五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第15話「反抗の凱歌」感想

一月をあまりアニメを見ずに過ごしているため、録り溜めているものの感想はおろか、新番組の感想すら書いていない・・・。いまさら気づいたよ・・・。いくつかアニメの録画はしているんだけどね。そのまま放置です・・・。見てもいません・・・。困ったものだ。今日の感想を契機に頑張っていこうかなぁ。まぁ、明日になれば、こんな思いもすっかり忘れてしまいそうですけど・・・。さて、ガンダムの感想。今回、OPだけでなく、EDも変わりましたね。OPはう~ん・・・、という感じだったのですが、EDはすごくいい。なんかEDだけで、うるっときてしまったよ。曲も良ければ、朽ち果てたガンダムたちもまたいい。なんか『ダグラム』を思い出す。朽ち果てた機体って、なんかロマンがある。自分で書いてて恥ずかしくなったぜ・・・。では、お話の感想、いきましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

手負いの刹那はカタロンでマリナと再会する。一方、トレミーはアロウズの総攻撃を受け、苦戦を強いられる。そんな中、アロウズの指揮官マネキンのもとに突如クーデターの報が入る、という話。戦闘は、最近の話のなかでは結構少なめ、今回は刹那とマリナの「ラブラブ」の話といった方がいいのかな。でも、刹那とマリナのやりとりは、見ている自分がなんか恥ずかしくなる感じだったなぁ。とくに、あの二人の不器用さを見ていると。アレルヤとマリーのようにはいかないのが、刹那とマリナの良さなのかもしれませんね。あ、子どもたちの囃しは、面白くて良かったですよ。かれらのおかげで、あの場面、楽しく見られたという感じですし。

戦闘シーンですが、量で圧倒しようというマネキンに対して、ケルディムによる先制攻撃をかけるスメラギ。血気盛んな敵を乗せないようにするなんて、スメラギさん、ナイスです。またケルディムが、カッコいい。トランザムが終わって身を隠すところも最高です。やっぱりスナイプするのが、ケルディムガンダムの魅力を一番引き立てるというか。で、セラヴィーとアリオス登場。アリオス、今回こそは見せ場を、・・・と思ったら、簡単につかまっちゃて・・・。あれぇ・・・。あ、マリーがGNアーチャーに乗る気だぞ。GNアーチャー発進でアリオスに見せ場が、・・・と思ったら戦闘終了ですか・・・。いつまでたってもアリオスが活躍できない(笑)。

ハーキン大佐(名前、これで合っているかな?)による軌道エレベーターでのクーデター。ソレスタル・ビーイングに目がいっているところに、壊すことができない軌道エレベーターでクーデターですか。なかなか良く考えている。まぁ、アロウズは、「アロウズを甘く見るなよ」といった感じで、軌道エレベーターをぶっ壊しそうですが。でも、ハーキンのクーデターを起こす理屈、歴史上のクーデターでも言われてそうなことだなぁ。言っていることはもっともであっても、軍人にはクーデターを起こす権利があるようにも思えて、どうかなぁという気にも。当然、シビリアンコントロールを無視した行動であるわけだし。そういえば、この作品、二期になって政府というのが見えてこないなぁ。どうなっているんだろ。アロウズによって傀儡化されているんだろうなぁ、というのは想像できるけど。

では、以下、思ったことを細々と。

・前回の続きで、マリナたちの歌によってとどめをさせなかった刹那は、戦うことに疑問をいだく。そんなこと疑問に思ったらダメでしょう、刹那くん。なぜとどめをさせなかったのか、刺す手を止めたのかを疑問に思わないと。怪我の影響で意識の混濁が見られたんだよね。そう思いたい。

・トレミーの修理のため、カタロンに支援を頼むソレスタル・ビーイング。この手回しをしたのはライルだと気付いているアニューですが、・・・あれ、ラッセは気づいていないの?ここまでのことをすれば、ライルがカタロンとつながっていることは、バレバレだと思うけどなぁ。

