五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第10話「天の光」感想

今日は雪が降っていました。そんな中、買い物へ。帰りにゲオによったら、レンタル100円セール。これは何か借りなければ、と思いアニメをいくつか物色してレジへ。で、レジ待ちの列に並んで、会員証を、・・・あれ、無い・・・。結局、列から抜け出て、借りようと思ったものを棚に帰して、帰りました・・・。人の視線を感じて、なんか恥ずかしかったです・・・。でもこれは、時間ないのに、借りていつみるんだ、金の無駄になるからやめておけ、っていうことだったのですかね。とりあえず、そう思っておこう。ちなみに、会員証は、サイフの奥まったところに潜んでいました。最近、使ってないからなぁ・・・。あら、今回、前置きが長くなってしまった。『ガンダム00』の感想を書かなければ。今回は、10話ですね。では、いってみましょう。

今回は、まぁまぁ面白かった、かな。

ラグランジュ3に向かうトレミーへ一機のMSが強襲をかけてきた。一方、アロウズは、中東で強大な勢力をもつスイール王国への制圧の作戦をはじめていた、という話。なんとなく、次回以降の話を盛り上げるための話だったかなぁ、という感じの今回でした。アロウズの新たな戦略兵器の登場がクライマックスで、ソレスタル・ビーイングはあまり表舞台に立つという感じの話でもなかったし。戦闘も、前半のブリングとのものだけだったしね。

アロウズの新たな戦略兵器ですが、メメントモリというのですかね、あれ。軌道エレベーターの先端部から、狙った都市を都市ごと壊滅させる兵器のようです。あれ、宇宙に向けても発射できるのかな?その必要性はあまりないか。地上さえ狙っておけば、ソレスタル・ビーイングへの強力な牽制にもなるし。そういえば、『コードギアス』にもそういう兵器でてきたような・・・。というか、『SEED』シリーズにもそういうのがでてきたような・・・。まぁ、ガンダムではソーラーレイとか、コロニーレーザーとか、巨大な戦略兵器はお決まりのようになっていますけども。で、アロウズは、そのメメントモリで、スイール王国の首都を壊滅させたわけですが、もう少しアロウズ側がメメントモリを使わざるを得ない状況というものを説明して欲しかった。ある意味、中東制圧の最終手段でもあるわけだし。なんか、遊び半分の試し打ち、って感じに見えてしまったのは、なんとも・・・。アロウズは、スイールに対して、メメントモリでの攻撃の警告なども出していなかったみたいだし。ほんと、アロウズがただの悪の組織みたいに見えてしまったのは、残念。まぁ、メメントモリの建造に、イノベイターだけでなく、王留美も関わっていたのは、ちょっと面白い感じがしたけどもね。これから、ソレスタル・ビーイングの当面の目的は、メメントモリの破壊になってきそうですね。

では、以下、思ったことを細々と。

・ビリーやマネキンとの学生時代を回顧するスメラギ。ビリーとスメラギが同級生で、マネキンがスメラギの先輩って感じなのかな。三人とも同級生なのかもしれませんが。スメラギを介してビリーとマネキンがいるという感じですね。つまり、ビリーとマネキンはそこまで親しい仲ではない、と。あと、ビリーは、このころからスメラギを狙っていたのね。スメラギにあっさり否定されてましたけど。それにしても、このころの三人は若いなぁ。スメラギも未成年で酒を飲んでいなかっただろうし。・・・まてよ、このころから酒好きで、あの事件を機に、アルコール中毒になったとも考えられるか・・・。

・スイール王国への対応を話し合うカタロンの面々。クラウスってカタロンのリーダーではなかったんだ。部隊の指揮官って感じなのかな。で、本題。カタロンの部隊を派遣しても、アロウズには焼け石に水、その通りでしょうなぁ。そこで、シーリンが提案したのが、スイールの情報をカタロンのネットワークで世界に流すこと。世論を味方につけてアロウズが手出ししにくくする、もっともです。でも、よく考えてみると、カタロンだってアロウズに酷い目にあわされているわけだし、それをネットワークを通じて世界に流してこなかったの、という疑問が・・・。流していても、世界が動かないのならば、カタロンのネットワークはそれだけの物、ってことになるし。あら、池田さん、ご存命だったのね。テロリストになっちゃって・・・。なにがあったのか、池田さんの4年間を無性に知りたい。

