五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『かんなぎ』第一幕「神籬の娘」感想

秋の放送開始のアニメの感想、やっと二作品目。『かんなぎ』でいこうと思います。理由は、・・・この作品、こちらの地域では、今週から放送開始のため、タイミングが良かったから・・・それだけです。原作あるようですが、いつものことながら、全く知りません。まぁ、制作スタッフは注目されるような方々なので、見て損はないかな、と。そういえば、この作品の感想書く前にやり残しているのがいろいろとありますが、・・・それは追々・・・。では、今更な感じの『かんなぎ』第一話の感想です。

今回見てみて、なかなか面白かったです。

お話は、ある日、木彫りの像を完成させた仁。だが、その像から、その土地の産土神と名乗るナギという女の子が現れた、という感じの話。思春期の男の子のもとに可愛い女の子が現れ、ドタバタな同居生活が始まる、という、よくある話であります。まぁ、自分、そういう話に全く精通していないですけど。で、ナギが神なので態度がやたらでかい。それでいて、現代の常識はほとんど理解してない、という感じ。こういったナギという女の子は、結構面白いですね。ナギ、神と名乗っているくせに、やけに俗人的だからなぁ。なんか、神というより、昔の貴族って感じのほうがしっくりくるような・・・。でも、そんなナギが神だから面白いんですけどね。

で、今回、見ていて気になったこと。今回、仁とナギ、二人とも座って話しているシーンがやたらと多いなぁ、ということ。話の中盤からちょっとだるさを感じたんだけど、このことが原因ではないかなぁ、と。もっと動きがほしいというか・・・。どうなんだろ?自分、もっとテンポが速い作品が好きなので、好みの問題かもしれませんが。そういえば、今回の一話、登場人物、仁とナギしかいない。これはやっぱり狙ってやっているんだろうなぁ。普通だったら、仁のいない教室のシーンとかは入れるものだと思うし。

では、以下、思ったことを細々と。

・大きなクモを取った少年のもとに現れた女の子。これ、後の仁とナギということなのね。で、仁少年が嬉々として取ったクモは、「穢れ」だった、と。このとき来たナギは、「穢れ」を浄化するためにやってきたということかな。

・女の子の木彫り像を作った仁。この年頃で、女性の像。恥ずかしくて、なかなか作れないような・・・。まぁ、いいんですが。像が、仁が幼いころ出会ったナギに似ていたのは、それだけ印象深かった、ということなのかな。

・木彫り像のなかから登場したナギ。桃太郎のような・・・。まぁ、彼女が出てくるんだろうな、とは思ってはいましたけど。で、像にナギがとりついたのは、その木が神木だったからのようで。神木で学生の作品作り、なんか罰当たりなような・・・。まぁ、捨てられるだけだったりするよりは、よっぽど良さそうですが。そういえば、ナギの格好、なんで巫女姿とか裸でなくて、洋服着ていたのですかね。仁の彫った像が洋服着ていたんだっけ?

・このときになって神木が倒されたことをナギは知り、それを確認に行くナギと仁。ナギ、産土神であるのに、鎮守の神木が倒されたことを知らないとは・・・(笑)。寝ていたって・・・。で、ナギの解説によると、神木が倒されたことにより、「穢れ」がこの地に大量発生するとのこと。で、ナギは祓えはできるけど、「穢れ」に触れることはできないようです。そういえば、ムカデに触れて、ナギの体が変わっていたけど、あれ、いつの間に治ったのかなぁ。あと、こんなことをやっているけど、仁、学校に行かなくていいの?

・テレビをヒントに「穢れ」の祓えをするナギ。魔法少女のステッキに半紙をつけて御幣にしております。ここ、笑う所なんだけど、あまりの違和感に・・・。で、こんな御幣で祓えの効果ってあるんだ・・・。まぁ、ナギが特別だからかもしれませんけど。

・ご飯は鯛じゃなくて、たいやき。さすがに鯛は買えませんよねぇ。たぶん、ナギが望んでいるのは、切り身でなくて、まるごと一匹だと思うし。そういえば、ナギ、たいやき知らなかったようですが、なんで?古くからありそうなのに。たいやきを食べたことがなかっただけなのかな。

・寝ているナギを襲いたくなる仁。よくある展開。まぁ、わかりますけどね。でも、よく考えてみたら、ナギって、神木が体をなしていると思うんだけど、その点はどうなのかなぁ。いたって人間な体をしていますけど、元をたどれば・・・。うーん、年頃だし関係ないかな。

・風呂に入るナギ。やっぱり木から生まれたと思うと、生々しく置かれている下着になんか違和感。下着が下着として存在していることに、というか・・・。で、女性ものの下着を買いに行く仁は、・・・まぁ恥ずかしいわな。でも店員、おばちゃんでよかったんじゃない。若くて美人な店員だったら、さらに恥ずかしさ倍増。「羞恥心」と書かれたシャツを着ているナギは、・・・仁、なんでこんなシャツもってるの・・・。

・仁が風呂に入っているときに電話をとるナギ。仁が「電話には出るなよ」と釘を刺したところでこうなるのは分かっていました・・・。まぁ、素っ裸で慌てて電話に出る仁は、面白かったですけどね。あと、電話をとっても電話にはでないナギは、なんか可愛らしかったですよ。そういえば、電話の内容で、やっと仁がこの日、学校に行っていないことが突っ込まれた。

・仁が居間で、ナギが仁の部屋で寝る。この家、間取りどうなっているのかなぁ。二部屋しかないの?もっと部屋があってもいいように思うけど。まぁ、いいんですけど。で、トイレに行く神。なんか、ナギ、違うことやってた気もするんだけどなぁ。仁が見られたくないものを入れた段ボールに、「教科書」と書いていたことも気になるし。

今回、この作品の感想を書くの、はじめてなので(当たり前なんですが)、探り探り書いています。もう数話見れば、要領も分かってくるかな。まぁ、話自体はコメディで見やすい感じだったし、見ることが苦になることはないかなぁ、なんて思っています。で、次回は、・・・どんな話なんでしょうね。予告では、全く分からん・・・。それでも、次回、楽しみにしていますよ。

スポンサーサイト

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第4話「戦う理由」感想

一日遅れの『ガンダム00』の感想です。昨日、ちゃんと本放送で見ています。でも、なぜ遅れてしまったのか。それは、昨日感想を書こうとしたら、ブログの管理画面に入れなかったからです・・・。あれ?あれ?って感じでしたよ。書く気満々だったのに・・・。まぁ、FC2ブログ全体で起こっていたみたいだし、仕方がないか。で、今日、録画したのを見直して感想を書きます。では、早速。

今回は、なかなか面白かったかな、という感じ。

マリナ姫を救出したソレスタル・ビーイングは、トレミーの進路をアザディスタンへと向ける。だが、その先には、アロウズのリントの罠が待っていた、という話。第4話になって、作画的にも普通にアニメになったなぁ、という感じ。別にそれが悪いって感じでもないですけど。で、今回、後半で盛り返したけど、前半がすごくかったるかった印象。小ネタなんかは面白かったけど、延々とそれぞれのキャラクターの今の心情と「戦う理由」と細切れ的に見せられた感じでして。説明的な感じで、話に動きがないのがなぁ・・・。前半に一つ展開があっても良かったんじゃない。

後、気になった点は、ソレスタル・ビーイングはアロウズを倒すための戦略的な行動をとってないようなところ。トレミーは、マリナ姫を返すために、あっさりアザディスタンに舵をとったけど、それでいいのか、と。普通、「トレミーは○○○へ向かわなければいけないけれど、マリナ姫からアザディスタンへ行って欲しいという申し出があった。さて、どうする」、って感じで話が展開していくものだと思うんだけどなぁ。どうも、ソレスタル・ビーイングが、あれだけのことをしておいて、行き当たりばったりな行動に見えるのは、その存在の薄っぺらさを感じてしまう。

ソレスタル・ビーイングとアロウズの戦闘については、今回、リントが良かったです。自信家で、柔軟性に欠ける。ああいうキャラクターは一期でも欲しかったなぁ。彼のおかげで、スメラギだけでなく、マネキンの指揮官としての優秀さもすっと引き立つ感じだったし。でも、リントはトリロバイトと艦の砲撃でトレミーを圧壊させる作戦だったと思うんだけど、ミスター・ブシドーは作戦的にどういう位置づけだったんだ?圧壊させる作戦のその後をどう考えるかが、リントとスメラギの能力差を際立たせる場面だと思うんだけどなぁ。リントの作戦から逃れたあと、スメラギも特段、指揮らしいことしてないし。この辺は、もう少し練って欲しかったなぁ、という気も。

では、以下、思ったことを。

・アレルヤとマリー(ソーマ)の過去シーン。超兵は、心の声だけで会話できるのね。それにしても、義体のようなマリーちゃん。なんか、『攻殻機動隊』を見ているような錯覚を覚えました。しかし、アレルヤって名前をつけたのは、マリーなのね。どうなんでしょう・・・。名前自体がどうとかではなくて、そのアレルヤというのがソレスタル・ビーイングでの名前になっていることが。