・ハーキンとの会話を思い出すセルゲイ。ハーキンは、セルゲイがクーデターに加わらないこと、むしろクーデターから距離をとることを忠告しにきたみたいですね。まぁ、それだけハーキンがセルゲイのことを信頼している、ということなんでしょうね。セルゲイが本部に口を滑らせたら、クーデターは失敗するのだから。逆にいえば、セルゲイは、クーデターをわざと見逃した、ってことにもなるのですけど。

・カタロンと連絡をとる連邦のクーデター派。場所も時間も明らかにしないのでは、なんのために連絡をとったのやら・・・。会う必要なかったんじゃない?それでもクラウスは納得しているし・・・。クーデター派は、自分たちでクーデターを完遂できるし、情報漏洩のことを考えても他には一切あきらかにしないつもりだったということかなぁ。そういえば、クラウスってソレスタル・ビーイングのときもそうだけど、譲歩してばっかりな印象が。裏では、「だれも俺たちを信用してくれない」って言いながら、シーリンに抱きついていたりして・・・(笑)。

・子どもの頃の事件を夢に見る刹那。またまた幽霊ロックオンの登場ですか・・・。彼の思いは幽霊にまでなって、この世界に残っているんですかね。で、この場面は、「過去は変えられない。変えれるのは自分の思いだけだ」ってことが重要だったようで。まぁ、その通りですね。つまり、このシーン、刹那が自己を肯定するという意味があったのかな?

・マリナと話しこむ刹那。無口な刹那くんが、結構話してる・・・。無口な人が自分の過去話を始めたら、相手に気がある証拠、そんな気がします。誰にでも、自分の過去話を始める人間は嫌われるだけですけど。それにしても、子どもたちは敏感だなぁ。二人の雰囲気に気づくなんて。しかも女の子が中心となって、というのがミソなのかな。

・地球に戻ってきたアンドレイやルイス。アンドレイ、「女らしく振舞う気はないのか」なんて、そんなことを言ったら、嫌われるって・・・。あら、コーラサワーくん、そういえば、モテモテだったね彼。でも、モテる秘訣とかって、胡散臭くて仕方がない。自分を偽ってまでモテる必要があるのか、って感じがしてしまうし。

・マネキンをビリーがお出迎え。「技術屋が」ってΖガンダムでバスクが言っていたような・・・。それにしても、マネキン自信満々。やっぱり戦いは数だよ、ってことですかね。そういえば、ビリーはトレミーが撃沈する様を見に来たようで。というか、九条憎し、なんですかね。粘着質で、趣味悪いなぁ。ん、もしかして、撃沈するトレミー、息も絶え絶えなスメラギを救出するヒーロー、ビリー・片桐、このことを夢見て乗船したのか(笑)?そういえば、マネキンは、学生時代に会ったことのあるビリーを全く覚えていないんだなぁ。ビリー可哀想に・・・(笑)。

・マネキンによるトレミー撃沈作戦。あれ、マネキン、今回船ではなく、飛行機に乗ってる。コーラサワーが操縦ですか。飛行機を運転するMSパイロット、なんか面白いなぁ。ビリーも乗っていたけど、飛行機酔いとかしていたら、面白かったのに。しかしこの飛行機の機内、「九条」というつぶやきがこだまする・・・(笑)。

・トレミーを追い詰めたところで、マネキンにクーデターの報。トレミーには、自力でこの難局を乗り切って欲しかったけども・・・。マリーも、パイロットスーツ着て、GNアーチャーに乗る気満々だったのになぁ。マリー、「あれ、私の出番は・・・。」と思ったに違いない。

