五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『とある科学の超電磁砲』第24話「Dear My Friends」感想

今日は、よく寝ました・・・。一昨日・昨日とブログを書いていませんでしたが、書ける状況ではなかったんです。一昨日、職場での飲み会がありまして、昨日は、その影響で二日酔い&寝不足のなか仕事・・・。もう昨日は、家に帰ったら、爆睡でしたよ・・・(笑)。そんなこんなで、今日やっとブログを書ける状態になりました。とにかく、今日までに見てしまわないともったいない『とある科学の超電磁砲』の感想からいきます。ついに最終回、では、感想いってみましょう。

今回は、おもしろかったです。

木山が一人追う子どもたちを乗せた車両。だが、それはダミーだった。美琴たちは木山に合流し、初春の案内で、子どもたちを追う。しかし、彼女たちの前に現れたのは、巨大なロボットに乗ったテレスティーナ。美琴の能力を研究したうえで作られたそのロボットに美琴は苦戦する。黒子と力を合わせ、なんとか倒すことに成功する美琴。そして、研究所で子どもたちを見つける彼女たちだったが、そこに現れたのは、またしてもテレスティーナだった・・・、という話。

もうテレスティーナを倒し、子どもたちを救いだすだけ、という最終回。これまでのモヤモヤとしたものが吹っ切れたかのようななかでの、今回のバトルバトルな展開、おもしろかったです。それに、OPにのせてのバトルは、やっぱり盛り上がりますね。美琴一人ですべての片をつけるのではなく、協力して、それぞれの持ち味をだして対処したのもよかったし。とにかく、とても気持ちのいい最終回でした。

テレスティーナのロボットとの戦い。この作品で、こんなロボットが出てくるとは・・・(笑)。ロケットパンチはちゃんと搭載・・・(笑)。AIMバーストのこともありましたし、ロボットの登場には、そんなに違和感は感じませんでしたけどね。このテレスティーナのロボット、能力を持たない彼女が、徹底して科学技術に心酔してきたという表れでもあるのかな?さて、この戦いでおもしろかったのは、ひたすら走りながら戦うというその構図。疾走感が合っていたし、とても迫力がありましたよ。そういえば、婚后光子の能力、あんな能力をもっていたのね。最終回まで、ひた隠しにしてきたのが、逆に笑える・・・。

研究施設に着いた美琴たち、テレスティーナがこれで終わるわけがないと思っていたら、やっぱり現れましたね。能力を無効化する装置をしっかり利用して。懇切丁寧にやろうとしていることを説明してくれるテレスティーナさんは・・・(笑)。なんか今さらな感じもしてしまいますけどね。要は、学園都市がレベル6を生み出すための装置であるわけだから、自らが人為的にレベル6を生み出すことができるのなら、この街自体壊してしまってもいい、という理屈ですね。レベル6という理想にとらわれて、周りが見えなくなってしまった悲しい女性でもあるのかな。美琴が「逆恨み」と言っていたけど、単純に祖父への恨みというより、被験者の第1号として失敗した自分への失望感と、そこからくる能力者たち、この街への恨み、という感じがしますね。自己の存在意義を、合法的な方法で事件を起こすことで、街全体を敵に回しても、手に入れようとしていた、という感じというかね。テレスティーナの考えも、それがいい方向に、ちゃんと他者を受け入れることができる方向に進んでいれば、いいことだったのかもしれませんけどね。

佐天、前回の役回りで、お役御免なのかな、と思っていたら、今回もこんなところで活躍するとは・・・。初春の機転があればこそ、って感じもありますけどね。そんな佐天に対して、意外に活躍していなかったのは、・・・というか割りを食ったのは、黒子・・・。婚后と力を合わせて戦ったときには、どうしても婚后のほうに目が行ってしまうし、ロボット倒したときも美琴のサポート役・・・。最終回なのに、黒子・・・。まぁ、これまで散々活躍してきたし、いいのかな?

