五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『探偵オペラ ミルキィホームズ』第5話「かまぼこ失踪事件」感想

休みです。でも、天気悪いです。テンション上がらないです。・・・まぁ、いつもローテンションなので、傍からみたらその違いは分からないでしょうけどね。といっても、部屋に閉じこもったままで、見る人はだれもいないのだけど・・・。つまり、雨は嫌だ、ということですよ。とにかく、早めに感想いきましょうかね。今日は『ミルキィホームズ』の感想です。第5話です。この作品、別に遅れているわけではないよ。こちらでの放送が遅いだけでございます。では、その第5話の感想いきますよ。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

休日を公園で過ごすミルキィホームズ。道路で遊びだしたかまぼこを捕まえたエルキュールだったが、トラックに轢かれそうになってしまう。そこに現れたのは、メアリィとケイトの二人組。トイズを使って、エルキュールとかまぼこを助けてくれたのだった。彼女たちを探偵の先輩だと思ったミルキィホームズ。しかし、彼女たちは、かまぼこを狙う怪盗だった・・・、という話。

相変わらず、しょうもない話だなぁ・・・。結局、ミルキィホームズはメアリィとケイトを探偵の先輩と誤解したまま、別れることになってるし・・・(笑)。でも、話のテンポは、これまでの話と違い、落ち着いた感じがしてよかったですよ。あれもこれもと、いろいろ詰め込もうとしすぎていることもなかったしね。しかしながら、今回の作画は・・・(笑)。なんかおかしな場面がいっぱいあったんですけど。それにしても、この作品の場合、それさえもわざとやっているのではないか、と思えるから困ります。

新たな変態登場。メアリィとケイトの女性二人組ですか。常に、ミュージカルを演じているかのような、おかしな語り口。っていうか、彼女たちの移動の仕方が、なんか笑えるんですけど・・・。で、彼女たち、怪盗であるのに、ミルキィホームズに探偵と誤解される、と。ミルキィホームズ、探偵なのに、彼女たちに懐柔されてる・・・?で、二人が狙うは、かまぼこって・・・。彼女たち、かまぼこに似た男性に振られた恨みを、猫に晴らそうとしていたという情けない動機。かまぼこに似た男性というのが、すごいんだけど・・・。そして、それに惚れた彼女もすごい・・・。というか、彼女たち、もしかしてかまぼこを追って、ミルキィホームズのところまで来てしまったの?結局、なんで、この場所に現れたのかは、よくわからなかったけど・・・。

トゥエンティを倒したかたきをとるために、アルセーヌの部下たちが、メアリィとケイトと戦いを始めましたね。ミルキィホームズはカヤの外で、怪盗対怪盗のバトル。まぁ、考え方の違いから、こういうこともあるのでしょうね。縄張り争い的な部分もあるわけだし。それにしても、メアリィのトイズは・・・(笑)。ある意味最強のトイズ?トゥエンティがあれを食らうのは、キャラクター的にもマッチしている感じはするんだけど、まさか、ストーンリバーまでもが・・・(笑)。しかも、彼の場合、お見せできません、ってなってるし・・・。相変わらず、しょうもない戦いだ・・・(笑)。

かまぼこを連れてきたミルキィホームズのもとで、かまぼこを捕まえようとする彼女たち。でも、そのかまぼこが、ラットの爆弾を彼女たちから守ったことで、二人の心も晴れたようです。・・・って、あれ、かまぼこは自分の身を守っただけじゃない?それに、ミルキィホームズは、全くかまぼこの気持ちが分かっていないのが・・・(笑)。動物の気持ちなんて、わかるものでもないだろうけどさぁ。でも、ミルキィホームズ、メアリィとケイトを疑うことを一切しないんだもの・・・(笑)。それで彼女たち、なんとかなってしまうからすごいよね。まぁ、なんとなく運任せな感じもするけど・・・。

この作品は、ミルキィホームズの活躍を楽しむのではなく、このしょうもないドタバタ感を楽しむものなんだ、と分かり始めたこの頃。でも、主人公たちには、もう少しは活躍してほしい感じもするんだけど・・・。そういえば、彼女たちのトイズのことは、どうなった・・・?どうでもいいのかな?とにかく、次回がどんな話になるのか、次回は楽しみにしてますよ。

探偵オペラ ミルキィホームズ【1】 [Blu-ray]探偵オペラ ミルキィホームズ【1】 [Blu-ray]
(2011/01/19)
三森すずこ徳井青空

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『探偵オペラ ミルキィホームズ』第4話「バリツの秘密」感想