・怪我が完治せぬまま、クーデターのあった軌道エレベーターに向かう刹那。鎮痛剤を自分で打つ姿は、0083を思い出すような・・・。0083のあれは、違う薬だったっけ?で、刹那を待っていたのは、ブシドーさんの乗るクワガタ、ではなくマスラオ。頭の角、でかすぎだよ・・・。で、さっそく新装備をご披露。早っ。必殺技は、大事なときまでとっておくものだよ、ブシドーさん。それにしてもこれ、ビリーお手製のトランザムですね。

次回は、軌道エレベーターをめぐる大激突ですかね。いろいろな陣営が入り混じった混戦、ってかんじになるのかな。おもしろそう。それにしても、早く刹那もトレミーへ合流してもらいたいものだ。刹那流浪の旅は長々とすると、どうも話が落ち着かない感じになってくるし。そういえば、ブシドーさん、あの場面からどう撤退するのかな?00が破壊されることはないだろうし、まさかマスラオが破壊されることはないだろうし。いずれにせよ、次回が非常に楽しみです。

スポンサーサイト

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第41話、『BLUE DRAGON』第40話の感想

この一週間、全然感想を書いていなかったけど、別に仕事が忙しい・・・とかではなかったのですよ。むしろ余裕があったはず・・・、なんですが・・・、「クイーンズブレイド」にハマった・・・。ほんと、ここまでハマったのは、久しぶりですよ。いやぁ、以前から名前は知っていたんですが、ちょっと興味をもって調べていくうちに、ずぶずぶと・・・。ほんと、金がどんどん無くなっていく・・・。困った、困った・・・。「クイーンズブレイド」の何がこうさせたのかなぁ?やっぱりキャラクターなのかなぁ。・・・いかん、大幅に脱線してる。『絶チル』と『ブルドラ』の感想を書かないと。今は、こっちが本題ですからね。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、なかなか面白かったです。

政府に未来に脅威になるのではと危惧されるチルドレン。不二子は、そんな政府の不安を払拭すべく、チルドレンにインパラヘン王国の依頼を受けさせる、という話。今回も、おバカな話だったなぁ。特に殿下が最高。もっとキャラが立たずに終わってしまうか、もしくは厭味なキャラクターになるのか、と思っていたんですが、いい感じで笑いを誘ってくれる存在でした。よかったよ~、殿下。

で、話としてはおバカな感じなんですが、そんななかでもこの作品のテーマと関連するようなことや、今後の展開を占うようなことをチラチラ入れてきたのは、なかなか好印象でした。身分的に愛してはいけないものどうしの愛、ってのは、そのままノーマルとエスパーの関係にもつながることだろうし。まぁ、まんまロミオとジュリエット的と言ってしまうと身も蓋もないですけどね。そういえば、「愛する者のためならば、世界を相手にしてもかまわない」というのは正しいか否か、という命題、これ、結構いろんな作品で使われてるなぁ。そんな印象。発言者が主人公ならば正しい、敵ならば正しくない、ってなる感じがする。ちょっと今回の話とは関係ないですけどね。

では、以下、思ったことを。

・チルドレンが今後脅威になるのでは、と危惧する政府。・・・天使か悪魔かで決めるなよ・・・(笑)。チルドレンは、天使であり悪魔でもあるから、そんな彼女らをどう扱っていくのかが問題だと思うのだが・・・。バカとチルドレンは使いよう?やっぱり皆本がカギなんですね。で、おい、政府の連中、あっさり不二子の色気に懐柔されるなよ・・・。こいつ、見た目は若くてもババアだぞ・・・。

・インパラヘンの皇太子殿下と会うチルドレン。殿下、キラキラしすぎ・・・(笑)。チルドレンも王子様の魅力には勝てませんか。で、レアメタル外交ですか。不二子のチルドレンの有用性を実証させる仕事ってこれなのね。まぁ、仕事の中身は、殿下の私用にすぎませんけども。それにしても、丁寧な口調で毒を吐きまくる殿下、最高です。

