五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『はなまる幼稚園』じゅうに「はなまるなクリスマス」「はなまるな気持ち」感想

今日は、仕事が忙しく家に帰るのが遅くなり、さらに家に帰ってからはネットの接続で時間がかかり・・・。で、こんな夜も遅くなってから感想を書いております。あの~、やっとADSLから光に変えたんですよ。今までより早いかどうかは、まだわからない・・・。それにしても、設定は面倒くさいですね。でもこれで光生活、・・・って何が変わるんだ?って感じもしますが。まぁ、いいや。では、『はなまる幼稚園』最終回の感想いってみましょうか。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

クリスマス。その日、杏の家でクリスマスパーティーを催すことになり、柊や小梅といった園児たち、それに土田先生たちの先生たちが招待されていた。パーティーの準備をする桜だったが、杏は途中で居眠りをしてしまう。杏の見た夢、それは杏が大人になった夢だった・・・、という話と
杏の父親の個展を見に来た幼稚園の一行。そこで土田先生の目にとまったのは、杏と桜を描いた絵だった。それを見た桜はみんなに、彼女が結婚することになった経緯とそこにかかわった土田先生の話を始める・・・、という話。

最終回、どんな話でまとめてくれるのかなぁと期待していたんですが、なるほどと思いつつも、いまいち盛り上がりに欠けた感じがしました。なんか、前回のほうが、話的に盛り上がった感じがしたんですが・・・。わかりますよ、杏の土田先生への思いにある程度決着をつけるためのクリスマスの話と、土田先生と山本先生の関係をもう一度はっきりさせるための告白の話という構成。ただ、両方の話で、夢や回想という、今現在でないシーンが多くの位置を占めていたのが気になりました。やっぱり最終回なんだし、今起こっていることを中心に話を進めてほしかった。結局、変わらない日常、という感じでしたけど、これについてはある程度予想していましたけどね。

前半のクリスマスの話。というか、クリスマスを舞台にした、まさに杏の夢、という話でした。でもこれは、あんまりおもしろくなかったなぁ。彼女の夢が、女の子らしいロマンチックなものであるのはいいのですが、あくまで彼女の願望で、今さら見せられても、って感じが・・・。クリスマスプレゼントとして、杏にそんな夢を見せてくれた、というのは分かりますよ。でもやっぱり夢だし・・・。というか、個人的に、以前にもあったけど、大人になった杏の話が好きでないだけなのかもしれない。子どもが、早く大人になりたい、という思いを抱いていることは分かりますけどね。

後半の杏の父親の個展を見に行った話。個展云々は話の前ふりのようなもので、主題は土田先生の再度の山本先生への告白にありましたね。杏が土田先生を告白を決意させるところ、そしてその告白に杏が立ち会っているところはよかったです。今回の話、ここで成り立っているのかな、って感じもしましたし。でも、その告白が・・・。山本先生が勘違いするのはいいとしても、せめて土田先生に告白くらいはさせてあげてほしかった・・・。桜の回想の話は、これも今さらな感じが・・・。土田先生が桜に言った言葉が、土田先生自身のこととして突き刺さり、彼を突き動かすために必要だった、ということは分かりますけどね。でも、結構回想の話、長いんだもの・・・。

最後は、土田先生と山本先生による幼稚園での人形劇。子どもたちを楽しませるため、楽しそうに演じる二人、ああいうときが二人にとって一番いい関係、時間なのかもしれませんね。


ここまでが最終回の感想。そして、ここからはこの作品全体の感想です。

感想は、なかなかおもしろかったです。

幼稚園を舞台にした子どもの世界と大人の世界、それを一つの作品のなかで、両者をうまく絡ませながら魅せたところはとても面白かったです。中心は、子どもの世界を見せたうえでの大人の世界のほうにあったのかな、と思いますけどね。大人の正直になれない、そして難しい人間関係というのは、子どもたちの無垢な世界を見たうえでみると、より強調されて見えるような感じがしましたよ。

