五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第7話「再会と離別と」感想

日曜なのに天気が悪い・・・。それだけで、気分が沈む感じがします。だけど、休みとはいえ、さすがに一日中家の中にいるのはどうかと思い、本屋に行きました。で、結局何も買わず、たいして立ち読みもせず、帰ってきました・・・。あぁ、今日一日の出来事、これだけになりそうです。こんな生活、いったいどうなんだか・・・。さて、『ガンダム00』の感想です。毎週、かなり楽しみにしていますよ。では早速、第7話の感想いきましょう。

今回は、まぁまぁ面白かったかな、といった感じ。

アロウズとの戦闘のなか、アレルヤとソーマはともに墜落してしまう。アレルヤは、ソーマのなかにいたマリーと再会することになる、という話。前半の戦闘は、迫力があってよかったのですが、後半のアレルヤとマリーのラブストーリーは・・・。自分、どうにもこういう話、楽しめないんです・・・。見ていて恥ずかしくなるというか、なんというか・・・。ここの部分、話自体も、あまりひっかかりもなく、トントン進んでしまった感じもするし。どうなんだろ?

一つ思ったのは、ソーマとマリーという二つの人格のなかでの葛藤みたいなものを、描いたほうがよかったのでは、ということ。どうにもあっさりマリーという人格に落ち着いてしまったのがなぁ・・・。ソーマはアレルヤを敵としてみなしているわけだし、そんなソーマをアレルヤとマリーで説得するという展開があってよかったのでは、と思いました。ソーマが、自分の中に眠っていたマリーをどう受け止めたのか、ということも気になるところだし。ソーマにとって、セルゲイとの別れはそう簡単にあきらめがつくものでもないと思うんだよね。そのへんのソーマとマリーの二つの人格、そしてそのそれぞれの思いを、アレルヤとハレルヤみたいにうまく見せて欲しかった。

あと、セルゲイさんも、あまりにあっさり踏ん切りをつけてしまって・・・。あんなに簡単にソーマのことをあきらめきれるものでもないと思うんだけどなぁ。二人を見逃すにしても、もっとやりきれなさを感じで欲しいというか・・・。別れのシーン、結婚式で娘を見送る父親みたいな感じだったのかもしれないが、あれソーマじゃないしなぁ。ソーマはマリーの中にいるわけだしなぁ。やっぱり、マリーの人格が出てきたときに、ソーマがどういう心境なのかが描けていれば、って感じがしました。

では、以下、思ったことを細々と。

・ルイスのジンクスⅢを狙う沙慈。結局、引けなかったのね。沙慈くん、やっぱりひとを殺すことはできないのかな。あのミサイルを発射したのは、イアン?それなら、イアン、もっと前からガシガシ撃ってろよ、と。それにしても、ミサイルを迎撃するルイス機の場面や、ルイスに直撃しそうになるミサイルを防ぐアンドレイ機の場面は、なんかカッコ良かったなぁ。ガンダムというより、マクロスみたいな感じでしたけど。

・MSどうし抱き合ってともに墜落してしまうアレルヤとソーマ。なんか、システムがいかれたみたいですね。サーベルで刺されたアリオスは分かるけど、ソーマ機はなぜ?アレルヤ、なんか攻撃していたっけ?ともに抱き合って墜落したショックで機械がいかれたのかなぁ。

・ブシドー機に対してトランザムで対抗する刹那。一気に形勢逆転。カッコイイです。ブシドー機の片手を切り、水面すれすれでの戦闘はほんとすごかった。でも、大事なところで、太陽炉がオーバーヒートですか・・・。あーぁ、言わんこっちゃない・・・。で、逆に00を追い詰めたブシドー機は00を見逃しました、・・・って、おいおい(笑)。

・煙幕を使って敵を撤退に追い込むスメラギ。スメラギさん、起きました。やっと酒が抜けたようです・・・、違うか。自分たちが撤退するというよりは、戦場を一度混乱させて、相手を撤退させる、といった感じでした。マネキンは、作戦が変わったことに気づいていましたが、たった一つの作戦でよくわかるなぁ、と。まぁ、それまで、ソレスタル・ビーイングはやみくもに戦争しているような感じだったし、当然なのかな。

・生身でソーマと会ったアレルヤは、ソーマの中のマリーを目覚めさせる。アレルヤ、生身でもあまり強くない・・・。ソーマに馬乗りにされているし。で、マリーの目ざめですが、アレルヤの「マリー」という言葉に反応して、って感じでもなかったけど、どうなっているんだろう。いきなり目覚めた感じでした。まぁ、生身でアレルヤが接近するということは、目覚める条件にふくまれていそうですけど。