・ガンダム追撃の任を受けるマネキン。正義感のある人間を辺境に追いやって、グッドマンやリントは悪どいことを計画中。でも、マネキンが好きにできるのは、いいことなのかもしれませんね。で、マネキン、スメラギがソレスタル・ビーイングへ参加した経緯を推察しています。なるほど。こういうところが、マネキンらしいというか。スメラギ批判も真っ当なことを言ってますしね。あ、コーラサワー、ノックぐらいしないとダメですよ。コーラサワー、マネキンの給仕の係りも自分から申し出たんだろうなぁ。

・ラグランジュ3へ向かうトレミーを一機で強襲するブリング。足のブースターを切り離した、・・・ギャプランみたい。突然、一機で攻撃をしかけ、あっという間に去っていく、・・・シロッコみたい。この場面、『Ζガンダム』の香がとてもする。ブリングの機体もティターンズの新型、って感じがするし。なんか好きです、あの機体。五本のビームサーベルも爪みたいでカッコイイし。

・ラグランジュ3に到着するトレミー。待っていたのは、イアンと奥さんとアニュー。アレルヤ、奥さん若いから、「犯罪ですよ」って・・・。で、イアンの奥さん、一体いくつなんだろ?ミレイナの年齢を考えると、それなりにはいっていそうだけど。で、新キャラのアニューなんですが、なんかイノベイターみたい。いろいろなことに詳しいことから、なにかありそうな気が。王留美から、ってのも裏がありそうな感じがするし。

・カタロンのもとへスイールとの会談の申し出が成功したとの報が入る。池田さん、やりましたね。伊達に世界ネットの番組で、報道記者してた事だけのことはある。まぁ、どんなコネをつかってこの会談にたどり着けたのかは、描かれませんでしたが。

・子どもと戯れるマリナ。国を失った王女様の仕事は、子どもの世話なんですかね。で、子どもの素朴な問いかけは、マリナにとって今後のヒントになったのかな。でも、今回の太った子ども、なんかムカつく・・・。リアルな子どもの姿はこんな感じなのかもしれませんが、なんかねぇ・・・。別に自分、子ども嫌いでもありませんよ。

・マリーに戦うべきかという悩みを打ち明ける沙慈。マリー先生のお悩み相談室。マリーは、アレルヤと一緒ならば、戦う覚悟もあるそうです。あれ、セルゲイにマリーを戦場に出さないと約束してなかったっけ?それは、アレルヤが約束したことで、マリーは一緒に戦う気満々だったのかなぁ。でも、マリー、自分がどれだけアレルヤを愛しているか、ってことばかり話して、沙慈のことは考えていない感じがするんだけど・・・。マリーとの会話は、沙慈にとってどれだけ役に立ったのかなぁ。あれ、沙慈、ルイスのこと思いだしてる。そのころルイスは、・・・・一人ですごい表情して、もがいてました(笑)。

・リボンズと話すリジェネと、その近くにいる王留美。リジェネ、リボンズに統一ではなく画一だろ、と釘を刺したりしてるし、やっぱりリボンズに疑念を抱いているのかな。王留美は、今回、余所余所しい感じでしたけど。王留美とリジェネ、個人的には、この二人が物語の重要なカギを握っているとにらんでいます。

・イノベイターのところで出会うネーナとサーシェス。ネーナは、王留美からの命令でベーダの情報の入手をしていたのかな。で、サーシェスがやってくるんですが、ああ、ネーナにとってサーシェスは兄たちを殺された仇だったね。まぁ、怒るのも無理はない。でも、百戦錬磨のサーシェスには、ネーナは手も足も出ない様子。一期のときには、「あたしを怒らせるとダメよ」なんて言っていましたが、実は怒らせても大したことない・・・。

・サーシェスと話すリボンズ。なんかこの二人の会話、新鮮だなぁ。クールなリボンズと野性的なサーシェスの組み合わせだもんなぁ。『Ζガンダム』のシロッコとヤザンの組み合わせみたい、というか。で、話題はネーナのことのようですけど、どうなったんだ、ネーナ。サーシェスは、いなかったとうそぶいていましたけど。殺されてないよね?

