』の感想(妙なハイテンションで)。では、いってみましょう。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

新人が入ってくると噂の風新新聞専売所。そんななか、かなは自転車に乗るための練習に励んでいた。学校の帰り、公園で美華を見かけたかな。二人は、自転車に乗れない者どうし、イメージトレーニングで自転車対決をすることに。そして、専売所の部屋でその思い出を絵日記をつけていたかなは、日記帳がもうなくなることに気づく。次の日、日記帳を買いに行ったかなだったが、欲しい日記帳は三千円近くの値段だった・・・、という話。

最終回にして、原作が4コママンガなんだなぁ、と感じさせるつくりに。場面転換が多く、所々で4コマでのオチと思われるシーンが散見、今回の話はそんな印象でした。これまでの話が、一話完結のストーリーという感じが強かっただけに、なんか最終回にして、妙な新鮮さがありましたよ。かなや美華の制服姿もとても珍しいなぁ、という感じもしてしまったし。最終回にしてはパンチの欠けるきらいがありましたが、これまでの話ではこういう作りの話をもっと入れていったほうがよかったのでは、とは思ったりもしました。

自転車に乗る練習をするかな。そういえば、かなは自転車に乗れないんだったっけ、なんて思いだしたりしましたが、それはいいとして、美華・・・。公園の遊具で自転車に乗る練習と称するのは・・・(笑)。ただの危ない女の子です(笑)。そんな美華の姿を見て、かなは彼女を蔑んだ目でバカにするのですが、かなってこういうことも言うんだ・・・。なんか、かなは真っ正直で、自分を一番下に見るようなタイプだと思っていたので、意外でした。かな、美華に対しては結構強くでれるのね。上下関係でなく、友達だと思っているからそんな態度にもなれるのかもしれませんが。そんな二人で自転車に乗ったイメージでの対決、・・・二人ともバカだ・・・(笑)。かな、イメージの中で、トラックに轢かれて死亡・・・(笑)。面白かったですけど、最終回でするような話でもないような・・・。

日記をつけているかなだったが、日記帳の残りがなくなってしまう。こういう最終回にするなら、毎回、かなが日記をつけているというシーンを入れていたほうが良かったんじゃない、と思ったり・・・。日記で各話を〆るとかさぁ。で、かなは日記帳を買いに行くのですが、欲しい日記帳は高い。まぁ、これまでの日記帳は小学生が使うようなノートだからね。にしても、毎日日記をつけているかなはすごいなぁ。空白のところは、いやなことがあった日なのかね。

かなが、欲しい日記帳が買えないことを見かねて、専売所の面々がお手伝いという名目のカンパをするのですが、なるほど、かなの自尊心を傷つけずに彼女の望みをかなえてあげる、と。良いやり方だと思うのですけど、なにかの記念のプレゼント、というかたちもとれなかったのかなぁ、なんて思ったりもしましたね。かなは、自分が専売所に必要なのかなんて悩んだりもしていましたが、他の面々は、とてもかなを大事にしているというのが分かる話でしたよ。

今までのことを振り返り、新しい人が入ったのかなぁ、と思わせる場面で〆た最終回。ちょっと、かなの「はじめて・・・」云々のセリフが長かったかな?でも、EDが流れてからの見せ方は、結構よかったですよ。

では、『かなめも』全話見終えての感想。

感想は、まぁまぁ面白かったです。

4コママンガ原作ということで、もっと明るい雰囲気全開で、気楽に見られる作品になるのかなぁ、と思っていたんですが、結構シリアスな部分も多いんですね。このシリアスな部分、各話それぞれで見ると、いいアクセントになっていたと思うのですが、話全体としてはうまく掬いきれなかったかなぁ、とも思いました。「ただ楽しいだけの作品ではないぞ」という感じは伝わってきましたが、シリアスパートはそのためのアクセントにすぎなかった印象というか。シリアスパートは、かなとマリモ姉さんの出会いで解決したということなのでしょうけど、マリモ姉さんが奇人すぎて・・・。

キャラクターは、かなはまぁいいんですけど、他が強烈すぎて・・・。ゆめとゆうきの百合コンビは、最後まできつかったなぁ。それにはるかも、振りきれてしまうと面白いのですけど、単なるボケとして話に加わると、ちょっとアクが強すぎる感じです。あっ、代理は結構好きですよ。表裏の激しさも面白いですし。あとは、美華と、あと一人いたっけ・・・?