・アザディスタンへの帰国を希望するマリナ姫。マリナ姫、閉じ込められていた沙慈とは全然待遇が違う・・・。で、結局、アザディスタンへ向かうこと、刹那が決めてしまっていいの?トレミーの指揮官が不在ということに、どうにも違和感を感じる。まぁ、ゲリラ的な組織ということで納得しておけばいいのかな。

・「二人は恋人?」というミレイナの質問を、即座に否定する刹那とマリナ。これは笑った。どうみても、ミレイナと刹那やマリナで雰囲気が違うんだもの・・・。刹那とマリナ、二人ともジョークも通じない感じが(笑)。無表情で息合ってるしさぁ。

・フェルトにキスをして兄とは違うことを見せつける二代目ロックオン。まぁ、兄弟、とくに双子だと比べられたり、一緒にされるのは嫌だろうな。でも、それだけ二代目が兄の事を意識しているってことなんだけど。

・マネキンではなく、リントに作戦指揮を任せるアロウズ。叱責されるマネキンさん、可哀想ですなぁ。仕方がないんだけど。で、出てきたリント。狡猾な雰囲気がなんかいいです。あと、リントさん、ミスター・ブシドーを連れてきました(笑)。彼もアロウズだったんですか。陣羽織着ているせいで、上官より偉そうに見える(笑)。まぁ、一人だけどう考えても雰囲気違うんだけどね。

・MAトリロバイトは一人の女性に寄贈されたとのこと。だれなんだろう?リジェネか、王留美あたりが怪しいような気がするけど。

・沙慈に修理の手伝いをさせるイアン。牢に閉じ込めておいて、「働かざる者食うべからず」ってなんか違うような・・・。イアンはここにいる連中がなぜここにいるのかを沙慈に説いていましたが、沙慈はどう受け止めたのかね。それにしても、イアンと沙慈、二人の会話の感じは結構いいなぁ。

・スメラギと酒を飲みながらマリーのことを話すアレルヤ。アレルヤは、成人になったときに酒を覚えてから、酒好きになったのかな。一期のときも、度々スメラギと二人で飲んでたりして・・・。すっかり二人は飲み友達?

・リントの作戦により危機に瀕するトレミー。GNフィールドを貫通する魚雷は開発されているんだ。海では、GNフィールドが弱くなるのかもしれないけど。そんななか、スメラギさん登場で、ポジティブシンキング。まぁ、敵の作戦に乗った上で対応するってことなんだけど。でも、スメラギさん、艦が圧壊しないって保障はどこにあったのでしょう。あと、リントはガンダムの存在は全く考えてなかったということなのかなぁ。

・00ガンダム、トリロバイト破壊して、その後アロウズの母艦への攻撃。トリロバイト、もっと君の勇姿を見たかったよ・・・。一機だけでは可哀想なので、今後編隊を組んで登場してくれないかなぁ。00ガンダムの攻撃のときのリントの悲鳴、笑えました。いいキャラだなぁ、リント。

・母艦の危機にミスター・ブシドー登場。一本のビームサーベルをブンブン振り回しております。カッコいいですよ、機体も含めて。でも、あの角の付いたヘルメットは・・・。あと、ソーマとアレルヤが戦っていましたね。アレルヤよわっ・・・。その後、ソレスタル・ビーイングの増援にカタロン登場。アロウズ撤退の命令、マネキンが出していたけど、この時点でリントは使い物にならなくなっていたのかな。それとも、撤退の命令を出すことをプライドが許さなかったのか。

・マリナ姫の前に現れたシーリン。彼女のもとを去った彼女は、テロリストになっていました・・・。ん、テロリストというより、レジスタンスなのかな、カタロンは。でも、これが、シーリンの世界を変える行動のようです。どうなんですかね。そういえば、シーリンはカタロンでどういう立場にあるのでしょう。結構大事にされているような印象ですけど。

・戦う決意を固めたスメラギは制服を着て登場。どう考えても尻が・・・。あれ、前、上から覗きこんだら毛が見えるぞ・・・。サイズ合わないって、なんか太ったとは別の感じが・・・。

・アロウズで働く決意をするビリー。スメラギに裏切られた怒りでいっぱいです。彼は今後面白くなりそうだ。そういえば、彼の叔父さんがお偉いさんだったのね。

そういえば、今回は回想シーンも多かったし、一度話を落ち着かせる回でもあったのかなぁ。で、次回ですが、予告だけで面白そう。サーシェス登場ですかね。戦闘も多そうだし、楽しみ楽しみ。

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第30話、『BLUE DRAGON』第29話の感想

感想を書く前に・・・。発売日から長々とやってきた『スパロボZ』、昨日ようやくクリアしました。やったー。長かった・・・。まるまる一か月かかったもんなぁ・・・。まぁ、一日のなかでプレイできる時間が限られていたからなんだけど・・・。で、これでブログも平常進行にもどります。でもどうするよ・・・。新番組もいくつか録画しているけど、一切見ていない・・・。どの作品が面白いのかも分からない・・・。うーん、やりかけにやっている感想を終わらせながら考えますか。さて、日曜日。『絶チル』と『ブルドラ』の感想、いきましょう。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、まぁまぁ面白かったです。

金庫破りに対処するため、金庫の警護に来たチルドレン。そこに現れたのは、マッスルと澪だった。だが、チルドレンは彼らともども、「普通の人々」によって、強力な警備体制の金庫に閉じ込められてしまう、という話。今回も濃いなぁ、いろいろと・・・。自分、このアニメ見ているときは、頭が起きていないので、今回の話みたいのは、正直、ちょっとくどい・・・。夕方以降だと、しっかり楽しめそうな気もしますが。あと今回、ちらっとナベシンが映ってましたが、演出ナベシンだったのね。ナベシンにしては、今回、いつもに比べてキレがなかった気が・・・。

今回、チルドレンに新たなリミッターの制御装置がつきましたね。エスパーの能力、完全解除できるようです。さらに、三人の力も一つにまとめることができるみたい。今回、金庫脱出のために薫に力をまとめて使っていましたが、なんかロボットアニメとかの新しい必殺技みたいでした。なにがどう強くなったのかは、いまいち分からなかったけど。でも、あの場面、葵に力をまとめて、テレポートで脱出とかはできなかったのかなぁ。澪も力ずくで侵入していたし、金庫の壁を越えるテレポートはできないようになっているのかな。

では、以下、思ったことを。

・不二子が皆本に提示する、チルドレンの天使か悪魔かのバロメーター。なんか、選挙のときの与党と野党の獲得議席数みたいなグラフだなぁ。それより、天使か悪魔かって、チルドレンが人間である以上、紙一重、というか表裏一体な気が・・・。あれだけ強力な力をもっていれば、ある人にとって天使でも、ある人にとっては悪魔とか。天使と悪魔を同時に体現してしまう、そんな感じがする。それにしても、不二子の格好は相変わらず、すごいなぁ。

・金庫警護に来たチルドレンと皆本。店長、警護役だからといって、彼らをあっさり金庫に入れないでください・・・。チルドレン、リミッター解除で金塊などで遊んでるし・・・。「仕事はしっかりこなす」と皆本言っても、あの状態では・・・。今回のリミッター解除でのチルドレンの「見え」のところ、黄金つながりで『ゴールドライタン』、『黄金バット』、『ゴルドラン』の三つで合っているかな?

・金庫でECM作動。エスパーがいる以上、こういう設備があるのは、当然ですな。無ければ、エスパーなら盗み放題だし。

・金庫破りとしてマッスルと澪登場。ECM対策としてECCMを持っています。一話から登場しているマッスル、キャラクターはしっかり覚えているのですが、エスパーとしての能力ってなんだったっけ?澪はやっぱり可愛いです。しかし、小遣い稼ぎに金庫破りって・・・。スケールはでかいんだけど、どうにもしょぼさを感じてしまうのはなんでだろ?

・「普通の人々」のメンバーによって、金庫に閉じ込められてしまうチルドレンと澪たち。しかし、窓口係って・・・。窓口係が、コントロールルームを使いこなすことができるの?まぁ、いいや。どこにでもいるなぁ、「普通の人々」。当然か・・・。

・空気が抜かれ絶対絶命のチルドレンたち。澪の持ってきたECCMも故障しピンチです。えっ、携帯のバッテリーで直せるの?しかも皆本。皆本って結構器用なのね。

・ECCM作動で、チルドレン完全解禁。皆本の持っていたリミッター解除装置のバッテリーは、つかわなかったんだ・・・。なんか皆本ちょっとせこいような・・・。まぁ、仕方がない気はするけど・・・。で、チルドレンと澪、みんなで力を合わせて、金庫破壊。すごい力なのは分かったけど、何がどうなったのか・・・。

・脱出に成功し、舞い上がる金塊、紙幣にチルドレン。その場にあった金塊などが薫の力で舞い上がったのは分かったが、なぜチルドレンまで?あの金庫室、地下にあったんでしょう。なんでだろ?それにしても、今回、薫に金塊が良く当たるなぁ。実際にあんなものが頭に当たったら、ただでは済まないと思うけど。