最後は、チャイルドエラーの子どもたちからの、木山に対してのメッセージでおしまいでした。なるほど、木山がこの作品の影の主人公だったんだなぁ、と再認識させてくれた感じでしたよ。目のくまが消えた彼女、チャイルドエラーを助けることにすべてをささげてきた彼女が、これで自らを縛り付けられていたものから開放されたのでしょうね。

最後にちらっと『禁書目録』のキャラも登場しましたが、そちらとどうつながっているのか、もう一度『禁書目録』のほうも見てみたくなりましたよ。


最終回の感想は以上で。
以下、この作品の感想を。

感想は、おもしろかったです。

キャラクターはしっかりたっているし、話もギャグとシリアスのバランスがとてもいい。作中でいろいろと投げかけてきた伏線も、多くはうまくテレスティーナの事件に収斂させたのもよかったですよ。ただ、木山の事件以降の、単発の話がちょっと盛り上がりに欠けたのが・・・。ポルターガイスト事件が起こるまでのあの7話はちょっと長かった・・・。話を落ち着かせる意味でも、必要だったのは分かりますが、個人的に木山の事件の勢いそのままに、畳みかけてほしかったなぁ、という感じもしました。ギャグ話も、第2話という強烈なのを見てしまっていますからね。

個性的なキャラクターと、能力を使った派手な事件やバトル、と大味な印象もありますけど、と同時に、微妙な人間心理も描くのがうまかったなぁ、と。レベルアッパーに手を出してしまう佐天の心の動きだとかね。なんか思い出してみると、佐天関係が多いような気もしますが・・・。派手な印象の作品ながらも、心の葛藤などの心情描写も逃げずに描く、『とらドラ!』のときにも感じたけど、これが長井監督の持ち味なのでしょうね。こういった描写が、この作品を下支えしているんだろうな、という感じはしましたしね。まぁ、派手な部分をしっかり描ける、というのが前提にあるわけですけど。最終回もそうですけど、盛り上げるところはしっかり盛り上がるように作っていますしね。

『とある魔術の禁書目録』の外伝として生まれたこの作品。原作はしりませんが、アニメとしてみたら、この『超電磁砲』のほうがおもしろかったです。話がぶつ切りにならず、一つの作品としてしっかりまとめようとしていることが大きかったのかな。『超電磁砲』を見始めた当初、『禁書目録』の外伝という印象が強すぎて、こじんまりとしたイメージもありましたが、今ではすっかりそんなこともなくなりました。外伝でなく、双方並び立つ感じ?ふと思ったんだけど、この二つの作品、なんか一つの事件を、『禁書目録』として当間の視点で、『超電磁砲』として美琴の視点で、みたいに描いたらおもしろそうですね。そんなことはさておき、ぜひとも、今のスタッフで、『禁書目録』『超電磁砲』、どちらでもいいので続編を作ってもらいたいです。

最後に、この作品、いい作品だったと思いますよ。

とある科学の超電磁砲 第4巻 <初回限定版> [Blu-ray]とある科学の超電磁砲 第4巻 <初回限定版> [Blu-ray]
(2010/04/28)
阿部敦豊崎愛生

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『とある科学の超電磁砲』第23話「いま、あなたの目には何が見えてますか?」感想

今日は、寒いです・・・。雪も降っていたしさぁ・・・。4月も半ばだというのに、この寒さ、結構こたえますね。そして、仕事では、またイライラすることが・・・。その場でイラっとくるというより、あとで考えると、って感じのことが・・・。全く嫌だね、本当に。毎日、気持ちよく仕事をしたいものです。そううまくはいかないか・・・。さて、今日は、何の感想を書いてもいいのですが、ネットでパック購入してしまったため、日曜までに見終わらなければならない『とある科学の超電磁砲』の感想でいきます。これも、あと二話。もう少しだ・・・。では、第23話の感想、いってみましょう。