しかし、この作品、どうしても地味な印象が・・・。子どもと大人、杏と土田先生の二人を主人公にしたことで、視点が定まりにくかったのかもしれません。それに、ギャグ作品と見ようとするそこまでギャグって感じもしないし、シリアスな作品でも当然ないわけで、そういう意味でも中途半端な感じもありました。そして、結局は、土田先生の恋、ということに焦点を当てた感じで話を進めたのもどうかな、という気もします。最後はやっぱり恋かよ、みたいな思いを抱きましたしね。まぁ、恋に鈍感な山本先生は、おもしろかったんですけどね。

いい話も結構あったのですが、次が早く見たいと作品にのめりこむ感じが全然しなかったこの作品でした。悪くはないんだけど・・・、みたいな感じかな。土田先生と山本先生のラブストーリーに、杏たち園児が絡んでくる、というのが早い段階から明確に打ち出せていれば、もっと見やすかったのかもしれません。二期とかは、・・・あればなんとなしに見るだろうし、なければないでいい、みたいな感じかな。別に、悪い作品ではないんですけどね。

はなまる幼稚園2 [Blu-ray]はなまる幼稚園2 [Blu-ray]
(2010/04/21)
真堂圭高垣彩陽

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『はなまる幼稚園』じゅういち「はなまるな押しかけ女房」「はなまるなお話」感想

余勢をかって、ドンドン感想書いていきます。昨日も感想3本書いているし、もうだいぶ肩が痛いんですけどね。でも、今日も1本感想を書いたら、だいぶやる気がでてきた感じもするし。ところで、この調子、いつまでつづくことやら・・・?考えても仕方がない。では、残すところあと2話になった、『はなまる幼稚園』の感想いってみましょうか。

今回は、なかなかおもしろかったです。

山本先生に告白したのに相手にされず、落ち込み、しかも風邪までひいてしまった土田先生。幼稚園も休んだ土田先生をお見舞い、そして世話をしようと杏が、土田先生の部屋へとやってくる・・・、という話と、
風邪が治っても、元気のない土田先生。山本先生に認めてもらおうという仕事へのモチベーションを失い、幼稚園の先生という仕事自体に悩むようになっていたのだ。桜の仕事を手伝ったのをきっかけに、せめて山本先生の気持ちをはっきり分かりたいと思った土田先生。彼は、花束を持って、山本先生に会いに行くのだが・・・、という話。

なんか最終回みたいな話の始り方で、最初びっくりしたよ。はじめ、かなりシリアスな雰囲気だったし。あれ、見る回間違えたかな?って。そんな今回だったのですが、前回の飲み会の話から話が続いているのね。しかも、今回、サブタイトルは二つありますが、その二話は連続の話でした。話の内容としては、恋に仕事に悩める土田先生、という感じだったかな。

子どもの相手をするのが好き、という動機を忘れ、山本先生に認めてもらいたい、という気持ちで先生の仕事をするようになっていた土田先生。でも、それを挫かれたときに、彼に大きな憂鬱をもたらしたのですね。土田先生の、恋をモチベーションにして仕事に打ち込んできた気持ち、そして、自身が今の仕事に合っていないのではないかと悩むその気持ちは、よくわかります。普通なら、杏が見舞いにきたことも、それだけ子どもに慕われているということで、幼稚園の先生としてうれしいことなのに、そのようには思えない土田先生にその深刻さを感じるようでした。それだけ土田先生が、山本先生一筋で、それが挫かれて全然周りが見えなくなっていたのかもしれませんね。土田先生をこんなにしてしまった、当の山本先生は全く分かってやれていなかったみたいですけどね。山本先生、そういう意味でも、鈍感・・・(笑)。

