五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第1話「天使再臨」感想

ついに始まりました『ガンダム00』。スパロボに夢中で、今クール開始作品のチェックを全くしていないのですが、これは見て感想書こうかな、と。まぁ、『コードギアス』の後番組ということもあるし、その流れで感想を書き続けていけるかなぁ、と思うしね。そういえば、一期のまとめ感想は書いたけど、一期は、個人的にはなんか放送が終わってから関心が高まるという変な作品でした。その意味でも楽しみにしていました。さて、二期はどう展開していくのやら、注目しながら見ていきたいと思います。では、第1話の感想。

今回は、なんだこれ、すごい・・・って感じ。

お話は、反連邦の嫌疑をかけられ捕えられる沙慈。反連邦の同志の救出、そしてアロウズの反連邦の弾圧、その戦闘のなか沙慈は刹那と出会う、という話。なんだろうね、面白いつまらないの前にすごい、という感想が出てくる感じ。劇場作品のような感じでした。この作品、ここまでハイクオリティーだったっけ?びっくりしたよ・・・。お話に関しては、まさにプロローグといった感じかな。真打ちである00ガンダムも登場していないし。でも、戦闘シーンもカッコよく、大変満足しました。いつも放送をみられる作品については、録画せずに見て感想を書いているのですが、今回はほんと後悔・・・。すぐにもう一回見直したい、って感じです。

今回登場したガンダムは、半壊したエクシアとティエリアの乗るセラヴィーの二体だったのですが、この二体にはちょっぴり不満が・・・。エクシア、敵一機ぐらい落としてくれよ、新型じゃなくていいからさ。セラヴィーはもう少し体を動かせないものかね。まぁ、そういったことなんですが・・・。そういえば、セラヴィーの後ろの顔、第1話から顔だ、ってあきらかにされるとは思いませんでしたよ。まぁ、あの顔の機能はあれだけではないでしょうけど。

では、以下、思ったことを。

・アロウズと反連邦の戦闘、これではじまりました。ほんと、しょっぱなからそのレベルの高さにびっくりですよ。迫力満点。それしか言うことがない・・・。基本、赤がアロウズ、青が反連邦(組織名なんだっけ?)なんですね。アロウズに蹂躙される反連邦という感じでございます。

・セルゲイとソーマ登場。アットホームな雰囲気です。ソーマは雰囲気が変わっているけど、成長したってことなのか?「すぐに答えをださなくてもいい」とか会話しているけど、なんのことやら。

・反連邦の組織にいるシーリン。この人、どういう理念で動いているのでしょう?反連邦にいるのも冷やかしではないだろうし。マリアに仕えていた以前の過去も含めて気になります。

・反連邦の組織員と一緒に働いていて、彼をかばったことにより捕まえられる沙慈。沙慈は、強制労働をさせられていましたが、取り調べなどは一切なしですか。疑わしきは罰せよということですかね。ひどい組織だ。こういった国家形態だと、分離独立の気運が高まるものですが、やっぱり太陽炉を含めた武力なんですかね、それを支えているのは。

・反連邦の救出作戦とアロウズの攻撃。あっけないなぁ、反連邦。救出用の艦艇をこうもあっさり撃沈させられるとは・・・。オートマトンだっけ?あれは『F91』のと同じようなものなのかな。センサーで人間を感知して攻撃っていう。形と使い方からは、『ストレイン』で出てきたもののような感じでしたが。

・オートマトンと戦う刹那。普通の人間はあんなにあっさりやられたのに、刹那くん、強いですね。こんなのどうやって対処するんだ、と思ったら普通に戦ってますしね。まぁ、侵入した身で武器などを携帯していたのが大きいのかもしれませんけど。

・沙慈と刹那の再会。なんかいい雰囲気のような・・・。そんなに二人で見つめ合うなよ・・・(笑)。敵もまだいるんだしさぁ、と思ったら早速敵さんが狙っております。

・半壊のエクシアをオートで操る刹那。エクシアを、どこに隠していたんだ?エクシアが無人で移動しているときに、アロウズに見つかったら大変なことになると思うんだけど・・・。

