五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第12話「宇宙で待ってる」感想

今日は、またガンプラ作っていました。何を、というと「張飛ガンダム」。「三国伝」のです。最近、時間もあまりないし、塗装もしたくない(塗装といっても、エアブラシ持っていないので、筆塗りなんですけどね)。ということで、BB戦士を、ガンダムマーカーで塗ればちょうどいいのでは、とあいなったわけです。で、これが面白い。サクサクっと組み上げれるし、時間のあるときにちょこちょこっと色塗りできる。そんなことをしていたら、『ガンダム00』の時間。アニメ観るよりガンプラ作っていたい、って気になったよ・・・。そういえば、昨日、閉店間際のビックカメラで「アリオスガンダム」を買いましたよ。あぁ、『00』のプラモが出来てもいない状態で、つぎつぎと積み上がっていく・・・。いかんいかん、アニメの感想を書かなければ。

今回は、なかなか面白かったです。

アロウズのトレミー襲撃作戦は、00ライザーのケタ違いの強さの前に撤退に追い込まれる。戦闘のさなか互いの存在を知ってしまった沙慈とルイスは、互いの存在に思いを巡らす、という話かな。前半の戦闘パートは、相変わらず迫力もあって面白かったのですが、後半は沙慈とルイスの話なのはなぁ・・・。悪い話ではなかったし、ぐっとくるシーンなどもあったのですが、いまいち盛り上がらない感じというか・・・。話としては、今後の展開にとって重要なものなのでしょうけど、この世界においてはどうでもいいような話のように思えて・・・。まぁ、前半が盛り上がるものだったってのも、関係しているのかもしれませんけどね。

で、トランザムを使用した00ライザーなんですが、戦闘している兵士たちの会話がきこえるようです。何でなのでしょう、あれ。まぁ、いいや。今回の戦闘シーン、まるで『Ζガンダム』と見ているかのよう。隠れていたガデッサの位置が分かるなんて・・・。ついでに、まぼろしまで見せることができるのですか、00ライザー。「質量をもった残像」なんですかね、あれは。まぁ、「F91」みたいな残像演出は、すでにやっていますけどね。なんか、ホログラムみたいな感じでした。それにしても、00ライザー、ガデッサやガラッゾも倒すし、まさに一騎当千な感じでしたね。

先週に引き続き、楽しんだ戦闘パートだったのですが、ただ一つ不満点が。それは、今回の作戦を立案したアロウズの指揮官マネキンの反応が全然描かれなかったこと。前回から続くこの戦闘、マネキンとスメラギの対決、って側面もあったはずなんだけど、それが忘れ去られてしまった感じがして。マネキンの反応がいつもの繰り返しのようになるから避けたのかなぁ。せめて、機体を失ったリヴァイブとマネキンのやりとりでもあったほうがよかったんじゃない。

では、以下、思ったことを細々と。

・裸の刹那、沙慈、ルイスのシーンから今回は始まる。これ、不思議な空間に彼らが入り込んでしまった、ということではなくて、00ライザーがトランザムしたことで、姿も見えぬ敵の声が聞こえるようになった、ということを表現したものだったのね。沙慈とルイスが悲劇的な再会をしなければならなかったので、あんなことになった、と。なんか大袈裟すぎる気もしますけども。なんせ裸だし。

・トレミーを防衛する戦いを続けるロックオンとティエリア。母艦をバックにMSが戦闘する。こういうのは、なんかカッコイイなぁ。カメラに近寄ってから一斉射するセラヴィー、カッコいいなぁ。ここ最近、セラヴィーのカッコイイカットが多いような印象。あれ、アリオスは・・・。今週、販促のために、アリオスも活躍するのか、と思っていたんだけど・・・。動いている絵は、一切無かった・・・。

・ガラッゾを倒し、隠れていたガデッサに向かう00ライザー。「これがイデの発現か・・・」とばかりに、隕石をぶった切る00ライザー、カッコいい(所詮、隕石であって、星ではありませんけどね)。発射中のランチャーを向きを変えて00ライザーを狙おうとするガデッサ、カッコいい。あれ、ガデッサが00ライザーを倒しちゃった、と思ったら、幻覚でした。結局、ガデッサも壊されちゃって・・・。もう、リヴァイブが意地になって、00ライザーと戦闘しようとするから・・・。ところで、イノベイターのMS、尻のところに脱出ホットがついているのかな。なんか∀みたいな感じのでしたけど。