・グッドマンとリント、スイールにメメントモリ発射。グッドマンとリント、この二人、さながら悪代官とその手下って感じです。それにしてもすごい兵器だなぁ。都市一つぶっ飛ばしやがったし・・・。人道もクソもあったもんじゃない。あら、スイールの周辺に駐留していたセルゲイも爆風のなかに・・・。さようなら、セルゲイさん・・・。まぁ、うまく逃げ延びて、死んではいないだろうけど。

・オーライザーを取り付けた00ガンダムは、トランザムで驚異的な数値を叩きだす。数字で言われてもよく分からないので、実際戦場にでてくれないことには。でも、GN粒子が機体全面から出ているのはすごそうだ。アレルヤのなかに眠っていた、ハレルヤも呼び覚ましたようだし。ハレルヤにとってGN粒子が目覚まし時計代わり?でも、ハレルヤが目覚めて、アリオスを活躍できるようになりそうだ。よかった、よかった。

で、次回は、オーライザーと合体した00ガンダムの初出撃って話なのかね。なんか、ラグランジュ3は、マネキンの攻撃で壊滅しそうですけど。マネキンとスメラギとの対決という意味でも面白そうだな、次回。今回、いろいろと溜めた分、次回は本当に楽しみです。

スポンサーサイト

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第36話、『BLUE DRAGON』第35話の感想

今日は、日曜なのに意外と体調がいい。昨日、酒が少な目だったためかな。だいたい土曜の夜はは、酒飲んでるんですが、昨日は仕事終わってから、買い物に行ったせいで、あまり飲めなかったんです。これは、いいことなのか、どうなのか・・・。まぁ、体にとってはいいことでしょうけどね。では、珍しく頭の起きた状態で見た『絶チル』と『ブルドラ』の感想、いってみましょう。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、まぁまぁ面白かったかな、といった感じ。

「ナオミの様子がおかしい」という谷崎の訴えに、チルドレンたちはナオミの調査を開始する。ナオミのそばには、真珠先生という女教師の姿があった。ナオミと真珠先生、この二人の関係は、ただならぬものを感じさせるが、という話。なんとも、女性の同性愛のかおりがプンプンする話でした。ナオミはそういう趣向はもっていないようですが、真珠先生は・・・。そういう人なんだろうなぁ、たぶん。結局書いたのは、ナオミの絵だったようだし、事件が解決してナオミと別れるときも未練を感じているようだったし。真珠先生が、犯人に耳元で語りかけたことも、「私、女性しか愛せないの。男性には興味はないので」とか言ってそうです。

それにしても、今回、情緒的な感じが印象的な話でした。真珠先生の描写なんか特にね。それにしても、ナオミ、男だけでなく女までも虜にする・・・。なかなか罪深いなぁ、この子。まぁ、本人にはそういう自覚は、全くないようですけど。とはいっても、自分は、そこまでナオミが魅力的には思っていないんですがね。やっぱり、チルドレンのほうがいい・・・。あれ?なんか危ない発言になってる・・・。

では、以下、思ったことを細々と。

・友達の誘いを断って、真珠先生のもとへ行くナオミ。しょっぱなからあやしい雰囲気・・・。こんなの日曜の朝に流して大丈夫なの?あら、百合の花が・・・。やっぱりそういう関係なのですかねぇ、と。まぁ、なんかオチはあるだろうとは思ってましたけど。でも、全然、この時点では想像がつかなかった。

・「ナオミがおかしい」とチルドレンたちのもとへ訴えに来る谷崎。あいも変わらず・・・。何度目だよ、この展開・・・。様式美なんでしょうか?チルドレンたちは、暇を持て余していたようで、結局、調査に乗り出すことに。衝撃的な写真の数々が彼らを調査に駆り立てたのかもしれませんけど。暇つぶしみたいな感じもあったのかなぁ。でも、やっぱり暇なのは、平和な証ですよ。暇を持て余す辛さも知っていますが、自分、もっと暇がほしい・・・。

