五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『世紀末オカルト学院』Episode.12「千の風、美の尋めゆき」感想

寝すぎた~。昼寝、午後4時すぎに寝たのに、起きたのは8時・・・。4時間近くも睡眠。昨日寝てないのなら、このくらい寝ても分かるけど、昨日は普通に寝たしなぁ。よっぽど疲れていたのかなぁ。こんなに寝てしまったおかげで、今日やりたいことが全然できなかったよ・・・。まぁ、そんなにできるとも思っていなかったけれど。まぁ、いいや、『世紀末オカルト学院』の感想いきましょう。あと二話。では、第12話の感想です。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

マヤを守るため、美風と戦う川島。美風に操られた人々から逃げるマヤは、亜美たちをも巻き込んで、街の外へ出ようとしていた。だが、そのとき川島が美風に倒されたことを知る。自分も戦うことを決意したマヤだったが、もうそこに美風が迫っていた。一方、傷ついた川島は、最後の力で動けなくなった文明を助け出す。学院に落とされたマヤ、そこに美風が迫っていた・・・、という話。

最終回を前にした最終決戦の話でした。後半の、文明がマヤに合流してからは面白かったのですが、それまでの話はちょっと・・・。美風と川島の戦いで、両者の戦う動機がいまいち強くない感じがするんだよなぁ。美風は、悪で世界を滅ぼすためだけだし、川島もマヤや文明を守りたいだけだし・・・。表面的には、それでいいのかもしれないけど、もう一歩踏み込んだ理由を明らかにしてほしかった。彼女たちの本音の部分での動機、というのが話の構成上、これまで全然あきらかにできなかった、というのが原因なのかもしれませんけどね。なお、戦闘シーンについては、なかなか力の入った描写だったと思いますよ。でもこれ、超能力もののアニメだっけ?みたいに感じたところもありましたけどね。

川島と美風の対立の中で話題になる文明に対しての両者の思い。本気で文明のことを愛していた川島と、文明を誑かしていたことをあきらかにする美風。これまでの話では、川島の文明への思いのほうが気持ち悪く不気味に感じたのにね。なんか美風の真意を聞いた後では、川島のその思いのほうが素晴らしく思える。でも、もう少し文明と川島の接触、というのをこれまでにも描いていてくれたら、という感じもしましたね。これまで、二人の関係は、猛烈な思いを募らせる川島が、ギャグな感じで描かれてばかりだったから・・・。もう少し、何気ないやりとりのなかで、両者がどういう思いを持っていたのかが、今更ながら見たかったと思ってしまいましたよ。美風についても、世界を滅ぼそうとしているというのはわかるのですが、なぜそう思うのかが知りたかった。私怨めいたこと、そこに関係してきてこそ、説得力がでると思うんですけどね。美風、悪だから世界を滅ぼそうとしている、それだけな感じがしたのは残念でした。そういえば、これまでのすべての元凶はやはり美風だったんですね。洞窟での話なんかのことは、これで彼女が助かった理由があきらかになった感じがしました。

オカルト的方法でマヤの魂を呼び戻そうとしていた亜美たちのもとに、マヤが登場。追われるマヤに、彼らも巻き込まれてしまって・・・(笑)。しかし、操られているだけの人間たちから逃げるのは大変そうですね。殺してしまうわけにもいかないし。で、車を追いかけてきた婆さん二人組、怖すぎる・・・。化け物の格好をしている化け物なら、それはそれと割り切れる感じもするんですが、なまじ人間の格好をしてるから・・・。これまで、結構化け物退治の戦力になってきたJKとスマイルも苦戦してるし。あら、こずえもいつのまにか、操られた側に行っちゃって・・・(笑)。格好からして似合ってましたが、あの格好、そのためのものだったのか(笑)。

