五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第3話「アレルヤ奪還作戦」感想

あぁ、今日という日が終わっていく・・・。せっかくの休みなのに何もしていません・・・。今日はスパロボすらやっていません・・・。勿体ないというか、なんというか。さて、『ガンダム00』です。これはしっかり見て感想を書きますよ。今回もちゃんと録画して、二回見ています。まぁ、それでいい感想がかけるわけでもないんですけど・・・。では、第3話の感想です。

今回は、うん、面白かったです。

連邦の施設に捕らわれていたアレルヤ。彼を助けるべく、ソレスタル・ビーイングはスメラギの作戦のもと、行動を開始する、という話。自分、なんかこの作品に対して毎回「面白い」って評価で、自分でもウソ臭く思える・・・。でも、実際自分には面白く感じられるんだから、仕方がない。で、今回、二期になってから初めてのソレスタル・ビーイングによる作戦行動でした。一期のときには、ソレスタル・ビーイングの作戦行動で、その目的がはっきりしないために微妙な印象の回も多かった気がします。が、今回はアレルヤの奪還という明確な目的があったので、面白く感じた理由はこれなのかな、と。それと、敵の作戦指揮官にマネキンを置いたのは良かったですね。アロウズの側の戦闘における行動理由が、よりダイレクトに伝わってきましたよ。こう見ると一期で個人的に不満に感じていた点が改善されているなぁ、と。まぁ、制作者側がこういったところを反省点としていたとも思えませんけど・・・。

戦闘ですが、今回も、ケルディムやアリオスといった新しいガンダムが出てきて、動く動く・・・。ガンダムたちが撤退していく際の戦闘なんて、ほんとにカッコ良かったです。あと、印象に残ったのは、連邦側のティエレンたち。津波に巻き込まれたりするだけのやられ役なのに、動きが非常にカッコイイ。なんでしょうね、あれ。重量感があって兵器っぽさも感じるし、それでいてなんかケレン味がありました。カメラワーク、というかコンテが良かったからでしょうかね。

あとは、アレルヤとソーマ関連のことですかね。ソーマは、やっぱりアレルヤの言う「マリー」でした。まぁ、「マリー」がソーマと別人だったら、アレルヤが情けないこと、この上ない感じになるからなぁ。しかし、アレルヤくん、目にクマを作って拘束された状態で、「マリー、マリー」とつぶやく姿は怖いかった。そういえば、アレルヤのもう一つの人格であるハレルヤは、一期の最後でなくなったということなのかな。なんか、今後、ピンチになった時に、突然出てきそうな気もしますが。

では、以下、思ったことを。

・アロウズに捕えられたマリナは、アレルヤと同じ施設に収容される。ソレスタル・ビーイングをおびき出すための餌でございます。アレルヤが収容されている施設のことも、アロウズかリボンズあたりが意図的にリークしたんだろうなぁ。

・リボンズと話す連邦のお偉いさん。両者は、かなり密接につながっているのね。で、リボンズは、自分がイオリアの計画を忠実に実行していると自負していて、しかも人間ではないようです。何者なの、イノベーターという人たち?対話が云々、とかも言っていたし。神を気取っている感じ満々ですが。

・アレルヤに「マリー」と呼ばれたソーマは、セルゲイにそのことを聞く。成長しましたね、ソーマ。以前だったら、自分がソーマであると疑わず、意に介さないだろうし。セルゲイに自分に関係したことは言わず、それとなく聞いているし。

・施設の偵察を行うネーナ。なんか小型の飛行機に乗っていましたが、あれって、スローネのコックピット部分?そんな感じがします。ネーナは、バイルダーオンして、新型のスローネに乗るのかなぁ。ネーナがどういう立場で行動するのかを含めて、非常に楽しみです。

・王留美からの情報を得たソレスタル・ビーイングは、スメラギに作戦立案を求める。スメラギは自分の作戦で多くの仲間が傷つくと躊躇していました。まぁ、一期の印象では、その通りなんですが・・・。どうも一期では、スメラギの優秀さが全然感じられなかったからなぁ。失敗が多かったし、成功しても、これってスメラギの作戦だったの?って感じだったし。躊躇するスメラギの気持ちはわかるが、スメラギに作戦立案を求めるソレスタル・ビーイングがわかりませんでした。この場面では、なんですけども。

