五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第14話「歌が聴こえる」感想

年末年始で遅れていた分がなんとかなり、順調に感想が書けるようになった『ガンダム00』。今回は、第14話ですね。OPも変わりました。今日も盛り上がっていきたいのですが・・・。いつも『絶チル』と『ブルドラ』の感想を書いた後にちょっと昼寝しているのですが、今日はなんだかんだで起きたまま。今になって眠くなってしまった・・・。頭がちょっとボケボケ・・・。でもいきますよ、『00』の感想。また遅れるのはまっぴらゴメンですからね。

今回は、なかなか面白かったです。

トレミーと別れてしまった00ライザー。刹那は、故郷のクルジスでリボンズと対面する。一方、トレミーはそのころ、ガデッサとガラッゾの強襲を受けていた、という話。前回の予告を見た印象とタイトルから、マリナの歌が中心で、戦闘シーンはほとんどないのかなぁ、と思っていました。が、全然違いましたね。ガシガシ戦闘していました。三か所でタイマンですよ。これは良かった。それに、相変わらず中身が濃いなぁ。たたみかけるように物語が展開していく。感想を書こうとすると、あれも大事だ、これも大事だ、ってなってしまって・・・。で、もっとも大事なことを忘れてしまうんだけどね。でも、見ている間は、そのたたみかける展開が心地いいのものです。

マリナの歌も、物語的にうまい下手が問題になるような使い方でなかったので、自然に受け入れられました。自分、マリナの歌を聞いた刹那が、「神の歌声だ」みたいなことを言い出すんではないかと不安だったんですよ。まぁ、こっちの勝手な思い込みなんですが。で、マリナの歌が、刹那の戦いを止めましたね。刹那の人殺しを止めた、と言えばきこえはいいのですが、サーシェスにとどめをさせなかった、と考えると・・・。マリナの行動はいいことだったのでしょうかね。まぁ、歌を歌っていた時のマリナ本人は、刹那のことなど気にもとめていなかったような気がしますけど。刹那、後になって、「あのときマリナが邪魔しなければ・・・」みたいなことになったりして・・・。

あと、セラヴィーの新機能が明らかになりましたね。バックパックの部分が展開してロボットになるんですか・・・。あの背中、何かあるのではないか、とは思ってはいましたけど。でも、なんともまぁ、操り人形。そんな動きをしていました。まぁ、あれをどうやって動かしているんだとか、わざわざ顔が出てくる必要があるのとか、思うところはありますけど、ロボットはロマンだ、ということで納得しておきましょう。で、ブリング、死んでしまったね。イノベイター最初の犠牲者。彼、出てきたのも最近だったし、いまいち印象が薄いなぁ。思うところがあるのも、リヴァイブだけだったみたいだし。ブリングと対になるやつは、何とも思わなかったのかねぇ。

では、以下、思ったことを細々と。

・メメントモリ破壊後に襲撃を受けるトレミー。息をつこうとしたその瞬間、って感じで、ほんとに油断は禁物ですね。で、あのMAはなんだ?トリロバイトのようでそうでもない。なんか頭にアルヴァトーレみたいな武器がついていましたが。

・合流地点でトレミーの残骸とネーナに出会う。これは、トレミーが破壊されたと思っても仕方がないくらい残骸が・・・。というか、残骸が多すぎでないかい?で、ネーナと出会うのですが、そういえば二期になって二人は会話したことなかったのね。二期になって、度々登場しているのに、ネーナの影が薄い、と感じていたのはこのためだったのかな。で、刹那くん、ネーナからトレミーの情報をもらう前に、大気圏に突入しちゃったのかな。せっかちすぎる・・・。でも、00ライザーの大気圏突入の場面も見てみたかったなぁ。