川島が倒され、戦うことを決意するマヤの目の前に美風が。しかし、マヤ、戦うといってもどうやって戦うんだ、という感じがしました。また逃げ惑って、学院で追い詰められているし・・・。って、すべて計画通りですか。燃やされた手帳は偽物で、学院に墜落したのも力を発動させるためのようです。考えて行動することはいいことですが、少しは運の力が作用してもよかったんじゃない?っていうか、本物の手帳残っているなら、逃げ出す前にやりようはいくらでもあったと思うんだけど・・・。で、その手帳を落としてしまうマヤ。自分の大事な武器を、そう簡単に落とすなよぉ~。それを拾ったのは、川島に助けられた文明でしたね。そこに、美風が今までの姿に戻って、また文明を誑かそうとしたのはよかったです。やっぱり今までの姿のほうが、今まで見てきた彼女、そして本性を現した彼女って感じがしていいなぁ。変に悪魔のような格好にならず、今までの姿のままで川島やマヤとも戦ってほしかったです。そして手帳の呪文を文明が口にした言葉を、マヤが反復するという共同作業。ここの見せ方はうまかったと思います。最後に、一緒に呪文を口にするところとかかっこよかったし。まぁ、美風がマヤを狙わず、文明を倒そうと終始したのはなんでだろ、という疑問はありましたけどね。

「ノストラダムスの鍵」である美風を倒したマヤと文明。で、未来の世界は助かったのかな?あの最後の描写は、なんかもう一波乱ありそうな感じだったけど。さて、次回は最終回。どういう形で物語の幕を閉じてくれるのでしょうね。最終回である次回は、楽しみにしてますよ。

世紀末オカルト学院 Volume. 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]世紀末オカルト学院 Volume. 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/12/22)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『世紀末オカルト学院』Episode.11「マヤの死」感想

ほんと嫌な天気が続くなぁ。さっきちょっと外へ買い物に行ったんですけど、まだ雨降ってましたね。雨だと、外へ出ても、気分がよくならないよ・・・。ほんといつまで続くんでしょう、こんな天気。さて、アニメの感想いきましょう。今日はまだ書きますよ。『世紀末オカルト学院』です。やっとあと3話ってところまでたどり着きました。残り少なくなると、やる気が出る感じがしてきますね。ではでは、第11話の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

マヤとともに「ノストラダムスの鍵」を探すことを心に決めた文明。だが、家に帰ると、そこに美風の姿が。文明を連れだした美風。そこは、住民たちとともにマヤを魔女だとつけ狙う集会だったのだ。次の日、調査に向かったマヤと文明。文明は、ついマヤが魔女なのかと聞いてしまう。怒って先に帰ってしまったマヤ。しかし、文明が帰ったときに見たのは、マヤの死体だった・・・、という話。

衝撃展開で、一気に話が動いた今回。川島と美風、これまで怪しげだった二人の正体が明らかになりましたね。美風については、やはり裏があったのか、という感じで、なるほど敵なのね、という感じだったけど、一方の川島はマヤを守る立場だったのは、ビックリでした。マヤのまやかしの死と、川島の立ち位置が分かるあたりまでは、本当におもしろかったですよ。意外性もあったし、この後物語がどうなっていくの、と気になる感じもあったし。ただ、美風と川島、黒魔術師と白魔術師らしいですけど、それらしい姿に変身するのは・・・。一気にファンタジーチックな感じが強くなってしまい、なんか残念でした。普段の服装のままで、人智を超えた力を発揮してくれたほうが、よりすごさを感じられたと思うんだけどなぁ・・・。

文明を連れだした美風が見せたものは、怪しげな宗教じみた集会。なんだっけ、あの帽子のカルト宗教?さて、住民とともに行っている美風の行動、なるほどマヤを魔女として彼女を排除しようとする運動に参加していたのか、と。美風が文明に近づいた理由、そして彼女のなんとなく不自然な態度の数々、そのわけがこの事実を受けて氷解していく感じでしたよ。しかし、なんとまぁ、エロティックな描写だこと・・・。なんか見ていて恥ずかしくなってしまうんですが・・・。それでも、彼女がこれまで文明に行ってきた色仕掛けのことを考えると、この描写はその仕上げみたいなところがあった感じはしますけどね。

マヤと「ノストラダムスの鍵」探しに出かけた文明ですが、マヤのデートのような態度にも、全然乗り気ではないようで・・・。あれだけ無愛想なマヤが、これだけ積極的になっているのにねぇ。マヤ、文明だからこそ、本当の自分をさらけ出せている感じもしますけど。それにしても文明、マヤが魔女という美風の考えがあるのは分かるとしても、当人に対してあの態度は・・・。美風の言っていることが本当かどうか、自分の目で確かめてやろう、くらいの意気込みがあればよかったんだけど・・・。で、文明、美風の言っていたことをマヤに言ってしまうでしょう。それで、どっちつかずな態度とっているし・・・。本当にどうしようもない・・・。結局、マヤを怒らせて、踏みつけられてるしね。文明、本当に最低ですな。