・アロウズと対決するエクシア。エクシアカッコいいんですけど、やっぱり一機ぐらい落としてもらわないと。小隊がスパロボみたいに三人ではなくて、四人だったら一機落とさせてあげることもできたような。あ、そういえば、沙慈くん愛しのルイスはこんなところに。なんかリボンズとリンクしているようでしたが、どうなっているんでしょう。まぁ、ルイス自体は危ない人になっちゃったようですが。

・エクシアがやられているところに登場のセラヴィー。やっぱり膝もビーム砲でしたか。それにしても、ヴァーチェよりもまん丸で動かしにくそうな・・・。地上にいけばまだカッコよく動かせるのかなぁ。後ろの顔展開でGNフィールド。観ているときは、そんなに違和感なかったけど、あとから考えると笑えるなぁ・・・。

・刹那とティエリアの再会に、刹那に銃を向ける沙慈。沙慈の怒りも分かるんだけどね。でも、沙慈の的になっているだけだった刹那はなんだったのでしょう。こんなところで死ぬつもりはなかっただろうし。沙慈が撃てないのがわかっているのなら、それを伝えて欲しかったなぁ。ティエリアも見ていただけだったし。

・ソレスタル・ビーイングに捕えられる沙慈。撃たなかったのは、刹那と同じになってしまうからのようで。なるほど。あの場面で、意外と冷静さももっていたのね、沙慈くん。撃っても全然当てられないよりかはカッコ良かったです。でも、今度はソレスタル・ビーイングの捕虜と捕虜生活が続きますなぁ。沙慈の不幸はまだまだ続く、って感じなのかな。

・急にロックオン勧誘の刹那。場面飛びすぎだよ。時間はどれだけたったんだか。あとは、いままでのキャラクターの顔見せですかね。そういえば、セルゲイのところに息子がソーマを連れに来ました。でも、この親子の間には何があるのでしょうか。おそらく母親のことでしょうかね。セルゲイ、新しい恋人と平和な生活を、って感じにも見えるなぁ。あ、捕えられたアレルヤも見えましたね。なんか、少年マンガによくあるような感じでしたけどね。

次回は、00ガンダム起動の話ですかね。予告の00ガンダムがGN粒子を発している姿はカッコ良かった。そういえば、ロックオンのことはどうなったのでしょう。このことも話を進めるのかなぁ。本当に次回が楽しみです。このクオリティーの高さが1話だけで終わりませんように・・・。無理だろうなぁ・・・。

スポンサーサイト

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第27話、『BLUE DRAGON』第26話の感想

一週間ぶりに書きますよ。あれ?『マクロスF』は?『夏目友人帳』は?って感じですけどね。相変わらず、スパロボモードでございます。現在、スパロボのほうは、第32話までクリアです。どうも60話くらいあるらしいので、まだ半分程度。でも、後半になるにつれて、1話あたりにかかる時間も長くなるからなぁ。いつクリアできることやら・・・。さて、『絶チル』と『ブルドラ』の感想です。日曜日は、感想書くのが習慣、というか、書かなくちゃ、という変な義務感持っちゃってますので書きます。それでは、感想です。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、なんだ、その・・・、いつもと違った感じもして、すごく面白かったです。

電波ジャックで宣伝を流しはじめることで、動きだしてきたパンドラ。チルドレンは、その電波ジャック犯と対決する、という話。今回、いつもの感じとは違い、絵の雰囲気を変えたりとか、パロディ満載で、とても面白かったです。話のテンポも良かったしね。で、絵の雰囲気から、もしかして今回の話作っているのガイナックス?なんて思ったけど、どうやらゴンゾさんだったようで。作中で、「GOMZO」なんて登場させて宣伝してるし・・・(笑)。毒電波(笑)。

それにしても、情報操作のためにチルドレンの映像を加工した時に、絵の雰囲気を変えるのはうまかったなぁ。チルドレンの正体がばれちゃう、なんてドキドキしていたらあれだもの。絵の感じが、ガイナックス制作の作品みたいになったり、サテライト制作の作品みたいになったり・・・。ちゃんと笑わせてもらいました。でも、原作ではどうなっているのかな?ファンの方がどう思っているのかも含めて、ちょっと気になりだしました。