・こっそり事の顛末を見ていた兵部が不二子に発見される。でもなにあれ?兵部レーダー・・・。すごいよなぁ、兵部のためだけのレーダーだもの。で、じいさんとばあさんのケタ違いのバトルが始まりました。建物壊しすぎです、二人とも。チルドレンの金庫がどうたらよりも、大騒ぎのような気がするけど。ナベシン、今回出るなら、このシーンで壊れた建物のガレキに押しつぶされたら面白かったのにね。

・兵部の体に異常、兵部がやられる、と思ったら仲間が助けに。さんざん、不二子をバカにして帰って行きました。あの髪の長いおっさん、髪の毛使いだったのね。あの髪の毛に捕まるのは、気持ちが悪そうだ・・・。

・コンビニで金塊使ってボテチを買う澪。澪が金塊の価値を分かってないというのもあるのですが、ポテチが欲しいのなら、はじめからコンビニでポテチ盗んだほうが早いという・・・。でも、このオチ、とても面白かったですよ。常識知らずの澪は、可愛らしいし。

今回、本筋とは関係のない話かと思ったら、最後、兵部の側近集団(でいいのかな?)も出てきて、物語はちゃんと進んでいるんだなぁ、という感じでした。で、次回は、「そうだ、京都へ行こう」な話なのかな?葵の話みたいですね。葵、パワーアップしないかなぁ。まぁ、次回も楽しみにしています。


『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回は、面白かったです。

白の旅団とローゼンクロイツの戦争は、プリムラの神託の時間が切れたことにより、ローゼンクロイツが一気に攻勢にでる。そのさなか、ミヒャエルの登場により、戦場はさらに混乱する、という話。今回はほんとに面白かった。一場面ごとに、どうなるんだって、期待と不安な気持ちで見ることができたし。シュウとヴァ―ミリアンの戦闘しかり、ロギとフリオーソの戦闘しかり、って感じで。そしてなにより、この戦争がどうなるんだ、って感じなところが、とても面白かった。

で、今回の見せ場は、ミヒャエルくん、出てきちゃいましたというところ。他の上位生命体の慎重な意見には耳を傾けず、一人だけ強硬論。あげくは、勝手に出撃。ミヒャエル、あんたを突き動かしているのは、白の旅団やシュウにやられた私怨だけでしょ。彼、これで神を気取ってるからなぁ・・・。ミヒャエルは戦場で大暴れしていますが、ボスっぽい金色のドラゴンが出てきました。上位生命体のボス、彼、ミヒャエルの行動に怒っているのかなぁ。ミヒャエル、彼に怒られたら最高なんだけど。

では、以下、思ったことを。

・シュウとヴァ―ミリアンの決闘。ヴァ―ミリアンがシュウの前に立ちはだかったのは、シュウが「いずれプリムラ様を殺す」かららしいですね。たぶん、シュウが直接プリムラを殺す可能性だけでなく、シュウのもとへ行こうとするプリムラを白の旅団が殺さざるを得なくなるというのも含まれているのかな。で、ヴァ―ミリアンとシュウ、普通に戦っていましたが、ヴァ―ミリアンにはプリムラの神託の力は無かったということなのかな。

・戦闘する兵士たちを戦地外へ搬送するクルックは、7往復したところで力尽きる。戦局にはなんら影響を与えることはできなかったかもしれないけど、彼女ら頑張ったよ。クルックの思いはカッコ良かったし。いつもと違い、クルックを支えるアンドロポフのところは、なんか雰囲気が良かったなぁ。

・兵士たちの死を感じ、運命に従う自分に迷いを感じるプリムラ。なんか痛々しいなぁ。でも、それだけブーケとシュウの行動はプリムラに影響を与えたんだね。それにしても、プリムラの隣のくそじじいが・・・。彼が死ねば、プリムラは自由になれるということかな。

・デルフィニウムと対峙するマチルド。マチルド、デルフィニウムを一蹴しております。できるな、マチルド。二人の対決も、しっかり作戦的な位置づけで見ているし。まぁ、その分、人間らしさがあまりない感じにも思えましたが。

・天界でロッタと意見が対立するミヒャエル。一貫して強硬論を唱えるミヒャエルに、他のドラゴンたちが呆れ気味なのが・・・(笑)。あら、ミヒャエル、勝手に出て行ってしまったよ(笑)。やっぱり人間の肩を持つロッタさんは素敵です。ただ、ドラゴンの姿なのが・・・。ミヒャエルなんかより、ロッタさんに地上に降りてきてほしい。

・ロギと対決するフリオーソとその部隊。ロギ本体はフリオーソが対応し、ロギの影には対影砲をもった彼の部隊が対応する。なかなか良くできた作戦でした。ロギを追い詰めるところまでは行ったんだけどなぁ。時間切れでした・・・。逆に、恐ろしくロギが強かったということなのですが。

・神託が時間切れになり、攻勢にでるローゼンクロイツ。ボロ要塞のなかから戦艦が・・・。こんなの隠していたのね、ロギさん。さすがです。プリムラやばい、死んでしまうよ、と思ったら・・・。

・ミヒャエル登場で大暴れ。タイミングがいいというか、悪いというか・・・。上位生命体としたら、戦争の決着がつくようなタイミングで登場でしょう・・・。なにやってるんだって感じだと思うよ。金色ドラゴン、ピクピクしてるし。人間側から見たら、一気に共通の敵がドラゴンになったわけだし。でも、このミヒャエルのどうしようもなさが、面白かったです。

最後にボスの金色のドラゴンが天界から出てきてお終い。次回どうなるんでしょう。なんか予告では、世界が二つに分けられるみたいだけど。金色ドラゴンの力なのかな。それに、ミヒャエルが出てきちゃったおかげで、戦争どころではなくなってしまったよね。この戦争がどうなるのかも、とても気になる。次回も楽しみです。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第3話「アレルヤ奪還作戦」感想

あぁ、今日という日が終わっていく・・・。せっかくの休みなのに何もしていません・・・。今日はスパロボすらやっていません・・・。勿体ないというか、なんというか。さて、『ガンダム00』です。これはしっかり見て感想を書きますよ。今回もちゃんと録画して、二回見ています。まぁ、それでいい感想がかけるわけでもないんですけど・・・。では、第3話の感想です。

今回は、うん、面白かったです。

連邦の施設に捕らわれていたアレルヤ。彼を助けるべく、ソレスタル・ビーイングはスメラギの作戦のもと、行動を開始する、という話。自分、なんかこの作品に対して毎回「面白い」って評価で、自分でもウソ臭く思える・・・。でも、実際自分には面白く感じられるんだから、仕方がない。で、今回、二期になってから初めてのソレスタル・ビーイングによる作戦行動でした。一期のときには、ソレスタル・ビーイングの作戦行動で、その目的がはっきりしないために微妙な印象の回も多かった気がします。が、今回はアレルヤの奪還という明確な目的があったので、面白く感じた理由はこれなのかな、と。それと、敵の作戦指揮官にマネキンを置いたのは良かったですね。アロウズの側の戦闘における行動理由が、よりダイレクトに伝わってきましたよ。こう見ると一期で個人的に不満に感じていた点が改善されているなぁ、と。まぁ、制作者側がこういったところを反省点としていたとも思えませんけど・・・。

戦闘ですが、今回も、ケルディムやアリオスといった新しいガンダムが出てきて、動く動く・・・。ガンダムたちが撤退していく際の戦闘なんて、ほんとにカッコ良かったです。あと、印象に残ったのは、連邦側のティエレンたち。津波に巻き込まれたりするだけのやられ役なのに、動きが非常にカッコイイ。なんでしょうね、あれ。重量感があって兵器っぽさも感じるし、それでいてなんかケレン味がありました。カメラワーク、というかコンテが良かったからでしょうかね。

あとは、アレルヤとソーマ関連のことですかね。ソーマは、やっぱりアレルヤの言う「マリー」でした。まぁ、「マリー」がソーマと別人だったら、アレルヤが情けないこと、この上ない感じになるからなぁ。しかし、アレルヤくん、目にクマを作って拘束された状態で、「マリー、マリー」とつぶやく姿は怖いかった。そういえば、アレルヤのもう一つの人格であるハレルヤは、一期の最後でなくなったということなのかな。なんか、今後、ピンチになった時に、突然出てきそうな気もしますが。

では、以下、思ったことを。

・アロウズに捕えられたマリナは、アレルヤと同じ施設に収容される。ソレスタル・ビーイングをおびき出すための餌でございます。アレルヤが収容されている施設のことも、アロウズかリボンズあたりが意図的にリークしたんだろうなぁ。

・リボンズと話す連邦のお偉いさん。両者は、かなり密接につながっているのね。で、リボンズは、自分がイオリアの計画を忠実に実行していると自負していて、しかも人間ではないようです。何者なの、イノベーターという人たち?対話が云々、とかも言っていたし。神を気取っている感じ満々ですが。

・アレルヤに「マリー」と呼ばれたソーマは、セルゲイにそのことを聞く。成長しましたね、ソーマ。以前だったら、自分がソーマであると疑わず、意に介さないだろうし。セルゲイに自分に関係したことは言わず、それとなく聞いているし。

・施設の偵察を行うネーナ。なんか小型の飛行機に乗っていましたが、あれって、スローネのコックピット部分?そんな感じがします。ネーナは、バイルダーオンして、新型のスローネに乗るのかなぁ。ネーナがどういう立場で行動するのかを含めて、非常に楽しみです。