どうもダメですね・・・。休みに日に感想をたくさん書こう、遅れている分と取り返そう、なんて思っているのですが、全然そういうこともできず・・・。ついついダラダラと過ごしてしまう・・・。えっと今日は、ネットラジオ聞いたり、ゲームしたりしてました。で、もうこんな時間です。また、一歩も外に出てない、っていうのが悲しいところでもあります。まぁいいさ。今日はこの『ミルキィホームズ』の感想はちゃんと書くんだし。ではでは、第4話の感想、いってみましょう。

今回は、いまいちおもしろくなかった。

G4のもとに事件発生の知らせが届く。小学生のアイリーンが樹海で行方不明になったのだ。それをG4と一緒に聞いていたミルキィホームズも、G4とともに捜査しようとする。樹海へとやってきたミルキィホームズ。だが、熊に襲われたことで、シャーロック一人はぐれてしまう。またG4も、明智一人が穴に落ちて行方不明になってしまう。明智がついた先、そこにはシャーロックとアイリーンがいた。だが誰もそこから帰る方法を知らないのだった・・・、という話。

今回は、なんとまぁ、無茶苦茶な話・・・。ギャグアニメだから、こういう不条理なギャグも楽しむべきなんでしょうけど、どうも楽しめない・・・。自分、ギャグアニメも好きですよ、不条理ギャグも好きだし。でもさぁ・・・。この作品、話のテンポが速すぎだと思うんですよ。早いだけならまだしも、なんかそのテンポに緩急がない。タメがないというか、間がないというか。だから、ギャグも印象に残ることもなく、流れていく感じがしてしまうと思う。もう少し話として、魅せるところとそうでないところでテンポに差をつけてほしいなぁ。まぁ、速いなかにも緩急はあるんけど、自分の頭の回転の遅さが、消化不良を起こしているだけかもしれないですけどね。

今回の話の内容としては、行方不明になった小学生のアイリーンを探して、シャーロックと明智が二次災害で行方不明になるが、三人は会っていて協力して脱出する、というもの。よくあるような話の展開ですが、それがまぁ、ここまでぶっとんだ展開の話になるものだ・・・。ありがちな話だからこそ、ってことなのかもしれないですけどね。ただ、前回はエルキュールのトイズの輝きが一瞬だけ戻る、ということがあったけど、今回は、そういうことがなかったのが残念。今回も、シャーロックにピンチの時だけトイズが使えるようになってもよかったんじゃない?

それにしても今回、ドキンちゃんが出てきたりだの、「父さんが倒産」だの、地球が崩壊しそうな感じになったりだの、いろいろなネタにまみれてますね。あとは、アンリエットがバナナの皮で転んでこれればよかったのに・・・(笑)。でもやっぱり、ちょっとあれこれ詰め込みすぎな感じもしますけど・・・。矢継ぎ早にギャグのオンパレードといった感じで、もう少し一つ一つのギャグを味わえる間がほしいです。ただ最後の、明智がアイリーンに連れて行かれたのは、ちょっとおもしろかったり・・・(笑)。

とにかく視聴者を笑わそうとする雰囲気は伝わってきた今回の話。ただ・・・、それが空回りしている感じがしないでもない・・・。隙間を埋めるかのようにギャグを入れられても、面白いとは限らないんだし。もう少し落ち着いて、間をうまく使った話で楽しませてほしいです。次回、面白い話が待っていることを期待しよう。ということで、次回は、楽しみにしてますよ。

探偵オペラ ミルキィホームズ【1】 [Blu-ray]探偵オペラ ミルキィホームズ【1】 [Blu-ray]
(2011/01/19)
三森すずこ徳井青空

商品詳細を見る

PageTop

『探偵オペラ ミルキィホームズ』第3話「棺桶の恐怖」感想

寒い!朝、雪積もってましたよ。こんな時期に、自転車で通勤できないなんて・・・。まだ10月だよ、10月。当然、冬支度なんて、なんにもしてませんよ。それにしても、急なこんな寒さ、結構いろいろと困るもんですね。ついでに仕事も忙しくて・・・。なんかいろいろあって疲れきってます。でも、なんだかんだ言って、『ミルキィホームズ』の感想は、今週も書きます。まぁ、短めに書けばいいかな、なんて。なんでもいいや、では、第3話の感想です。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

怪盗アルセーヌからの、「ハマのビーナス」を盗むという予告。その予告に対処するのは、G4だった。彼女たちが、トイズを使えなくなったミルキィホームズをバカにする映像を見て、ミルキィホームズも触発され現場へと向かう。G4のトイズを回復させる方法に騙され、ゲームをさせられるミルキィホームズ。ゲームで恥ずかしい格好をさせられたエルキュールは逃げ出してしまう。そんなとき、アルセーヌが現れ・・・、という話。