あと、専売所中心で話がまわるのはいいのですけど、もう少しかなの学校での様子なども描いて欲しかったです。学校と専売所での立ち位置の違い、専売所での出来事が学校でのかなの様子にどういう変化をもたらすのか、なども見てみたかったというかね。そして、新聞配達の話ということで、もっと新聞配達にまつわるエピソードなども見たかった感じもしましたね。この作品、新聞配達そのものよりも、貧乏ということがクローズアップされた印象があったしね。でも、新聞配達がかなたちの日常のなかにしっかり入っているということが感じられたのは良かったですけどね。

なんとなく、小ぢんまりした作品、という印象でした。良いようにとれば、派手さは感じられないが、それなりに楽しめる作品。悪くとれば、中途半端に終わってしまい、これといって注目するところもない作品。なんか、両方でとれるなぁ、そんな感じです。原作を読んでいる方が、このアニメ版をどう感じたのか、それはなんか気になったりしましたね。4コママンガのアニメ化は、なかなか難しいのかなぁ・・・、そんな印象も持ちましたよ。

かなめも いち(初回限定版) [DVD]かなめも いち(初回限定版) [DVD]
(2009/10/07)
豊崎愛生水原薫

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『かなめも』第12話「はじめての人」感想

一昨日書けなかった『かなめも』の感想です。一昨日は楽しかったなぁ・・・。あんなに飲んだのは久しぶりだったし。まぁ、おかげで昨日は、二日酔いで辛かったですけど・・・。さて、『かなめも』の感想。次回が最終回ですね。あと少しか・・・。では早速、第12話の感想です。

今回は、いまいち面白くなかったです。

フリーマーケットに出店することにした風新新聞の面々。商売の最中の雑談で、去年出店していたことに話が及び、かなは孤独感を感じてしまう。その孤独感を抱えながら、かなは昼ごはんついでに銀行での両替を頼まれる。その道中、かなは野菜を抱えた女性とぶつかってしまう。平謝りするかなだったが、女性はそんなことを気にせず、その場で破格の値段で野菜の販売を始めてしまう。その後も、その女性に振り回されるかな。そして、女性とかなは、ネコと一緒に町が一望できる高台に行きつくのだった・・・、という話。

かなの出会った女性というのは、以前専売所で働いていた問題児、マリモ姉さんだったわけですが、とんでもなく危ない人間すぎる・・・。フリーマーケットに関係ないであろう道端で商売はじめるし、野菜一つ10円という破格で売り出すし、匂いにつられてあらぬ方向へ勝手に歩きだしてしまうし、人の家だろうとお構いなしに入っていくし・・・。どう考えてもやばいでしょう・・・。なによりもまず、かなの事情なんて一切考えず、ただひたすらに気の向くままってのが・・・。まさに自由人、ある意味仙人じみていると言えなくもないのですが、でもこの時代にいるとどう考えても危ない人でございます。

そんなマリモ姉さんに、かなは専売所での孤独感という悩みを打ち明けるのですが、マリモ姉さんの答えは、「あなたもまだ旅の途中」という答え。えっ・・・。全くもって、会話になっていないような気がするのですけど・・・。その答えで、かなも泣きだすし・・・。なんだ、この感情移入できないやりとりは・・・。いや、なんとなくは分かるのですよ。かなは、「旅の途中」という答えに、人生という旅の途中ととらえ、通過点である専売所での生活だけに、あまり感傷的になりすぎてはいけない、と思ったであろうことは。違うかな?むしろ歌のことを考慮すると、どんなことも見方次第でいくらでも色が変わるとかなは思ったのかな?いろいろと考えることはできるのですが、いずれにせよ、マリモ姉さんが、かなの問いかけを一度受け止めてくれないと・・・。もしくは、マリモ姉さんの答えをかながどうとらえたかは、少しは明らかにしてくれないと・・・。会話も行動も、一人で突き進むかのマリモ姉さんのセリフに、かなが突然泣き出すという変なシーンのように思えてならなかったです。

で、マリモ姉さん、かなにだけは会って、彼女の正体を知っている専売所の面々には会わずに去っていきましたね。かなは、「魔法使い」と言っていましたが、専売所の面々に会って正体がばらされることなく、かなにとっての不思議な人、という印象のまま終わったのは良かったと思いますよ。専売所の面々にとっては身近な存在だったわけだけど、マリモ姉さんに会ったのはかなだけの経験、という感じになったしね。まぁ、今回の話のオチについてはしっかりと予想できました。というか、かな、フリーマーケットに戻らなくて大丈夫か、というのが、マリモ姉さんに振り回されている最中、ずっと気になっていて、話にしっかり入って行けなかったんですけどね。これも今回、いまいち楽しめなかった原因・・・。