・王留美からの情報を得たソレスタル・ビーイングは、スメラギに作戦立案を求める。スメラギは自分の作戦で多くの仲間が傷つくと躊躇していました。まぁ、一期の印象では、その通りなんですが・・・。どうも一期では、スメラギの優秀さが全然感じられなかったからなぁ。失敗が多かったし、成功しても、これってスメラギの作戦だったの?って感じだったし。躊躇するスメラギの気持ちはわかるが、スメラギに作戦立案を求めるソレスタル・ビーイングがわかりませんでした。この場面では、なんですけども。

・結局、スメラギの作戦のもと、GNフィールドを展開して大気圏に突入するトレミー。え、トレミーごと大気圏に突入するの?戦艦がそのまま大気圏を突入できるの?と思っていたら、やっちゃいましたよ。GNフィールドさまさまです・・・。トレミー、そのまま海に突入しましたが、重力に任せて自然落下したということでいいのかね。すごいな、GNフィールド。ここはビックリしましたよ。トレミーが大気圏を越えてきたと思ったら、そのまま海に突入するんだもの・・・。見せ方を変えるととても笑える場面になりそうだ。でも、トレミーどうやって宇宙に戻るのかね。自力では無理でしょ。そこで活躍するのが、カタロンという感じもしますけど。

・施設に突入する刹那と、00ガンダムを死守するティエリア。ティエリアさん、「梃子でも動かん」、ですか・・・。普通に考えても、セラヴィーを動かすのは難しそうですけどね。

・素人と言っていたロックオンが敵機を落とす。モビルスーツに乗ったことがない、って絶対ウソだろ、二代目。そんなウソをついていたのは、自分がカタロンと関係も持っていることが、刹那以外にばれることを怖れたためなのかな。

・アレルヤを解放し、アリオスを射出するトレミー。無人状態のアリオスをそのまま施設に突撃させやがりました・・・。途中で撃墜されたら、アレルヤが乗る前に他人に乗っ取られたら・・・。そういうことは考えてないみたいです。

・これ好機とばかりに、収容者の脱出の手引きをするカタロン。根回ししていたのは、やっぱりロックオンですね。こういうことをするために、ソレスタル・ビーイングに参加したということでしょう。今回は、両者の関係がうまくいきましたが、いずれソレスタル・ビーイングがカタロンと対立するという展開が待っていそうだなぁ。カタロンのリーダーの人物、怪しい感じがするし。

・アレルヤから「マリー」のフルネームを聞き、なにかを思い出すソーマ。ソーマにとっては、「マリー」だけでは効果が無かったようです。フルネームを呼ばれてはじめて反応したみたいです。まぁ、マリーなんて名前、そこらじゅうにいるだろうしね。で、フルネーム、なんて言っていたっけ?

・マリーを連れ出すことに失敗したアレルヤは、アリオスに乗り込む。拘束着のままでございます。あんな恰好でガンダムに乗るのは、なんか笑えるなぁ。仕方がないことなんだけど。あと、アリオスのコックピット、なんかΖガンダムのコックピットに似ているような・・・。00ガンダムなど、他のガンダムのコックピットもあんな感じだったっけ?

・三機のガンダム撤退のカッコイイ戦闘シーン。アリオス、盾も持っていないし、武装が貧弱な感じがするんだけど、どうなんだろう?それにしても、今回も敵のやられ役のパイロット、なかなか頑張っております。やっぱりいいよね、名無しのキャラクターでも声を当ててくれるのは。臨場感がちゃんとでる。

・アレルヤ、ティエリア、ロックロンの会話。今回のロックロンさんは、結構おちゃらけた感じみたいですね。カタロンとの関係を隠すためにわざと作っているという感じがありありですが。で、ティエリアがアレルヤに「君は変わらない」なんて言っていましたが、一番変わったのはあんただよ、って感じです。

・刹那とマリナの会話。一期のときの二人の会話は、なんか中途半端な感じがあって、話のテンションが下がる印象しかありませんでした。なので、この二人の会話はいらないよ・・・なんて思っていたのですが、今回は要点がはっきりしていて結構良かったです。話の内容的には、刹那と沙慈との会話と関連したことですね。沙慈には仏頂面で反論していた刹那も、マリナだと心を動かされるようです。女の涙には弱い、これヒーローの条件なのか?

今回の話で役者が大分そろってきました。で、二期の話の本質は、次回から始まるのかな。今回までの話は、主人公たちの再結集ということで話の概要を聞くだけで面白い感じがするからなぁ。真価が問われるのは、次回以降になるでしょう。次回の話、予告では全然わかりませんでした・・・。面白い話になってくれよ。期待していますから。

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第29話、『BLUE DRAGON』第28話の感想

相変わらずの週一回のブログ進行・・・。まだクリアしていませんよ、『スパロボZ』。今は、第56話くらいだったかな?後もう少しなんだけどねぇ・・・。一話にかかる時間が長い長い。まぁ、のろのろとだけど頑張ってクリアしたいと思います。では、日曜の日課、『絶チル』と『ブルドラ』の感想をいきたいと思います。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、なかなか面白かったかな、という感じ。

お話は、チルドレンに対して壁を作りながら接する皆本。そんな皆本に、蕾見不二子は末摘花枝を使った作戦にでるという話。今回、凄い量のパロディに溢れた回でした。『仮面ライダー』に『ガラスの仮面』、皆本がキレたシーンは『北斗の拳』かな、といった感じ。どれもこれも自分は、ちゃんと見たこと無くて、パロディで知っている程度の知識ですが・・・。今回のパロディ、まだまだありそうだな。で、今回、まさにギャグ回でした。ただ、朝からここまでのドタバタを見せられると、ちょっときついなぁ、という感じも・・・。

でも、未来のチルドレンに化けた末摘に対して、辛辣な評価を下すチルドレンは面白かったです。本人が、未来の自分と知らずに、ボロクソに言っているわけですから。薫がバカな巨乳女、葵が貧乳メガネ、紫穂が腹黒女でしたっけ?全部自分のことだからなぁ(笑)。まぁ、傍から自分を見ると、本人がコンプレックスに感じていることが強調されて見えてしまうだろうし、至極当然の気がしますけどね。

では、以下、思ったことを。

・ショックを受けたチルドレンは暴走し、バベルを壊しています。先週の話をすっかり忘れていた自分は、なぜチルドレンがここまでのショックを受けていたのか、全くわかりませんでした・・・。あぁ、皆本がチルドレンの担当を止めるだのなんだののことですか。薫が暴走したら大変なのはわかりますが、葵と紫穂も大変なのかなぁ、という気も・・・。いろんなものが飛んできたり、思っていることがダイレクトに伝わってくるのは大変か・・・。結局、局長が火に油注いだ後、不二子が無事にチルドレンを抑えましたが・・・。

・特訓ということで皆本を連れ出す不二子。末摘花枝のいる島に連れ出しました。不二子は皆本にチルドレンを愛してもらいたいということでいろいろ企んでいるようです。チルドレンを愛すれば未来が変わるように考えているようです。が、恋愛という愛では無くて、子どもを愛するという愛ではだめなのか?光源氏ということで、愛に区別はない、ということなのかな?

・皆本が出て行ったチルドレンの家を訪れる局長。コンビニ弁当が体にいいものではないことはわかりますが、出前といいつつあんなに豪勢なものも・・・。局長、毎日あんなものを食べているのかなぁ。うらやましいような・・・。で、結局寿司ですか。局長が握っていましたが、素人が握った寿司っておいしくない印象があるんだけどなぁ。局長、寿司を握るのが得意なのか?

・突然、仮面ライダーな皆本。なんだいきなり、って思ったよ。末摘が化けた大人な薫に助けてもらって、皆本に薫を愛させようってことなのね・・・。皆本に、正体が末摘だってことが分かったら意味がない・・・。

・ワニを釣って遊ぶチルドレン。彼女ら、皆本がいる島に来たようです。しかし、看板の「ワニ釣るな」って・・・。

・紫穂に化けた末摘と皆本がいい関係に・・・。不二子がちゃちゃをいれていますが、なんか逆効果にしかなっていないような・・・。ん、皆本は相手が末摘だってことが分かっているんだから、この二人の関係がチルドレンとの関係に繋がらないような・・・。どうなんだろう、そのへん?しっかし、不二子は軽い性格だなぁ。そういえば、『ガラスの仮面』のパロディがありましたが、全く見たことないんだよね、『ガラスの仮面』。パロディでの知識しかない・・・。見たほうがいいのかな?

・老人の介護をする末摘。ん、あの格好は『サクラ大戦』か?『サクラ大戦』、これも話は全く知らない・・・。で、葵になった末摘と皆本が、またもやいい関係に・・・。あ、ついにチルドレン登場ですか。あの・・・、皆本と一緒に不二子もチルドレンにやられてますけど・・・。強いんじゃないの、不二子?