・結局、スメラギの作戦のもと、GNフィールドを展開して大気圏に突入するトレミー。え、トレミーごと大気圏に突入するの?戦艦がそのまま大気圏を突入できるの?と思っていたら、やっちゃいましたよ。GNフィールドさまさまです・・・。トレミー、そのまま海に突入しましたが、重力に任せて自然落下したということでいいのかね。すごいな、GNフィールド。ここはビックリしましたよ。トレミーが大気圏を越えてきたと思ったら、そのまま海に突入するんだもの・・・。見せ方を変えるととても笑える場面になりそうだ。でも、トレミーどうやって宇宙に戻るのかね。自力では無理でしょ。そこで活躍するのが、カタロンという感じもしますけど。

・施設に突入する刹那と、00ガンダムを死守するティエリア。ティエリアさん、「梃子でも動かん」、ですか・・・。普通に考えても、セラヴィーを動かすのは難しそうですけどね。

・素人と言っていたロックオンが敵機を落とす。モビルスーツに乗ったことがない、って絶対ウソだろ、二代目。そんなウソをついていたのは、自分がカタロンと関係も持っていることが、刹那以外にばれることを怖れたためなのかな。

・アレルヤを解放し、アリオスを射出するトレミー。無人状態のアリオスをそのまま施設に突撃させやがりました・・・。途中で撃墜されたら、アレルヤが乗る前に他人に乗っ取られたら・・・。そういうことは考えてないみたいです。

・これ好機とばかりに、収容者の脱出の手引きをするカタロン。根回ししていたのは、やっぱりロックオンですね。こういうことをするために、ソレスタル・ビーイングに参加したということでしょう。今回は、両者の関係がうまくいきましたが、いずれソレスタル・ビーイングがカタロンと対立するという展開が待っていそうだなぁ。カタロンのリーダーの人物、怪しい感じがするし。

・アレルヤから「マリー」のフルネームを聞き、なにかを思い出すソーマ。ソーマにとっては、「マリー」だけでは効果が無かったようです。フルネームを呼ばれてはじめて反応したみたいです。まぁ、マリーなんて名前、そこらじゅうにいるだろうしね。で、フルネーム、なんて言っていたっけ?

・マリーを連れ出すことに失敗したアレルヤは、アリオスに乗り込む。拘束着のままでございます。あんな恰好でガンダムに乗るのは、なんか笑えるなぁ。仕方がないことなんだけど。あと、アリオスのコックピット、なんかΖガンダムのコックピットに似ているような・・・。00ガンダムなど、他のガンダムのコックピットもあんな感じだったっけ?

・三機のガンダム撤退のカッコイイ戦闘シーン。アリオス、盾も持っていないし、武装が貧弱な感じがするんだけど、どうなんだろう?それにしても、今回も敵のやられ役のパイロット、なかなか頑張っております。やっぱりいいよね、名無しのキャラクターでも声を当ててくれるのは。臨場感がちゃんとでる。

・アレルヤ、ティエリア、ロックロンの会話。今回のロックロンさんは、結構おちゃらけた感じみたいですね。カタロンとの関係を隠すためにわざと作っているという感じがありありですが。で、ティエリアがアレルヤに「君は変わらない」なんて言っていましたが、一番変わったのはあんただよ、って感じです。

・刹那とマリナの会話。一期のときの二人の会話は、なんか中途半端な感じがあって、話のテンションが下がる印象しかありませんでした。なので、この二人の会話はいらないよ・・・なんて思っていたのですが、今回は要点がはっきりしていて結構良かったです。話の内容的には、刹那と沙慈との会話と関連したことですね。沙慈には仏頂面で反論していた刹那も、マリナだと心を動かされるようです。女の涙には弱い、これヒーローの条件なのか?

今回の話で役者が大分そろってきました。で、二期の話の本質は、次回から始まるのかな。今回までの話は、主人公たちの再結集ということで話の概要を聞くだけで面白い感じがするからなぁ。真価が問われるのは、次回以降になるでしょう。次回の話、予告では全然わかりませんでした・・・。面白い話になってくれよ。期待していますから。

スポンサーサイト

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第29話、『BLUE DRAGON』第28話の感想

相変わらずの週一回のブログ進行・・・。まだクリアしていませんよ、『スパロボZ』。今は、第56話くらいだったかな?後もう少しなんだけどねぇ・・・。一話にかかる時間が長い長い。まぁ、のろのろとだけど頑張ってクリアしたいと思います。では、日曜の日課、『絶チル』と『ブルドラ』の感想をいきたいと思います。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、なかなか面白かったかな、という感じ。