・前回セルゲイの前に現れた人物が語る連邦軍の内情。彼、連邦軍人だったんだ・・・。今回、制服着ていたんでびっくり。で、彼は連邦内でクーデターを画策している、と。セルゲイのもとに現れたのは、セルゲイもそのメンバーに引き入れようとしたからなのかな。実直で使い勝手の良いセルゲイさん、彼を求める組織は引く手あまた?さて、連邦軍もアロウズの直轄になってしまい、セルゲイはどう動くのか。

・イアンは目覚めて目撃した風景にびっくり。「なんじゃこりゃぁぁぁ」って、おい・・・。まぁ、びっくりするのも無理はないと思うのだが、通路ってこんなに船体の外側にあるものなのか?宇宙船の構造ってどう考えられているのかはよく知らないんだがね。というか、もう少しで、イアン、寝ている間にお陀仏だったような・・・。で、目覚めたイアンは、ミレイナと親子で漫才やっております・・・。

・カタロンに連絡するロックオンに近づくアニュー。スパイ二人の共演・・・。アニューは、どうしてトレミーの正確な位置が、と不安がっていたが、犯人あんたじゃん・・・。アニューには、イノベイターとしての自覚がないのか、それとも演技でこんなことをいっているのか?今回、自らトレミーの場所について話題にしていることを考えると、演技なのでは、と思えてくる・・・。

・見つけたサーシェスを追いかけて故郷クルジスにやってくる刹那。そこで出会ったのは、リボンズ。謎だったことがいくつかあきらかにされましたね。昔、刹那の見た0ガンダムに乗っていたのはリボンズ、そして刹那をマイスターにしたのもリボンズ。刹那くん、いままでリボンズの手の上で踊らされていた?いままでリボンズが刹那のことを話題にしなかったのも不思議なくらいの、リボンズさん、刹那の後見人っぷり・・・。で、リボンズは、00ライザーは自分の乗るMSだから返せ、と。あんた、00ライザーの性能に驚愕してたじゃん・・・(笑)。ツインドライブ、知らないっていってたじゃん・・・(笑)。彼のこのペテンっぷりはいいなぁ(笑)。そういえば、MSに乗るリボンズ。どうにもアクティブな感じがして、同一人物には思えなかった・・・。

・ガデッサとガラッゾに強襲されるソレスタル・ビーイング。その情報をいち早くつかんだロックオンは、どうやって?フェルトがビックリしていたけど。で、ガデッサvsアリオス、ガラッゾvsセラヴィー。前回活躍したケルディムはお休みのようですね。アリオス、やっと活躍の場が、・・・と思ったら、すぐに出番が終わってしまった・・・。今回の目玉は、セラヴィーでした。セラヴィー、機体の射撃能力ではガラッゾに対抗できないために、機体の隠された能力を使ってって感じでした。あの背中の機体の手になる、ということは、セラヴィーの肩キャノンも手になるってことですね。六本の手を操るセラヴィー、なんか見たい。

・00ライザーとアルケーの対決。刹那、00ライザーの能力もあってか、サーシェスと互角に渡り合ってるよ。それにしても、サーシェスの戦い方うまいなぁ、ファングで翻弄して、その隙に接近してとどめを刺しに行くとか。それにしても、攻撃に対処するのにいっぱいいっぱいな刹那の顔が・・・(笑)。

・カタロンの輸送機を人質(物質)にとるサーシェスに、刹那はトランザムを使う。カタロンの連中、一瞬アルケーを味方か、と思っていたけど、味方だったら先に通信いれてくるだろ・・・。で、トランザムを使った00ライザーは、サーシェスの乗るアルケーさえ一蹴できるのね。なんか一期のトランザムの回みたいでした。そういえば、サーシェス、やられそうになったとき、日本語には聞こえない言葉発していたなぁ(笑)。あれ、なんて言ったんだろ?