・葵に化けたことも不二子の計画だと知り、怒り心頭の皆本。あらら、不二子、エスパーでない皆本にまでふっ飛ばされちゃって・・・。まぁ、ギャグだから仕方がないのかな。

・海で遊ぶチルドレンにリミッター解除。皆本、このあと起こることも知らずに・・・。リミッターを解除しなくても、チルドレンは十分に海を満喫できるような気がするんだけど、違うのかな。まぁ、視聴者へのサービスの目的もあったと思うけど。そういえば、海パン姿の皆本、新鮮な感じがしたなぁ。前のときは一貫してスーツ姿だった記憶があるからかなぁ。

・薫に化けた末摘の皆本への誘惑。薫の未来の自分への評価がないと思ったらこんなところで・・・。あーぁ・・・。で、これも不二子の計画ですか。チルドレンのいるところで、こんなことをしても意味がないと思うんだけどなぁ。やっぱり不二子は、他人の恋愛ゲームを楽しんでいるという感じなのかな。

今回は、ほんとにギャグパロディ回でした。で、次回は、チルドレンが財宝の警護?またもギャグ回になりそうだなぁ。まぁ、面白いし、いいんだけど。『キャッツ・アイ』あたりでなんかやりそうな気が・・・。さて、どんな話になるのでしょうか。楽しみにしています。


『BLUE DRADON 天界の七竜』

今回は、なかなか面白かったです。

白の旅団とローゼンクロイツの戦闘が激化するなか、ロギは秘密兵器スレイプニルを投入する。スレイプニルの投入でローゼンクロイツが優勢になるかと思いきや、白の旅団は一気に攻勢を強めてきた、という話。これだけ引っ張ってきたスレイプニルが、どんなにすごいものかと思っていたら・・・。全然役に立たない・・・。説明を聞いている分にはすごいものだとわかりました。でも、たいした戦果を挙げることなく次々と・・・。一話くらい圧倒的な強さを見せてあげて欲しかったよ・・・。

で、白の旅団がスレイプニルが出てきても、有利にことを運べたのは、プリムラのおかげのようです。プリムラは遠い未来を断片的に見るだけでなく、近い未来も見られるのね。近い未来は時間制限はあるが、常時見られるということかな。ヴァ―ミリアンが、「我々には時間がない」と言っていたのはこのことでしょう。それにしても、プリムラの脳波と連動したシステム、白の旅団すごいなぁ。

ところで、今回のシュウたちは・・・、必死に戦う兵士たちの運搬をしていました・・・。しょぼいなぁ・・・。それにしても、最後にシュウの前にヴァ―ミリアンが現れましたが、戦争する両陣は、兵士をえっこら戦地外へ運搬するシュウたちを厄介と思わなかったのかなぁ。まぁ、それだけシュウたちがやっていたことは、戦局に与える影響は微々たるものでしかない、ということなのですかね。

では、以下、思ったことを。

・戦争が本格化したことを受けて、役割をもってやることをするシュウたち。こういうそれぞれが役割をもって事に当たるというのは大好きです。それにしても、フェニックス大活躍です。こういう使い方もできるのね。そういえば、地味に重要な役割をしていたのは、アンドロポフのような気がするけど、どうだろう?

・ローゼンクロイツはついにスレイプニルを投入する。ガンダム的に言うと、Gビット+ファンネルの機能をもった機体のようです。機動性と攻撃力を持ち、さらにローゼンクロイツの無勢感を補う役割ももっているようですね。しかし、スレイプニル、活躍がここだけとは・・・。

・プリムラの能力により、スレイプニルを圧倒する白の旅団。先読み能力があれば、兵器の能力差は関係ない、と言わんばかりです。ん、なんかプリムラがニュータイプのような気がしてきた。そういえば、プリムラ、『ガンダムX』のティファと似たような感じがするなぁ。あと、白の旅団が目につけていたもの、『ドラゴンボール』みたいでした。まぁ、キャラクターデザイン、同じ人だしね。

・ヴァ―ミリアン出陣。なんか、ヴァ―ミリアン、後ろにいたジジイを殺しそうな勢いでびっくりしたんですけど・・・。こんな時だからこそクーデターかと思ったんですけど、なにもなかったですね。で、ヴァ―ミリアンが向かった先は、シュウの元。ロギではなく、シュウのところに行ったのはどういう意味があるのだろう?シュウを倒すこともこの戦争の計画に入っていたのかなぁ。それとも、プリムラとなにか関係のあるシュウが邪魔だと思ったのか?

・一方、追いこまれつつあるロギは、自ら戦場へ。強いな、ロギ・・・。敵を本陣まで誘い込むことも作戦のうちなら、さらにカッコ良かったんですけど、そこまでは無理か。

どうやら、プリムラの未来予測ができるの時間が切れるのも迫っているようだし、次回、本当に楽しみです。ローゼンクロイツが一気に巻き返すのかなぁ。どうなるんでしょう。あと、シュウのこともあるし。プリムラの力ももっているヴァ―ミリアンに対して、シュウが勝てるのか、というか持ちこたえられるのか。次回、さらに面白くなることを期待しています。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第2話「ツインドライヴ」感想

週に一日しか文章を書かないと、感想を一つ書いただけで疲れ果てる・・・。今日は、『絶チル』と『ブルドラ』の感想を書いただけで、もうへとへと・・・。たぶん、久し振りに頭をフル稼働させたためでしょう。昼寝して『00』を見て感想を書いただけで、一日が過ぎてしまいそうです。あぁ、貴重な休日が・・・。ダメだね、ブログでなくても文章は書かないと。さて、楽しみにしていた『00』の感想、いきます。

今回は、うん、面白かったです。

刹那がソレスタル・ビーイングのメンバーの再結集をはかるなか、イアンは00ガンダムのツインドライヴの扱いに手を焼いていた。アロウズによるプトレマイオス2への攻撃がはじまり、ついに刹那を乗せた00ガンダムが起動する、という話。戦闘というか00ガンダムが起動するまでは、世界観の説明みたいなのが多くてちょっとダラダラした感じもありましたが、00ガンダムが起動してからは一変。テンポが速くなり、一気に引きつけられるものに。だらだらした感じの前半は、見せ場をしっかり見せるためのタメだったのかな。

それにしても、00ガンダム、すごいな・・・。なにあの粒子放出量。それまで戦場で一人頑張っていたセラヴィーが霞む霞む・・・。で、その00ガンダムの起動なんですが、刹那が気合で起動させた印象ですが、イアンが言っていたように、トランザムによる強制起動、それがタイムラグがありながらも成功したということなのかね。気合で動くように見えるほうがカッコイイし、あの見せ方は良かったと思います。

あと、今回の話で思ったのは、ソレスタル・ビーイングって結構世界の一部として認知されているんだなぁ、ってこと。この物語世界とコネクトしているというか。一期では、一貫して接点が見いだせない、謎の組織と捕えられていたと思うのですが、二期では大分立ち位置が違う感じ。ソレスタル・ビーイングは世界に認知されているし、二代目ロックオンもスメラギも王留美も、違う組織としっかり接点を持っているし。敵側がソレスタル・ビーイングに対して、なんだこいつら、って感じをもっていないところが、新鮮というか、不思議な感じがしました。

では、以下、思ったことを。

・イアンとティエリアによる00ガンダムツインドライヴの試験。エクシア以外のすべての組み合わせで試したようで。エクシアでもダメだったら、ツインドライヴ自体が欠陥ということに。ティエリアだからダメだったりして・・・。機械だし、そんなことはないか。それにしても今回、イアンの存在感はすごいなぁ。見方を変えれば、今回はイアンの話でもあったわけだし。裏方である整備士が本業でこれだけ存在感をだしてくれるのは、うれしいかぎり。

・刹那によるニールの弟ライルの説得。刹那の口説き文句は、俺達はカタロンよりも多くの情報をもっていて、世界を変えるには参加したほうが近道だぞ、ということですかね。ライルはスパイというか、カタロンへの情報提供の役割を担う必要性から参加を決めたようです。ソレスタル・ビーイングは情報が流出してしまうことになるのだが、大丈夫なのかね。たぶん、刹那はそんなことを全然考えていないと思うけど。そういえば、刹那、二期になって大分しゃべるようになりましたが、人の話全然聞かねぇ・・・(笑)。

・アロウズに召集されるマネキンとソーマ。あれ?コーラサワーは?って感じもしますが・・・。マネキンとソーマが会話している姿は、なんか不思議な感じがします。一期の話では、会話していてもおかしくない立場でしたが、二人で会話していた記憶がないし。制服を着たアロウズの面々が集まるなかで、一人マスクと陣羽織を着た異形の者が・・・(笑)。地味な印象の軍内部で、あの格好で紙コップを持つ姿は、違和感バリバリです。

・スメラギを連れにビリーの家に来た刹那。スメラギの酒浸りの生活、なんか憧れてしまうのは自分に問題があるからでしょうか。生きていくためと酒のための金、それを支えてくれる人がいれば、ああいった生活もできるんだけどねぇ・・・。いかんいかん。それにしても、刹那、ビリーの前で全部しゃべっちゃって大丈夫なの?スメラギはソレスタル・ビーイングに戻ることを嫌がっていたが、刹那がどうやってあの場からスメラギを連れ出したのかがなんか気になる。力任せに引っ張ってきたのか?青年による年上の大人の女性誘拐、すごい事件です、姉さん。

・警察に捕まるマリナ。なぜでしょう?あの国の立ち位置的な問題なのか?シーリンのことなのか?さっぱりわかりません・・・。

・リボンズにソレスタル・ビーイングの情報を流す王留美。その情報は、リボンズからアロウズへ。それにしても、王留美、アナーキストというか、世界を舞台とした演劇を楽しんでいるというか・・・。彼女、この作品のトリックスターということなのかねぇ。かなり悪意に満ちていますが。あと、ネーナ、どこへ行ったのかとおもいきや、こんなところにいたのね。悪女のツインドライヴ?

