五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『GR-GIANT ROBO-』感想

レンタルでリューナイトと同時並行で鑑賞していた作品。最近作られた「小中版ジャイアント・ロボ」ですね。ジャイアント・ロボは、今川版しか知らないのですが、今川版と比べるとリアリティのある雰囲気がありました。

で、見終わって感想は・・・微妙。

大枠のストーリー、ストーリーの展開の仕方はなかなか面白いとおもうんですよ。GROとユニゾン(だっけ?)の関係とか、GRシリーズの本来の役目とか。あと、放送局BFNがどういう存在なのか、というのもありましたか。これらのことを、前半でほのめかし、後半あきらかになり、物語の盛り上がってくるはずなんですが・・・。

物語としてのまとめ方が悪かったわけではありませんよ。全体として物語へ引き込まれていかなかったんですよ。「早くおわんねーかな」とか、思うことも度々。

もう少し、前半はテンポよく、後半はじっくりとみせてほしかったなあ。そのほうが見やすくなったのでは。

あと後半、GR-1(ジャイアント・ロボ)が全然活躍しないのはどうかと・・・。ドラマの部分が重要なのはわかりますが、ほとんど研究所で固まったまま・・・。


GRの戦闘はなかなか迫力あってかっこよかったです。毎話このような戦闘シーンを入れてくれれば、作品の印象もかなり変わったと思います。最後の大砲はどうかとは思いますが・・・。

うまく作ればいい作品になったのでは、と思わずにはいられませんでした。

なんか文句ばっか書いてしまってすみません。

監督がむらた雅彦さんということで、偏った目でみすぎたかな?

マジンカイザー・・・。ジンキ・エクステンド・・・。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。