さて、次回は最終回。いったいどんな話で終わるのでしょう。この作品、楽しい雰囲気だけでなく、しんみりした感じの話もあったりしたので、どういう形でまとめるのか想像できない・・・。個人的には、楽しい雰囲気で終わって欲しいのですが、それはそれで物足りなさも感じそうだしなぁ。まぁ、実際見てみないことにはね。ということで、次回の最終回は、楽しみにしていますよ。

かなめも いち(初回限定版) [DVD]かなめも いち(初回限定版) [DVD]
(2009/10/07)
豊崎愛生水原薫

商品詳細を見る

PageTop

『かなめも』第11話「はじめての看病」感想

巷では、もう連休が始まっているようですね。で、この連休、シルバーウィークって言うの?この名前、なんか老人しか楽しんではいけないみたいで嫌だなぁ・・・。まぁ、敬老の日と秋分の日で、らしいといえばらしいけど・・・。そんななか、自分は今日も仕事です・・・。ついでに、月曜も仕事です・・・。で、今日も相変わらず忙しかったのですけど・・・。月曜も忙しそうだなぁ・・・。まぁ、そこそこ頑張りますよ。さて、『かなめも』の感想、いきましょうかね。今回は、第11話です。

今回は、なかなか面白かったです。

夏から秋へと季節の変わり目。そんななか、ゆうきが熱を出して倒れてしまう。そして、彼女の看病にあたったゆめも倒れてしまう。専売所を襲った風邪の流行。次に倒れたのは代理だった。かなは、そんな代理を案じ、付きっきりであれこれと世話をするのだが・・・、という話。

季節の変わり目、そのとき流行する風邪についての話でしたね。しかし、今のご時世、熱があるからとすぐに風邪と決めつけるのではなく、インフルエンザも疑わないとダメですよ。まぁ、原作のある作品だし、仕方がないのかもしれませんけど。そして、専売所内で流行したのは、結局、ただの風邪だったわけですけど。ところで、次々と専売所内の人々が風邪で倒れていきましたけど、みんな治るの早っ・・・。一晩寝ると治ってしまうとは・・・。とにかく、みんな倒れて専売所が機能停止に陥らなくてよかったとは思いますけどね。

そんな今回ですが、個人的に、かなの代理に対する看病のあり方についての話はよかった。代理の風邪を治すために、かなはあれこれと過剰なほどに面倒をみるのですが、当の代理はそっけなく、他の面々もつれない感じ。結局、かなの看病は有難迷惑だった、と。世話もすぎると、おせっかいになる、ってことかな。で、そのことをしっかり心得ていたのは、かな以外の専売所の面々だった、と。これはやっぱり年の功?まぁ、かな以外の面々がとっていた行動のほうが正解だよなぁ。病気になった当人としては、必死になって看病されると、それだけ他者に迷惑をかけていると思ってしまうわけだし。普段と変わらない行動をとってくれたほうが、安心するだろうしね。それでいて、ちょっとした心遣いをする面々、よくわかってるなぁ、と。自分にとって代理は大事だからと自分本位で必死に看病するかなと、代理のことを思いやって対処する他の面々。他者を思いやって行動することが大事なのであって、逆にかなは自分のためというのが透けて見える感じにも思えました。かなの行動が悪いわけではないんだけどね。でも、いい対応をしたのは他の面々ですし、それは代理のことを分かり、思っているからこその行動だからね。

で、その後、かなが風邪で倒れ、そのことでかなが代理に対しての過剰な看病の理由がわかるような感じがしました。かなは専売所の面々の輪の中に入りたかった、自分の役割というのがしっかり欲しかったということなのかな。代理の看病こそが自分の役割であり、自分が認めてもらえることだと思ったというか。でも、傍からみると、かなもちゃんと専売所の一員として認められているように思うんだけどね。そうは見えても、かなは孤独感を抱えていた、と。かなの気持ち、なんとなくわかるような感じはします。他者がどう思おうと、自分を客体化することはできないですし。まぁなんにせよ、かなとしては自分が与えることを意識するのではなく、自分がみんなに気にされているということを意識することが大事なのかもしれませんね。