・アロウズによるプトレマイオス2への攻撃。アロウズ艦の艦長は、前回と同じ、金髪デブのお方ですか。あの人、特徴からなんか気になる。プトレマイオス側で応戦するのは、セラヴィーだけ。セラヴィーの一騎当千がはじまるのかと思ったら、結構苦戦するのね。セラヴィー、両肩のGNキャノン発射するときも、後ろの顔が展開するのか。それにしてもなんで顔なんだろう・・・。あと、プトレマイオス2は地雷は積んでいるのね。一期のプトレマイオスは全く武装らしい武装なかったから。その辺は、学習したってことかな。で、スメラギさんの作戦っていったい何だったんだろう?

・00ガンダムに乗るため輸送艇から飛び移る刹那。飛び移る必要があったのかは甚だ疑問。乗る前に一回転してるし。

・00ガンダム起動。「ここには、0ガンダムとエクシアと俺がいる」(だっけ?)で起動しました。刹那、「0ガンダムとエクシア」って二回も言わなくても・・・。分かってるし。でも、起動した00ガンダムはカッコ良かったなぁ。肩のツインドライヴは、前面に展開することで盾にもなるんだ・・・。個人的には、発進するとき、大量に発生させていたGN粒子が一度すっと消えながら、ツインドライヴが後ろに展開するところがなんか好きです。

・00ガンダムによる敵の壊滅。なんかあっという間な感じ。ジンクスⅢのランスごとぶった切りましたか・・・。あのシーンはもう少しカッコよくできなかったかなぁ、と思ったけど。ランスがGNソードで切られるところで、もう一つ間を作ってくれるとさらに良かったように思いました。敵兵に「なに!?」と言わせるとか。そういえば、二期に入ってから、名無しの敵兵がいろいろしゃべってくれるのは、非常にいいです。やられ役の機体のパイロットも生きた人間なんだ、ってことを実感させてくれるし。

・Cパート。二期は、毎回こういう構成でいくのかね。今回は、今回の出来事でのいろいろな人々の反応って感じです。スメラギの真実を知り、落ち込み狂乱ぎみのビリーが印象的でした。

さて、次回はアレルヤの奪還ですか。アレルヤ、どこかに拘束されているようだけど。そういえば、二重人格の問題はだいじょうぶなのかなぁ。人格破壊が起こっていなければいいが。ところで、現在、プトレマイオス2には00ガンダムとセラヴィーだけしかないようだが、ロックオンとアレルヤの機体は、どうなっているのでしょうか。そのことも含めて、次回も楽しみです。

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第28話、『BLUE DRAGON』第27話の感想

日曜にしか記事を書かないというダメダメっぷり・・・。相変わらず、『スパロボ』をやっております。まだ、クリアできていない・・・。現在、ランドルートの第46話まで。大分、機体・パイロットともに充実し、小隊から溢れるものもでてきました。一話あたりに時間もかなりかかるようになりましたし。うーん、今月中にはクリアできるかなぁ。クリアできれば、以前のような感じでブログも進行していけるんだけど・・・。それはさておき、今は『絶チル』と『ブルドラ』の感想です。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、まぁまぁかな。

バベルの局長桐壷は、皆本とともに管理官の蕾見不二子を目覚めさせる。目覚めた不二子は、皆本とチルドレンを手玉にとる、という話かな。前回、皆本にアドバイスしていた女性、彼女が何者なのかが分かりました。バベルの創設にかかわったおばあちゃんのようで・・・。見た目は妖艶な大人の女性なのですが・・・。兵部とは元同僚という間柄のようですね。浅からぬ因縁ですか・・・。ふと思ったのが、この作品、兵部と不二子の爺婆対決でもあるのかな、と。まぁ、どうでもいいのですが・・・。

で、今回の話。不二子は皆本とチルドレンを手玉にとって、なにかを企んでいたようですが、何をしようとしていたのかよく分からなかった・・・。ただ、ちょっかいを出して遊んでいるだけのような・・・。どうも、未来を変えるために、皆本とチルドレンの愛を強めたかったようですが・・・。そう考えると、今回の不二子の作戦、おもいっきり失敗していると思うんだけど・・・。やっぱり、不二子が何をしたかったのかがよく分からない。

では、以下、思ったことを。

・ナオミの訓練につきあうチルドレン。前回の話をすっかり忘れていた自分は、今回ナオミの話かなぁ、と誤解・・・。それにしても、あっさりやられるなぁ、チルドレン。皆本の指揮のもとでないと、チルドレンはただの烏合の衆でしかない、ということなのかな。

・不二子を起こしに行く局長と皆本。なんか封印されているかのような、すごいところにいます、不二子。それにしても、なんだよ、局長が言ったあのパスワード。「チルドレンはみんないい子」だっけ?局長、真顔で言うから・・・(笑)。で、眠っている不二子を目の前にしながら、不二子とコンタクトをとるには電話でするのね(笑)。断られたけど、局長、不二子にも嫌われてるんじゃないの?

・皆本に会いにチルドレン登場。皆本、チルドレンに不二子のところに投げ込まれた・・・。怒り狂った不二子が出てくるのかと思いきや、なかで皆本と楽しいことを・・・。不二子、皆本は気にいるんだ・・・。ん、先の電話も皆本がすればよかったんじゃない。

・精も根も尽きたようなキスマークだらけの皆本を抱えて、不二子登場。・・・この女、エロすぎる・・・。格好も、声も・・・。

・チルドレンと不二子の対決。チルドレンを次々とキスをして倒していく不二子。なんかすごい光景だなぁ・・・。同性どうしのキスですか・・・。で、不二子は、キスで相手の力を吸収する能力をもっているということでいいのかな。チルドレンから若いエキスをもらう、と考えるとなんかおばさんくさい感じもしますが・・・。

・不二子にチルドレンの担当を外されるように言われる皆本。「今日からあなたは私の秘書よ」、とでも言うのかと思ったよ。それにしても、二人のあの構図、なんかあやしいことをやっているようにか見えないんだが・・・。で、不二子がボタンを押すと、上に放り出される皆本。すごいテクノロジーだ、バベル。普通は下に落ちるものなんですけどね。

・一室に閉じ込められる皆本。姿を隠した見張りがいっぱい。なんか、攻殻機動隊みたいだなぁ。って、どう考えても見張りの量多すぎでしょ(笑)。部屋中溢れんばかりだし・・・。あと、見つかったのなら姿をさらせばいいのに・・・(笑)。

・ナオミとともに任務に当たるチルドレン。待っていたのは不二子だった。戦闘開始、と思いきや、不二子は戦う意図はないようで。皆本のためにチルドレンが猿芝居を打つようで・・・。それにしても、薫の妄想、なんだあれ・・・。皆本が抱いているチルドレンの顔が次々と変わる・・・。挙句には、皆本が、のっぺらぼうの人形を抱いているような感じになるし。

・チルドレンの救出に来た皆本は・・・、仕込み中のチルドレンを発見する・・・。あーぁ・・・。でも、その場でうまく作戦どおりにいっても、チルドレンは怪我をしていないのだから、いずればれると思うんだけどね。不二子にとっても、その場がうまくいけばよかったのかなぁ?

次回は、こんな季節に海ですか・・・。で、また不二子の運命を変えるための作戦ですかね。なんか新しいキャラクターもでるみたいですけど、どうでしょうか。まぁ、楽しみにしておきましょう。


『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回は、なかなか面白かったです。

ロギとの会談の場をもつことに成功したシュウたち。しかし、会談のさなか、白の旅団とローゼンクロイツとの間で戦闘が開始されていまう、という話。白の旅団を止めることができなかったシュウたちが、今度はローゼンクロイツ側に働きかける話でした。まぁ、今回のタイトルが「開戦」ということからも、シュウたちの作戦が失敗することは目に見えていました。でも、会談が決裂して開戦するのではなく、会談の最中に開戦の報が入るというのは面白かったです。まぁ、会談自体も決裂していたも同然なんですけども。

あと、一期を見ていない自分には、今回、はじめてロギの人となりが見えた話でもありました。もっと純粋な悪な人物かと思っていたんですが、結構部下の面倒見がよく、義理人情のある人物なのですね。いやぁ、一期のことは分からないですけど、ロギとアンドロポフのやりとりは、なんかくるものありましたよ。

では、以下、思ったことを。

・シュウと会談することになるロギ。どうやらアンドロポフを連れていたことが、ロギが会談に応じた理由ですかね。そういえば、アンドロポフとあの女幹部は面識があるのかないのか・・・。