お話は、チルドレンに対して壁を作りながら接する皆本。そんな皆本に、蕾見不二子は末摘花枝を使った作戦にでるという話。今回、凄い量のパロディに溢れた回でした。『仮面ライダー』に『ガラスの仮面』、皆本がキレたシーンは『北斗の拳』かな、といった感じ。どれもこれも自分は、ちゃんと見たこと無くて、パロディで知っている程度の知識ですが・・・。今回のパロディ、まだまだありそうだな。で、今回、まさにギャグ回でした。ただ、朝からここまでのドタバタを見せられると、ちょっときついなぁ、という感じも・・・。

でも、未来のチルドレンに化けた末摘に対して、辛辣な評価を下すチルドレンは面白かったです。本人が、未来の自分と知らずに、ボロクソに言っているわけですから。薫がバカな巨乳女、葵が貧乳メガネ、紫穂が腹黒女でしたっけ?全部自分のことだからなぁ(笑)。まぁ、傍から自分を見ると、本人がコンプレックスに感じていることが強調されて見えてしまうだろうし、至極当然の気がしますけどね。

では、以下、思ったことを。

・ショックを受けたチルドレンは暴走し、バベルを壊しています。先週の話をすっかり忘れていた自分は、なぜチルドレンがここまでのショックを受けていたのか、全くわかりませんでした・・・。あぁ、皆本がチルドレンの担当を止めるだのなんだののことですか。薫が暴走したら大変なのはわかりますが、葵と紫穂も大変なのかなぁ、という気も・・・。いろんなものが飛んできたり、思っていることがダイレクトに伝わってくるのは大変か・・・。結局、局長が火に油注いだ後、不二子が無事にチルドレンを抑えましたが・・・。

・特訓ということで皆本を連れ出す不二子。末摘花枝のいる島に連れ出しました。不二子は皆本にチルドレンを愛してもらいたいということでいろいろ企んでいるようです。チルドレンを愛すれば未来が変わるように考えているようです。が、恋愛という愛では無くて、子どもを愛するという愛ではだめなのか?光源氏ということで、愛に区別はない、ということなのかな?

・皆本が出て行ったチルドレンの家を訪れる局長。コンビニ弁当が体にいいものではないことはわかりますが、出前といいつつあんなに豪勢なものも・・・。局長、毎日あんなものを食べているのかなぁ。うらやましいような・・・。で、結局寿司ですか。局長が握っていましたが、素人が握った寿司っておいしくない印象があるんだけどなぁ。局長、寿司を握るのが得意なのか?

・突然、仮面ライダーな皆本。なんだいきなり、って思ったよ。末摘が化けた大人な薫に助けてもらって、皆本に薫を愛させようってことなのね・・・。皆本に、正体が末摘だってことが分かったら意味がない・・・。

・ワニを釣って遊ぶチルドレン。彼女ら、皆本がいる島に来たようです。しかし、看板の「ワニ釣るな」って・・・。

・紫穂に化けた末摘と皆本がいい関係に・・・。不二子がちゃちゃをいれていますが、なんか逆効果にしかなっていないような・・・。ん、皆本は相手が末摘だってことが分かっているんだから、この二人の関係がチルドレンとの関係に繋がらないような・・・。どうなんだろう、そのへん?しっかし、不二子は軽い性格だなぁ。そういえば、『ガラスの仮面』のパロディがありましたが、全く見たことないんだよね、『ガラスの仮面』。パロディでの知識しかない・・・。見たほうがいいのかな?

・老人の介護をする末摘。ん、あの格好は『サクラ大戦』か?『サクラ大戦』、これも話は全く知らない・・・。で、葵になった末摘と皆本が、またもやいい関係に・・・。あ、ついにチルドレン登場ですか。あの・・・、皆本と一緒に不二子もチルドレンにやられてますけど・・・。強いんじゃないの、不二子?

