五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『コードギアス 反逆のルルーシュR2』TURN03 感想

ロロはやっぱり黒かった、『コードギアス』第三話の感想。二期はじめての学園中心のストーリーということで、面白くなるか不安視していました。

が、面白かったです。

やっぱり、ギアスを使ったかけひきが話の主軸になると面白いですね。一期のときは、学園での話になると、「学園ストーリーが好きな人も見てくださいね」って感じられて、全然面白くなかったんだよなぁ。でも、今話からみるに、二期は、学園もルルーシュが起こす反乱に巻き込まれていきそうなので、学園中心になっても面白くなりそうな気がする。期待しておきます。

では、今話をみて思ったことを。
・中華連邦領事館を訪れたロロ、しかしルルーシュは学園にいました。なぜ、ルルーシュは領事館に行かず、学園に戻ったのでしょう?話の都合・・・?まぁ、自分が監視下にあるというのがわかったからということにしときましょう。
・ロロやヴィレッタは、帝国の秘密部隊でルルーシュの監視と、CCの捕獲のために働いていた。ロロは前回でわかりましたが、ヴィレッタもでした。なるほど、立場的にも納得。でも、あの秘密基地、学園の地下に造ってるの?
・ルルーシュは、生徒会連中からナナリーの記憶が消されていることを気にかけております。でも逆に、生徒会連中も、ヴィレッタたちとグルだとしたら、ってことも考えられます。
・中華連邦方とCCとの会談中に、カレンがバスタオル姿で登場。でも、あざとすぎるなぁ。こういうシーン、二期ではあまりいれないほうがいいのでは。なくてもいまのところ、十分面白いですし。むしろあると、どうも・・・。しかし、領事館のあの部屋、どんな間取りなんだ?脱衣所から出たら、客間って・・・。
・生徒会連中の会話は、どうにも拒否反応がでてしまう。なんでだろう?シャーリーとルルーシュのデート(みたいなもの)なんて、なにが面白いのだろう?
・ランスロットは、イタリアで暴れてます。まさに一騎当千。しかし、あんな見晴らしがいいところで、あの戦い方は無理があるような。一撃で部隊を殲滅できるような武器があるならわかりますが。
・ルルーシュは、ギアスを使って監視網から脱出。こんな状況でどうするんだ、と思わせて、てのは良かったです。でも、あの暗号放送は店員にしかわからないんじゃないの?つまり、客は火災報知機がなっただけと思うはずで、あんなにパニックになるものなのか?生徒会連中は唖然としてましたし。
・ロロのギアスの能力は、時間を止めることのようですね。で、当のロロ自体は、どうも情緒不安定なところがある、と。個人的には、ロロは任務としてルルーシュを監視するために、弟になりすまし、性格は冷徹な感じのほうがよかったなぁ。

学園中心に主要キャラクターがみえてきた今話。次回はどこにスポットを当てるのでしょうか?予告みても、次回がどんな話になるのか想像できませんでした。次回を楽しみに待つことにします。

スポンサーサイト

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第三話、『BLUE DRAGON』第二話の感想

感想書かないつもりでしたが、見てしまったので、ちょろっと書きます。


それぞれの感想は、

『絶対可憐チルドレン』…今話は、まあまあ良かったです。

『ブルードラゴン』…やはり、面白い。

しかし、二作品連続で放送されると、演出の腕の差が非常に感じられてしまいます。当然、『ブルドラ』>『絶チル』です。予算の問題があるかもしれませんが、『絶チル』はもっとカット数増やしたほうがいいのでは、と。あと、顔のアップなんかもうまく使ってほしいなぁ。なんか、全体的にひいた感じになっていて、物語のなかへ入って行きづらい。『ブルドラ』は、その辺をうまくやっているんだよなぁ。特段、すごい演出をやってるわけではないんだけど。

それぞれの作品について、思ったことをちらほらと。

『絶対可憐チルドレン』
今話は、チルドレンが皆本の家に住み着くようになる話。今話をみて、やっぱり、事件を解決する話は面白くなる。毎話、チルドレンの活躍で事件を解決するような話にしてくれ。

チルドレンが、皆本の家に住みたがるのには違和感が。チルドレンにとって、皆本はそんなに魅力的なのかなぁ?理解不能。もうすこし、皆本とチルドレンの距離が、少しずつ縮まっていくような感じでやってくれたらいいのに。

皆本って、子どものときは非常に優秀だったんだ。今の皆本には、そんな面影まったく感じられませんが・・・。


『ブルードラゴン』
仲間と再び会うための旅に出たシュウ・ブーケ・ノイの三人は、赤いドラゴンを操る者と対峙する、てな話。前半の三人のやりとりは、面白くさせようとしているのは分かるが、ちょっとくどすぎな感じが。でも、後半はすごく面白かった。

ミヒャエル「選択は慎重に行うべきだ」。ゲーム原作感ただようセリフ。「なんかよくわかんないけど」、ミシャエルと戦うことになるシュウ。選択の余地などありませんでした。

ノイにシュウと合体できるようにしてやる、といわれたブーケ。なんか変な妄想しております。なんだよそれ(笑)。まあ、当然ドラゴンどうしの合体(合体っていうより、ブルードラゴンの強化って感じ)なんですが。

し、しかし、合体のときの「カバルルル~♪」(byブーケ)ってなんだよ。爆笑してしまった・・・。

で、合体したときブーケはどこへ行ったの?ブルードラゴンの強化パーツになってるのか・・・。

後半は最高でした。謎もうまくひっぱりつつ、気軽にみられる。いいですね、『ブルードラゴン』。次回も楽しみになってしまう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。