では、以下、思ったことを。

・兵部出演のパンドラのCM。笑った・・・。リゾートを満喫しているかのような、エスパーたちの姿はなんだよ(笑)。兵部もノリノリだし。で、兵部はこんなCMでムカついているのかと思ったら・・・、結構、気にいってる・・・(笑)。

・教室で友達と話すチルドレン。あの男の子は巨人ファンで、葵は阪神ファンなんですか。そういえば、ホームラン打ったの、長嶋茂雄っぽかったなぁ。この作品、時代、いつなんだろ・・・。

・超能力で女の子を操る薫。エスパーの力使って大丈夫なの?って思ったけど、あれ、チルドレンはクラスメートにも、エスパーってことだけは、ばれてたんだっけ?この世界に、エスパーでもピンからキリまでいることは理解しているんだけど。で、薫、スカートめくりですか・・・。なかは見えなかったけど。女の武器は色気ってセリフときに出てきたキャラクター、なんか見たことあるんだけど、誰でしたっけ?昔のアニメの登場人物だったと思うけど。あ、黒板にはランカの落書きですか。

・電波ジャック犯を捕まえるべくチルドレン出動。薫、サスペンスもの好きなのね。まぁ、理由はおっさんチックだけど。おいおい、マスターテープ、コピーして貰うなよ・・・。こういうのがネット上に流出すると大問題に、ってことなのか。あ、チルドレンに抱きつかれる皆本は、ロリコンです・・・。まぁ、バベルの人間はみんな理解しているみたいですがね。そんな皆本に嫉妬する本当のロリコン、局長・・・。

・幻影を標的にさせ、チルドレンを撮影する電波ジャック犯二人。えっ、声、ギレンとドズルなのか?名言がいろいろと・・・。まぁ、見た目も似ているような感じでしたね。チルドレンにマイナスイメージを持たせるために映像を加工する。情報操作の典型的な手段ですね。まぁ、パンドラとしたら、エスパーと一般人を、水と油のように分離させるのが狙いのようですけど。

・テレビを見ているチルドレンのクラスメート。食っているのはうまい棒か?うわ、チルドレンの正体がばれちゃう、とハラハラしていたら、あれ・・・(笑)。電波ジャック犯、チルドレンの顔は加工しなくてもよかったんじゃない?チルドレンの怒りを爆発させることにもなってしまったし。そういえば、薫、自ら正体を明かそうとしていたが、ほんと、後先考えてないなぁ。顔を加工されて結果的に良かったんですが。

・犯人の場所特定に苦戦するチルドレンのもとに一本の電話。今回、度々登場していましたが、誰なんでしょう、あれ。なんか寝てばっかりいる人みたいですけど。すごいエスパーなんですかね。送電線を切って停電を起こして、犯人の特定。停電の後の処理は局長持ち。局長・・・(笑)。

・電波ジャック犯二人と対峙する葵と紫穂。ハイジャック犯二人、直接戦うのは大したこと無いかなぁ、と思ったら、そうでもないのね。皆本はつかまり、葵と紫穂は早々に撃退されちゃったよ。そういえば、今回、アングルも結構凝っていてスゴイ。劇場作品みたいな感じで、迫力満点でした。

・人質の皆本を盾に薫を勧誘する電波ジャック犯。時間もないし、このまま二人、パンドラに連れさらわれて終わりかなぁ、と思ったら、葵と紫穂が戻ってきて形勢逆転。葵と紫穂、カッコイイ。あっさり退治しましたが、やっぱり、チルドレンは三人そろえば、ってことなのか。

・正気を取り戻す皆本。グラハム・エーカーですか(笑)。まぁ、中の人同じだしね。そういえば、いよいよ今日からですね、『ガンダム00』。一話からグラハムさん、出てくるのかなぁ。えっ、皆本の人はグラハムではなく、仮面かぶった人の役・・・?