・葵に化けたことも不二子の計画だと知り、怒り心頭の皆本。あらら、不二子、エスパーでない皆本にまでふっ飛ばされちゃって・・・。まぁ、ギャグだから仕方がないのかな。

・海で遊ぶチルドレンにリミッター解除。皆本、このあと起こることも知らずに・・・。リミッターを解除しなくても、チルドレンは十分に海を満喫できるような気がするんだけど、違うのかな。まぁ、視聴者へのサービスの目的もあったと思うけど。そういえば、海パン姿の皆本、新鮮な感じがしたなぁ。前のときは一貫してスーツ姿だった記憶があるからかなぁ。

・薫に化けた末摘の皆本への誘惑。薫の未来の自分への評価がないと思ったらこんなところで・・・。あーぁ・・・。で、これも不二子の計画ですか。チルドレンのいるところで、こんなことをしても意味がないと思うんだけどなぁ。やっぱり不二子は、他人の恋愛ゲームを楽しんでいるという感じなのかな。

今回は、ほんとにギャグパロディ回でした。で、次回は、チルドレンが財宝の警護?またもギャグ回になりそうだなぁ。まぁ、面白いし、いいんだけど。『キャッツ・アイ』あたりでなんかやりそうな気が・・・。さて、どんな話になるのでしょうか。楽しみにしています。


『BLUE DRADON 天界の七竜』

今回は、なかなか面白かったです。

白の旅団とローゼンクロイツの戦闘が激化するなか、ロギは秘密兵器スレイプニルを投入する。スレイプニルの投入でローゼンクロイツが優勢になるかと思いきや、白の旅団は一気に攻勢を強めてきた、という話。これだけ引っ張ってきたスレイプニルが、どんなにすごいものかと思っていたら・・・。全然役に立たない・・・。説明を聞いている分にはすごいものだとわかりました。でも、たいした戦果を挙げることなく次々と・・・。一話くらい圧倒的な強さを見せてあげて欲しかったよ・・・。

で、白の旅団がスレイプニルが出てきても、有利にことを運べたのは、プリムラのおかげのようです。プリムラは遠い未来を断片的に見るだけでなく、近い未来も見られるのね。近い未来は時間制限はあるが、常時見られるということかな。ヴァ―ミリアンが、「我々には時間がない」と言っていたのはこのことでしょう。それにしても、プリムラの脳波と連動したシステム、白の旅団すごいなぁ。

ところで、今回のシュウたちは・・・、必死に戦う兵士たちの運搬をしていました・・・。しょぼいなぁ・・・。それにしても、最後にシュウの前にヴァ―ミリアンが現れましたが、戦争する両陣は、兵士をえっこら戦地外へ運搬するシュウたちを厄介と思わなかったのかなぁ。まぁ、それだけシュウたちがやっていたことは、戦局に与える影響は微々たるものでしかない、ということなのですかね。

では、以下、思ったことを。

・戦争が本格化したことを受けて、役割をもってやることをするシュウたち。こういうそれぞれが役割をもって事に当たるというのは大好きです。それにしても、フェニックス大活躍です。こういう使い方もできるのね。そういえば、地味に重要な役割をしていたのは、アンドロポフのような気がするけど、どうだろう?

・ローゼンクロイツはついにスレイプニルを投入する。ガンダム的に言うと、Gビット+ファンネルの機能をもった機体のようです。機動性と攻撃力を持ち、さらにローゼンクロイツの無勢感を補う役割ももっているようですね。しかし、スレイプニル、活躍がここだけとは・・・。

・プリムラの能力により、スレイプニルを圧倒する白の旅団。先読み能力があれば、兵器の能力差は関係ない、と言わんばかりです。ん、なんかプリムラがニュータイプのような気がしてきた。そういえば、プリムラ、『ガンダムX』のティファと似たような感じがするなぁ。あと、白の旅団が目につけていたもの、『ドラゴンボール』みたいでした。まぁ、キャラクターデザイン、同じ人だしね。

・ヴァ―ミリアン出陣。なんか、ヴァ―ミリアン、後ろにいたジジイを殺しそうな勢いでびっくりしたんですけど・・・。こんな時だからこそクーデターかと思ったんですけど、なにもなかったですね。で、ヴァ―ミリアンが向かった先は、シュウの元。ロギではなく、シュウのところに行ったのはどういう意味があるのだろう?シュウを倒すこともこの戦争の計画に入っていたのかなぁ。それとも、プリムラとなにか関係のあるシュウが邪魔だと思ったのか?

・一方、追いこまれつつあるロギは、自ら戦場へ。強いな、ロギ・・・。敵を本陣まで誘い込むことも作戦のうちなら、さらにカッコ良かったんですけど、そこまでは無理か。

どうやら、プリムラの未来予測ができるの時間が切れるのも迫っているようだし、次回、本当に楽しみです。ローゼンクロイツが一気に巻き返すのかなぁ。どうなるんでしょう。あと、シュウのこともあるし。プリムラの力ももっているヴァ―ミリアンに対して、シュウが勝てるのか、というか持ちこたえられるのか。次回、さらに面白くなることを期待しています。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。