今回は、なかなかおもしろかったです。

ポルターガイスト事件は解決したかのように思えたが、美琴は釈然としない思いを抱いていた。一方、初春は、MARに預けられた衿衣に会いに行くことにする。ワクチンにあと一歩のところまで辿り着いていた木山を口説き、木山と二人で衿衣に会いに行った初春。しかし、テレスティーナに、面会を拒絶され、木山のワクチンの研究データも破壊されてしまう。実は、テレスティーナは、「テレスティーナ・木原」という木原の孫娘だったのだ。それを知り、一人テレスティーナのもとに向かった美琴だったが・・・、という話。

やっぱり、テレスティーナは悪でしたか。前回の強硬的なやり方で予想はついていたけどね。しかし、彼女が木原の血縁だったのには、びっくり。木原の研究員ではないか、ということくらいのことは思っていましたけど。ただ、本性を露わにしたテレスティーナが、口が悪く気が狂った感じに描かれたのは残念・・・。ちょっと興ざめでした。彼女、これまでの性格の延長上で、もっと冷静な、冷酷な悪、って感じのほうがよかったです。だって、テレスティーナの性格の豹変で、話的に、まさに勧善懲悪、という図式が出来上がってしまったし、これまで本性を隠してきた彼女は、それだけ彼女自身と彼女のやろうとしていることに問題がある、ってことを自覚している、と思えてしまうしね。もっと、彼女は、冷静であるが、やろうとしていることは悪である、という感じのほうが個人的には望ましかったです。

一人テレスティーナに立ち向かっていたが、彼女の用意周到な設備に歯の立たない美琴。一人突っ走っていった美琴の行動は、前回もそうだったし、彼女らしいことなんだな、と思って見ていました。が、このことが今回の話の重要なテーマだったのね。ところで、婚后光子、こんなところで重要な役割を担うとは・・・。しかし、どうやって美琴を救出したのかが描かれなかったのが笑える・・・。

敗れた美琴が目覚め、また一人立ち向かおうとしたときに、彼女の前に立ちふさがった佐天。この時点で、もう何言うのか分かっているよ、って感じだったのですが、分かっていながらも、佐天の言葉に、ちょっとうるっときてしまった自分・・・。そうだよね、美琴は一人で突っ走って、一人で解決しようとするけど、周りに頼れる仲間がいるんだから、一緒になって事にあたったほうがいいよね、なんて思いながら見てました。よくよく考えれば、これまで美琴が一人突っ走ったとき、黒子たちのうまいフォローがなければ、うまくいかないことが多かったような気がします。これが、この作品のテーマだったのかな。問題に責任を感じ、一人で背負い込んで、一人で解決しようとするのではなく、みんなで協力して解決する、単純なことだけど大切なことですよね。木山が美琴の写し鏡だったわけですが、それもなるほどなぁ、と今さらながら気づかされ、感心しました。似たような人間として木山と美琴をみると、二人の違いは、一人で突っ走ろうした時、それに気づかせてくれる人が近くにいるかいないか、の違いだけだったように思えましたよ。

さて、次回は最終回。話としては、みんなで協力して、テレスティーナを倒し衿衣たちを助け出す、ということになるのでしょう。話の筋自体は見えている感じがしますが、でも、どう話を展開させていくのか、どういうかたちで話をまとめてくれるのかは、分かりませんし、注目ですね。ということで、次回も楽しみにしてますよ。

とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]
(2010/03/26)
佐藤利奈豊崎愛生

商品詳細を見る

PageTop

『とある科学の超電磁砲』第22話「レベル6<神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの>」感想