・00と分離して、ルイスのところに行こうとする沙慈。全くこの男は・・・。一人でルイスのところにたどり着いても、蜂の巣にされるか、捕まるかとしかないのに・・・。いつも現実が見えない男、沙慈・クロスロード・・・。

・驚愕するリボンズ。面白かったなぁ、このシーン。王留美を罵るところも含めて。視聴者「女を殴る男って最低」、リボンズ「違うよ、僕は男じゃないよ、イノベイターだよ」。ゴメン、ふと思いついたことです・・・。さて、リジェネがにやりとしたのは、「ついに本性を見せたな」と思ったのか、「やっぱりリボンズはイオリアの計画すべてを把握してないな」と思ったのか。

・励まそうとする刹那をぶん殴る沙慈。相変わらず、この男は・・・(二回目)。まぁ、刹那も何を言っているのか、いまいちよく分からなかったけど。二代目ロックオンが視聴者のために、刹那語を翻訳してくれましたけどね。刹那「ルイスを助ける戦いをしろ」→ロックオンの翻訳「戦闘のことはオレにまかれて、ルイスを説得しろ」。刹那「オレがガンダムだ」→ロックオンの翻訳「・・・(難易度高すぎ・・・)」。あ、そうそう、沙慈、戦士の刹那をぶっ飛ばすほどのパンチ力をもっていたんだね。ん、もしかして、刹那くん、演技した?

・アンドレイに敵と会話していたことを訝しがられるルイス。ここも熱いシーンだったなぁ。「それは違う」と熱弁するルイスが可哀想というか、哀れな感じがして・・・。強がっているルイスが痛々しいというべきなのかな。それにしてもアンドレイ、どうしてもルイスを戦場に出したくないみたいだな。もしかして、「戦場に出ないで、俺の嫁になってくれ」って気持ちなのかな、アンドレイくん。なんか、下世話な想像としてしまう・・・。そうそう、ジニン大尉の死を忘れてはいけません。ルイスたちも忘れていなくて良かったよ。

・ミレイナのもとに両親の無事が伝えられる。あら~、イアン死んでなかった・・・。前回、死んだと思って書いていたよ・・・。紛らわしいなぁ、全く・・・。イアン、沙慈が危なっかしいうちは、俺は死ねん、ってことなのかなぁ。全治十日とか言っていたような気がするんだけど、イアン目覚めていないような気がするんだけど・・・。大丈夫なの。

・メメントモリ二射目が発射される。グッドマン准将の高笑いが聞こえてきそうだ。で、セルゲイに緘口令の監視役が命ぜられましたね。セルゲイは、疑義を呈していましたけど。まぁ、監視役をセルゲイに命じたのは、彼が一番破りそうだと思われているからでしょうね。役目を命じておけば、緘口令を破ることが難しくなるし、不満分子が彼の下に集まりにくくなるからね。

・オーライザーでトレミーから脱出しようとする沙慈。えーっと、前にも同じようなことあったような・・・。ほんと、この男は・・・(三回目)。あれ、以前のティエリアの言葉で思いとどまったぞ。これは、沙慈が成長したとみるべきなのか?そういえば、刹那くん、そんな沙慈の様子を見ていたようですが、自分だけ機体をトランザムさせる必要がなくて暇だったのね。

・沙慈がルイスを思い続けているそのころ、ルイスも沙慈との写真を見てました。・・って全削除かよ・・・。削除するために見ていたのね、ルイス・・・。ルイスにとって沙慈との思い出は、思いだしたくもない過去に変わったようです。沙慈と違って、なんか清々しい感じもしましたが。それにしても、このシーン、残酷なまでに恋人との過去を切り捨てることができるのが女性で、見苦しいまでに恋人との思い出にしがみつくのが男性、そんな現実を見せつけられた気もしました。

・艦隊を率いてメメントモリを破壊しようとするカタロンに、メメントモリの三射目が。やっぱりカタロン、宇宙艦隊を二つに分けて、力押しの作戦だったようです。あっという間に片方の艦隊が半壊状態のようです。あっさりメメントモリへ接近できたことを疑問に思おうよ、カタロン。それにしても、テロ集団が宇宙戦艦を持っている、というのは、なんか不思議な光景だったなぁ。世界観を考えれば、なんとなく納得はいくけど。