仕事に熱中する桜や山本先生をみることで、その理由を知りたくなる土田先生。これが、土田先生が復活する契機になるのですが、やっぱり仕事は、誰かがいるから、とかではなくて、その仕事自体のおもしろさを感じてやるべきですよね。まぁ、現実の仕事は、辛いことばかりなんですけど・・・。それでも・・・、それでも、その仕事のおもしろさをしっているからこそ続けられるものなのでしょう。その点、土田先生は、山本先生というモチベーションを失いかけ、頭で考えるという「理屈」で仕事に迷っていたのではないかなぁ、という感じも思えました。楽しいものは楽しいし、それは理屈で説明できるものではないのでしょうしね。また、土田先生が、自分自身で幼稚園の先生に合っているのか、と悩んでいましたが、周りがどう思っているのか、それは当人には分からないものなんだなぁ、と。周りはみんな、土田先生を認めているのに、当の土田先生だけがその仕事について悩んでいる、それがとても現実味を帯びていて悲しい感じがしました。

最後の押しかけてきた杏に、お話を聞かせる土田先生。落ち込んでいたときの桃太郎の話とは打って変わって、ほんとに生き生きとしている。素直に子どもと楽しもう、そして彼がそういうのが好きなんだな、というのがとてもよく伝わってきましたよ。まぁ、悩める土田先生を救ったのは、山本先生だったのですが、やっぱり罪作りな女だなぁ、とも・・・。狙ってやっていたなら、絶対に悪女です・・・。でも、彼女自身、自分がのろまだということを自覚して、仕事に全力を注いでいるというのは素敵だと思いましたけどね。完璧人間のように映っていた山本先生ですけど、自分の欠点を自覚してそれを補おうという努力をしていたわけだしね。

前半の話は、土田先生が落ち込んでいたことで全体にどよ~んとした雰囲気が漂っていて、楽しめる、という感じではなかったのですが、後半は本領発揮という感じで。土田先生が花束をもって、山本先生のマンションを訪れようとするところなんかはとても面白かったですよ。でも、土田先生、チキン・・・。それでもって、あの言い訳の下手さも・・・。まぁ、それが土田先生の魅力って感じもしますけどね。さてさて、次回は最終回。どんな話が待っているのやら?はたして、土田先生と山本先生の恋の行方は・・・?次回も、楽しみにしたいと思います。

はなまる幼稚園2 [Blu-ray]はなまる幼稚園2 [Blu-ray]
(2010/04/21)
真堂圭高垣彩陽

商品詳細を見る

PageTop

『はなまる幼稚園』じゅう「はなまるな応援団」「はなまるな告白」感想

夕方になって、アニメを見始めた今日。家に引きこもっていた昼間と違い、日が沈んでから外出もし、急に活発に活動しはじめました。この感想だってそうだけど、自分、夜になったほうがやる気がでてくるような・・・?いやべつに、夜行性ではないですよ、普段は昼間に仕事してますし。なんでだろう?自分でも不思議な感じがします。そんな、やっとやる気が出てきたなかでみた『はなまる幼稚園』。これも、あと3話ですね。頑張らないと。では、第10話の感想、いってみましょう。

今回は、おもしろかったです。

幼稚園をのぞいている一人の影。小梅の姿に一喜一憂する彼は、小梅のお兄さんであった。運動会がせまり、足が遅いこと気にする小梅を心配して幼稚園にやってきたのであった。杏たちの勧めで、草野先生と走る練習をすることになった小梅。そして、運動会の日になり・・・、という話と、
先生方の親睦会。二次会で酔っ払った土田先生は、草野先生たちの後押しと酔いの勢いに任せて、山本先生に告白してしまう。しかしその後、返事も聞かずつぶれてしまった土田先生。次の日、山本先生に会うのが怖くなった土田先生だったが、草野先生からは、直接本人に聞かないと、と言われ・・、という話。

小梅の頑張るかわいらしさを見せる一本目と、無垢な子どもたちとは裏腹に恋に悩む土田先生の姿を描いた二本目。今回は、どちらもおもしろかったです。今回は、子どもが主役の一本目と大人の二本目、という感じだったのですが、一本目も視聴者目線としては、小梅のお兄さんの目線で見る感じもあり、大人な視点の話二本と言えるのかな。というか、今さらだけど、この作品、子どもに近いところにいる大人たちの話って感じもしますよね。主役は大人たちで、でも子どもの世界も描くことで、楽しみながらも、その大人の難しさ、悲しさを際立たせている感じがしますよね。

