五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『続 夏目友人帳』第七話「呼んではならぬ」感想

なかなか放送に追いつけない『続 夏目友人帳』。単に、自分がサボっているからなんだけどね。予定では、先週までにこれまでの話の感想を書き終えて、今週から放送に追いつくはずだったんだけど・・・。このままズルズルと最終話まで追いつけなかったりして・・・。そんなことばかり考えていてはだめですね。言い訳くさいし。すぐにでも追いつく気持ちで。しかしまぁ、今話からデジタル録画ですよ。細かいところまでよく分かる。これで、勢いをつけて・・・。ただ、画質が良くなったからといって、いい感想が書けるわけでもないですけどね。では、第7話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

多軌を呪った妖に捕まった夏目。なんとかそこから逃げだすが、夏目は妖を見ることができなくなってしまう。一方、多軌と一緒にいたニャンコ先生も呪われてしまい・・・、という話。前回の続きですね。前回の感想で、ちょび髭が怪しいなぁ、なんて予想したんですが、大外れ・・・。悪い妖とちょび髭は、何の関係もなかったようですね・・・。あらら・・・。でも、話の展開上、ちょび髭の必要性はどこにあったんだ?視聴者をミスリードさせることと、妖の見えなくなった夏目をすぐにわからせるためだったのかなぁ。なんか勿体ないなぁ。ちょび髭にもっと重要な役目を担わせてほしかった。そんなちょび髭は、重要な場面で必ずいない・・・。これが、ちょび髭を疑った理由なんですけど。えっ、自分、話に乗せられただけなのか?

今回の話、妖の見えなくなった夏目と悪い妖とのバトルは、面白かった。ひたすら夏目視点で、妖がいるのは分かるが、どこにいるのか分からない、夏目がどういう状況にあるのかが夏目自身も視聴者もわからない、というのは、とてもスリルを感じるものだったです。そして、夏目の鏡と多軌の陣を通すと、はじめて妖のしていることがわかる、というのは、とても作りがうまかったなぁ、と。そういえば、今回の妖、ほんとにただの悪い妖だったなぁ。もう少し裏があることを期待していたんだけど。まぁ、実は・・・、みたいのがあるのかもしれませんが。でも、夏目による悪い妖退治という感じで見れたし、よかったのかな。

あと、今回、ニャンコ先生が、やたらとカッコ良かった印象。自分が呪われても、たじろぐ様子は一切みせず、むしろこれで自分が積極的に介入できる名分ができたと言わんばかりだったし。最後も、姿が見えなくても、颯爽と夏目を助け、そのまま妖に噛みつくし。あと、ドラえもんみたいなことしてたし・・・(笑)。妖の見えなくなった夏目を甲斐甲斐しく面倒をみるところも良かったです。しかし、どうしたんだ?ニャンコ先生。まぁ、こういうニャンコ先生も魅力的ですけど。

で、今回、一時的に妖の見えなくなった夏目が、その能力を失ってはじめてその能力の良さを知る、という話でもあったのかな。以前の夏目は、妖が見える能力を失いたいと望んでいたことが重要ですね。失ってはじめてそのありがたさに気づく・・・。ただ、そういうことを主張したい話としては、ちょっと押しが弱かったかなぁ、という印象も。もっと日常的な話の中でならまだしも、事件の最中だったからなぁ。能力を失った夏目の心情に、深く入ることができなかった、というか・・・。日常のなかで、ふいに夏目が能力を失ってしまう、その時夏目はどう思うのか、って話も見てみたいと思いました。

今回は、こんなところで。次回は、人魚がでてきて、不死がテーマな話ですかね。テーマがしっかりしていそうな分、楽しみな感じ。明日見ることができるかなぁ・・・。とにかく、次回も楽しみにしたいと思います。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。