五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第16話「悲劇への序章」感想

休みの日って一日が終わるのがほんとに早いなぁ・・・。やりたいことの半分もできずに終わる感じ。今日なんてつかれているものだから、なおさらです。髪切りにいきたいのに、買い物にも行きたいのに、って感じだったんですが、結局なにもできませんでした・・・。で、何をしていたかというと、寝てただけ・・・。でも、まだ寝足りないんだよなぁ・・・。困ったものです。早速ですが、気を取り直して、『ガンダム00』の感想、いきましょう。

今回は、まぁまぁ面白かったかな、という感じ。

軌道エレベーターに立てこもり、連邦政府やアロウズへのクーデターを起こしたハーキュリー。そのハーキュリーのもとにセルゲイが密使として送り込まれる、という話。そういえば、前回、ハーキンとか書いていましたが、ハーキュリーという名前でしたね。自分、間違っていました。申し訳ない。で、今回、ハーキュリーとセルゲイが主役のおっさん全開な話でした。しぶい、しぶすぎる・・・。ですが、やっぱり地味になってしまう印象はぬぐえないなぁ。子どもには、つらすぎるだろ、今回の話・・・、えっ、子どもはガンダムなんか見ていない?そういうものですかねぇ・・・。

で、今回の話、起承転結という物語構造の「承」の部分だけを見せられた感じで、面白いと手放しで楽しめるものではなかったかなぁ、と。戦闘シーンも、刹那とブシドーのものを申し訳程度に入れてある感じだったし。やっぱり、ここ最近の話を見ていると、今回の話は戦闘シーンの少なさで、どうにも見劣りがしてしまう感じがしました。まぁ、逆にいえば、ハーキュリーなどのキャラクターについては、考え方や背景などは、十分掘り下げて書いているなぁ、とも思いましたけどね。

で、今回のハーキュリーのクーデター、その目的は一般の人々にアロウズの非道さを知らしめる、というものでした。ハーキュリーによる、連邦の情報統制に対する戦い、というべきか。ハーキュリーたちの行動に対して、悉く脚色や曲解をし、プロパガンダとして報道していく連邦が、苦々しくも忌々しい感じでしたね。連邦のやり方は、事実を自分の都合のいいようにみる、ってレベルではないからなぁ。

で、そんな連邦の情報統制に対してハーキュリーさん、目撃した人による事実の伝播に可能性を見出そうとするとは、なかなかやるなぁ。今は隠し通せても、事実はいずれあきらかになる、という信念のもと、今は事実を一人でも多くの人につきつけてやるだけだ、という感じに思えました。また、アロウズを作りだしたというべき一般の人々に幻滅をしながらも、それでもなお一般の人々に希望を見出そうとするハーキュリーが、なかなかカッコよかったですね。上からの押し付けの連邦に対して、「草の根」なハーキュリー、という印象ですね。

では、以下、思ったことを細々と。

・クーデターにより、軌道エレベーターに閉じ込められた人々に対して、演説をするハーキュリー。ガンダムといえば、演説って印象がありますけど、今回のもそんな感じですかね。まぁ、この場面だけ見ていると、ハーキュリーさん、悪役のようにしか見えませんが・・・。演説はよかったんですが、できれば、それを聞いた軌道エレベーターに閉じ込められた人々の反応も見せて欲しかったなぁ。まぁ、この時点は、クーデターに対して非難轟々でしょうけど。でも、閉じ込められた一般の人々が、アロウズや今回のクーデターに対する認識をどう変えていくか、ということも今回の話を面白くする重要な要素となりそうだ、と思ったので。

・連邦によるクーデターの報道発表。・・・全然、ハーキュリーの言っていたこととは違うぞ・・・。反連邦の人々の解放、って・・・。セルゲイさん、「情報統制だな」って言っていましたけど、妙に落ち着いているなぁ。自分がかれの立場なら、イライラして、テレビのリモコンを床に叩きつけそうだけど。まぁ、セルゲイにとっては、いつものことだから、ってことなのかもしれませんけども。

・セルゲイに密使の指令が下る。アロウズの司令から、キム司令を介して、セルゲイに命令が下ったようですけど、アロウズとしては、セルゲイを密使に選んだのはなんでだろう?後の展開を考えると、いずれ反乱分子になりえそうなセルゲイを、ハーキュリーと一緒に葬り去ろうとしたのかなぁ。それにしても、アロウズに取り入ろうとするキム司令、妙にリアルだなぁ・・・。

・ヴェーダを掌握しているイノベイターが、クーデターに対して見逃していることに疑問を感じるスメラギ。ヴェーダはクーデターまで予見しているのか?すごすぎるだろ、ヴェーダ。クーデターが起こることだけは予見できても、日時や場所などはどう頑張っても特定できるような気がしないんだがなぁ・・・。で、リボンズが動かないのは、最後の部分を見るに、これを機に反抗勢力を一掃できる作戦を考えていたからなんですかね。

・アンドレイは、ハーキュリーとの思い出を思い出す。あれ、アンドレイくん、士官学校、裏口入学?まぁ、ああいうところ、なんらかのコネが必要な感じはしますけど。健全なことではないけどね。それにしても、アンドレイとルイス、なんだかんだ言いながらも、いつも一緒にいるなぁ。ん、アンドレイがルイスをいつもつけ回しているのか?