・ソーマ捜索を打ち切るアロウズ。リントが上層部にかけ合ったようですが、まぁ、まっとうな判断ですね。マネキンのソーマ捜索の命令は、私情もあったみたいだしね。また、アロウズは、ソレスタル・ビーイングのような少数の軍隊でもないし。当初、マネキンがソーマの捜索を命じたときのリントの表情も見てみたかった。

・00ガンダムの整備を手伝うことになる沙慈。すっかり、イアンのおやっさんの弟子になりました。沙慈はまだ、刹那を認めたわけではないようですけどね。「ソレスタル・ビーイングは変なやつらばかりだけど、このおやっさんだけはまともだ」、と沙慈が思ったかどうかはわかりません。まぁ、ここでの刹那に対する沙慈は、あんなに大口叩いてガンダムを否定しておいて、いまさら整備を手伝う自分が恥ずかしい、ということなんでしょうけど。

・マリーに語るアレルヤの過去。なんとまぁ、超兵だけの『無限のリヴァイアス』・・・。一人残ったアレルヤは、よくもまぁ、ソレスタル・ビーイングに拾われたなぁ。そういえば、マリーさん、ソーマの記憶があるといっても、「ガンダムマイスター」という言葉には、「ん?」とならなかったの?あと、回想シーンで、マリーが寝たきりなのは、五感を失っていたからなのね。あれ?どうやって言葉を覚えたんだ?

・アレルヤとマリーの前に現れたのはセルゲイ。セルゲイ、もっとソーマを心配しろよ、って感じはしましたが、セルゲイの言っていることは至極真っ当です。ソレスタル・ビーイングがテロリストであることも、かれらを憎んでいることも。セルゲイさん、銃を撃ってからなんかおかしくなってしまいました。

・空に向けて銃を撃ち、ソーマ(マリー)と別れるセルゲイ。「幸せになれよ」って、おいおい・・・。優しさ全開な雰囲気はいらないよ、セルゲイさん。せめて、ソーマを気遣うがゆえに、冷たい言葉を投げかけるみたいな優しさのほうが良かった・・・。

・セルゲイとソーマの回想シーン。印象的なセリフの部分を切り取ったんだろうけど、その台詞が、あれなので、どうにも笑えてしまう・・・。BGMもわざわざ新調して、感動的なところなんだろうけどなぁ・・・。「若すぎる」「乙女だ」「勝利の美酒」とか言われるとなぁ・・・。

・アレルヤが恋人を連れていることに驚きを隠せないソレスタル・ビーイングの面々。当然でございます。彼らが、必死になって探している最中に、その当人は恋人といちゃいちゃしておりました。ところで、二人は、キスしているところも、しっかり見られちゃってることに気づいているのかなぁ。

最後に、ティエリアの前にリジェネが現れて、お終い。今回、結構楽しみにしていたんだけどなぁ・・・。なんか、次回のほうが楽しみです。イノベイター関係のことは、今回みたいなラブストーリーになることはないでしょうし。また、アレルヤとマリーのことも、今回よりの次回以降のほうが面白そうだ。何はともあれ、次回、期待していますよ。

スポンサーサイト

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第33話、『BLUE DRAGON』第32話の感想

いやぁ~、今日はよく寝ました。朝起きたら9時。ほんとに休みはいいねぇ。気兼ねすることなく寝れる。これで先週の疲れはとれた・・・かな?あれ、そういえば、一昨日も仕事休みだったっけ・・・。まぁ、いいや。では早速、日曜の日課第一弾『絶チル』と『ブルドラ』の感想、いってみましょう。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、なんかいまいちだったような・・・。

遠足にきた薫たちチルドレンとクラスメート。その道中、薫は東野とじゃれあっているときに、楽しみにしていた皆本が作った弁当を無くしてしまう、という話。ところどころ笑える部分はあったんですが、話自体がいまいち面白くなかった・・・。ところで、なんだったんでしょう、あの情報番組でよくあるプライバシー保護のためみたいな、あの演出・・・。ギャグなんでしょうが、くどいというか・・・。はからずしも事件に巻き込まれてしまった被害者、ってことを強調するために意味がある演出だと思うのですが、いろいろな人物登場されてるし・・・。そもそも、今回の事件自体が、そこまで予想外の事件だったのか?って感じがしてしまって・・・。ぜんぜん笑えなかった・・・。

あっ、最後の兵部のところは面白かったですよ。兵部さん、皆本に対抗して、豪勢なお手製弁当を澪たちにプレゼントするなんて・・・。エスパーでない普通の人間、と皆本を見下しているような兵部ですが、ちゃっかり皆本を意識しているのね。かわいい・・・。「こんなこと、皆本にはできないだろう」なんて言いつつ、にやけながらエプロン姿で台所にたつ兵部。ぷぷぷ・・・。本当は薫にも食べさせたかったんだろうなぁ、そんな気がします。そういえば、兵部は皆本が弁当をつくったことを知っているということは、今回の事件の一部始終を見ていたってことなのか?

