五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第5話「故国燃ゆ」感想

やっぱり連休はいいなぁ。明日も休みだと思うと気分が楽。『ガンダム00』の感想ものんびりと気兼ねせずに書ける・・・かな?さて、『ガンダム00』のセカンドシーズンもやっと五話。まだまだ先は長いが、楽しみでもあります。では、第5話の感想をいきましょうか。

今回は、面白かったです。そして、なんか胸が熱くなるような話でした。

反連邦組織のカタロンとの会談をするソレスタル・ビーイング。会談終了後、カタロンのアジトの場所が思わぬところからアロウズにばれてしまう。アロウズは、オートマトンを使ってカタロンの壊滅作戦を開始する、という話。前半はまたもや話の前置き、説明的な展開でだるさを感じた。けど、後半がすごかった・・・。各キャラクターの葛藤や苛立ちが、ぐっと詰まった感じで、ほんと胸が熱くなりましたよ。

今回、カタロンのアジトの場所は、セルゲイの部隊に保護された沙慈から判明しましたね。いままで刹那たちの行いを責め続けてきた沙慈ですが、彼にも罪作りな出来事が・・・。今回の話が沙慈についての転機になる話になるのかなぁ。まぁ、「ウソだぁぁ」と、自分の行ったことを認めていない感じなので、あっさり刹那たちに同調することはなさそうですが。

あと、アバンで姿を見せたサーシェスですが、こんなに出番が少ないとは・・・。でも、彼の乗るMSはカッコいいなぁ。アヘッドががっちりした体形なので、細身の彼の機体がなんか魅力的に見える。まぁ、アヘッドもカッコいいんですけどね。敵ながら、今後のサーシェスと彼の乗るMSの活躍に期待してしまう。そういえば、あのMS、名前なんて言うんだ?

では、以下、思ったことを。

・新連邦を裏で操るリボンズ。リジェネがアロウズの立場を高めることについて、リボンズの計画かヴェーダの計画か、と聞いていたが、ヴェーダはどういう位置にあるのでしょう。ヴェーダがかれらの管理下にあるってのは分かっていますけど。ヴェーダに忠実に行動していると自称しているリボンズたちが、その言葉どおりなのか、ヴェーダを書き換えて、それを自分たちの計画にしているのか、気になります。あ、なんか新しい人でてきましたね。リヴァイルだっけ?なんかリジェネと険悪そうな雰囲気でしたけど。

・カタロンと会談するソレスタル・ビーイング。二期では、やっぱりそんなに正体をかくすようなマネはしないのね、ソレスタル・ビーイング。で、連邦自体を叩こうとするカタロンと、アロウズの壊滅を目的とするソレスタル・ビーイングの立場の違い。なんか、他の組織と迎合するのを嫌うソレスタル・ビーイングが、カタロンからの申し出を断るための方便ともとれなくはない。まぁ、ソレスタル・ビーイングは政治的なことを問題としていないし、カタロンとの同盟的な関係を築けないというのは、分かりますけど。それにしても両組織、連邦の政治的な問題点も含めて事に当たっていることを考えると、カタロンの方が現実的な感じがするし、連邦の最大の問題点であるアロウズを叩くってことだけに専念して、事に当たるということを考えると、ソレスタル・ビーイングの方が現実的な感じがする。

・子どもの相手をするマリナ姫を見ていた刹那に食ってかかる沙慈。沙慈くん、これはもういいがかりの域では・・・。冷静に刹那にその責任を言及するっていうのならまだしも、感情に任せて刹那を責めているだけだからなぁ。沙慈が突き付けたことは、とっくに刹那が通過していることってことが、また哀れでもあります。

・前回の失敗を責められるリント少佐。マネキンとリントのこの部隊、優秀なはずなんだけど、度々ガンダムにやられるダメ部隊になりそうだなぁ。マネキンは悪い人ではないんだけどねぇ・・・。で、ブシドーさん、「ワンマンアーミー」って・・・(笑)。

・セルゲイの養子になることを伝えるソーマ。このことだったのね、一話で言っていたこと。セルゲイ、自分で言いだしたことなのに、忘れているとは・・・。でも、軍でもしっかりとした立場にいるソーマにとって、親子関係をもつということは、それほど重要なことなのかなぁ。

・アザディスタンに帰ること決めるマリナ姫。お国のことが心配ってことがあるのでしょうが、このままカタロンにいたら、その立場を利用されるってこともありそうだ。刹那に「帰ってこなくてもいい」というティエリアは、マリナと一緒にいたほうが幸せになれるのではない、という優しさなのかな。でも、本当におまえはいらない、という意味にも取れるからなぁ、ティエリアの場合。まぁ、本気で言ったのは間違えないでしょう。で、刹那の反応は笑えた。そういえば、ティエリアとスメラギは、ガンダムに同乗したの?