パンドラとバベルの対立が鮮明になってきて、面白くなってきました『絶チル』。それにしても、今回はすごかったなぁ。ほんと、ゴンゾさん、なめてました・・・。結構いい仕事するのね。で、次回は、今回もチラチラでてきたあの人の話ですか。誰で、どういう立場の人なのでしょう。なんか、兵部と因縁があるみたいな感じでしたが。ほんと、次回が楽しみです。


『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回は、面白かったです。

白の旅団の説得に失敗したシュウたちは、ロギの説得を試みようとする。ロギ説得にクルックの助けを借りようと考えるシュウだが、その時クルックはレジスタンスに追われていた、という話。クルックのドラゴン復活の話でもありました。クルックが以前登場したときは、今の安穏とした生活を守るため、シュウたちへの協力を拒んでいました。で、今回、その彼女がどう動き出すのかなぁ、と楽しみにしていました。なるほどね、漁夫の利を狙うレジスタンスに襲われるのですか。アンドロポフを守るためにドラゴンを復活させるのですか。クルックも立ち上がらざるを得ない状況にしたのはうまいなぁ、と感心。戦争に巻き込まれたクルックが、戦争を止めるためにシュウたちに協力するのは必然だしね。

クルックを守ろうとするアンドロポフ。体が完治していないアンドロホフを守ろうと身を挺して守ろうとするクルック。この二人のやりとりはなかなか感動的でした。まぁ、一期見ていないので、二人の過去に何があったのかはわかりませんのが、残念です。

では、以下、思ったことを。

・白の旅団の説得は失敗し、ロギ説得のため、クルックの協力を提案するシュウ。応戦する側であるロギの説得は難しいだろ、と思うのですが、まぁ、戦争を起こさないためにできる限りのことはするというのは当然か。今回もシュウがクルックに手伝ってもらおうと提案したのですが、シュウ、また女ですか・・・。プリムラに続いてクルック。プレイボーイですなぁ、シュウ。前回に続いてこの提案、ブーケはどう思ったのやら。

・クルックの町にレジスタンスが協力を要請、というか強制。レジスタンスって、レゴラスがいる組織とは違うの?この辺はどうなっているのでしょう。まぁ、地域ごとにレジスタンスとして組織を形成しているのですかね。レジスタンスどうしの繋がりがどの程度あるのかはわかりませんが。で、レジスタンスですが、言っていることは結構まとも。自分の村だけ、われ関せずというのもわがままな感じもしますし。結局、武力で協力を強制しようとするのは、問題ですけどね。

・アンドロポフがドラゴンを見せたことにより、クルックとともに逃げることに。クルックは逃げることばかり考えていたが、やっぱりそれでは何の解決にもならないよ。ドラゴンで戦おうとするアンドロポフのほうが、その場しのぎかもしれないけど、現実的な感じだなぁ。家も燃やされ、クルックももう元には戻れないというのに。まぁ、クルックは自分にドラゴンの力が戻っていることを知らないってことがあるのかもしれませんけど。

・壊された家を見て、クルックが死んだと勘違いするマルマロ。シビアな話をしているときに、相変わらず・・・。まぁ、いい感じで、話の清涼剤になってはいるのですが。

・レジスタンスの足止めをしてクルックを逃がそうとするアンドロポフ。まだ体は完治していないのに、体を張るところは、男ですなぁ。カッコよすぎですよ。

・アンドロポフが力尽きた所で、レジスタンスの攻撃にクルックが体を張る。これがフェニックスですか。今回、クルックに追いついたシュウたちがレジスタンスを退治することになって、戦闘は見られなかったんだけど、どうなんでしょう。瞬間移動がフェニックスの最大の特徴で、戦闘力は高くないということなのか?

・シュウたちとクルックの対面。ブーケ、またクルックに会えたことを喜んでいたが、本心なのかなぁ。なにか腹黒さを感じさせる・・・。あと、ノイを上位生命体とあっさりばらしてしまったが、クルックは驚かないの?というか、上位生命体を知っているの?という感じも・・・。まぁ、あんなにかたくなだったクルックが、仲間になったのはいいことですかね。

で、次回はついにロギとの対面ですか。アンドロポフとロギはなにか関係があるようだし。どういう話になるのかな。でも、タイトルは「開戦」って、結局、ロギを止められないってことなのかね。まぁ、どう話が進んでいくのか、次回も、楽しみです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。