では、以下、思ったことを。

・皆本の弁当を喜ぶ薫。親の手作りの弁当を食べたことがなかれば、当然なのかな。しかし、弁当に頬ずりする姿は・・・。楽しみなのはわかるけど、もう少し周りの目を意識しようよ。クラスメートもいることだしさぁ。まぁ、薫らしいといえば、らしいのですが。車酔いをする東野は・・・、気持ちよくわかります。自分も昔、車酔いがひどいほうだったので。バス移動はほんと地獄ですよね・・・。

・皆本に弁当の注文をつけるチルドレン。チルドレン、本当の姉妹みたいな感じです。各人別々のオーダーがきて、母親役の皆本は大変ですね。薫の「背景に宇宙がでてきて、うまいと叫ぶ」云々、それ、『ミスター味っ子』・・・。

・皆本の弁当、と薫が自慢げに語るのを見て、東野が薫の弁当を取り上げる。いざこざで、弁当は森の中へ。それにしても、皆本、モテモテですねぇ。チルドレンだけでなく、ちさとにまで・・・。男子生徒の諸君、かわいそうに。東野が、弁当を取り上げる気持ちもわかります。

・弁当を探す薫と東野。東野くん、自分のやったことと責任もって探してくれる、いい子です。でも、チルドレン三人が、エスパー能力をつかって探した方が早いとは、なんとも・・・。で、弁当なんですが、皆本はチルドレンそれぞれの注文に合わせた弁当を作ったようで。まめだなぁ、皆本。ちょっとチルドレンを甘やかしすぎな感じもするけど。

・雨の中、弁当を探す薫と東野。薫が、エスパーの力で雨を弱めているようです。だらだらと能力を使うと、結構疲れるみたいですねその力を隠しながら、ってこともあるのかな。で、一方の葵と紫穂ですが、葵のテレポート、雨のなかではつかえないんだ・・・。テレポートする空間自体に雨があるってことが問題なのかな。

・地下にある謎の巨大な施設に落ちる薫と東野。アニメで、よくあるパターンというか、なんというか・・・。東野の弁当・・・、おいおい。弁当箱にお金入れておいてはダメだろう・・・。お金に気づいた時には、もう買えないと思うんだけど・・・。

・あれ、ナギさん、あなたたちも遠足で?まさか同じ学校ってことはありえんしなぁ。この作品に頻出のハヤテの登場人物たち。あら、今回は声までついている。ファンの人は歓喜するのかもしれませんが、自分は別に・・・。なんか宣伝の意味もあったのでしょうか?

・薫と東野のラブロマンスを妄想する紫穂と葵。二人を助けようと策を講じているのではなく、なにやってるんだ・・・。紫穂がちさとに聞かれているのを察知して、わざとこんな話をしているのかと思ったら、そうでもないみたいだし。小学生どうしのラブロマンス、なんか変な感じがして、面白かったです。大人どうし、シリアスにこんなことを見せられたら、なんかこっぱずかしい感じがしそうですけどね。

・薫と東野のいる施設が動き出したと思ったら、出てきたのは局長。バベルの施設だったようで・・・。遠足にきたチルドレンを見守るための施設だったようで・・・。どれだけ金の無駄遣いしてるんだ、この組織・・・。柏木さん、こんなこと止めろよ・・・。

・皆本の弁当に引き寄せられた澪たちの回想。桃太郎はよくわかりませんが、なんとなく理由はわかります。かれらもある意味被害者だったのね。本来の目的であったバベルの新しい施設というのは、どうしようもない施設だったわけで・・・。だれだ?マッスルに偵察を命じたのは・・・。

・皆本の弁当を取り戻すため、チルドレン解禁。皆本、いつのまにいたんだ?で、澪たちとの戦闘がはじまる、と思ったら、あらら・・・。桃太郎が弁当を運べず、お終いって・・・。あっけなかったなぁ・・・。残念。そういえば、解禁するとき、近くに東野とちさとがいたと思うんだけど、大丈夫だったのか?