・一人カタロンを脱出する沙慈。そんなに急がなくても、カタロンがうまく解放してくれそうだったんだけどねぇ。それにしても、車貸してくれたおっさんは気さくだったなぁ。

・セルゲイに保護された沙慈の証言が、セルゲイの部下によってアロウズに流れる。超法規的な軍ってすごいなぁ。情報を流した部下は、アロウズに取り入るのが目当てだったのでしょうか。普通の軍として働くセルゲイが、なんかかわいそうに思える。全力で沙慈を守ろうとするセルゲイの姿はカッコ良かったですけどね。

・宇宙にいたジニンやルイスが地上部隊と合流。カタロンの情報を聞き、早速出動を申し出るジニンと、ガンダムに執着するルイスは、なんかすごいなぁ。そういえば、金髪デブの人に、使えない扱いされるマネキンはかわいそうだ。で、あの作戦ですか・・・。

・作戦内容に驚愕するマネキン。オートマトンを使った虐殺なんてやりたくないのは当然だよなぁ。このとき、指揮官の立場にいるマネキンはかわいそうに。こういう作戦こそ、リント少佐にやって欲しかったような・・・。指揮官がマネキンだからこそ、こういう作戦になったのだったか・・・。あの金髪デブ・・・。

・作戦開始でオートマトンの射出に抵抗するソーマ。今回の話、アロウズの非人道的な作戦にマネキンとソーマが関わっているのがいいですね。彼女たちも、アロウズのやり方に疑問を感じる話だったのかな。そういえば、カタロンと戦うアンドレイのジンクスⅢの動き、なんかカッコ良かったなぁ。

・到着したときには時すでに遅しで、怒り心頭のロックオン。そらそうだわな、ロックオン、カタロンの構成員だし。この話のために、この設定があったのではないかと思えるぐらい、熱さを感じましたよ。まぁ、ロックオンがやっていたのはオートマトンの破壊だけだったんですけどね。あと、そんなロックオンの姿を葛藤を抱えつつみていたソーマもいい味だしていました。

・ガンダムたちの新たなワザ。アリオスはクワガタ攻撃ですか。もう少しカッコよくならなかったのかなぁ、あれ。いまいち使い勝手が悪いような気がするし。セラヴィーは銃合体。なんか玉になったエネルギーを発射しています。あれも、玉になっていたら敵に当てにくそうな感じがするんだけど。そういえば、今回、00ガンダムはお休みなのね。

・焼き払われたアジトを見て膝を落とす沙慈。おっさんと子ども死んだのか?まぁ、沙慈の回想ですから。でも、ここまで沙慈が無責任で嫌な感じがするキャラクターだったのは、この話のためだったのだろうか。でも、沙慈の落胆っぷりも胸にくるものがあったなぁ。これで沙慈も刹那と同じ罪を背負った男になりました。

・燃えあがるアザディスタンを目撃する刹那とマリナ。犯人は、サーシェスのようです。で、彼、悪魔のようです。刹那とサーシェス、会話しているような感じだったが、刹那の飛行機、サーシェスに見つかったのか?見つかったら、MSでない刹那は撃墜されるだけだと思うけど。

今回、最後にサーシェスのMSが出て終わりましたけど、次回はあのMSの活躍が見られるのかなぁ。なんか予告では、襲撃を受けたカタロンのアジトでの話が中心みたいな感じだったけど。あれ、あの手はコーラサワー?次回も楽しみです。

スポンサーサイト

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第31話、『BLUE DRADON』第30話の感想

さて日曜日、『絶チル』と『ブルドラ』の感想です。そういえば、『スパロボZ』クリアしてから、もっと感想を書くつもりだったんだけど・・・。先週は、『かんなぎ』だけで終わってしまった・・・。サボりグセがついてしまったのかなぁ。もう一度、気合入れ直さないと。どうでもいいことはさておき、『絶チル』と『ブルドラ』の感想、いきます。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、なかなか面白かったです。

皆本に同行して、実家のある京都に向かう葵。だが、皆本の目的は、ケンとともにクラウドを追うものだった、という話。薫や紫穂はほとんど登場せず、葵の魅力を堪能する話でした。そういえば、葵単独で敵に立ち向かう話は、これで二回目。いつも薫の影に隠れてしまうような印象があるだけに、こういう担当話があるのは、いいことです。そういえば、紫穂は・・・。担当話は以前あったけど、単独で事件を解決するようなものではなかったような・・・。まぁ、紫穂の能力的に単独で、っていうのは難しい感じはしますけど。

で、今回、葵のテレポート能力の発展、といったものが見られるかなぁ、なんて思ったりしていたんですが・・・。目を封じられた状態でも戦える、って、ちょっとしょぼいような・・・。いや、話は盛り上がったし、面白かったんですが、よく考えてみるとそんな感じが。まぁ、薫のエスパー能力の成長ってのが、目に見えて分かるものだから、比較してしまう、ってことがあるのかもしれませんけど。でも、テレポート能力が、三次元のものを自在に操ることができるって解釈はすごいなぁ、と。なるほど、と。三次元のものを自在に操れるのなら、葵はいずれはモノの形状すらも変化させることができるような気がする。うーん、どうでしょう?