・マリナの歌が聞こえた刹那は、サーシェスへとどめを刺す手を止めてしまう。00ライザーのトランザムの長所は無類の強さを発揮すること、短所は余計なものが見えたり聞こえたりしてしまうことでいいのかな(笑)。で、マリナの歌、EDにまで・・・・。ん?「作詞 黒田洋介」?なんか笑ってしまった・・・。

・アロウズに投入されるMSとMA。MAはルイスのもの。MSはブシドー機ですね。ルイスのは、リボンズからのプレゼントなんだ・・・。やっぱり女性の乗る機体のプラモは売れないから、MAにして販売しなくてもいいようにしたのかな。で、ブシドー機。まさにフラッグとアヘッドを合わせたような・・・。もっとフラッグの発展形みたいな機体のほうが良かったのになぁ。がっちりした機体よりも、ガリガリの機体のほうが、グラハ・・・ブシドーに合っているというか・・・。

今回も書くことがいっぱいある話だったなぁ。いろいろと書き忘れているような気もしますが、気にしない気にしない・・・。で、次回もソレスタル・ビーイングは今回のような状況が続くのかな。そろそろアリオスを活躍させてあげようよ・・・。まぁ、次回も濃い物語になりそうな気がしますし、楽しみにしていますよ。

スポンサーサイト

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第40話、『BLUE DRAGON』第39話の感想

昨日に引き続いて、『絶チル』と『ブルドラ』の感想です。昨日感想書いた後、寝て起きて、また感想・・・。なんか、さっき感想を書いた気がしてしまいます。でもまぁ、これでこの二作品については、いつもどおりの進行に。ほんと、よかった・・・。では、感想、いきたいと思います。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、いまいち面白くなかった・・・。

雪山にある蕾見管理官の別荘へ集まったバベルの面々。そこで、皆本の過去が明かされようとする、という話。思いっきりコメディな話で、その様子はさながら新年会。ほんと、宴会好きだなぁ、このアニメ・・・。以前にも、何度も宴会場面がでてる。で、内容は、全然話が進むようなものでもなかった・・・。なんか前回に引き続き番外編だったというか・・・。

で、気になったのが、末摘の本当の顔。あの、フランケンシュタインというか、桐壷みたいな顔が、本当の顔なの?・・・幻滅。あの顔じゃなぁ、看護していても、ギャグにしかならない・・・。えっと、あとは皆本の昔の恋人のことですかね。皆本、子どもだけに興味があるわけではなかったんだな・・・、昔は・・・。今では、立派なロリコンに・・・。えっ、皆本は普通の男性なのに、ロリコン扱いされているから面白い?わかってますとも、皆本がロリコンだってことは・・・。

では、以下、思ったことを細々と。

・スキーで別荘に向かうチルドレンと皆本。スキーで行きたがるチルドレンと、車で行こうという皆本。なんか普通だと、立場が逆のように思うんだけど。ロマンを感じてスキーで行こうとするパパと、車で行こうと現実的な子ども、みたいな・・・。それにしても、車で行けるのなら、車で行けよ・・・。あの場面、降りだったから良かったものの、登りはスキーだと地獄だぞ・・・。あ、薫のスキーの実力はエスパー能力ですか・・・。

・ドリルつき雪上車で登場のダブルフェイスと賢木。たしかに、道中は最悪だろうなぁ。回想シーン、「なにあれ?」と興味を持たれているだけだったが、普通だったらバカにされるぞ・・・。バカにされているシーンはカットされているのかな。あと、可憐ガールズ、出番はここですか。・・・なんか痛々しかった・・・。

・主催者不二子の魂胆。みんなの労をねぎらうため、というのは表向きで、皆本の精気を吸い取りたいがためのよう。なんで、皆本限定なんだ?チルドレンとかのほうが、よっぽど精気に満ち溢れているような気がするんだが・・・。趣味の問題なのか?まぁ、早々に彼女の目的は達成していましたけどね。

・宴会開始で、話題は皆本の女性遍歴へ。当の本人による脚色された過去よりも、友人による客観的な感想のほうが信憑性が高い。で、皆本、酔ったり精気吸われているとはいえ、ビール瓶で賢木の頭を殴るなよ・・・。警察沙汰になってもおかしくないような・・・。普段は紳士的な皆本ですが、酒に酔うと暴力的になるのか?