文明が松代に帰って知ったのは、マヤの死。しっかり、川島が殺したんじゃないか、と疑われる描写も入っていましたね。っていうか、どうすんのこれから、という感じでしたよ。オカルトの話だからといって、主人公がオカルトになってしまったのでは、って感じだし。復活するにしても、肉体があんな状態では、ってことも思ったしね。で、悲しむ文明の前に現れたのは、川島とマヤでした。死んだマヤは、川島が作った偽物だったのか。なるほど、と。しかしまぁ、文明はこんなときに往生際が悪い・・・。おかげで、マヤの護符だった手帳が、美風の手に。あのときの美風の登場はすごい神秘的だったなぁ。そして、いままでとは打って変わったような、彼女の悪の表情がなぜか魅力的でした。

黒魔術師としての本性を現した美風が、マヤをつけ狙う。美風の格好がなぁ・・・。彼女、人間ではないの?そのあたりのことをはっきりさせてほしい感じもしましたよ。で、それに対する川島も・・・。なんかゲームにありがちな格好な気もするんだけど・・・。上にも書きましたが、彼女たち、これまでと同じ格好で魔術をつかってほしかったなぁ。そのほうが、二人の、とくに美風の変貌がより強調されるように思うしね。なんか、これまでとは別のキャラクターみたいな感じに見えてしまいましたよ。そういえば、川島はこんなカッコよかったんですね。これまで、彼女こそが悪の権化みたいな感じで描かれてきたけど、全く逆だったわけだし。これまでも、誤解されるようとも、使命を果たそうとする、今回そんな彼女がカッコよく映りましたよ。

マヤをつけ狙う美風が本性を現したことで、急速に話が動いた今回。次回は、サブタイトルから察するに、川島と美風の対決の話なのかな?美風が「ノストラダムスの鍵」?まだまだ気になることも多いし、次回も楽しみにしてますよ。

世紀末オカルト学院 Volume. 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]世紀末オカルト学院 Volume. 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/12/22)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る

PageTop

『世紀末オカルト学院』Episode.10「暖炉のあかり」感想

今日は、もう一つ感想を書きますよ。明日、仕事が休みなんで。・・・って、なんか最近、水曜休みのときが多いなぁ。たしか、来週も水曜が休みなはずだし。なんでだろ?まぁ、深い理由はないと思いますが。さて、今日二本目の感想は、『世紀末オカルト学院』。やっと10話でございます。あともう少しで最終回だ・・・。がんばろ。では、感想いってみましょう。

今回は、おもしろかったです。

あかりが死んでしまったわけ。父親にそれを聞き出そうとしたマヤたちだったが断られてしまう。次の日も、父親のもとを訪れるが、彼は相手にしてくれない。しかし、家の前で待ち続けるマヤたちに、ついに父親は口を開いてくれた。あかりは、父親が彼女の言葉に耳を傾けないことが原因で死んでしまったのだった。クリスマスの日に、サンタを待ち続けて死んでしまったあかり。そこで、マヤ達はあかりのために、クリスマスパーティを行うことにする。その日はちょうど、マヤの実家を取り壊す日でもあった・・・、という話。

幽霊になってしまったあかりのことを解決すると同時に、オカルト学院自体の衝撃の真実があきらかになった話でした。あかりの話は、ベタな感じでもあったのですが、あれ、目から汗が・・・、みたいなことにもなっていました・・・。それだけ、いい見せ方をしてくれたということでしょうね。そして、そのあかりのことにも関係するかたちで、オカルト学院自体の謎も一つあきらかになりましたね。今回の話、あかりの話が個別の話でなく、全体の話とちゃんと繋がっている感じで物語が展開していったのがよかったです。