・真珠先生とナオミの調査開始。暇つぶしの探偵気取りみたいなものなのに、バベルの車を使い、賢木まで呼ぶ。何事にも万全を尽くす皆本の優秀さが、・・・って、おいおい・・・。あれ、皆本と賢木が見つめ合って、頬を染めてる・・・。女性のみなさんが喜びそうな、怪しい雰囲気に・・・。こっちでもかい・・・。まぁ、賢木が記憶の整理をしていただけだったみたいですが、あれ?皆本、満更でもないような・・・。

・休みに二人で待ち合わせるナオミと真珠先生。なんだろ、後ろの像?話とは関係ないだろうとは思っていても、気になって、気になって・・・。ただのネタだろうと思っていても、気になって・・・。で、ナオミと真珠先生なんですが、これはやっぱりデートですよ。美術館に映画館、高級レストランでランチですからねぇ。到底、女二人で行くようなルートには思えない。そういえば、高級レストランの場面で、尾行しているチルドレンがどこにいるのか、と気にしていたら、やっぱり外ですか。やっぱり、子どもたちだけで中には入れないのね。

・学校の美術室に入るナオミと真珠先生。なんとも古めかしい校舎だなぁ。鍵もまた古めかしい。あれ、でも鍵なんてかける必要なかったのでは・・・。やっぱり、真珠先生は、その気があったということなのかな。でも、二人がなにをやっているのかは、美術室に入った時点で、ああ、とわかりました。

・真珠先生の悩み。絵を描くと、毎回、バラをくわえた白馬の王子様を描いてしまう。そういえば、デートのシーンで、なんかバラをくわえた貴族のような風貌の男が映っていたなぁ、と。それにしても、何枚も何枚も同じ絵、さすがに気持ち悪すぎます・・・。しかもバラって・・・。

・エスパー能力者の関与ということで、バベルが動き出すことに。それにしても、何という会議室・・・。一昔前のSFもののような・・・。

・犯人を誘いだして犯人を追い詰めるチルドレン。あら、白馬に乗ってバラくわえてる・・・。なんとまぁ、時代錯誤な・・・。おい、バラくわえながらしゃべるなよ・・・。「人の恋路を邪魔するやつは、馬にけられて・・・」って、それGガン・・・。って、自分がけられてるし・・・。それで逮捕・・・。あら・・・。

・犯人は、真珠先生に思いを寄せた男だった。いわゆるストーカーです。って、馬に乗りながら、商店街で買い物するなよ・・・(笑)。手錠も馬に乗りながらかけられてるし。なんか、捕虜となって連行される武士みたいな感じだなぁ。馬が白馬、ってのが変な感じがしますが。犯人、最後、真珠先生になにか耳元で言われています。ここを謎としたのは、話に深みを持たせる意味でもよかったと思いますよ。

・ナオミとの別れをする真珠先生。事件が解決したので、二人の親密な関係は終わりを告げたようです。でも、同じ学校の教師と生徒なんでしょ、関係を持続していくことだってできそうなのに。ここまで明確に別れと考える二人の心情がよくわからん・・・。まぁ、ナオミのほうは、今日はさようなら、っていうことなのでしょうけどね。

そういえば、今回、チルドレンやナオミのエスパーとしての能力を見せる、って話ではなかったですね。それが、自分にはいまいち盛り上がらなかった理由なのかもしれません。で、次回は結構、アクション全開の回になるのかな。なんとなく、気合が入った回のような雰囲気がしたし。さて、どういう話なのか、次回が楽しみです。

