五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『かんなぎ』第五幕「発見!しょくたくまじんを愛せよ」感想

今週は、しっかり忘れることなく録画しましたよ。よかった、よかった。・・・でも、感想を書く時間が・・・。相変わらず、連日残業続きの仕事をしています。ほんと、仕事が終わらん・・・。どうにかならないものか。まぁ、ここでこんなことを言っても仕方がないので、本題に。『かんなぎ』第五話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

仁の知らないところで、ナギは学校を訪れ、人気を集めていた。仁はナギの公式ホームページの存在でそのことを知るのだが、その矢先、ナギは教師に捕まってしまう、という話。今回、前回のざんげちゃんが仁の家に来てのドタバタはあっという間で、今回はナギが仁の学校の正式な生徒になる、ってのが主題だったみたいですね。はじめのざんげちゃんが来ての料理対決をもっと見せてくれ、って感じもしましたが、ナギが学校に来ての話が面白かったので良かったので、よしとします。

で、ナギは人々から人気を集めれば集めるほど、もともとあった力が戻ってくるようです。なるほど。まぁ、考えてみれば、当然ですけどね。ナギは、人々からの信心(人気)を失ったからこそ、神木を倒され、力を失ったわけですから。人々がナギに嘆願すればするほど、ナギの力が強くなる、と。ナギがアイドルになって、人気を得たい、って思うのももっともなのかな。神木により形作られた偶像のナギが、アイドルを目指す、・・・うん、なかなか面白い。

では、以下、思ったことを細々と。

・弁当を持参し、仁を誘惑するざんげちゃん。粗末な食生活をしている仁の家において、お手製の弁当は仁にとって意味がでかい、・・・と思ったら、そうでもないのかなぁ・・・。仁、あんまり弁当のこと、喜んでいるようでもないし。しかし、ざんげちゃん、ナギより胸があるのね。仁がついつい胸に目がいってしまうところで笑ってしまった。

・つぐみの反発に料理対決を望むざんげちゃん。料理などすべて仁任せなナギが、意外と乗り気なのが(笑)。ナギ、ざんぎちゃん、つぐみ、三人の料理対決です。あれ、ナギ、手際よく料理しているぞ・・・。一方、ざんぎちゃんは・・・。料理ができるのは、より代となった白亜なんですね。で、その白亜が仁のことが好き、と。それにしても、一つの台所で、三人が料理とは・・・。台所での主導権争いで勝負が決まりそうだ・・・。

・仁の前に三人の料理が出揃う。豪勢なナギの料理と、普通なつぐみの料理、悲惨なざんげちゃんの料理。ナギ、料理できるのかよ・・・。たまには、自分で料理作って、うまいものを食いたいと思わないのかねぇ。でもナギ、料理ができても、味覚が残念な人だったようです。そうなのか。仁、後悔しなくてよかったね。料理対決の勝敗ですが、結局、普通に作ったつぐみの勝利ってことなのかな。残りは、ちゃんと作ってあってもまずいものと残飯だし、だろうなぁ。

・美術部でナギの公式HPの存在を知る仁。ナギ、学校に潜入してるのかよ。普通に不法侵入です・・・。遊びで授業を受けたり、って・・・。まぁ、高校生にとって、先生に隠れて何かをやるってのは、面白そうではあるわな。あら、山本寛監督・・・。ついに、監督の域に達したのですね。降ろされないよう、頑張ってください。で、HPは匿名性の高い会員制らしく、中心人物はわからないようですが、会長に輝く会員番号1番・・・。犯人は、あんたかい・・・。

・学校での絶大な人気を誇るナギに、ざんげちゃんが不満げ。まぁ、自分のなわばりを侵されたらね。芸能人といっても、基礎はあの学校にあるようだし。先生に密告しようにも、ざんげちゃんの姉とHPでばらされていて、無理のよう。ざんげちゃんも可哀想に。

・先生に捕まるナギ。ハゲ島先生の厳しい取り調べに、皮をかぶっているナギが・・・(笑)。で、ナギを助けたいという生徒たちの思いが一つになって、ナギに力が戻る。・・・、で、出来たのが光を放つことかい・・・。あらら・・・、それでは、全く解決にならないって・・・。まぁ、後光が指す、と考えれば、ありがたい気もしますけど。

・白亜の父(名前なんだっけ?)の助けで、事件も解決、ナギは学校の生徒に。・・・試験もやらず、いいのか?それで・・・。たとえ私立高だといったってなぁ。裏口入学し放題のような・・・。名目上は、ナギの論文が認められてのようですが、論文・・・。高校生で論文ですか。なんかピンとこない・・・。で、白亜の父は、白亜からざんげちゃんを離れさせたいようです。ここでナギと利害が一致したのね。白亜の父、登場したとき、なんかナギたちと同類みたいに思ったけど、そうでもなかったのね。霊感弱いとも言っていたし。ナギにとっては、白亜からざんげちゃんを離すことが、学校にいられる理由でもあり、目的にもなったようですね。

ナギにとって、みんなから人気を集めるアイドルになること、そして白亜からざんげちゃんを取り戻すこと、これからの目標が明確になった回でした。これから、どう物語が進んでいくのかなぁ。自分はナギとざんげちゃんの対立みたいな感じの話は、好きだったりします。アイドル云々より、そっちのほうが中心に進んでくれないかなぁ。なんにせよ、次回も楽しみにしたいです。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。