・女性キャラクターたちによる入浴シーン。お決まりといえばお決まりなんですが、年が明けて早速ですか・・・。いい感じで、カットインあったり、湯気があったりしています。でも、この作品の女性キャラに全然セクシーさは感じないんだけどなぁ、自分・・・。しかもまだ朝だし・・・。こんな時間にみせられても・・・。でも、嬉々として、皆本のところへ女性風呂の様子を話す薫を、皆本がうまいこといなすシーンはなんかよかった。まさに子どもと大人という感じで。まぁ、女の子があんなことに興味をもつのか、ということは疑問ですけど。

・気絶している賢木が覗いたのは、男子風呂。見よ、局長の美しき肉体美・・・ぷぷぷ(笑)。大事なところを自然にちゃんと隠している明が笑える。それにしても、なんだろねぇ、あのアングル・・・。二人が向きあっていないので会話しているのに、変な感じ・・・。まぁ、明が反対を向いていたら、これはこれで危ないシーンになる・・・。

・紫穂の前に現れた謎の存在。紫穂、お化けとか幽霊とか苦手だったのかよ。彼女の性格なら、「そんなもの科学的に・・・」とか言って、全然怖がらなそうに思っていたけど。で、あのシーン、いままで普通に明るい廊下だったのに、いつの間にかおどろおどろしく・・・。なんか、今回の話、別荘で露天風呂で謎の事件、サスペンスものの雰囲気全開です。そういうのが、自分が好きかと聞かれれば、うーん・・・。

・明かされる紫穂を驚かした犯人の正体。末摘ですか・・・。まぁ、彼女しかいないだろうなぁ、とは思いましたけど。で、あの顔が本当の顔なの?そっちのほうが気になる・・・。化粧みたいなものと言われていたけど、化粧ではなく整形レベルの話では・・・。で、ついでに明かされる皆本の過去の女性。名前なんだっけ?OPにちらっと登場するピンク髪の彼女なのかな?しかし、ブチキレる皆本は・・・。そこまでキレることでもないじゃん・・・。キレ方も、リモコンでドリルつき雪上車で暴れるとか、オタクチックというか、大人げないというか・・・。

・帰りはみんなで雪上車。別荘での思い出を懐かしむものや、楽しそうにしているものは誰もいない・・・。ほんとに良かったのか、今回のバベルの息抜き旅行・・・。不二子の計画は大失敗というかんじなんだが・・・。またまた可憐ガールズですか。相変わらず、痛々しい・・・。で、当人たちはアフレコ楽しんだのかな?

次回予告、どんな内容だったっけ?どこかの国王がチルドレンに近づくようなものだったような。面白くなるんですかね?そういえば、パンドラは出てこないのかなぁ。はやくまた、あの変態集団の勇姿が見てみたい。とりあえず、次回は楽しみにしていますよ。


『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回も、なかなか面白かったです。

上位生命体と対決するローゼンクロイツ。彼らの研究施設が危機に瀕した時、ローゼンクロイツに捕まっていたジーロが上位生命体の前に立ちふさがる、という話。ジーロの影、復活の話ですね。かたくなに影の復活を拒否していた彼が、影復活でみせた力、これはなかなか圧巻でした。ヒルデガルドをたった一人で追い詰めるとは・・・。見た目はあんまり強そうに見えないんですけどね、ミノタウロス。でももしかして、戦闘力、ロギより強いんじゃない?

