五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第30話、『BLUE DRAGON』第29話の感想

感想を書く前に・・・。発売日から長々とやってきた『スパロボZ』、昨日ようやくクリアしました。やったー。長かった・・・。まるまる一か月かかったもんなぁ・・・。まぁ、一日のなかでプレイできる時間が限られていたからなんだけど・・・。で、これでブログも平常進行にもどります。でもどうするよ・・・。新番組もいくつか録画しているけど、一切見ていない・・・。どの作品が面白いのかも分からない・・・。うーん、やりかけにやっている感想を終わらせながら考えますか。さて、日曜日。『絶チル』と『ブルドラ』の感想、いきましょう。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、まぁまぁ面白かったです。

金庫破りに対処するため、金庫の警護に来たチルドレン。そこに現れたのは、マッスルと澪だった。だが、チルドレンは彼らともども、「普通の人々」によって、強力な警備体制の金庫に閉じ込められてしまう、という話。今回も濃いなぁ、いろいろと・・・。自分、このアニメ見ているときは、頭が起きていないので、今回の話みたいのは、正直、ちょっとくどい・・・。夕方以降だと、しっかり楽しめそうな気もしますが。あと今回、ちらっとナベシンが映ってましたが、演出ナベシンだったのね。ナベシンにしては、今回、いつもに比べてキレがなかった気が・・・。

今回、チルドレンに新たなリミッターの制御装置がつきましたね。エスパーの能力、完全解除できるようです。さらに、三人の力も一つにまとめることができるみたい。今回、金庫脱出のために薫に力をまとめて使っていましたが、なんかロボットアニメとかの新しい必殺技みたいでした。なにがどう強くなったのかは、いまいち分からなかったけど。でも、あの場面、葵に力をまとめて、テレポートで脱出とかはできなかったのかなぁ。澪も力ずくで侵入していたし、金庫の壁を越えるテレポートはできないようになっているのかな。

では、以下、思ったことを。

・不二子が皆本に提示する、チルドレンの天使か悪魔かのバロメーター。なんか、選挙のときの与党と野党の獲得議席数みたいなグラフだなぁ。それより、天使か悪魔かって、チルドレンが人間である以上、紙一重、というか表裏一体な気が・・・。あれだけ強力な力をもっていれば、ある人にとって天使でも、ある人にとっては悪魔とか。天使と悪魔を同時に体現してしまう、そんな感じがする。それにしても、不二子の格好は相変わらず、すごいなぁ。

・金庫警護に来たチルドレンと皆本。店長、警護役だからといって、彼らをあっさり金庫に入れないでください・・・。チルドレン、リミッター解除で金塊などで遊んでるし・・・。「仕事はしっかりこなす」と皆本言っても、あの状態では・・・。今回のリミッター解除でのチルドレンの「見え」のところ、黄金つながりで『ゴールドライタン』、『黄金バット』、『ゴルドラン』の三つで合っているかな?

・金庫でECM作動。エスパーがいる以上、こういう設備があるのは、当然ですな。無ければ、エスパーなら盗み放題だし。

・金庫破りとしてマッスルと澪登場。ECM対策としてECCMを持っています。一話から登場しているマッスル、キャラクターはしっかり覚えているのですが、エスパーとしての能力ってなんだったっけ?澪はやっぱり可愛いです。しかし、小遣い稼ぎに金庫破りって・・・。スケールはでかいんだけど、どうにもしょぼさを感じてしまうのはなんでだろ?

・「普通の人々」のメンバーによって、金庫に閉じ込められてしまうチルドレンと澪たち。しかし、窓口係って・・・。窓口係が、コントロールルームを使いこなすことができるの?まぁ、いいや。どこにでもいるなぁ、「普通の人々」。当然か・・・。

・空気が抜かれ絶対絶命のチルドレンたち。澪の持ってきたECCMも故障しピンチです。えっ、携帯のバッテリーで直せるの?しかも皆本。皆本って結構器用なのね。

・ECCM作動で、チルドレン完全解禁。皆本の持っていたリミッター解除装置のバッテリーは、つかわなかったんだ・・・。なんか皆本ちょっとせこいような・・・。まぁ、仕方がない気はするけど・・・。で、チルドレンと澪、みんなで力を合わせて、金庫破壊。すごい力なのは分かったけど、何がどうなったのか・・・。

・脱出に成功し、舞い上がる金塊、紙幣にチルドレン。その場にあった金塊などが薫の力で舞い上がったのは分かったが、なぜチルドレンまで?あの金庫室、地下にあったんでしょう。なんでだろ?それにしても、今回、薫に金塊が良く当たるなぁ。実際にあんなものが頭に当たったら、ただでは済まないと思うけど。

・こっそり事の顛末を見ていた兵部が不二子に発見される。でもなにあれ?兵部レーダー・・・。すごいよなぁ、兵部のためだけのレーダーだもの。で、じいさんとばあさんのケタ違いのバトルが始まりました。建物壊しすぎです、二人とも。チルドレンの金庫がどうたらよりも、大騒ぎのような気がするけど。ナベシン、今回出るなら、このシーンで壊れた建物のガレキに押しつぶされたら面白かったのにね。