・セルゲイ、ハーキュリーと会談。見事に決裂・・・。って、セルゲイが連邦から伝えろ、と言われたのは、あんな通り一辺倒のことだったのかよ・・・。わざわざ、密使をつかって伝えるようなことなのか?普通、もう少し妥協点を見出そうとすることをネタにすると思うんだけど・・・。で、拒否されたセルゲイが食い下がるなか、ハーキュリーは持論を展開。なるほど、今の連邦やアロウズを作りだしたことは、一般の人々にも責任がある、か。それが民主主義のなかから生み出されたものならば、そういうことになりますね。それにしても、ハーキュリーの言説、近代の思想家の書物を読んでいるみたいだ。

・アロウズは軌道エレベーターにオートマトンをキルモードで投入。アロウズ、人質の命を守ろうとする意識が全然ない・・・。アロウズの真の姿を知ってしまったものは、死ぬしかない運命なのか?で、映像を使って情報操作だからね・・・。クーデターの連中が人質を殺してる、という。この映像を作るためにこんなことをしているとしか思えない・・・。まさに、世紀のやらせ映像、といった感じです。

・刹那に戦いを挑むブシドー。こんなことしている場合じゃないですよ、ブシドーさん。でも、ブシドーさん、ノリノリすぎる。なんだよ、「切り捨て御免」って・・・(笑)。で、言い争う刹那とブシドーですが、あの場面、『スクライド』さながらだな。そういえば、今日は妙に『スクライド』な日。『絶チル』の感想でも、『スクライド』って書いております。まぁ、自分、そこまで『スクライド』に思い入れがあるわけでもないのだけど・・・。でも、思いださずにはいられない場面だったので。まぁ、『00』のほうは、脚本が同じ黒田さんだから、さもありなん、って感じなんですけどね。

・陣形を変更するアロウズから、アロウズのやろうとしていることを理解するスメラギ。もう一つのメメントモリが出てきました。メメントモリで軌道エレベーターごとぶっ飛ばす、っていう作戦なのかな?で、ついでに、地上にいる反乱軍やソレスタル・ビーイングも巻き揉む、ということなのでしょう。人質も一掃・・・。やっぱり、アロウズの真の姿を知ったものは、生きて帰ることができない・・・。でも、こんなことしたら、さすがのセルゲイさんも怒って反旗を翻すでしょう。結構人道的な考えの持ち主だし。さて、次回、どう動くかな、彼。

今回は、次回の話を楽しむための布石という感じだったかな。一話使って、じっくりタメをつくったというか。その意味では、次回は非常に楽しみ。なんか大展開が待っていそうな気がするし。そういえば、今回、リボンズは出てきませんでしたが、次回はでてくるのかなぁ。意外と、リボンズ、気になる存在になっています。ラスボス候補だし。まぁ、なんにせよ、次回を非常に楽しみに待っています。

スポンサーサイト

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第42話、『BLUE DRAGON』第41話の感想

先週から感想を頑張っていこう、と思っていたんだけど・・・。御覧の通りのあり様に・・・。全然感想書けていません・・・。なんだよ、仕事忙しすぎるだろ・・・。アニメを見る暇も、感想を書く暇もないよ・・・。体もガタガタだし・・・。この時期は、暇なはずなんだけどなぁ・・・。今年は、ほんとにどうなっているんだかなぁ。今週こそは、余裕ができるはず、というかできるといいなぁ。こんな愚痴ばかり書いても仕方無いですね。では、『絶チル』と『ブルドラ』の感想です。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、う~ん、いまいちだったなぁ。

薫が精密検査を受けていたちょうどそのころ、ブラックファントムのティムがチルドレンに攻撃を仕掛けてきた、という話。戦闘多そうだし、ロボット出てくる、ということで期待していたんですが・・・、どうもなぁ・・・。戦闘シーンも、期待していたほどに楽しめなかったです。話の展開が早すぎる感じもしたし、二話に分けてもよかったんじゃない?戦闘シーンも十分にみせることもできるようになるし。