・インパラヘンについたチルドレンと不二子は、マサラと遭遇。ドレスを着たチルドレンは、なかなか魅力的ですね。ちょっとファンタジーさ全開、って感じもしましたけど。それにしても薫は髪が長いと印象かわるなぁ。で、マサラ、これが今回の敵なのね。背中が非常に敏感なのは・・・(笑)。背中の大きくあいた服着るなよ・・・。でも、マサラ、結構強いみたいですね。チルドレンを圧倒していたし。前哨戦は、不二子の機転(?)があったからこそなんとかなった感じかな。

・殿下とマサラとセラの関係。マサラはすでに死んでいて、不二子と知り合い。そして、殿下とセラが恋仲なのに、セラにマサラが取りついたってことのようです。ついでに、セラもマサラも巫女で、巫女と王族はつきあってはいけない決まりのよう。まさに禁断の恋?結構、設定が濃いなぁ。まぁ、今回かぎりな話でしょうし、そこまで注意する必要もないのかな、とも思ってしまうんですけども。

・マサラの眠る結界へ足を延ばすチルドレンたち。ど真ん中にマサラの死体が・・・。でも、代々死んだ巫女がそこに置かれるのなら、マサラの先代以前の死体はどうなったんでしょう?次の巫女が死んだら埋葬されるのかなぁ。で、紫穂、怖がっています。死体は見慣れているのに、幽霊が怖いってどういうことだ?うーん、いまいち彼女がつかめません・・・。

・意識を取り戻したセラとキスをしようとする殿下。うわぁ、マサラになった(笑)。セラの体だとわかっていても、マサラとキスするのは嫌だよなぁ。ババアだと思うと、とてもとても・・・。殿下の心中お察しいたします。

・対決を申し込むマサラに、受けるチルドレン。チルドレン、説得しに来たんじゃないんかよ(笑)。というか、マサラと不二子のババア対決も面白そうだったんだけどなぁ。結界内に入ったチルドレン、あれ、なんか作画が・・・、と思ったらわざとだったのね。結界内では、エスパー能力アップとともに、いくらか年をとるみたいです。

・雑魚の相手は葵と紫穂に任せ、マサラと戦う薫。なぜいつもこのパターンになるんだろ?薫の能力が一番戦闘に向いているのはわかるんだけど。でも、自然とそうなるならまだしも、今回は、そのこと言葉で言ってしまっているしなぁ。薫とマサラに特別な因縁があるわけでもないので、なんか違和感。

・チルドレンを援護しようとする殿下。あやしすぎるぜ、殿下。いざとなったら、セラともども葬り去ってもかまわないってことなのかなぁ。で、不二子、結界に入ると年をとるからって、チルドレンの援護を嫌がるのは・・・。まぁ、自分としても不二子の美貌が壊されるのは見たくないって感じもしますけど。・・・でも、ちょっと怖いもの見たさで、見てみたい気も・・・。

・不二子直伝の背中さすりで、薫がマサラを退治。子どもはまねをするのが早いですね。教育上どうかとも別に思いませんし。ん、薫がいたずらで、皆本の背中をさすって、皆本がつい声を出してしまう・・・、これはちょっと萌えるものがあるぞ・・・。で、薫が皆本に抱きつくときに、皆本が昔の女を思い浮かべていましたが、皆本くん、結構引きずっているのね。どういうドラマがあったのかは知りませんが。

・未来をチェックする兵部。今回の兵部の出番はここだけですか・・・。桃太郎の発言によると、彼、頻繁に未来をチェックしているみたいですね。で、あの未来のチェック装置、あれが兵部の羅針盤でもあるのかな?