あかりが死んでしまった理由、それはクリスマスの日に帰らぬ父をよそに、一人外でサンタを待っていたのが原因でした。しかしまぁ、離婚した後の父親のあかりに対する態度はひどいなぁ・・・。仕事だけに一生懸命になって、全然あかりのほうを向いていない。子どもも大人と同じように扱えばいい、とでも思っていたんでしょうかね?事が起こってからでは遅いのに・・・、って起こってしまったわけですが。それに、別れた母親のほうも、父親が仕事人間だから別れたのに、子どもであるあかりを引きとらないというのは・・・。母親があかりの面倒をみきれなくなっていた、というのも、離婚の原因だったのかなぁ?なんにせよ、親の都合であかりが命を落としたというのはかわいそうだとしか言えないです。

あかりのために催したクリスマスパーティ。あれ、父親がいないぞ、と思ったら・・・。文明のやるはずだったサンタの役を奪い取って、登場とは・・・。あかりとの対面での父親の言葉が本当にいい。これこそが、あかりの待っていたサンタだったんだよね。お父さんがサンタ、というのはよくあるオチですけど、それでも、というか、それをあかりは待っていたんだと思う。いつもあかりのことを見てくれない父親、だけどクリスマスの日だけはあかりを喜ばせようとしてくれるのではないか。そういう願いをもっていたんだと思う。父親とサンタ、それが重なり合う感じがとてもよかったです。父親も、そのことに気付くのに遅すぎただけだったんだよね。あれ、思いだしていただけで、胸にこみ上げてくるものが・・・。

あかりのことを経て、取り壊しが始まった実家に入り、なぜ父親がオカルト学院を作ったのかを知ったマヤ。オカルト学院は、マヤがクリスマスに願ったことを父親が実現したものだったとは・・・。マヤ自身が、このすべての事件の元となる発言をしていた、とは驚きでした。オカルトに没頭していった父を憎んでいたマヤですけど、その元凶はマヤだった、と。マヤにとっては、やるせないことこの上ないでしょう。でも、これでマヤ自身がすべてを解決しなければならない、という使命を持たざるを得ないですよね。そういう決意をあらたにしていたし。そういえば、マヤと文明、今回なんか二人の関係が急速に接近したような・・・。マヤを呼び出した文明は、マヤに告白しているようなこと言っているし、マヤも嫌でもない感じだし・・・(笑)。美風に恋する文明ですけど、ふとマヤのことが頭に浮かんでいるし(笑)。会うとドギマギしてしまう美風よりも、ありのままの姿をさらけ出せるマヤのほうが文明には合っているのでしょうね。今回の話、今後の恋の行方も気になる感じでしたよ。

文明とともに、「ノストラダムスの鍵」を見つけ出すことを誓ったマヤ。でもそれは、どこにあるのでしょうか?次回、予告では、マヤは川島のもとを訪れるみたいなことを言っていたけどね。まぁ、彼女はなにかを握っているのでしょう。でも、なんか予告でマヤが死んでいるんですけど・・・。また、美風もなんか怪しいんですけど・・・。予告を見る限り、いろいろ気になります。ということで、次回も楽しみにしてますよ。

世紀末オカルト学院 Volume. 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]世紀末オカルト学院 Volume. 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2010/12/22)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る

PageTop

『世紀末オカルト学院』Episode.09「雪のあかり」感想

つかれた・・・。「つかれた」という言葉が口癖になりつつある、今日この頃です。あまりよくない傾向ですね。でも、疲れているから、ついついつぶやいてしまう。もっとパワフルな人間だったらいいんですけど。基本、ダウナーな人間なもので・・・。相変わらず、仕事は忙しい。でも、書くことないんだよね。もっと充実した生活を、なんて願ってしまうけど、どういうことをするのが充実というのでしょうかね。よく分かんないや。まぁいい、感想いきましょう。では、『世紀末オカルト学院』第9話の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

降霊術の授業で、死んだ学長を呼び出す、そんな実験をしていたマヤのクラス。だが、出てきたのは、学長ではなく、小学生の少女だった。その少女、岡本あかりは、家に帰りたいと、マヤにすがる。あかりの語る少ないヒントから、彼女の家をつきとめるマヤ達。しかし、あかりが家にたどり着いたとき、彼女は玄関前に座り込み、強烈な冷気を発し、だれも近づけようとしなくなってしまうのだった・・・、という話。