では、以下、思ったことを。

・皆本と二人で帰郷の葵はウキウキ。嫉妬の目で見る薫と紫穂が・・・(笑)。しかし、葵がここまで積極的に皆本にアプローチするのは、新鮮、というか変な感じがする。葵、チルドレンのなかでは一番性格的にまともな感じだからかなぁ。

・皆本と葵、二人の前にケン登場。座っていきなり駅弁食い出したぞ・・・。ん?足が・・・と思ったら、やっぱりか・・・。電車に乗るときに靴を脱いでしまう。お決まりのギャグです・・・。日本に来た外国人のステップ2な行動なのかなぁ?そんな人いないか。そういえば、日本で初めて汽車が開通したとき、乗るときに靴を脱ぐ人がいたような・・・。

・葵の家に行く皆本、ケン、葵の三人。誤解する弟。皆本が葵と手をつないで訪問すればねぇ。でも、兄弟でも姉の人間関係なんてそこまで気にするものなのかねぇ、弟よ。あ、外人は大丈夫なんだ・・・。怒り狂うお父さん。これは分かる気がする。格好は・・・って感じですけど。ことごとく葵ファミリーに誤解される皆本、それだけ自然とロリコンの空気を発しているってことなのか?

・京都の世界遺産をまわる三人。寺の名前が微妙に違っているのは、壊す前触れなのだろうか。しかし「凍寺」って・・・。なんか笑えた。遊び気分な葵に怒る皆本。たぶん、皆本、チルドレン三人そろっていたら、怒るに怒れなかったり、うやむらにされたりするんだろうけど。三人のなかで一番真面目な葵だからってこともあるのだろうか。

・ゲームにはまる兵部。『ぷよぷよ』ですかね、あれ。桃太郎にあっさり負ける兵部、ゲームよわっ・・・。それで、ゲームを投げ出すのではなくて、むきになって勝とうとする兵部は笑える。ほんと子供っぽいというか・・・。そんな兵部さん可愛い~、と思う心もちょっとあったり・・・えっ?・・・。でも、兵部のこんな姿、他のパンドラの連中にはみせられないだろうなぁ。澪とかが見たらどう思う事やら・・・。そのへんは、ロン毛のおっさんがうまくコントロールしているんですかね。

・クラウドが京都に潜入していることを知り、不二子を呼ぼうとする皆本。受付のねーちゃん二人、電話の取り合いするなよ・・・。皆本はロリコンなので、彼女らに興味はない・・・のか?で、不二子は睡眠中。起きない不二子、役にたたねぇ・・・。相手が兵部だったら、言われなくても起きそうなのに。

・クラウドと葵の対戦、一回戦目。葵の目を封じられて、葵の負け。でも、これどう考えても、敗因はケンだろ。東京まで見えるって、お前なにやっているんだよ・・・。あと、クラウドと一緒にいる女、何者なの?と思っていたら、クラウドの絵の具だったのね。絵の具を女にして、自分をほめたたえさせるなんて、彼の変態性が端的に見えます。

・クラウドと葵の対戦、二回戦目。なまじ目が見えるから、相手に惑わされる、とばかりに、葵は無我の境地へ。・・・ってわけでもないのかなぁ。しかし、皆本くんが解説してくれていたが、テレポート能力と目が見えなくても戦えるってのは、どうにも接点が良く分からん・・・。自分の理解力の無さを思い知るばかり。テレポート能力は、周りの物体をすべて感じることができるってことなのか。まぁ、ここの場面、勢いにまかせて楽しみましたが。

・どんちゃん騒ぎの野上家。ケンたちが出てくると、どうしてもこういう場面がでてくるなぁ。不二子、登場するの遅すぎだって・・・。あと、野上家がどうバランスをとっているかが良くわかりました。母親、なかなかやり手です。葵も将来こんな風に・・・。案外、幸せな家庭環境なのではないの、葵。

・葵のセーブデータを消してしまった薫。犯人を賢木にしようと提案する紫穂。黒いなぁ、紫穂。葵父の前に現れた幼い紫穂も黒かったし。まぁ、紫穂の黒さはなんか好きなんだけどね。

で、次回は、今回で東京に残されたメンバーの話ですかね。皆本いないけど、賢木が事件をなんとかするって話なのかなぁ。どんな話になるのかわかりませんが。次回も、楽しみにしていますよ。