次回は、ソレスタル・ビーイングも加わって、メメントモリ破壊作戦のようです。次回も大戦闘回ですかね。これは楽しみだ。ガンダムたちの新たな力も見られるようだし、期待せざるを得ない。次回は、ほんとうに楽しみです。

スポンサーサイト

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第38話、『BLUE DRAGON』第37話の感想

あぁ・・・、仕事が地獄になってきた・・・。家に帰ったら、飯食って寝るだけの生活です。えっ、『かんなぎ』の感想?当然書けるわけもなく・・・。まぁ、明後日仕事は休みなので、そのとき書こうかな、と思っていますが。で、『絶チル』と『ブルドラ』の感想ですね。今週も日曜は休みなので、書きますが、来週は・・・。『ブルドラ』は、来週放送は休みのようなので、なんとかなりそうですが、『絶チル』はどうなんだ・・・?まぁ、先のことを気にしても仕方がないか。今週の感想、いきましょうか。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、なかなか面白かったです。

皆本のもとに送られてきた一通の写真。その写真を見た皆本は、目覚めることのない眠りについてしまう。犯人は、パンドラに身を置く、元バベルの黒巻節子だった、という話。バベルを裏切ってパンドラについたのは、何も久具津だけではないんですね。バベルは、パンドラを強くする基盤になっているような・・・。まぁ、バベルは、公的に強力なエスパー能力者をかくまっている、飼いならしている組織でもあるので、こういうことが起こることも当然といえば当然なんですけどね。

で、黒巻の能力は、夢を操る能力。すごい能力ですけど、強いって感じではないなぁ。でも、今回の話を見ると、ほんとエスパー能力は使いよう、って感じ。しかし、この能力、能力者本人が、使って楽しめる能力ではなさそうだなぁ・・・。黒巻、可哀想に・・・。自分がこんな能力をもっていたら、自分にかけて、ずっと楽しい夢をみることしかできない・・・。あら・・・、人生に疲れきった人みたいなことを書いてる・・・。

あと、今回、兵部が薫を直接勧誘に動き出しましたね。思いっきりふられましたけど・・・。今回の作戦、兵部にとっては皆本を使いものにならなくして、薫をパンドラに誘い込もうというものだったようです。なんか、兵部はいつも同じことをしているような気もしますが・・・。兵部、皆本を苦しめて、薫を自分のもとに引き入れようとするが、薫は皆本のことを心配して失敗、というパターンというか。でも、今回は、兵部と薫のやりとりがシリアスな感じで、面白く感じました。

では、以下、思ったことを細々と。

・前回の続きで、バレットを倒したチルドレンは、兵部を捕まえようとする。あれ、いつの間にか兵部は、人形・・・。「忍法、代わり身の術」。どうやら、長髪のおっさんの能力だったようですが、こんなこともできるんだ、おっさん・・・。あの人形も、おっさんの髪の毛だったのかな?そう思うと、なんか汚い感じがする・・・。おっさん、風呂にあまり入ってなかったりすると・・・。

・兵部がバレットと戦っている間、パンドラの連中は大統領を総理のもとに送り届けていたようです。やっぱりという感じなんですが、あんな何人も必要なのか・・・。この場面、兵部とおっさんはバイクで、他の連中は空飛んでる。兵部が疲れていたとしても、おっさんが抱えていけばいいのに、なんで二人だけバイクだったんだろ。ん、むしろ全員バイク乗っていたら、笑える場面になっていそうだ・・・。兵部の薫に対する意味深な思いは、「僕がこれだけ彼女を必要としているのに、彼女は僕を必要としないのか」、ってことなのかね。まぁ、薫の能力が完璧に目覚めてしまえば、兵部なんて必要ないだろうけど。

・皆本のもとに今頃になって現れる不二子。ほんと、役に立たない、この女・・・。どうでもいいときは、周りをひっ掻きまわすのに、大事な時には・・・寝てる。まぁ、不二子が期待に応えるような働きを見せるようになると、チルドレンが目立たなくなるから、仕方がないのだろうけど。あと、バレットくん、記憶を失い、普通の人間になってしまったのね。能力者が能力を失うのも、大変な感じがするなぁ。彼の場合、記憶も失っているのだから、そうでもないのかもしれないけど。あ、チルドレンをべた褒めする皆本は・・・気持ち悪い・・・。