・兵部の体に異常、兵部がやられる、と思ったら仲間が助けに。さんざん、不二子をバカにして帰って行きました。あの髪の長いおっさん、髪の毛使いだったのね。あの髪の毛に捕まるのは、気持ちが悪そうだ・・・。

・コンビニで金塊使ってボテチを買う澪。澪が金塊の価値を分かってないというのもあるのですが、ポテチが欲しいのなら、はじめからコンビニでポテチ盗んだほうが早いという・・・。でも、このオチ、とても面白かったですよ。常識知らずの澪は、可愛らしいし。

今回、本筋とは関係のない話かと思ったら、最後、兵部の側近集団(でいいのかな?)も出てきて、物語はちゃんと進んでいるんだなぁ、という感じでした。で、次回は、「そうだ、京都へ行こう」な話なのかな?葵の話みたいですね。葵、パワーアップしないかなぁ。まぁ、次回も楽しみにしています。


『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回は、面白かったです。

白の旅団とローゼンクロイツの戦争は、プリムラの神託の時間が切れたことにより、ローゼンクロイツが一気に攻勢にでる。そのさなか、ミヒャエルの登場により、戦場はさらに混乱する、という話。今回はほんとに面白かった。一場面ごとに、どうなるんだって、期待と不安な気持ちで見ることができたし。シュウとヴァ―ミリアンの戦闘しかり、ロギとフリオーソの戦闘しかり、って感じで。そしてなにより、この戦争がどうなるんだ、って感じなところが、とても面白かった。

で、今回の見せ場は、ミヒャエルくん、出てきちゃいましたというところ。他の上位生命体の慎重な意見には耳を傾けず、一人だけ強硬論。あげくは、勝手に出撃。ミヒャエル、あんたを突き動かしているのは、白の旅団やシュウにやられた私怨だけでしょ。彼、これで神を気取ってるからなぁ・・・。ミヒャエルは戦場で大暴れしていますが、ボスっぽい金色のドラゴンが出てきました。上位生命体のボス、彼、ミヒャエルの行動に怒っているのかなぁ。ミヒャエル、彼に怒られたら最高なんだけど。

では、以下、思ったことを。

・シュウとヴァ―ミリアンの決闘。ヴァ―ミリアンがシュウの前に立ちはだかったのは、シュウが「いずれプリムラ様を殺す」かららしいですね。たぶん、シュウが直接プリムラを殺す可能性だけでなく、シュウのもとへ行こうとするプリムラを白の旅団が殺さざるを得なくなるというのも含まれているのかな。で、ヴァ―ミリアンとシュウ、普通に戦っていましたが、ヴァ―ミリアンにはプリムラの神託の力は無かったということなのかな。

・戦闘する兵士たちを戦地外へ搬送するクルックは、7往復したところで力尽きる。戦局にはなんら影響を与えることはできなかったかもしれないけど、彼女ら頑張ったよ。クルックの思いはカッコ良かったし。いつもと違い、クルックを支えるアンドロポフのところは、なんか雰囲気が良かったなぁ。

・兵士たちの死を感じ、運命に従う自分に迷いを感じるプリムラ。なんか痛々しいなぁ。でも、それだけブーケとシュウの行動はプリムラに影響を与えたんだね。それにしても、プリムラの隣のくそじじいが・・・。彼が死ねば、プリムラは自由になれるということかな。

・デルフィニウムと対峙するマチルド。マチルド、デルフィニウムを一蹴しております。できるな、マチルド。二人の対決も、しっかり作戦的な位置づけで見ているし。まぁ、その分、人間らしさがあまりない感じにも思えましたが。

・天界でロッタと意見が対立するミヒャエル。一貫して強硬論を唱えるミヒャエルに、他のドラゴンたちが呆れ気味なのが・・・(笑)。あら、ミヒャエル、勝手に出て行ってしまったよ(笑)。やっぱり人間の肩を持つロッタさんは素敵です。ただ、ドラゴンの姿なのが・・・。ミヒャエルなんかより、ロッタさんに地上に降りてきてほしい。

・ロギと対決するフリオーソとその部隊。ロギ本体はフリオーソが対応し、ロギの影には対影砲をもった彼の部隊が対応する。なかなか良くできた作戦でした。ロギを追い詰めるところまでは行ったんだけどなぁ。時間切れでした・・・。逆に、恐ろしくロギが強かったということなのですが。

・神託が時間切れになり、攻勢にでるローゼンクロイツ。ボロ要塞のなかから戦艦が・・・。こんなの隠していたのね、ロギさん。さすがです。プリムラやばい、死んでしまうよ、と思ったら・・・。

・ミヒャエル登場で大暴れ。タイミングがいいというか、悪いというか・・・。上位生命体としたら、戦争の決着がつくようなタイミングで登場でしょう・・・。なにやってるんだって感じだと思うよ。金色ドラゴン、ピクピクしてるし。人間側から見たら、一気に共通の敵がドラゴンになったわけだし。でも、このミヒャエルのどうしようもなさが、面白かったです。

最後にボスの金色のドラゴンが天界から出てきてお終い。次回どうなるんでしょう。なんか予告では、世界が二つに分けられるみたいだけど。金色ドラゴンの力なのかな。それに、ミヒャエルが出てきちゃったおかげで、戦争どころではなくなってしまったよね。この戦争がどうなるのかも、とても気になる。次回も楽しみです。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。