話としては、だいぶ人間vs上位生命体、という構図に集約されてきたなぁ、という印象。白の旅団もローゼンクロイツも、上位生命体と戦うことを優先事項として行動しているし。ただ両者がどういう関係になっていくのかは、なかなか興味深いですね。水と油みたいな関係のようだし。

では、以下、思ったことを細々と。

・三つに分かれて目的地へと向かうシュウたち。あら、彼らの出番、今回、これだけ・・・。主役なのに・・・。まぁ、群像劇でもあるし、仕方無いのかな。そういえば、シュウとプリムラ、前回は馬車でのんびりと移動いていたのに、今回はドラゴンを使って移動している・・・。今回のほうが正しいような気がするなぁ。むしろ、前回の新婚旅行みたいな雰囲気がおかしいというか・・・。

・ヴァ―ミリアンとプリムラがいないことに、不安を隠せないフリオーソ。普通そうなりますよね。組織のシンボルと部隊のシンボルが、一度にいなくなったわけだから。で、ヴァ―ミリアンがあの場面で死ぬと予言されていたわけだから、タルコフスキーは彼らの離脱は知っていた、ということなのかな。だからこそ、平静を保っていられるというか。まぁ、普通に考えれば、組織自体が崩壊するような出来事だからね。そして、白の旅団の戦闘部隊のトップにたつのはフリオーソになるということが見えてきました。フリオーソとヴァ―ミリアンの対決もみられるとおもったんだけどなぁ。ヴァ―ミリアンは・・・。

・ヒルデガルドからの攻撃から脱出したデルフィニウム。疲れきっていますなぁ。ただ、あの人形みたいなのがなんか気になる。いつもはデルフィニウムと同じ表情をしているのに、今回は違っていたし。

・ロギの前に姿を現わすヒルデガルド。ロギ一人で応戦です。あそこは研究施設で、対上位生命体の部隊は他のところにいるのね。いっぱい部隊を引き連れていたのに、あっという間にロギ一人に・・・。で、かれもさすがに一人で研究施設を守るというのはきついのかな。

・牢を脱出し、スレイプニルで戦線に加わるジーロ。以前は影の復活に否定的でしたが、今はそうではない様子。理屈がいまいちわかりませんでしたが・・・。人間だけを相手にしているうちは、影は必要ない、ということなのかな。

・自分に傷をつけられたら見逃してやる、というゲームを切り出すヒルデガルド。以前にもゲームをしようと言っていたことがあったなぁ。彼、ゲーム好きなのか?まぁ、話の都合を考えると、彼を撤退させるための口実という感じもしますが・・・。

・追い詰められたジーロに影を復活させるヒルデガルド。あらあら、ヒルデガルド優しいなぁ。ある程度、歯ごたえがないとゲームはつまらない、ということなのかな。シュウたちに影を復活させたのはノイだけど、今回はヒルデガルド。上位生命体は誰でも影を復活させることができるのかな。あと、今回思ったけど、なんかドラゴンスケールみたいな感じでジーロ影が復活したけど、ヒルデガルドがジーロに影を復活させるドラゴンスケールを与えたとかではないんだよね?

・ミノタウロスでヒルデガルドを圧倒するジーロ。ロギを圧倒したヒルデガルドをさらに圧倒ですか。すごいなぁ、ジーロ。人間の身での修行自体が、ドラゴンの強さにも跳ね返ってくるのかな。しかし、ヒルデガルドは哀れだなぁ。前回も任務に失敗し、今回も・・・。なんか、ジーロの攻撃を受けて、満身創痍なヒルデガルド、なんだかミヒャエルを思い出します。二番目に倒される上位生命体は、彼なのか?てっきりファギーノとばかり思っていたけど。どうでしょう?

次回は、三つに分かれたシュウたちのうちの一つ、ノイの部隊の話みたいですね。ノイ、一人で大丈夫なの、と思っていたが、違う仲間と合流することができるみたいで。よかったよかった。はてさて、次回はさらに上位生命体の謎が明かされる話になるのかな。次回も楽しみにしたいと思います。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。