・ロギとシュウ、会談での意見の相違。上位生命体が監視しているのだから、戦争を起こすべきではないと主張するシュウと、その上位生命体ごと叩けばいいと主張するロギということかな。なんかロギのほうが主人公っぽい言説のような感じも・・・。シュウの意見は、上位生命体は怖いから、今は戦争を起こすべきではない、とも取れるからなぁ。まぁ、シュウの意見の本意は、人間どうしの戦争よりも、今は上位生命体をどうにかすべきだってことなんですけど。

・開戦の報で会談終了。ロギは会談中も部隊を展開させていたということですね。まぁ、第一、ロギ側は攻められている方なので、そうしていなかったらダメなんですけど。でも、この開戦の報、シュウたちにとってもロギに捕えられることもなく逃げだせることになってよかったのかなぁ、とも。戦争を止められなかったのは失敗なんですが。

・アンドロポフと二人で話すロギ。ロギはアンドロポフを強引にでも引き入れるのかなぁ、とも思ったけど。そんなことはしない人なんですね。アンドロポフの願いどおりにさせているし。結構、いい人だ・・・。今までもアンドロポフのことを気にかけていたみたいだし。除隊の命令、なんかカッコ良かった。

・一人戦闘のただなかに突入するシュウとブルードラゴン。壊すのは武器だけ。なんか、キラさんみたいです・・・。まぁ、シュウにはそうせざるを得ない理由があるので、この場面、おかしくはありませんでしたが。それにしても、対影砲を物ともせず戦うブルードラゴンはカッコ良かったなぁ。

・歯ごたえのないローゼンクロイツ軍。女幹部の話から、どうも敵を誘いこんでの作戦のようです。ロギの作戦はなんなのか。白の旅団はどの程度感づいているのか。こういったことがとても楽しみです。

ノイやブーケが脱出したすぐ目の前に白の旅団の本陣が、というところで今回はお終い。ほんとに次回が楽しみです。白の旅団とローゼンクロイツの両者の作戦と駆け引き、それにシュウたちが彼らの間でどう動くのか。期待しながら来週を待ちたいと思います。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第1話「天使再臨」感想

ついに始まりました『ガンダム00』。スパロボに夢中で、今クール開始作品のチェックを全くしていないのですが、これは見て感想書こうかな、と。まぁ、『コードギアス』の後番組ということもあるし、その流れで感想を書き続けていけるかなぁ、と思うしね。そういえば、一期のまとめ感想は書いたけど、一期は、個人的にはなんか放送が終わってから関心が高まるという変な作品でした。その意味でも楽しみにしていました。さて、二期はどう展開していくのやら、注目しながら見ていきたいと思います。では、第1話の感想。

今回は、なんだこれ、すごい・・・って感じ。

お話は、反連邦の嫌疑をかけられ捕えられる沙慈。反連邦の同志の救出、そしてアロウズの反連邦の弾圧、その戦闘のなか沙慈は刹那と出会う、という話。なんだろうね、面白いつまらないの前にすごい、という感想が出てくる感じ。劇場作品のような感じでした。この作品、ここまでハイクオリティーだったっけ?びっくりしたよ・・・。お話に関しては、まさにプロローグといった感じかな。真打ちである00ガンダムも登場していないし。でも、戦闘シーンもカッコよく、大変満足しました。いつも放送をみられる作品については、録画せずに見て感想を書いているのですが、今回はほんと後悔・・・。すぐにもう一回見直したい、って感じです。

今回登場したガンダムは、半壊したエクシアとティエリアの乗るセラヴィーの二体だったのですが、この二体にはちょっぴり不満が・・・。エクシア、敵一機ぐらい落としてくれよ、新型じゃなくていいからさ。セラヴィーはもう少し体を動かせないものかね。まぁ、そういったことなんですが・・・。そういえば、セラヴィーの後ろの顔、第1話から顔だ、ってあきらかにされるとは思いませんでしたよ。まぁ、あの顔の機能はあれだけではないでしょうけど。

では、以下、思ったことを。

・アロウズと反連邦の戦闘、これではじまりました。ほんと、しょっぱなからそのレベルの高さにびっくりですよ。迫力満点。それしか言うことがない・・・。基本、赤がアロウズ、青が反連邦(組織名なんだっけ?)なんですね。アロウズに蹂躙される反連邦という感じでございます。

・セルゲイとソーマ登場。アットホームな雰囲気です。ソーマは雰囲気が変わっているけど、成長したってことなのか?「すぐに答えをださなくてもいい」とか会話しているけど、なんのことやら。

・反連邦の組織にいるシーリン。この人、どういう理念で動いているのでしょう?反連邦にいるのも冷やかしではないだろうし。マリアに仕えていた以前の過去も含めて気になります。

・反連邦の組織員と一緒に働いていて、彼をかばったことにより捕まえられる沙慈。沙慈は、強制労働をさせられていましたが、取り調べなどは一切なしですか。疑わしきは罰せよということですかね。ひどい組織だ。こういった国家形態だと、分離独立の気運が高まるものですが、やっぱり太陽炉を含めた武力なんですかね、それを支えているのは。

・反連邦の救出作戦とアロウズの攻撃。あっけないなぁ、反連邦。救出用の艦艇をこうもあっさり撃沈させられるとは・・・。オートマトンだっけ?あれは『F91』のと同じようなものなのかな。センサーで人間を感知して攻撃っていう。形と使い方からは、『ストレイン』で出てきたもののような感じでしたが。

・オートマトンと戦う刹那。普通の人間はあんなにあっさりやられたのに、刹那くん、強いですね。こんなのどうやって対処するんだ、と思ったら普通に戦ってますしね。まぁ、侵入した身で武器などを携帯していたのが大きいのかもしれませんけど。

・沙慈と刹那の再会。なんかいい雰囲気のような・・・。そんなに二人で見つめ合うなよ・・・(笑)。敵もまだいるんだしさぁ、と思ったら早速敵さんが狙っております。

・半壊のエクシアをオートで操る刹那。エクシアを、どこに隠していたんだ?エクシアが無人で移動しているときに、アロウズに見つかったら大変なことになると思うんだけど・・・。

・アロウズと対決するエクシア。エクシアカッコいいんですけど、やっぱり一機ぐらい落としてもらわないと。小隊がスパロボみたいに三人ではなくて、四人だったら一機落とさせてあげることもできたような。あ、そういえば、沙慈くん愛しのルイスはこんなところに。なんかリボンズとリンクしているようでしたが、どうなっているんでしょう。まぁ、ルイス自体は危ない人になっちゃったようですが。

・エクシアがやられているところに登場のセラヴィー。やっぱり膝もビーム砲でしたか。それにしても、ヴァーチェよりもまん丸で動かしにくそうな・・・。地上にいけばまだカッコよく動かせるのかなぁ。後ろの顔展開でGNフィールド。観ているときは、そんなに違和感なかったけど、あとから考えると笑えるなぁ・・・。

・刹那とティエリアの再会に、刹那に銃を向ける沙慈。沙慈の怒りも分かるんだけどね。でも、沙慈の的になっているだけだった刹那はなんだったのでしょう。こんなところで死ぬつもりはなかっただろうし。沙慈が撃てないのがわかっているのなら、それを伝えて欲しかったなぁ。ティエリアも見ていただけだったし。

・ソレスタル・ビーイングに捕えられる沙慈。撃たなかったのは、刹那と同じになってしまうからのようで。なるほど。あの場面で、意外と冷静さももっていたのね、沙慈くん。撃っても全然当てられないよりかはカッコ良かったです。でも、今度はソレスタル・ビーイングの捕虜と捕虜生活が続きますなぁ。沙慈の不幸はまだまだ続く、って感じなのかな。

・急にロックオン勧誘の刹那。場面飛びすぎだよ。時間はどれだけたったんだか。あとは、いままでのキャラクターの顔見せですかね。そういえば、セルゲイのところに息子がソーマを連れに来ました。でも、この親子の間には何があるのでしょうか。おそらく母親のことでしょうかね。セルゲイ、新しい恋人と平和な生活を、って感じにも見えるなぁ。あ、捕えられたアレルヤも見えましたね。なんか、少年マンガによくあるような感じでしたけどね。

次回は、00ガンダム起動の話ですかね。予告の00ガンダムがGN粒子を発している姿はカッコ良かった。そういえば、ロックオンのことはどうなったのでしょう。このことも話を進めるのかなぁ。本当に次回が楽しみです。このクオリティーの高さが1話だけで終わりませんように・・・。無理だろうなぁ・・・。

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第27話、『BLUE DRAGON』第26話の感想

一週間ぶりに書きますよ。あれ?『マクロスF』は?『夏目友人帳』は?って感じですけどね。相変わらず、スパロボモードでございます。現在、スパロボのほうは、第32話までクリアです。どうも60話くらいあるらしいので、まだ半分程度。でも、後半になるにつれて、1話あたりにかかる時間も長くなるからなぁ。いつクリアできることやら・・・。さて、『絶チル』と『ブルドラ』の感想です。日曜日は、感想書くのが習慣、というか、書かなくちゃ、という変な義務感持っちゃってますので書きます。それでは、感想です。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、なんだ、その・・・、いつもと違った感じもして、すごく面白かったです。