では、一本目の感想。ロリコン、もといシスコン登場だ・・・。幼稚園へ押しかけてしまうほどの兄妹愛、・・・すごいな小梅のお兄さん・・・。彼、大学生らしいし、小梅とかなり年が離れているからこその関係なのかもしれないですけど。そんなお兄さんはさておき、この話、ちょっとうるっときてしまったよ・・・。足が遅い小梅がだからこそ頑張ったのに、かけっこの途中でこけてしまい・・・、それでもゴールを目指そうとする小梅の姿がね・・・。しかも、「頑張れ」という周りの声援が、小梅にとっては辛いものなのがまた泣ける・・・。ダメな子を憐れむような周りの声援、それは小梅が練習する前から浴びてきたことだろうしね。頑張ったのに変われなかった自分を痛感し、笑顔の歓声ではなく、憐れみの声援を送られる・・・、小梅にとって嫌なことなのはよくわかります。そんな小梅の気持ちをすぐに分かってしまう杏もすごいなぁ。でも、くじけそうになっても、それぞれが精いっぱいのことをする姿、それは、感動的なものですよね。

感動的な一本目とは打って変わって、笑えるような話だった二本目。幼稚園の先生という、どこか潔白な印象のある職業の飲み会、それだけでなんか面白さがあります。でも、飲み会なんて、どこでも変わらないなぁ、なんて思ったり。まぁ、人間ですから、当たり前なことですけどね。そういえば、酔った山本先生は、ちょっとおもしろかった。完璧人間のような山本先生でも、酒が入れば隙ができる、いいっすね、酔った山本先生。そんな山本先生を、酔いつぶしてみたい・・・。で、山本先生に土田先生が、酒の勢いに任せて告白したわけですが、その後のヘンテコな映像はつぶれた土田先生の頭の中だったのね・・・(笑)。ほんと何かと思ったよ。次の日の土田先生の落ち込みっぷりは、よくわかる。告白しただけならまだしも、その後つぶれてしまったのではなぁ・・・。さもありなん。で、山本先生の返事、・・・マンガの台詞を言ってくれていただけと思っていたとは・・・。普通、そんな解釈できねぇぞ、恐るべし山本先生・・・。でも、土田先生、お酒はほどほどに(人のこと言えませんが・・・)。

まさに、涙あり笑いあり、ほんと今回の話はおもしろかったです。残すところ後二話ですが、この調子で突っ走ってほしいです(もう放送終わっているし、ほんといまさらですが・・・)。次回は、どんな話が待っているのかな?次回も、楽しみにしてますよ。

はなまる幼稚園2 [Blu-ray]はなまる幼稚園2 [Blu-ray]
(2010/04/21)
真堂圭高垣彩陽

商品詳細を見る

PageTop

『はなまる幼稚園』きゅう「はなまるな差し入れ」「はなまるな夢/はなまるな夜」感想

明日は仕事が休み。そこで、自分自身に、「これからはちゃんとブログをかいていくぞ」ということを意識づけるためにも、今日二本目の感想です。・・・なんか逆に、明日は、「書かなくてもいいや」という気になってしまわないか、心配でもあるのですが・・・。まぁでも、ため込んでしまっている感想を消化していくためにも、書けるときにかいておくことは重要でしょうね。さて、今日二本目は『はなまる幼稚園』。あと残りは四話みたいですね。思っていたより、話数が残っていなくてよかった・・・。では、第9話の感想、いってみましょう。

今回は、なかなかおもしろかったです。

漫画家の花丸先生は、締め切りを前になかなか原稿が描けず悩んでいた。そこに現れたのは、編集のバイトをしている真弓。花丸先生は、親身になって考えてくれる真弓に好意をいだいていたのだった。一人、公園で思い悩む花丸先生の前に杏たちがあらわれ・・・、という話と、
園児たちに将来の夢の絵を書かせる土田先生。園児たちが思い思いの夢を描いていくなかで、園児たちに「なぜ土田先生は幼稚園の先生になったのか」を聞かれる。その場は体よく答える土田先生だったが、その話題を職員室で話すと先生たちの間で盛り上がり・・・、という話。