一瞬ではありましたが、エルキュールにトイズの輝きが戻りましたね。こういう話を望んでいたんですよ。まぁ、やっぱりこの作品のノリは、どうも好きにはなれませんが。でも今回は結構、ミルキィホームズがトイズを取り戻そうと努力する様子はみられたのはよかったかと。G4に乗せられてだの、コーデリアが閉じ込められてだの、自らの意思というより、外的要因で、って感じでしたけどね。もう少し、彼女たちが、日々トイズを取り戻そうと努力しているとか、トイズを失ったことを気にかけている、という感じがあればいいんですけどね。

今回から登場したG4。あれ、エンジェル隊?いや、声優さんが。キャラクターについては、エンジェル隊と似ても似つかない感じがしますけどね。でも、またしても4人組ですか。4人もいて、彼女たちキャラがたつのかなぁ、なんて心配してみたり。自分、やっとミルキィホームズの4人のキャラをなんとなく把握したところなので・・・。

話は、今回も内容てんこ盛り。展開が早すぎる感じもして、しっかりと話を楽しめる感じもしないのが・・・。ギャグアニメだからいいのかもしれないけど。それにしても、コーデリアとトゥエンティが棺桶に閉じ込められてしまうのはいいとして、変に敵味方が協力して、棺桶の蓋をあける作業をするのはどうなんだろ?それぞれのやり方で開けようとして、結局協力するようになるというのならわかるんだけど。そういえば、アンリエット、やっぱりミルキィホームズにトイズを回復させてほしいと思って行動しているんですね。G4の映像見せたのも、ミルキィホームズを触発させるためだったんでしょ。ライバルはライバルらしくあってほしいということなのでしょうね。

今回も、ミルキィホームズは事件に対しては役立たずでした。それも、この作品を見てすっきりしない原因のような・・・。今回は、エルキュールに一瞬ですが、トイズの力が戻りました。こんな話が続きそうな感じがします。で、次回は誰なのかな?次回、予告見ても、いまいちどういう話なのかわかりませんでしたが、とりあえず、次回は、楽しみにしてますよ。

探偵オペラ ミルキィホームズ【1】 [Blu-ray]探偵オペラ ミルキィホームズ【1】 [Blu-ray]
(2011/01/19)
三森すずこ徳井青空

商品詳細を見る

PageTop

『探偵オペラ ミルキィホームズ』第2話「ポケットにパンを」感想

水曜にもなると、だいぶ疲れもたまってへろへろになってきます。今週も仕事はなかなか忙しいですよ・・・。それにしても、仕事して帰ってすぐアニメ見ての繰り返しだと、なんにもない日々を送っているようにも感じてしまいますね。まぁ、アニメ見なくても何にもないのですが・・・。さて、感想。『ミルキィホームズ』です。とりあえず、第2話も感想書きますよ。では、いってみましょう。

今回は、いまいちおもしろくなかったです。

トイズを失い貧乏生活を強いられるようになったミルキィホームズ。その生活のなかで喧嘩を繰り返すようになった彼女たちだったが、一人コーデリアだけが仲のいいミルキィホームズを夢見て奮闘していた。そんなある時、シャーロックは一匹の猫を拾う。「かまぼこ」名付けたその猫のおかげで、仲の良さを取り戻したミルキィホームズ。しかし、あるとき食事のときにパンが盗まれるという事件が起こるのだった。自分が犯人だと名乗り出るコーデリアだったが・・・、という話。

話を面白おかしく見せようとしてくれるこの作品。でも全然笑って見られる感じがしないのはなんでだろ?なんかミルキィホームズを明るく能天気に見せすぎているのが原因かもしれない。別に、シリアスでなくてもいいんだけど、彼女たちそれぞれが真面目に考えている、今の状況を打開しようとしているってところが、ちょっとでも窺えればいいんだけど。そして今回の話、せめて彼女たちに解決させてあげようよ・・・。敵がわが、万事うまく収めるって結末は・・・。

貧乏生活で喧嘩をし始めたミルキィホームズ。優遇された生活から一変、貧乏生活、よくあることなのかな・・・?そのなかで、コーデリアだけが仲の良いミルキィホームズを夢見て奮闘してましたね。まぁ、彼女もそんなミルキィホームズ、彼女自身に酔っているだけなところもあるのですけど。でも、喧嘩を見ていると、やたらとネロが原因になっているような気がするのですが・・・。というか、ネロ、一人だけ極端にわがままで見ていてむかつくんですが・・・。ネロなりのもっともな言い分があればいいんですが、非はだいたい彼女のほうにあるからなぁ。