次回は、ブラックファントムが挑んでくる話なのですかね。それにしても、ロボットロボット。これは楽しみだ。予告見た限りですけど、もう少しロボットをカッコ良くならないのかなぁ、とも思いましたけどね。敵なのに、やたらカッコイイロボットって魅力的なのになぁ。まぁ、動きで是非ともカッコよくみせていただきたい。とにかく次回は、楽しみにしていますよ。


『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回は、まぁまぁ面白かったです。

シュウたちと別れてズメイ遺跡の調査にあたるノイ。その調査でノイは、コンラッドたちと再会する。ノイたちがズメイで見つけたものとは、という話。謎解き全開の話でした。戦闘は、最後に申し訳程度。ダンジョンRPGをやっている感じでした。これ、アニメなのにね。まぁ、話自体は、これから盛り上がっていきますよ、って感じが出ているので、つまらなくはなかったですけども。

話としては、謎が解き明かされるというより、謎が謎を呼ぶ、という感じでした。どうやら、昔の人間は上位生命体と交渉していたらしい、と。もしかしたら、昔の人間との交渉内容に基づいてルドルフは行動しているのかなぁ、という気もします。どうだろ?で、今回のズメイにその交渉のカギとなる天界への道があった、と。まぁ、話として、シュウたちを天界へ行かせるために必要だった、とも考えられるのですけど。これから、この道を利用してシュウたちが天界へ殴りこみにいくのでしょう。

では、以下、思ったことを細々と。

・上位生命体と戦うシュウと、人々を導くプリムラ。プリムラはやっぱりカリスマ性が高いんだなぁ。シュウが言っても不安がるだけなのに、プリムラが言えばみな従う。シュウ、なんと哀れ(笑)。プリムラに白の旅団の巫女だけではない器の大きさを感じましたよ。プリムラがシュウに見たものは、シュウは上位生命体だった?シュウがブルードラゴンに取り込まれる?そんな想像しかできない・・・。

・ノイと再会するレゴラス。終始レゴラスの見たドラゴンの影が、ノイだとは気付かずに展開されるやりとりは面白い。レゴラス・・・(笑)。一人、レゴラスだけが分かっていない、って感じだったからなぁ。

・コンラッドたちが見つけたものは、上位生命体と人間が昔交渉していたのではないか、と疑われる品。過去に何があったのか、とても気になります。というか、大昔の人間は上位生命体の存在を知っていたということなのね。で、このズメイがその人間と上位生命体との関係を知る重要な場所だということらしいです。

・どこにいるのかも分からずにブーケのところへ行こうとしていたブーケとマルマロ。おまえら・・・。ずっと走っていたから、当然どこにいるのかは聞いているんだろう、とおもっていたのに・・・。ただ当てもなく走っていただけかよ(笑)。

・レゴラスの見つけた遺跡。さて、ダンジョンRPGの始まり。待ちうけるトラップの数々、キミはこの謎を解くことができるか、こんな煽り文句が浮かんでしまった。で、やっていることは、ゲームとしては違和感のないことであっても、アニメとして見ると・・・「風雲たけし城」みたいな。

・昔のことを夢に見るシュウ。一期知らないのによく分からない・・・。それにしても、プリムラの寝顔は、とてつもなく可愛い。あ、いつもシュウをつけ狙うが、邪魔されて失敗続きにルドルフ様。懲りずにまた登場ですか・・・。

・最後の謎を解き、天界への道を見つけるノイたち。人間と上位生命体の力を合わせる、これが遺跡のカギだったわけですが、これ、作品のテーマにもなっていくのかな。それにしても、こんな装置、人間が作ったのか?あと、ドリルのついたピラミッドが姿を現わすところは、なんか笑ったぞ。

・天界への道が現れ、戦いどころではなくなったルドルフ。やっぱり撤退ですか・・・(笑)。

・花園でクルックを待つブーケとマルマロ。かれら、クルックが現れて欲しいような欲しくないような複雑な心境ですが、当然ですよね。現れるということは、未来に起こることの通りであるわけだし、現れないということは、クルックを守れない、ということにつながるのだから。で、クルック、来ちゃいましたか・・・。

で、次回は、プリムラの予言したクルックの話ですか。一体どういうことなのか。ロッタさんも当然でてくるわけだし、とても楽しみです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。