今回は、二本とも園児たちが中心の話というより、かれらを取り巻く大人たちが中心の話でした。個人的には、こういう話のほうがおもしろいなぁ。ちゃんと杏たち園児も、主役ではないにしろ、しっかり話に絡んでいるし、むしろ純粋無垢な彼女たちがいることで、大人たちの本音と建前の使い分け、そうしなければならない大人の悲しさが強調されるようでよかったです。大人である自分が言うのもなんですが、大人って面倒くさいなぁ、もっと素直になればいいのに、なんて思ったりしましたよ。まぁ、それがおもしろかったわけなんですけどね。

漫画家花丸先生と真弓の話。真弓への思いを募らす花丸先生はさておき、真弓、お前もかい・・・(笑)。姉妹そろって、思いを寄せる男性の恋心に気づかない・・・(笑)。また、妹は姉が、姉は妹が、男性に好意を寄せられているのがわかっているのだからたちが悪い(笑)。はたから見れば、男心をもてあそぶ姉妹のように見えなくもないですね。当人たちは、無自覚ですけどね。まぁ、人間大なり小なり、他人の恋には目敏くでも、自分への好意には無頓着なものですけども。でも、ここまで極端なのはどうなのか、多少姉妹で気づかせあってもいいんじゃない、なんて思ったりしましたよ。そういえば、花丸先生というキャラクターは、原作者の自己投影が多分に含まれているのかな?

二本目の夢の話。これからの夢を思い描く園児たちと、もう夢を叶えてしまった(?)先生たちを対比的に描いた話ですね。杏の夢、土田先生の結婚は予想していたことですが、普通の等身になった杏の姿が笑えて・・・。夢でありながらも、現実の計画をしっかり練っている柊、こういう人が実際に夢を実現していくのでしょうね。・・・自分、子ども
のころ、おもいっきり小梅タイプの子どもでした。夢に迷うのは、よくないですよ、小梅・・・。で、土田先生がなぜ幼稚園の先生になったのか。あぁやっぱり、不純な動機が・・・。でも、子どもたちにはもっともらしいこと話す土田先生が笑える。その後、先生たちでなぜ幼稚園の先生になったのかで盛り上がっていましたが、よかった、ショタコンいなくて・・・(笑)。

最後は、マッチョ好きの先生の家に呼ばれた土田先生。先生になった動機の話で、マッチョのよさを分かってほしいという思いに駆られたのかね。趣味に同意してくれる人を求める、その気持ちはわかりますよ。分かるがゆえに、あの場面はおもしろかったです。さて、次回は、どんな話が待っているのかな?次回も楽しみにしてますよ。

はなまる幼稚園2 [Blu-ray]はなまる幼稚園2 [Blu-ray]
(2010/04/21)
真堂圭高垣彩陽

商品詳細を見る

PageTop

『はなまる幼稚園』はち「はなまるなさかなやさん」「はなまるなライバル」感想

やる気を出していこう!ということで、今日二本目の感想です。・・・まぁ、変に頑張りすぎると、明日からまた感想を書くのが億劫になりそうな気もしますが・・・。でも、明日は休みだし、たまりにたまった感想は、進められるときに進めておきたいものですしね。で、その感想なんですが、どれも遅れてしまっているのでなんでもいいのですけど、とりあえず『はなまる幼稚園』の続きということで。こちらでは、昨日第9話が放送されましたが、まだ第8話。では、その第8話の感想、いってみましょう。