今回は、個人的になんとなく、この作品タイトルから想像していたような、らしい話でした。未確認生物とかも、たしかにオカルトですけど、やっぱり幽霊でしょ、みたいな印象がありますんで。まぁ、幽霊のほうが、他の未確認生物よりも、人間ドラマは描きやすい、というのはあるんですけどね。幽霊自体が思いをもっていますし、死にまつわる出来事が重要なことにしやすいし。でも、今回のこの話、あかりという少女の死に何があったのか、興味をそそらせる作りで、おもしろかったですよ。

降霊術で死んだ学長を呼び出すはずが、あかりという少女を呼び出してしまった川島。降霊が終わった後、学長がでたかどうか、周りに確認した彼女ですけど、本当に学長を呼び出す気があったのかなぁ、とも思ったり。裏でこそこそとなにかをしている川島ですから、学長が霊として現れることは、彼女にとって望ましいことではないだろうしね。でも、なんであかりだったんだろ?あかりの思いが強かったというたまたまのことだったのか、それともあかりは川島となにか関係があるのか?ちょっと気になりました。

マヤに家に帰りたいと願うあかり。でも、彼女が小学生で、学校に門と庭がある、というヒントだけでは、彼女の家の場所を調べるのは難儀だよね。しかし、JK、よくぞ閃いた。って、あの顔と声、怖いよ・・・。幽霊であるあかりなんかより、よっぽど怖い(笑)。あかりは、普通のときにはとてもかわいらしいですね。家に帰りたいと願いながらも、楽しそうにしている様子に多少の違和感を感じはしますが。

あかりの家を見つけたマヤたちですが、あかりが家の玄関先に座ると・・・。すごい冷気だなぁ。結局、あかりも消えてしまったし。彼女、あの場所でずっとああして座っていたのを、たまたま降霊術で学院に呼び出されてしまった、ということなのかな。で、そのあかり、クリスマスの日に、あそこで凍死したそうで・・・。彼女、あそこで父親の帰りを待っていて死んでしまったのかな?なにがあったんでしょうね。

あかりの父親に会ったマヤたち。霊となったあかりの思いをどうにかしたい、というマヤの気持ちもわかるけど、彼女たちを冷たくあしらう父親の気持ちもわかる。父親としては、あかりの死は彼自身の責任で、彼だけが背負っていかなければならないことだと思っているだろうからね。たぶん、彼にとってマヤの言い分は、あかりを愚弄するもの、と思えたのでしょう。死んでもなお、あかりは彼だけのものであろうからね。そんな、父親がちゃんと愛してくれているあかりは、幸せでもあるなぁ、とも思えます。死んでしまったことはこの上なく不幸だけど。でも、育児放棄とかで、とかなら目も当てられない。父親にとって、あかりの死を自分一人で背負いこまないことが、一番大事なことなのかもしれませんね。

文明は相変わらず、美風といちゃいちゃですか。しかし、それを見たり聞いたりしていたマヤの反応は・・・。文明に呆れているだけではないような感じもしてしまうけど・・・。どうなんだろ?さて次回、このあかりをめぐる話は、どう解決していくのでしょうね。この作品、なんとなく問題提起の話はおもしろいけど、解決の話となると、いまいちな感じがしてしまうことが多いので、ちょっと心配。期待を裏切らない話であってほしいです。ということで、次回も、楽しみにしていますよ。

世紀末オカルト学院 Volume.3(完全生産限定版) [Blu-ray]世紀末オカルト学院 Volume.3(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2010/11/24)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る

PageTop

『世紀末オカルト学院』Episode.08「まんま亜美~ヤ!」感想

今日は雨です。天気の悪い日が続くなぁ。それはいいとして、仕事が忙しい・・・。こんな時期に、なかなか家に帰れない、ってどういうこと?自分、早く家帰って、アニメ見て感想書きたいんですよ。まぁ、こんなところで愚痴っても仕方がないのですが・・・。まぁいいや。では、『世紀末オカルト学院』の感想いきますかね。やっと半分はすぎたかぁ。まだ長いな・・・。では、第8話の感想いってみましょう。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