猫で元の仲のよさに戻る彼女たち。動物パワーはすごいですね。しかしシャーロック、そこらにうろついている猫を連れてきてすぐにペットにするのは・・・。

食堂で起こったパン泥棒。ストーンリバーも、すぐに犯人がミルキィホームズであると問い詰めるのは・・・。なんだかんだ理由を言っていましたが、その理由もあまりにも間接的すぎて・・・。で、犯人が彼女たちが飼い始めた猫「かまぼこ」だとわかったコーデリアは、自らが犯人だと名乗り出ましたね。・・・って、なぜ歌いだす・・・?で、真犯人捜しを始めたミルキィホームズ。犯人が「かまぼこ」だと知って、彼女たちがどうするのかと思ったら・・・。敵さんが、自らの非を認めて解決かよ・・・。普通、犯人が「かまぼこ」だと分かって、彼女たちがどう解決するのか、ってのが見どころになるんじゃない?それが、敵がわに丸投げとは・・・。「かまぼこ」を飼うことも、アンリエットがなんとかしてくれちゃってるし・・・。

災い転じて福となす、って感じの話かもしれないけど、ミルキィホームズなにもしてないし・・・。みんなで何かを解決することで、仲の良さを取り戻す、絆を強くするっていうのが定番だと思うんだけど。まだトイズを取り戻す可能性が見えるような話だったらよかったんだけどね。しかしまぁ、敵側が勝手に問題を起こして、その敵側が自分たちで解決してしまう、というのは、どうかと・・・。まぁ、なんにせよ、次回は、楽しみにしてますよ。

探偵オペラ ミルキィホームズ【1】 [Blu-ray]探偵オペラ ミルキィホームズ【1】 [Blu-ray]
(2011/01/19)
三森すずこ徳井青空

商品詳細を見る

PageTop

『探偵オペラ ミルキィホームズ』第1話「屋根裏の入居者」感想

眠いです・・・。昨日、なかなか寝付けなくてねぇ。たまにあるんですよ、こういうこと。連休でちょっと体調崩すと、とくにね。ほんと、いつでもどこでも寝れる人がうらやましい~。この眠さ、今日は早く寝れるかな?だぶん、寝れるでしょう?さて、新番組の感想です。こちらでは、昨日の深夜からはじまった『ミルキィホームズ』です。原作は、ゲームソフトなのかな?よくわからないけど、まぁいいや。では、早速第1話の感想いってみましょう。

今回は、いまいちおもしろくなかったです。

人気者であった探偵集団のミルキィホームズ。しかし、彼女たちは怪盗帝国との戦いで、能力を使うために必要なトイズを失ってしまう。成功者だったころとは一変、日常生活でも失敗ばかりのミルキィホームズ。それでも特別待遇の彼女たちに、生徒会長のアンリエットはある試練を課す・・・、という話。

まさに萌えアニメって雰囲気の作品ですね。でも、話がぬるいなぁ~。単に、自分がこの作風に合わなかっただけかもしれませんが・・・。第一話からシリアスになりそうな出来事が起こるのに、雰囲気はシリアスにはしない。このアンバランスさがなんとも気持ち悪く感じてしまって・・・。この第一話で、ミルキィホームズをしっかりどん底に落としてしまって、その後そこから彼女たちが立ち直っていくさまを描くか、第一話では明るく元気に活躍するミルキィホームズを描くか、どちらかにしたらよかったのでは、と。なんか話が、どっちつかずな感じに思えましたよ。

トイズを失ったミルキィホームズですが、気分は失う前のまま。彼女たちのトイズを失ったことへの葛藤をちゃんと描いてほしかったし、トイズを失ったことで失敗ばかりする彼女たちとそんな彼女たちを見る周りの白い目、っていうのも対比的に描いてほしかった。なんにせよ、彼女ら、大事なものを失ったのに、全員が全員能天気すぎるんだよね。それが見ていてイライラするというか・・・。

そんな彼女たちに試練を課した生徒会長のアンリエット。彼女が一番まともです。普通そうでしょう。そうするのが彼女たちのことを思っての行動でしょう。まぁ、彼女の正体は怪盗ですから、ミルキィホームズをこの学院から追い出そうとしているだけなのかもしれませんが。でもたぶん違うよね。ライバルはライバルらしくいてほしい、という彼女の思いがあるのではと思う。というか、この第一話、アンリエットが一番輝いてました。初回から、主人公たちではなく、敵のほうが輝いてるって・・・。

自分にはこういうアニメは合わないのかもしれません。この作品、これからも感想を書き続けていけるかなぁ・・・。たぶん1クールで短いだろうし、なんとか最後まで書きたいとは思いますけどね。自分でもどうなるかわかりませんが、とにかく次回は楽しみにしてますよ。

探偵オペラ ミルキィホームズ【1】 [Blu-ray]探偵オペラ ミルキィホームズ【1】 [Blu-ray]
(2011/01/19)
三森すずこ徳井青空

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。