なんか暗い感じで終わった今回の話。でも、予告を見ると、底抜けに明るい感じがするぞ・・・。次回は、何事もなかったかのように、新たな話がはじまるのかな?まぁ、自分、シリアスな話より、明るい話のほうがいいですけどね。なにはともあれ、次回は楽しみにしてますよ。

かなめも いち(初回限定版) [DVD]かなめも いち(初回限定版) [DVD]
(2009/10/07)
豊崎愛生水原薫

商品詳細を見る

PageTop

『かなめも』第10話「はじめての、気持ち」感想

やば・・・、ちょっと体調崩した・・・。なんか、のどの調子がよくないし、頭も少しボーっとします。原因は、最近急に涼しくなっていたからでしょう。たぶん、風邪かな?でも、インフルエンザだの騒がれているこの時期に、こんなことになるのは嫌ですねぇ。どうしても、インフルエンザを疑わざるを得ないし。とにもかくにも、明日には回復してくれないかな。まぁ、そんなことはさておき、『かなめも』の感想いきましょう。今回は、第10話ですね。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

配達から帰ったかなを待っていたのは、クッキーを焼いていたゆめだった。ゆめは、クッキーをかなに渡すと、外に待たせていた黒塗りの高級車に乗って去って行った。かなはそのことを代理に聞くと、ゆめは実家に帰ったとのこと。ゆめが辞めたと思ったかなは、動転する。そして、専売所には一人思い悩み、時折涙を浮かべるゆうきの姿があった・・・、という話。

今回、ゆめが辞めてしまったと思いこんだかなが巻き起こすドタバタだったわけですが、オチははじめの代理たちの反応で分かっていたからなぁ・・・。代理たちが言うのは「ゆめは実家に帰る」ということだけ、代理たちは誰一人悲しむ様子はなく平静を保っている、またお別れ会などをやる様子もない、これだけの証拠があれば、ゆめは単に休みをとって実家に帰っただけなんだなぁ、ということがまる分かり・・・。別れ際のゆめも全然さみしそうではなかったしね。まぁ、ここで視聴者を騙すつもりはなかったのでしょうけどね。

で、そんなゆめが単に休暇で実家に帰っただけと分かった上で、かなの誤解と動転っぷりを見ると、ほんと痛々しくて、その行動がうざったい・・・。まさに代理と同じような心境・・・。ほんとかなの動転っぷりを楽しめればよかったのかもしれませんが、痛々しいだのうざったいだのの感情が先にきてしまうのは・・・。かなちょっと激しすぎですよ・・・。そんな、かなの考えの飛躍、思い込みは酷いなぁ・・・。勝手に思い込んで動転する前に、周りに詳しいことを聞けよ、と。そもそも、思い悩んでいる人間に、変に気づかっていろいろするよりは、普通に接するのが一番なのですけどね。まぁ、今回ゆうきの悩みは、ゆめのことではなかったんだけど・・・。そういえば、かなって、こんな子だったっけ?とも思ったけど、そもそもこの専売所で働くことになったのは、自分の居場所が無くなったと思いこんだことからだったっけ。あと彼女、その思い込みはネガティブな方向に向くのね。

今回のオチの場面、ゆうきが思い悩み苦しんでいたのは虫歯のせいで、ゆめは普通に夕方には帰ってきた、と。歯医者に行くのはいやだよね、とゆうきに共感しながらも、ゆめ、普通に帰ってきているし・・・。演出として、もっとかなを驚かせるようにして欲しかったなぁ、と思いましたよ。まぁ、ゆうきの原因が虫歯と分かった時点で、かなもゆめは辞めたわけではない、と分かっただろうけど。でも、真実を知り、ビックリし安堵するかなの姿も見たかったなぁ。そして真実を知った後、勘違いして、右往左往していたことを思い出すと、かなは恥ずかしくなる・・・、のかな?