亜美の父のしたことをめぐって、亜美とマヤは仲違いをしていた。そんななか、亜美はマヤを神社へ来るように言う。一方のマヤは、牛の死骸が亜美の父の仕込んだものでないことを知り、調査に乗り出すのだった。血を抜き取られた牛の大量死、そのことにマヤは考えにふけるのだった。そんな時、マヤは、亜美に呼ばれていることを思い出し神社へと急ぐ。待っていたのは、亜美とこずえ。一度こずえが席をはずし、彼女が戻ってきたとき連れてきたのは、大量の化け物だった。その化け物に亜美がさらわれてしまう・・・、という話。

前回の話の続きですね。マヤと亜美の仲直りの話。そして、やはり牛の死骸がキーポイントでしたか。しかし、オカルトの話といえど、リアルな感じの強い世界観のなかで、化け物(チュパカブラ)が化け物然とした姿で登場されると、ちょっと興がそがれる感じがしてしまいます。まぁ、この作品、今までもいろいろと化け物が登場してますし、宇宙人も物語の根幹にかかわっていることが提示されていますので、こういうものをこういうものとして受け入れないといけないのでしょうけどね。そして、マヤと亜美の仲直りのことについては、あまりにもあっさりしすぎだなぁ、という感じもしましたよ。変にこじれる必要なないですけど、もう少しインパクトのある感じにしてほしかったように思いました。

マヤを神社へと呼び出した亜美。今までとは違い、ぎこちない二人ですが、なんとなく二人とも仲直りはしたいけれども、自分から折れる勇気がでない、という感じですね。そういえば、前回亜美は、父の言うことも聞かずに飛び出したけれど、ちゃんと家には帰ったんだ。そこで、亜美と父がどういうやりとりをしたのかは、気になります。それはさておき、神社で待ち合わせた二人。こずえは果たし合いと勘違いしているんだけど・・・。まぁ、それはそれで仲直りしそうな感じはしまけどね。でも、この神社での二人の様子をみると、もう仲直りしているようなものじゃないかなぁ、なんて思いましたよ。

こずえが連れてきたチュパカブラ。こずえ、なんでこんなものを連れてきたんだ・・・。彼女、ほんとに災いをもたらす女ですね。そのチュパカブラ、日本の妖怪ではないようですが、一見すると鬼みたいですね。牛を殺したのも彼らだったという・・・。それにしても、そのチュパカブラと退治するリアリティある世界のなかの彼女たち、なんか異質な光景のようにも思えました。マヤたちの雰囲気と、チュパカブラの雰囲気が合っていないというか・・・。で、結局、亜美が連れ去られてしまうということになってしまいましたね。

マヤたちが亜美の父も引き連れて、亜美の救出作戦。文明もこれに加えさせられましたが、彼、今回なんかかっこいいぞ・・・。みんなと一緒に、チュパカブラ殺しまくってるし。どうしたんだろ?でも、亜美の父たちが、亜美の救出をマヤに託す場面で、しっかりマヤからツッコミが入るところがこの作品らしい感じはしましたよ。大真面目に話を進めているようで、すっと抜く、今回はなかなかいい感じだったと思いますよ。で、託されたマヤの亜美救出作戦。とてもあっさり亜美は見つかりましたね。で、捕えられた亜美をマヤが手を伸ばして救い出そうとしたわけですが、なぜ亜美はちょっと躊躇する・・・?二人が険悪な状態で、あの場面が訪れたなら、ああいう亜美の葛藤はわかるのですが、もう神社である程度仲直りしているわけだから躊躇する理由がわからなかった。話として、一度神社で二人を会わせてしまったのが失敗だったのかもしれないですね。二人がどう仲直りするか、それが今回の見せ場だったのに、はっきりとここで、というのが見えずに仲直りしてしまったのが残念でした。まぁ、その後はチュパカブラ退治。チュパカブラ、数は多いけれども、弱いのね・・・。

最後は、川島がこの件に一枚絡んでいるようなところを見せておしまいでした。やっと川島が、いろいろなところからオカルト的なものを持ち込んで、なにやら企んでいることが見えてきた感じはしましたよ。そんな今回、前回の終わり方がよかっただけに、ちょっとその結末はあっさりしすぎだった感じの印象。さて、次回からまた新しい話。どんな話がまっているのか、次回は、楽しみにしてますよ。

世紀末オカルト学院 Volume.3(完全生産限定版) [Blu-ray]世紀末オカルト学院 Volume.3(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2010/11/24)
日笠陽子水島大宙

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。