・送られてきた写真を見て、気を失う皆本。「幸せな家庭に届く一通の手紙。それがすべてのはじまりだった・・・。」、えっと、書くことが思いつかないので、映画のPV風に・・・。ありきたりだなぁ、自分の考えた煽り文句が・・・。

・皆本の夢に入り込み、原因を探ろうとする紫穂と賢木。あれ、『攻殻機動隊』みたい。皆本の頭の中に、開ける事のできないファイルが・・・。しかし、紫穂、夢の世界にまで入り込むことができるとは・・・。将来、彼女に彼氏ができたら、心の中でも、夢の中でも浮気できないぞ・・・。

・犯人は元バベルの特務エスパー訓練生の黒巻節子と判明。バベルの人材流出です。「会社に恵まれなかったら・・・」、そんなCMが頭の中に流れます・・・。黒巻、正義の組織から悪の組織へ転職ですかね。ところで、黒巻の制服姿、なんかいい。黒巻が、バベルを見限る話もみたいなぁ。

・花枝の能力を使い、黒巻をおびき出すことに成功するバベル。黒巻、自分が能力をかけた者を観察する癖があるようだが、寝いっている奴なんか見ていて、なにが楽しいんだ?まぁ、いいや。で、黒巻のピンチにパンドラの連中登場。はっきり言って、今回は2軍連中です。でも、こんないいタイミングで現れるなんて、ずっと黒巻を見守っていたのかなぁ。澪、分身して三人になって、チルドレンと同じポーズを決めるとは・・・(笑)。マッスル、不二子に大事なところ蹴られるとは・・・(笑)。

・追い詰めた不二子にも能力を使う黒巻。強いなぁ、黒巻。不二子なんて、兵部ぐらいの能力でないと、効かないような感じなのに。もしかして、不二子、ただ眠くなっただけとか、そういうことはないよね。

・落ち込んでいる薫のもとに現れる兵部。落ち込んでいる相手に救いの手を差し出す、これ人を自分のもとに引き入れる常套手段ですね。でも、こんな状況に陥れたのは兵部だ、って薫は知っているからなぁ。皆本をライバルとみなし、強引な手を使ってでも薫を勧誘する兵部。彼、かなり年いったじいさんだと思うと・・・。なんか、妙に人間臭いというか、なんというか・・・。

今回、結局、皆本は目覚めずじまいでしたね。皆本にかかった黒巻の能力、どうやって解くのだろう。あれ、次回は、薫も皆本の夢の世界に入ってしまうの。皆本がずっと隠してきた、薫の未来についても、薫が知ってしまうのかなぁ。どんな話になるのか、次回も楽しみです。

『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回は、面白かったです。そして、ちょっとうるっときた・・・。

人類全体への粛清をはじめる上位生命体。そんななか、シュウたちはプリムラとヴァ―ミリアンに出会い、衝撃の未来を知る、という話。今回は、なんといっても、ヴァ―ミリアン。カッコよすぎる。シュウから「運命は切り拓くもの」と聞いたヴァ―ミリアンが、ここで死ぬ運命と知りながらも、ルドルフに決闘を申し込むのは・・・。熱い、熱すぎるよ、ヴァ―ミリアン。まさに、「漢」って感じでした。今回のヴァ―ミリアン、上位生命体を倒したいってことだけでなく、プリムラの見る未来は変えることができるってことを証明したい、運命に縛り付けられているプリムラを解放したい、って思いが伝わってくるからいいんだよね。

で、プリムラがシュウたちに告げたかったこととは、クルックがロッタに殺されるという運命ということ。うーん、多くの人の死を感じてきたプリムラが、シュウの仲間とはいえ、たった一人の死をそんな大事と捉えるとは・・・。今回の話でも、作中で多くの人たちが死んでいるし。シュウたちにとって、このことがとても大きな意味をもつのは、分かるのですがね。でも、殺すのは、ロッタさんかぁ・・・。いやだなぁ。ロッタさんにこんなことしてもらいたくない。もしかして、ロッタさん、ブーケの願いをかなえるために、こんなことをするのでは・・・。それは、さらに、いやだなぁ・・・。