『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回はなかなか面白かったです。

ミヒャエルの暴走にルドルフが出てきて、世界は二つに分断されてしまう。一時的な平和のなかで、シュウはクルックとの関係を見つめ直す、という話。今回の話で一区切り。次回から新たな話が始まるって感じなのかね。今回、前半の激しい展開はあっという間で、後半はラブロマンスって感じだったかなぁ。でも、後半、笑える場面も多く、なかなか面白かったですよ。

で、ミヒャエルくんなんですが・・・。とことん笑いをとって、固まってしまいました。一人有頂天になって暴れているところに、ルドルフの鉄鎚が下るのは・・・(笑)。必死な形相で固まっている姿も笑えるし。見事なまでに小者っぷりを発揮してくれました。

あと、クルックと二人だけの会話をするシュウ。他の連中が物陰に隠れて聞いているのが・・・(笑)。シュウはそういうことに全く気付かなかったのかなぁ。しかしシュウ、あんた本当に鈍感というか、自分だけの解釈で勝手に結論を出しているというか・・・。クルックの気持ちを自分の解釈で話している所なんかは痛々しくて・・・。そういえば、クルックはアンドロポフ一筋って感じでもなかったんだなぁ。というか、本当に好きなのはシュウって感じだったし。

では、以下、思ったことを。

・上位生命体として強大な力を発揮するミヒャエル。滅茶苦茶強いんですけど・・・。これまでの戦いでここまでの力を出していたら、無様な敗戦をせずに済んだのに。

・天の声、ルドルフ。ミヒャエルが勝手に暴れている最中、ちゃっかりミヒャエルの行動について採決をとるルドルフ、素敵です。ミヒャエルの憐れっぷりがもうね・・・(笑)。で、ルドルフの力で、と思ったら、あの要塞の力なのね。まぁ、ルドルフの力があって扱えるのかもしれませんが。石になったミヒャエルは、うーん、また復活しそうだなぁ。あの壁が崩されるときに一緒に。

・クルックについて喧嘩をするシュウとアンドロポフ。これは、シュウの言い方が悪い。でも、二人のやりとりは、互いに煮え切らなさを感じさせるようでなんか感動的な感じがしましたけどね。で、「私のために戦うのはやめて」と言わんばかりのブーケは、なんか笑った。まぁ、ブーケは、全然そういうことは言っていませんけど。

・マルマロに「二兎追うものは、一兎も得ず」と言われるシュウ。マルマロがなぜこんなこと言うのか、全く分かっていないシュウは・・・。マルマロ、ブーケのこと、シュウの嫁って言ってる(笑)。シュウも全然反論しないし(笑)。

・アンドロポフと話すブーケ。ブーケは、アンドロポフとクルックが恋人どうしになってほしいのね。クルックへの思いを口に出すことを恥ずかしがるアンドロポフは、なんか可愛らしいですね。だけど、ブーケとアンドロポフ、二人でなんかいい雰囲気になってしまっているんですけど。二人で話しているところをクルックが見たらどう思うんだろうなぁ。

・互いを意識しすぎて重たい空気の食卓。ブーケが動きました。脱ぎました。消え消えです。ブーケが、シュウとクルックを二人にするとは・・・。そういうことを絶対許さなそうだったんだけど。まぁ、二人の本心が聞きたかったということなんでしょうけどね。で、残されたシュウとクルックは、計られた、と思わなかったのかなぁ。そういえば、消えた状態で服を着るブーケは、なんか妙なエロさがあるなぁ。

・シュウとクルックの二人の会話。シュウ、クルックの気持ちを考えたって、勝手に解釈しているだけじゃん・・・。で、そのことをすっと受け流すクルックは大人だなぁ。シュウは人の話を聞かないのね。見つめ合う二人に、外野が怒り心頭なのは・・・(笑)。

・クルックはシュウへの思いを告げることを思いとどまる。クルック、シュウのこと好きなんだぁ。シュウは理解してなさそうだけど。盗み聞きしているブーケは、クルックの思いを理解できそうなんだけど、このときどう思ったんだろう。それにしても、シュウはモテモテだなぁ。ブーケにクルック、そしてプリムラと。ブーケの戦いも大変だ。あれ、ブーケさん、アンドロポフにもちょっと気があるの?

クルックたちと別れたシュウたちは、次の上位生命体の神殿に向かっていきました。で、次回は、白の旅団の組織形態というか、なり立ちについてなのかなぁ。ヴァ―ミリアンとプリムラの話みたいですけど。シュウたちがうまくかかわってこないと面白くならなそうなんだけど、どうかなぁ。でも、謎が明らかになりそうだし、楽しみにしていますよ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。