で、今回の話も結局、全部薫がもっていってしまうのね。葵と紫穂、ほんと役立たずな感じが・・・。彼女らも、もう少し活躍させてあげようよ・・・。薫がいれば、どんな事件でもなんとかなりそうな気がするし、登場人物たちもそう思っていそうなことが、どうも気になるなぁ。あと、以前の戦いでは、たまたま使うことができた薫の三人の力を合わせることができるブースト機能(羽根の生えるやつ)が、今回普通に使えていることもなんか気になったなぁ。

では、以下、思ったことを細々と。

・ブラックファントムから連絡を受けるティム。女の後ろにいるオヤジがブラックファントムのボスですか。顔よく分からなかったけど。で、ティム、あれ、普段はコメリカの軍隊にいるの?と思ったら、基地を荒していたのね。こんなことしたら、有名人じゃないか・・・。このこと、ニュースとかで流れなかったのか?

・精密検査を受ける薫。薫と葵の別れ際の三文芝居は・・・。で、皆本が薫のブースト機能での能力の秘密、及び薫の体への影響を知りたかったみたいですね。結局、皆本も、兵部が言っていた、薫にはエスパーを束ねる能力がある、ということを認めることになった、と。天使にも悪魔にもなる能力ですが、薫が皆本を大事に思っているうちは大丈夫なのかな。しかし、診断結果を介しながら、皆本と賢木が会話している場面、あれ、傍から見ていたら、絶対この二人は怪しい、と思うよなぁ(笑)。

・事件の報告を受けて、葵たちが向かった先に現れたのは、ティム。そして、ロボットです。ティムが作りだした三種類のロボのうち、はじめの消防車ロボが一番好きだなぁ。あの安物っぽい不細工な外観、それが作業用ロボっぽい感じにも思えるんですが、それが素敵。なんか『パトレイバー』にでも出てきそうな感じがなんか良かったです。そういえば、特殊能力でロボットを作りだす人物、というと、どうしても『スクライド』を思い出してしまう。あの回は最高だったなぁ。

・ティムの攻撃を受ける紫穂。おもちゃになるって・・・。やっぱり、普通のミサイルでは死んでしまうからか?で、紫穂はレゴっぽい感じになったのかな。おい、谷崎(笑)。谷崎さん、あんたこの姿なら、好きになれるよ。

・ティムの消防車ロボの第二形態。なんかスーパーロボットみたくなりました。でもなんか、重厚感やカッコよさが圧倒的に足りない・・・。ここでの演出、本気でやってこそ面白さが出るのに、もったいないなぁ。やっぱり『スクライド』のあの話は、うまかったということですかね。

・薫のいない状況で、ティムを殺して事態を収拾しようとする不二子。今回は起きていたのね、不二子さん。でも彼女、脇役であるが故に、能力に反して活躍できないのが悲しい性。結局、皆本に留められてしまいました。でも、皆本の説得もいまいち納得できなかったなぁ。なんでだろ?言っていることは、間違ってはいない気はするんだけどね。というか、不二子さん、ティムを殺しはせずに、立ち上がれないくらいにボコボコにしてやればよかったんじゃない?

・薫による戦闘機の無人突撃。なんか勿体ない・・・。そういえば、皆本が言っていた援護って、この戦闘機だったんだよなぁ。てっきり、兵部あたりにでも連絡をとるのか、と思っていたんだけど。

・ティムの戦闘機を用いたロボ。・・・あれ、これ、バルキリーじゃん・・・。しかも登場シーン、ガウォーク形態。そこから、戦闘機に変形してるし・・・。まさにまんま。で、チルドレンの口上、全部マクロスなんですけど(笑)。しかし、こうやって聞くと、恥ずかしくなるセリフですね・・・。で、今回、なんでこんなにマクロスなんだ?映画化だから?関係ない気がするけど。

・チルドレン、ブースト状態で蹴りでティムの洗脳を解く。やっぱり、この能力を薫が普通に使えているのはなぁ・・・。しかも今回、使い終わった後、薫が倒れるほど疲れているわけでもないし。あと、皆本も言っていたけど、蹴りで洗脳を解くってなんだ?思いがあれば、って言われてもねぇ・・・。

・いつものごとくチルドレンを観察していた兵部たち。パンドラの出番は、今回、ここだけ。かれらもブラックファントムとは敵対しているんだし、戦闘に参加して欲しかったなぁ。そういえば、兵部さん、今回消防士の格好していたけど、コスプレ好きなんだなぁ・・・。

・戦闘機を壊した負債を背負わされる皆本。組織で負うべきの被害額を、直接個人に背負わせる、ってのは悲惨だなぁ。バベルの酷さを思い知る・・・。それにしても、皆本くん、これで借金生活ですか(笑)。こんな額背負わされたら、心おきなく死ねるんじゃない(笑)?