では、以下、思ったことを細々と。

・全世界の人類に対して、粛清をはじめる上位生命体。上位生命体は四人しかいないし、どうするのかな、と思っていたら、ルドルフが雷落としたり、壁を隕石にして落としたりするのね。これで、全世界に粛清ができるわけか。どれもこれも、力技って感じはしますが。前回、ルドルフの決定に疑義を抱いていたロッタさん、あなたも攻撃するとは・・・。上の決定だから、仕方がないのかなぁ。まぁ、彼女、変わらず、粛清することに疑問はもっているようですが。

・落ちてくる隕石を撃ち落とすシュウたち。自分のいる町を守るだけ、というのはなんとも非力な。そして、無意味な感じもしますよね。他の多くの町などは、破壊されているんだし。シュウたちにとっては、これしかすることができない、って感じなのはわかっていますけど。

・シュウたちに出会うプリムラ。プリムラの体に障るから場所を移して、って、森の中じゃないか・・・。しかも、テーブルとイスを用意して・・・。全世界が上位生命体の攻撃にさらされているなか、主人公たちはお茶を楽しんでいます・・・。プリムラがシュウたちに告げたかったことも、上位生命体が暴れることと直接関係のないことだったし・・・。

・ヴァ―ミリアンと二人で話すシュウ。運命の話です。運命は従うものでなく、変えるものでもなく、切り拓くものというのが、シュウの持論のようです。で、ヴァ―ミリアンも運命にただ従うつもりではないと思っているようで。まぁ、白の旅団は、プリムラの見た未来を変えたいために活動しているようなものだからなぁ。当然ですかね。と考えると、かたくなに運命は受け入れるものだと信じ込んでいるプリムラは、結局のところ、ただ白の旅団に利用され祭り上げられていたようにも思える。あと、シュウがプリムラを殺す、というのは、プリムラが昔見た未来だったようですね。このことを、プリムラの記憶から消した白の旅団は、ひどいことをしたのか、いいことをしたのか・・・。

・シュウを直接倒しにくるルドルフ。ルドルフさん、わざわざ最前線に出てこなくても・・・。でも、ルドルフが戦う準備をする前に、戦闘態勢をとるシュウたち。彼ら、相変わらず喧嘩っ早い。そういえば、プリムラのみた未来では、シュウはプリムラを殺した後でないと死なないわけだから、この場でルドルフに倒されることはない。そのことをルドルフは知らないのは不思議な感じ。神を気取る上位生命体よりも、プリムラのほうが未来を知っている、ってことだから。

・プリムラを戦場から逃したヴァ―ミリアンは、一人戦場へ戻っていく。プリムラとともに逃げていたヴァ―ミリアンを見たとき、お前も戦えよ、って思いましたが、プリムラを逃すためだったんですか。で、ヴァ―ミリアン、ここからがカッコいいんだよなぁ。自らの運命を力ずくで変えようとするんだから。

・ルドルフに決闘を申し込むヴァ―ミリアン。ルドルフを説き伏せるあたりも、最高です。・・・おい、シュウたち、ヴァ―ミリアンに言われたからとはいえ、ヴァ―ミリアンを残して逃げるなよ・・・。シュウたち、聞きわけがよすぎ・・・。

・ヴァ―ミリアンとルドルフの決闘。白の旅団は、あんな剣を開発していたのね。ヴァ―ミリアンが決闘を申し込む気になるのもわかる。で、やっぱりヴァ―ミリアンは倒されてしまったのかね。でも、最後の鬼気迫るヴァ―ミリアンの一枚絵は、ほんとすごかった。あと、いつも無表情なプリムラが涙を流すのは、印象的だったです。

いやぁ、ほんとに今回は、良かった。思いだしただけで、何かくるものがある。で、ヴァ―ミリアンはどうなってしまったのでしょうね。やっぱり、運命のまま死んでしまったのかなぁ。次回がとても気になる。で、次回は、ロッタとシュウたちが久しぶりに会う話でもあるようだけど、どうなるんだろうなぁ。シュウとロッタのやりとり、なんだか不安だ。ロッタの相手は、やっぱりブーケでないと。いずれにせよ、ほんと、次回が楽しみです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。