電波ジャックで宣伝を流しはじめることで、動きだしてきたパンドラ。チルドレンは、その電波ジャック犯と対決する、という話。今回、いつもの感じとは違い、絵の雰囲気を変えたりとか、パロディ満載で、とても面白かったです。話のテンポも良かったしね。で、絵の雰囲気から、もしかして今回の話作っているのガイナックス?なんて思ったけど、どうやらゴンゾさんだったようで。作中で、「GOMZO」なんて登場させて宣伝してるし・・・(笑)。毒電波(笑)。

それにしても、情報操作のためにチルドレンの映像を加工した時に、絵の雰囲気を変えるのはうまかったなぁ。チルドレンの正体がばれちゃう、なんてドキドキしていたらあれだもの。絵の感じが、ガイナックス制作の作品みたいになったり、サテライト制作の作品みたいになったり・・・。ちゃんと笑わせてもらいました。でも、原作ではどうなっているのかな?ファンの方がどう思っているのかも含めて、ちょっと気になりだしました。

では、以下、思ったことを。

・兵部出演のパンドラのCM。笑った・・・。リゾートを満喫しているかのような、エスパーたちの姿はなんだよ(笑)。兵部もノリノリだし。で、兵部はこんなCMでムカついているのかと思ったら・・・、結構、気にいってる・・・(笑)。

・教室で友達と話すチルドレン。あの男の子は巨人ファンで、葵は阪神ファンなんですか。そういえば、ホームラン打ったの、長嶋茂雄っぽかったなぁ。この作品、時代、いつなんだろ・・・。

・超能力で女の子を操る薫。エスパーの力使って大丈夫なの?って思ったけど、あれ、チルドレンはクラスメートにも、エスパーってことだけは、ばれてたんだっけ?この世界に、エスパーでもピンからキリまでいることは理解しているんだけど。で、薫、スカートめくりですか・・・。なかは見えなかったけど。女の武器は色気ってセリフときに出てきたキャラクター、なんか見たことあるんだけど、誰でしたっけ?昔のアニメの登場人物だったと思うけど。あ、黒板にはランカの落書きですか。

・電波ジャック犯を捕まえるべくチルドレン出動。薫、サスペンスもの好きなのね。まぁ、理由はおっさんチックだけど。おいおい、マスターテープ、コピーして貰うなよ・・・。こういうのがネット上に流出すると大問題に、ってことなのか。あ、チルドレンに抱きつかれる皆本は、ロリコンです・・・。まぁ、バベルの人間はみんな理解しているみたいですがね。そんな皆本に嫉妬する本当のロリコン、局長・・・。

・幻影を標的にさせ、チルドレンを撮影する電波ジャック犯二人。えっ、声、ギレンとドズルなのか?名言がいろいろと・・・。まぁ、見た目も似ているような感じでしたね。チルドレンにマイナスイメージを持たせるために映像を加工する。情報操作の典型的な手段ですね。まぁ、パンドラとしたら、エスパーと一般人を、水と油のように分離させるのが狙いのようですけど。

・テレビを見ているチルドレンのクラスメート。食っているのはうまい棒か?うわ、チルドレンの正体がばれちゃう、とハラハラしていたら、あれ・・・(笑)。電波ジャック犯、チルドレンの顔は加工しなくてもよかったんじゃない?チルドレンの怒りを爆発させることにもなってしまったし。そういえば、薫、自ら正体を明かそうとしていたが、ほんと、後先考えてないなぁ。顔を加工されて結果的に良かったんですが。

・犯人の場所特定に苦戦するチルドレンのもとに一本の電話。今回、度々登場していましたが、誰なんでしょう、あれ。なんか寝てばっかりいる人みたいですけど。すごいエスパーなんですかね。送電線を切って停電を起こして、犯人の特定。停電の後の処理は局長持ち。局長・・・(笑)。

・電波ジャック犯二人と対峙する葵と紫穂。ハイジャック犯二人、直接戦うのは大したこと無いかなぁ、と思ったら、そうでもないのね。皆本はつかまり、葵と紫穂は早々に撃退されちゃったよ。そういえば、今回、アングルも結構凝っていてスゴイ。劇場作品みたいな感じで、迫力満点でした。

・人質の皆本を盾に薫を勧誘する電波ジャック犯。時間もないし、このまま二人、パンドラに連れさらわれて終わりかなぁ、と思ったら、葵と紫穂が戻ってきて形勢逆転。葵と紫穂、カッコイイ。あっさり退治しましたが、やっぱり、チルドレンは三人そろえば、ってことなのか。

・正気を取り戻す皆本。グラハム・エーカーですか(笑)。まぁ、中の人同じだしね。そういえば、いよいよ今日からですね、『ガンダム00』。一話からグラハムさん、出てくるのかなぁ。えっ、皆本の人はグラハムではなく、仮面かぶった人の役・・・?

パンドラとバベルの対立が鮮明になってきて、面白くなってきました『絶チル』。それにしても、今回はすごかったなぁ。ほんと、ゴンゾさん、なめてました・・・。結構いい仕事するのね。で、次回は、今回もチラチラでてきたあの人の話ですか。誰で、どういう立場の人なのでしょう。なんか、兵部と因縁があるみたいな感じでしたが。ほんと、次回が楽しみです。


『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回は、面白かったです。

白の旅団の説得に失敗したシュウたちは、ロギの説得を試みようとする。ロギ説得にクルックの助けを借りようと考えるシュウだが、その時クルックはレジスタンスに追われていた、という話。クルックのドラゴン復活の話でもありました。クルックが以前登場したときは、今の安穏とした生活を守るため、シュウたちへの協力を拒んでいました。で、今回、その彼女がどう動き出すのかなぁ、と楽しみにしていました。なるほどね、漁夫の利を狙うレジスタンスに襲われるのですか。アンドロポフを守るためにドラゴンを復活させるのですか。クルックも立ち上がらざるを得ない状況にしたのはうまいなぁ、と感心。戦争に巻き込まれたクルックが、戦争を止めるためにシュウたちに協力するのは必然だしね。

クルックを守ろうとするアンドロポフ。体が完治していないアンドロホフを守ろうと身を挺して守ろうとするクルック。この二人のやりとりはなかなか感動的でした。まぁ、一期見ていないので、二人の過去に何があったのかはわかりませんのが、残念です。

では、以下、思ったことを。

・白の旅団の説得は失敗し、ロギ説得のため、クルックの協力を提案するシュウ。応戦する側であるロギの説得は難しいだろ、と思うのですが、まぁ、戦争を起こさないためにできる限りのことはするというのは当然か。今回もシュウがクルックに手伝ってもらおうと提案したのですが、シュウ、また女ですか・・・。プリムラに続いてクルック。プレイボーイですなぁ、シュウ。前回に続いてこの提案、ブーケはどう思ったのやら。

・クルックの町にレジスタンスが協力を要請、というか強制。レジスタンスって、レゴラスがいる組織とは違うの?この辺はどうなっているのでしょう。まぁ、地域ごとにレジスタンスとして組織を形成しているのですかね。レジスタンスどうしの繋がりがどの程度あるのかはわかりませんが。で、レジスタンスですが、言っていることは結構まとも。自分の村だけ、われ関せずというのもわがままな感じもしますし。結局、武力で協力を強制しようとするのは、問題ですけどね。

・アンドロポフがドラゴンを見せたことにより、クルックとともに逃げることに。クルックは逃げることばかり考えていたが、やっぱりそれでは何の解決にもならないよ。ドラゴンで戦おうとするアンドロポフのほうが、その場しのぎかもしれないけど、現実的な感じだなぁ。家も燃やされ、クルックももう元には戻れないというのに。まぁ、クルックは自分にドラゴンの力が戻っていることを知らないってことがあるのかもしれませんけど。

・壊された家を見て、クルックが死んだと勘違いするマルマロ。シビアな話をしているときに、相変わらず・・・。まぁ、いい感じで、話の清涼剤になってはいるのですが。

・レジスタンスの足止めをしてクルックを逃がそうとするアンドロポフ。まだ体は完治していないのに、体を張るところは、男ですなぁ。カッコよすぎですよ。

・アンドロポフが力尽きた所で、レジスタンスの攻撃にクルックが体を張る。これがフェニックスですか。今回、クルックに追いついたシュウたちがレジスタンスを退治することになって、戦闘は見られなかったんだけど、どうなんでしょう。瞬間移動がフェニックスの最大の特徴で、戦闘力は高くないということなのか?

・シュウたちとクルックの対面。ブーケ、またクルックに会えたことを喜んでいたが、本心なのかなぁ。なにか腹黒さを感じさせる・・・。あと、ノイを上位生命体とあっさりばらしてしまったが、クルックは驚かないの?というか、上位生命体を知っているの?という感じも・・・。まぁ、あんなにかたくなだったクルックが、仲間になったのはいいことですかね。

で、次回はついにロギとの対面ですか。アンドロポフとロギはなにか関係があるようだし。どういう話になるのかな。でも、タイトルは「開戦」って、結局、ロギを止められないってことなのかね。まぁ、どう話が進んでいくのか、次回も、楽しみです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。