今回は、面白かったです。

夏休みが終わったはなまる幼稚園。夏休みの思い出を絵にした園児たちだったが、園児の一人葵だけは家の魚屋さんの両親の絵だった。夏休みはどこへも行けず、魚屋も手伝わせてくれないという葵。そんな葵のことを思った杏たちは、葵に家の魚屋を手伝わせてあげようと、ある作戦を行う・・・、という話と、
土田先生が出会った鼻緒の切れ困っていた少女。土田先生がその子を家まで送っていくと、着いた先は「男気組」というところだった。その少女雛菊は、助けてくれた土田先生を好きになり、次の日、はなまる幼稚園に編入してきたのだ。そして、雛菊は土田先生と結婚すると言いだし・・・、という話。

前回も一応二話構成ではあったけど続きものの話でしたが、今回は、以前のようにまたはっきり分かれた二話構成の話でした。で、その今回は、その二話とも面白かったです。特に一話目の話は、なかなか秀逸だったかと思います。幼稚園児が繰り広げるにはちょっと早すぎる(小学生くらいの子が年相応では?)話のようにも思えましたけど、自分、この話で、うるっときてしまってねぇ・・・。ほんと、いい話だったと思いました。二話目も、しっかり笑えて面白かったですけどね。

その一話目。夏休み、両親が経営する魚屋さんが忙しくて、どこへも行けず、手伝いもさせてもらえなかった葵の話です。今の時代、こういう子は結構いそうな感じがしますね。でも、葵は人前でそのことを泣いたり、妬んだりせずにいる、本当に強い子だなぁ、と。両親の仕事に誇りをもっていることも素晴らしいし。それだけでもう泣けそうです・・・。葵は、両親の仕事を手伝えないことを実は気にかけていて、杏たちがお手伝いすることになるのですが、そんな葵の気持ちはよくわかる。やっぱりカッコイイと思う両親のようになりたい、両親に必要とされたいと思うのは、子どもの常だよね。両親は両親で、葵には自由に遊んでほしいと思っていたようで、葵のことを思って、というのが胸に響きます。ちょっとした思いのすれ違いだったのかな、とも。しかしそれを解決したのが杏たち。なんか無理やり押し入って、という感じもしましたけど、それでも葵の願いをかなえてあげるというのはとてもよかったです。やっぱり、毎日両親をみて、両親のようになりたいと思っている葵が一番うまくお手伝いできているというのも、なかなか感動的でしたよ。

そして、二話目。またしても道端で困っている園児を助ける土田先生(笑)。作中でも言っていたけど、ほんと幼女に縁があり、好かれるなぁ(笑)。で、その幼女、その筋の方の子どもですか・・・。雛菊、年に似合わぬしっかり者で・・・。それでいて、次の日はなまる幼稚園に編入してくるという豪胆なところもあり・・・。将来が楽しみ・・・、なのか?でも、すぐに土田先生と結婚と言いだすところは子どもらしいと言えるのかなぁ。そんな雛菊の前に立ちはだかったのは杏、・・・なんですが相手にならず(笑)。本当の強敵は山本先生。雛菊、一蹴されてるよ。・・・というか、そんな山本先生にそこはかとない怖さを感じるのですが・・・。彼女の完璧人間っぽさに怖さを感じるというかね。まぁ、翻って、大人と子どもという見方をすれば、当然とも思えるんだけど・・・。で、山本先生に負けを認めた雛菊は、杏とメロドラマを演じてる・・・。園児が演じるメロドラマ(笑)。総じて、なんか笑える話でしたよ。にしても、雛菊、いいキャラクターだなぁ、そんな感じをもちましたよ。

新たなキャラクターが登場しての二話だった今回の話。そのことによって、杏たちがいい役回りを演じられるようになっていて面白くなっていたのではないかな、とも。毎回毎回新しいキャラクターばかりをだして話を進めるのもどうかと思うけど、今回はよかったと思いますよ。さて次回も、また新しいキャラクターがでてくるようですけど、どういう人物で、どう話になるのか注目しています。ということで、次回も楽しみにしてますよ。

はなまる幼稚園1 [Blu-ray]はなまる幼稚園1 [Blu-ray]
(2010/03/24)
真堂圭高垣彩陽

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。