・皆本は薫に弁当を届けに来たようで。先生に謝っております、皆本。ん、いままでの騒ぎになっていた弁当は中が入ってなかったということか?まぁ、中が入っていたら、ぐちゃぐちゃになって食えたものではないだろうからなぁ。

次回はハエがどうたらとか言っていたけど、どんな話なるんでしょうか。今回より、つまらなくなるってことはないかなぁ。そう思いたいです。次回は、楽しみにしていますよ。


『BLUE DRAGON 天界の七竜」

今回は、なかなか面白かったです。

美食の街サハランチア、シュウたちが見たその街は、無残に崩壊したものだった。シュウたちは、サハランチアのコンジェエルジュのミシェランから、この街がこうなってしまったいきさつを知る、という話。今回、てっきりファギーノとシュウたちが戦うことになると思っていたのですが、敵はミシェランさんですか。まぁ、ファギーノも大活躍の回だったわけですが。

で、今回の話、話の内容的には、結構深いものがあるなぁ、といった感じでした。ファギーノの作った絶品料理、それがなくなったとき、人々は暴徒と化す。そんな人間の姿に幻滅したミシェランが、ファギーノから与えられた力を使って街を壊してしまった、というもの。暴徒となる人間とともに、人間でありながら他の人々を見下した考えで行動したミシェラン。ともに人間の醜さというものを感じました。街の破壊を行ったのが、ファギーノではなく、人間ってところがなんか悲しかったですよ。この作品、最終的には、シュウたちが「人間もまだまだ捨てたものでもないよ」といったことを、上位生命体に見せつける、というところにおちつくのかな。そんな感じがします。

では、以下、思ったことを。

・美食の街サハランチアで働くミシェラン。コンジェエルジュってなんか聞いたことはあるけど、なるほど、こんな仕事をする人たちなんだ。勉強になりました。しかし、当初のミシェランは、それなりにいい仕事をしていたみたいですね。塔の上で、変にカッコつけるのはどうかとは思いますが。

・ファギーノの存在に見せられるミシェラン。ファギーノの食べているもの、高級食材と言ったって、どこかから奪ったものだろ・・・。外で、生肉食べてるし・・・。ひ、皮下脂肪・・・(笑)。ファギーノは、普通に考えれば、ただ食い意地のはったデブ、にしかみえませんから。結局、ミシェランのだれにでも望みの料理を紹介できる、という思い上がった考えが、今回の悲劇を生んだんですね。

・ミシェランの紹介する料理にことごとくノーを突きつけるファギーノ。笑った・・・。何にって、あのファギーノの文句の付け方にさ。最高級料理に、「パンチが足りない」とか、「僕の好みに合わない」とか、「野菜嫌い」とか。「野菜嫌い」とか言いながら、全部平らげてるし。それよりミシェラン、ファギーノが、皿もろうそくもテーブルも一緒に平らげていることから、「こいつおかしい」と思わなきゃ・・・。

・ファギーノの解く料理論。店の格式云々ではなく、料理そのものがうまいかまずいか、とのこと。ごもっともでございます。

・ファギーノの作った料理が街のブームに。ただの煮込み、隠し味はドラゴンスケールです。ドラゴンスケールが、人それぞれの望む味にしてくれるなら、どの人にとってもうまいのは当たり前ですね。逆にいえば、万人にとってうまいと感じるものは無い、ということか。だからこそ、コンジェエルジュのような職業が必要とされるのでしょうけど。

・ファギーノが料理を作るのに飽きたことで、料理が出せない。そのことで、人々は暴徒となる。大繁盛で、すっかり金の亡者となったミシェランが、ほんとに情けない・・・。あんたの誇りにしてきた仕事とは、こんなことではないでしょ、と。ファギーノでなくても呆れそうです。今回の話、人間がファギーノに騙されたようにみえて、なんか違うように感じる。人間がファギーノを好き勝手に利用しようとしたけど、そんなことうまくいくはずがなかった、というか・・・。

・ファギーノにみせられ、人間に幻滅したミシェランは、シュウたちをも滅ぼそうとする。そういう考えに陥ったミシェランは、ドラゴンスケールの力ともとれるけども、たぶんそうではないだろうなぁ。ファギーノを神と崇めるような、ミシェランの意思なんだろうなぁ。で、戦闘なんですが、結構、あっさりでしたね。まぁ、上位生命体とも戦ってきたシュウたちにとって、ドラゴンスケールは、もう敵ではないのかな。

最後は、ローゼンクロイツが上位生命体の作りだした壁に攻撃を仕掛けたところで、お終い。次回は、このことの続きになるようですね。本筋部分が展開しそうです。楽しみ。ところで、シュウたちは、ローゼンクロイツ側にいるのね。で、ジーロたちが白の旅団側。いままであまり意識していなかったので、てっきり逆かと・・・。まぁいいや。次回、物語がどう展開していくのか、とても楽しみです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。