アニメ見て感想を書いて・・・。それを繰り返していたら、さすがに頭がぼーっとしてきたぞ・・・。なにかほかのことがしたいなんて思い始めてきたぞ・・・。コーヒーがやたらとすすむぞ・・・。まだいけると思って、『とある科学の超電磁砲』を見たんですが、さすがにしんどくなってきました。でも、見た以上は感想を書かねば・・・。こんなブログ、もっと気楽に楽しく感想を書いていくべきなんでしょうけどね。いや楽しんでる、楽しんでる・・・はず・・・。とっとといきましょう、『とある科学の超電磁砲』第22話の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

衿衣を呼ぶ声、その手掛かりを得た黒子たちは、木原という研究者の被験者となったチャイルドエラーを探し始める。彼らの暴走が今回の事件の原因なのではないか、と。しかし、病院を転々としていた彼らの足取りは、途中でぷつりと途絶えてしまっていた。また、テレスティーナから、拘留されていた木山が保釈されたという報が、美琴たちに入る。黒子の捜査で見覚えのある建物を見かけた美琴は、夜中に一人、その建物に侵入する。何もないかのようなその建物で出会ったのは、あの木山であった・・・、という話。

難しい単語や理屈やらは、全然頭に入ってこないぜ・・・。でも、それでも話の全体像はちゃんとわかるし、十分に楽しめる話でした。自分のように頭の悪い人間にも分かる親切設定、とてもありがたいし、うまいと思います。今回も、笑えるようなシーンは、相変わらずきちっと入れてきてくれるし。今回の話は、ポルターガイスト事件の全容の解明、完結のような話でした。まぁでも、後味の悪い終わり方だったし、まだ一波乱ありそうですけどね。

被験者となったチャイルドエラーと、木山の行動。今回の事件は、チャイルドエラーたちを救おうとした木山たちの行動が、偶発的に起こしてしまった事態だったのですね。本当の悪は、かれらを作りだした木原という男で、この場にいる者たちに悪はないというやるせなさ・・・。木山だって、チャイルドエラーたちを救おうと、あの医者と一緒にやっていたことだしね。そういえば、あの医者の先生は、今回の木山は悪ではないよ、ということを印象付ける重要な存在だったなぁ、と思いましたよ。

今回の事件を引き起こすことになった、木原という研究者のしでかしたこと。「マッドサイエンティスト」と呼ばれてもいましたが、彼の問題は、誰にもなしえないことをしてやりたい、ということだけでしか研究していなかったことにあると思う。レベル6を生み出すという、今までなしえなかった存在を生み出したところで、何になるの?って感じだし。何のために、ということが抜け落ちて人体実験を繰り返す、これほどひどいことはないですよ。何のために、という目的さえあれば何をやってもいい、ということでもないですが・・・。ところで、この木原という人物は、今どうしているのでしょう。この作品全体に禍根を残す、重要な存在であるのですけど・・・。なんか、この木原の影に踊らされている、というのが、この作品全体の基調であるようにも思えますね。

木山が隠れてチャイルドエラーを救いだそうとしている病院に乗り込んできた、テレスティーナ。武装して乗り込んできたところからして、善人のようには思えない・・・。木山は一人抵抗しようとしていましたが、彼女も自分ひとりで彼らを救いだそうとするのは問題ですよね。それだけ彼女が責任を感じて、その責任を一身に受けようとする気持ちはわかりますが。でも、やはりみんなで協力して問題を解決していこうとしないと。それにしても、あの木山と美琴のやりとりは、熱かったなぁ。木山の思いだけでなく、美琴のやるせなさも、とても伝わってきたし。あの場面、美琴としては、あぁせざるを得ないですよね。問題は、テレスティーナが美琴たちが望むようなかたちで、チャイルドエラーたちを救いだそうとするのか、ってことですけど・・・。

前々回から取り上げてきたポルターガイストの事件に、一応の解決をみた今回の話。あれ、でも衿衣を救いたいと思っていた初春が全然活躍することがなかったし、初春と黒子との関係も解決してない・・・。次回はそういう点も含めた話になっていくのかな。なんにせよ、強硬な手段でチャイルドエラーたちを奪い取ったテレスティーナ、彼女はなにを考え、何をしようとしているのですかね。いろいろと気になることが多い。ということで、次回も楽しみにしてますよ。

とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]
(2010/03/26)
佐藤利奈豊崎愛生

商品詳細を見る

PageTop

『とある科学の超電磁砲』第21話「声」感想

本日三本目の感想です。こんな夜遅くになって感想を書いていますが、明日は仕事が休みなので大丈夫。3月終了したアニメの感想を、とっとと書いてしまおうということで、その三本目でもあります、『とある科学の超電磁砲』。ネット配信で見ているのですが、そこで、今話から最終回までのパックを購入してしまったぜ。これで、この作品、一週間いないに最終話まで見終わらなければならない・・・。自分自身を奮い立たせる意味でも、期限を決めて事に当たることはいいことなのかな?どうなるのか、分かりませんけど・・・。では、いってみましょうか。『とある科学の超電磁砲』第21話の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

花火大会で起きたポルターガイスト事件。黒子は、衿衣が以前いたところでポルターガイストが頻発していたことを知り、彼女に疑いの目を向ける。黒子と美琴が衿衣のバンクを調べると、彼女の能力はレベル2。しかし、特記事項が記されていた・・・。衿衣とともに、公園に遊びに来ていた初春は、またしても衿衣の不思議な行動とともに、ポルターガイストに巻き込まれる・・・、という話。

前回、謎だらけだった事件の全容が見え始めた今回の話でした。シリアスな雰囲気が漂う今回ですが、それでも笑えるような場面を随所に散りばめ、飽きさせない話を作る制作スタッフのバランス感覚はすごい。まぁ、そんなことがなくても、本筋の話だけでも十分見ごたえのある話でしたけどね。

前回の話で、事件の犯人として、衿衣が怪しいように描いていましたが、その通りに衿衣がこのポルターガイスト事件引き起こしていたのね。というか、衿衣を使って彼女の探し求める友達が事件を起こしていたということだけど。その衿衣がチャイルドエラー、その友達も以前に美琴に記憶として流れ込んできた少女ということで、俄然、木山の影が浮かび上がってきました。まさか、こんなかたちで木山がクローズアップされることになるとは・・・。ちょっと意外で驚きましたよ。おそらく、木山の仕組んだことであるのでしょうけど、事件が起こるタイミングなど、どの程度彼女の意志が反映されているのでしょう?

事件の犯人として、衿衣を疑う黒子と、ルームメイトの初春との対立。合理的な考え方と、感情論の対立のようで、どう考えても黒子のほうが感情移入しやすい感じも思えるのですが、初春の気持ちも理解できるように作ってあるのがニクイ。前回といい今回といい、あれだけ、初春の衿衣を守ろうとする決意や、彼女に対する思いを見せられたらね。黒子と初春の対立が、いい意味でやるせなさを感じさせてくれたのはとてもよかったです。次回以降、初春も、事件の全容が見えてくる中で、衿衣を利用して事件を起こしている、その犯人に怒りの矛先を向けてほしいものです。

今回、本格的に美琴たちに絡んできたテレスティーナ。今回見る限りでは、このポルターガイスト事件を防ぐ、美琴たちの仲間になる存在のようにも思えましたが、どうも疑念が拭いきれないなぁ・・・。あのチョコの色もやりとりなんかも怪しい感じがするし。なんとなく、彼女、木山と関係がある存在なのかなぁ、と思えたり・・・。木山の思いを受け継ぐような存在なのか、木山が憎むような存在なのか・・・?どちらにせよ、美琴たちの前に立ちはだかる立場にいるのでは、と想像してしまいます。