ところで、最後のかなと美華のやりとりはなんだったのだろう?あまり今回の話と関係のないエピソードのように感じられたけど・・・。なんか、不穏な雲行き、膝を抱えるかなの場面で、次回に続くような重大な事件が起こるのかと思ったよ。でも、結局、あっさり解決したしなぁ。結局、自分は一人だと思うかなだけど、周りには彼女を求める人がたくさんいる、ってことを見せたかったのかな。う~ん、でもやっぱり今回の話とあまり関係のあるようには思えなかったし・・・。

さて、次回は看病がどうとかの話のようですね。専売所内で、病気が流行るのかな?インフルエンザが話題のこの時期に、タイムリーな話?まぁ、どんな話になるのか、次回は楽しみにしてますよ。

かなめも いち(初回限定版) [DVD]かなめも いち(初回限定版) [DVD]
(2009/10/07)
豊崎愛生水原薫

商品詳細を見る

PageTop

『かなめも』第9話「はじめての、ダイエット?」感想

今日も仕事だったのですけど、なんだろなぁ、この眠さとだるさ・・・。別に、病気とかではないとは思うんですが、とにかくぼけーっとしていて仕事が進みませんでした。寝不足とかでもないはずなんだけど・・・。季節のかわり目で、普段より体が疲れているのかもしれません。ということで、そんな状態で『かなめも』見ていたんですが、感想、書くことが思いつかない・・・。それでも、なんとか頭をふりしぼって書いていきますけどね。では、『かなめも』第9話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

食べても食べてもお腹いっぱいにならないかなは、最近太っていることが発覚。そこでダイエットをしようと、着ぐるみを着て配達することに。そんな配達のとき、かなは配達先の友達から犬を一日預かってほしいとお願いされる。美華とともに承諾するかなだったが、二人は犬が苦手だった。犬のジョンと公園で遊ぶことにしたかなたち。怯えるかなをしり目に、美華はジョンに懐かれていく・・・、という話。

ダイエットかぁ・・・、耳が痛い・・・。自分も、ダイエットしないと・・・。そんなダイエットの話が主になるのかと思っていたら、犬とのふれあいの話でしたね。まぁ、ダイエットについても、犬のことですっかりダイエットのことは忘れて、食べまくるかな、というオチはつきましたけどね。

ダイエットをすることになったかな。でも、新聞配達って結構な運動になるだろうし、太るのかなぁ、という感じも。もしかして、かな、運動で消費される以上におそろしいくらい食べていた、ってことなのかな?たしかに、ケーキを三つも四つも食べていたら・・・、って感じもしますけどね。あと、かなのズボンが破けていましたけど、ズボンが破けるって・・・(笑)。ズボンがはきにくくなったとか、いくらでも兆候があるだろうに・・・(笑)。

ということで、かなは着ぐるみを着て配達することにしたのですが、美華が怖がる前に視界が狭くなってうまく配達できるのか、という疑問が・・・(笑)。まぁ、よくあんな恰好で人目も気にせず、配達できるなぁという気もしますけど・・・。自分がかなの立場なら、さすがにあんな勇気はない・・・。美華はびっくりしてましたけど、着ぐるみの新聞配達、さすがにいきなり現れたら、怖いだろうな。でも、あんな恰好でも世間の注目を集めなかったのは、早朝だったからなのでしょうかね。かなも、そのことは考えていたんですかね?

犬を預かることになったかなと美華。犬のジョンは、かなではなく美華を選択したわけですが、やっぱり犬を飼っていたという差がでたということなのかな。そんな美華ですが、愛犬と別れるという過去が・・・。それが、彼女を犬を愛してはいけない、という感情を生んだようで・・・。つまりは、美華は、本当は犬は大好きだったということなのですね。でも、彼女のはじめのジョンに対する怯えっぷりは・・・?まぁ、犬の好き嫌いもそれぞれの犬によって、ということなのでしょうけどね。美華もジョンに対して、最終的には仲良くなってましたけど。ところで、美華の愛犬がもらわれるようになったシーン、美華の家が売家になっていたんだけど・・・。やっぱり、彼女もともとは資産家だったけど、没落したってことなのかな?美華の過去がだんだん気になってきました。

美華についてちょっと深く触れたような今回の話。ダイエットのことと交えるかたちの話の構成で、ちょっとまとまりがないなぁ、とは思いましたけど、美華の犬に対する気持ちなどは感動する感じもあり、おおむね良かったかな、と。さて、次回ですが、どんな話になるのでしょう。この作品、基本一話完結みたいな感じもあるし、よく分からん。個人的には、美華について、もっと掘り下げてほしいなぁ、という気持ちはありますけどね。まぁとにかく、次回も楽しみにしてますよ。

かなめも いち(初回限定版) [DVD]かなめも いち(初回限定版) [DVD]
(2009/10/07)
豊崎愛生水原薫

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。