『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回は、なかなか面白かったです。

ある町で足止めをくったシュウたち。シュウは町は予言者と名乗る人物と出会う。その予言者は、実はルドルフで、シュウに最後の試練を課すためにやってきたのだった、という話。ついにシュウとルドルフが接触しました。ルドルフがシュウに課した、二つの町を同時に襲い、シュウはどちらの町を救うのかという試練とシュウの答え。このあたりは、とても面白かったです。シュウの答えは、自分一人でなんとかしようとせず、仲間を信頼する、ということになるのかな。いい対処だったと思います。自分のそうすべきだ、と思いましたし。ルドルフは、シュウがこういう答えを出すことは、あまり想定していなかったのかな。

でも、シュウとルドルフの押し問答はなぁ。ルドルフが終始上から目線で、神のような振る舞いをしているのは言わずもがな、なんですが、シュウもなぁ・・・。ルドルフの話を聞いていないし、自分の価値基準で判断するし、勝手に相手を敵だとみなすし、結局、力で物事を解決しようとしてるし。まぁ、シュウが今後成長していくための課題を提示した感じなのかもしれませんがね。それにしても、「力で解決しようとする」とシュウを非難するルドルフが、絶対的な力を後ろだてにしているのは、何という皮肉・・・。そういえば、ルドルフ、監視者や審判者という部分以外で、なにか目的がありそうな感じでした。ルドルフ、なにか隠しているのかな。

では、以下、思ったことを細々と。

・ノイが足を捻挫して、足止めをくうシュウたち。上位生命体も捻挫するんだ・・・。怪我の手当をするブーケは、ほんと母親のよう。ブーケの子どもはノイですか。で、暇ができたとばかりに、夫であるシュウとデートですか。まぁ、子どもの邪魔も入らないだろうしね。

・ノリノリなブーケと諦め顔のシュウのデート。たびたび見せるブーケの媚び媚び顔のどアップ・・・、なんか笑える。でもこういう若夫婦は結構いそうだなぁ。子どもの面倒をみなくてよくなり、ここぞとばかりに夫とのロマンスを楽しみたいと思う妻と、そんな妻に無理やり連れ出される夫。それにしてもブーケ、人目に隠れていちゃいちゃしたい、っておい・・・。やる気満々だなぁ、ブーケ。

・予言者と名乗る人物と会うシュウとブーケ。予言云々のことに興味津々のシュウと、二人の未来以外は興味ないと突っぱねるブーケとの対比は・・・(笑)。この予言者、ルドルフだったんですが、ずっとあの格好で待っていたのかなぁ。ブーケがシュウに迫ろうとした時も、「おい、お前ら、早くおれの存在に気付け」とか思っていたりして・・・。なんか笑える。

・ルドルフはシュウに、ブーケと見知らぬ人の助けを呼ぶ声でどちらを助けに行くのかを試させる。まぁ、普通に考えれば、知っている人のほうへ行くよなぁ。両方を助けることはできないのだから。

・シュウに最後の試練を課すことを告げるルドルフ。上位生命体は、人類の意思として、全体を見て判断を下すのではなく、特定の人物をサンプルとして判断を下すようです。ん、前の白の旅団とローゼンクロイツの戦争は、そんなに意味のあることではなかったのかなぁ。しかし、なんでシュウなんだろう。シュウ一人に世界の命運が預けられるというは、不条理この上ないです。シュウが選ばれたのも、結果論ではないですし。

・ルドルフに戦いを挑むシュウ。あらあらシュウくん、結局、戦いを選ぶのね。短絡的というかなんというか・・・。ルドルフを倒せば、解決するってのは、間違いではないけどねぇ。で、ルドルフには、シュウの攻撃は何ともなかったようです。

・二つの町を同時に襲わせて、シュウに選択を迫るルドルフ。シュウの解決の仕方は見事でしたが、ルドルフはなにが見たかったのでしょう。どういう選択をしたら、どういう判断を下す、ということが見えてこなかったので、シュウのしたことが正しいのか、間違いなのかが分からない・・・。

で、次回は、シュウのしたことが判断されるわけですね。さて、上位生命体はどう判断するのやら。やっぱりロッタさんの動きが気になる。ロッタさん、活躍してくれないかなぁ。今回、少し出番があったけど、最近めっきり出番が少なくなったからなぁ。ぜひ、シュウたちと絡んでほしい。まぁ、次回を楽しみにしますか。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。