衿衣と事件の関係性が見えてきた今回の話。衿衣も、事件を引き起こしている立場にいるのですが、悲しい事件の被害者ですよね。この事件からも、チャイルドエラーという存在の悲しさというのが、とても際立っているようにも思えるし。でも、美琴たちが次に探さなければならないのは、衿衣にテレパスを送っている犯人ですよね。一体どんな存在なのか?そして、木山がどの程度この事件に絡んできているのか?あと、黒子と初春の関係もどうなるのか気になりますね。次回も、楽しみにしてますよ。

とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]
(2010/03/26)
佐藤利奈豊崎愛生

商品詳細を見る

PageTop

『とある科学の超電磁砲』第20話「乱雑開放<ポルターガイスト>」感想

今日はまだ感想を書きますよ~。自分で言うのもなんですが、なんかやる気に満ち満ちている・・・?暖かくなってきたからかな?でも、パソコンばかり見つめているため、さすがに肩が凝ってきたんですけど・・・。さてさて、『とある科学の超電磁砲』の感想。あと何話残っているかを見たら、五話ですか。先が見える感じがして、よかったです。なんとかはやいとこ最終回まで感想を書きたいものですね。では、第20話の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

学園都市で多発する地震。それは、ポルターガイスト現象をともなったものであった。そんなおり、初春のもとに転入生のルームメイトとなる子がやってくる。春上衿衣。彼女と親睦を深めるために、美琴たちも初春ももとにやってくる。一方で、「風紀委員」と「警備員」の会議で、頻発する地震が能力者によって引き起こされていることが明らかになるのだった。会議の後、衿衣を連れて花火を見ることにした美琴たち。花火を見ている中、衿衣は突然不可解な行動をし始め・・・、という話。

衿衣とテレスティーナという二人の新キャラクターが登場して、新たな話が始まったという感じの今回の話でした。まぁ、話も終盤に差し掛かっているのに、いまさら新キャラクター出すのはどうよ、という感じもしないでもない・・・。この作品自体、いくつかの短編をつなぎ合わせたかのような話で構成されている作品のようなので、こうならざるを得ないのでしょうけどね。

地震になるようなポルターガイストの事件とともに登場した新キャラクター二人、どう考えても、どちらか、もしくは両方が事件の首謀者なんでしょう。普通に見ていれば、衿衣が怪しいように思うけど、「AIM拡散力場」とか出てくると、研究者のようなテレスティーナが怪しいようにも思う・・・。でも、テレスティーナが犯人であると、なんか木山の事件と話がかぶるしなぁ。そういえば、木山もちらっと登場していたよね?そんなことを思いながら見てましたよ。いろいろと謎を提示して、話に引き付ける点でも今回はおもしろかったです。

また今回おもしろかったのが、会議での発言と佐天の興味本位な発言との見せ方。佐天、見事なまでに見透かされ、ツッコミ入れられているし・・・(笑)。互いに笑えるような場面でないのに、その場面の切り替えでおもしろく見せていたのは本当にうまかったと思います。あと、寮長と美琴たちの駆け引きのところもおもしろかったですよ。寮長、フェイント使うんだ・・・(笑)。

花火の最中、突然だれかを探し求めるように歩きだす衿衣と、そのとき起こるポルターガイスト。そして、それを予期していたかのように現れるテレスティーナ。一体、なにがどうなっているのでしょうかね。そういえば、初春たちのピンチに現れたピンクのロボットのようなもの。はじめ、これが初春の能力?なんて思ったりもしたんですが、これ、テレスティーナの作業用のスーツなのね。しかし、ピンクって・・・。ここで、ポルターガイストが起こることを予測している時点で、テレスティーナも十分に怪しいですよね。

いろいろと謎の多い話だった今回。佐天が初春のスカートめくりのことを忘れている、なんてこともありましたけど、一体なんの伏線なんでしょう。ほんと、次の話が気になるなぁ。ということで、次回も楽しみにしてますよ。

とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]とある科学の超電磁砲 第3巻 <初回限定版> [Blu-ray]
(2010/03/26)
佐藤利奈豊崎愛生

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。