で、次回は、皆本の昔の恋人が出てくる話みたいですね。でも、彼女、本物なの?だれかが化けてるような気もするんだけど。次回は、面白くなって欲しいなぁ。楽しみにしています。


『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回は、まぁまぁ面白かったです。

白き竜によりクルックが死ぬという予言をうけて、奔走するブーケとマルマロ。しかし、そんなかれらのもとに、白き竜ロッタレースが現れる、という話。前回のノイが主役の話に続き、今回はブーケとマルマロが主役の話。花のないところを探して、クルックを連れ回すブーケは可愛い。さすがに路上の花や、カーテンなどの花などは、大丈夫だろうに・・・(笑)。

で、今回の話、ブーケたちが運命を克服する、ということもテーマだったんですが、・・・これは克服できたのか?クルックは、プリムラの予言の映像と同じような場面を経ても、結局死なずに済んだんですが、そもそもプリムラの言葉では、クルックが死ぬ、とは言っていないからなぁ・・・。今回の展開もプリムラの予言通り、という感じもしてしまう。どうなんでしょ?そういえば、今回の展開、ゲームのifルートのような感じが、非常にしました。ブーケがロッタを何度も説得すれば、クルックは死なずにすむ、みたいな。

では、以下、思ったことを細々と。

・花のないところを探して、クルックを連れ回すブーケとマルマロ。面白かった。ちょっとした花で、そんなに慌てなくても、とも思ったが、ブーケたちには、プリムラが見た予言の映像を見たわけではないからなぁ。そうおもえば、当然か。でも、事情を説明してもらえず、引っ張り回されるクルックはたまったものではないなぁ。怒るのも無理はない。まぁ、ブーケたちにしても、話づらい内容だろうなぁ、とは思いますけどね。

・人間たちが天界への道を再生させたことについて議論する上位生命体。上位生命体にとって、このことは危惧すべき事態みたいですね。でも、人間たちが再度交渉を試みようとしている、とも取れるような気がするんだけどね。そんなことは頭にないようで。でも、ルドルフはしばらくは静観とは・・・。どうにも、裏がありまくりですね、ルドルフさん。あらら、ロッタさんが手加減していたことが、みんなにばれてしまって・・・。おい、ヒルデガルド、なんてことするんだよ。

・目覚めるデルフィニウム。あの人形みたいなのが、デルフィニウムの主人なのですね。デスロイ様でしたっけ?デルフィニウムは、デスロイ様の指示に従って動いていた、と。で、ヒルデガルドを苦しめたのも、デスロイ様だった、と。まぁ、ある程度は予想していましてけどね。でも、今後、デルフィニウムは上位生命体と戦っていくことになるみたいだし、楽しみだです。

・ブーケたちのもとに現れるロッタ。カッコいいぜ、マルマロ。でも、やっぱりロッタさんは、マルマロ一人では食い止められません。と思ったら、アンドロポフ登場ですか。さすが、クルックを守ることに命をかける男。

・花のないところを探して、屋敷に逃げ込むブーケとクルック。シュウをめぐって争うような二人ですが、命が関わるとあれば、しっかり助けるのね。でも、屋敷の中って、予言とは違う意味で命の危険が伴うのでは。結局、屋敷は壊されてしまうし。

・ブーケの説得に関わらず、ブーケを敵だと言い放つロッタ。ロッタさん、そんな悲しいこと言わないで・・・。前に、シュウとの話で、世界の素晴らしさを覚えて、少し変わったのになぁ。どうしちゃったんだろ、彼女。もっとルドルフを疑ってほしいのに・・・。

・予言どおりクルックを襲うロッタ。この場面、ブーケを庇って、クルックが盾になる、という前置きがあったのね。そう考えると、ブーケがクルックのもとに行ったことも含めて、すべて運命通りに進んでいるような・・・。で、クルックは、やっぱり生きていました。ロッタさんがむげに殺すわけはないと思っていたよ。でもあれ、ロッタさんが当てないようにしたのか、それとも刺さっても死なないようにしたのか、それによって運命の克服ができたかどうかも変わってきそうな気もしますね。

・シュウたちは、白の旅団を見つける。ローゼンクロイツもしっかり封印の地に向かっていたのね。なんか、シュウのことよりも、白の旅団とローゼンクロイツの関係がどうなっていくのかのほうが楽しみだなぁ。上位生命体を前にして、両者で戦争をするとか、愚かなことはしないよね?

で、次回は、白の旅団によるファギーノへの作戦のようですね。上位生命体の二人目の犠牲者はファギーノになるのかな?でも、白の旅団もローゼンクロイツを前にして、どういう風にこういう展開にもっていくのかなぁ。その点も注目です。次回も楽しみにしていますよ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。