五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第22話「未来のために」感想

今日はいい天気だったのに、外に出たのはコンビニにいった一回だけ。そして日は暮れていく・・・。あぁ・・・。いいんだ、明日も仕事休みだから。明日は買い物に行って・・・って思ったけど、最近はいろいろと買っていたら、お金がやばいことになってる・・・。DVD何枚買っているんだ、おもちゃどれだけ買っているんだ、って感じだし。うーん、明日も家に引きこもっていようかなぁ。さて、『ガンダム00』の感想ですね。物語も佳境。どう話が展開していくのか、期待と不安を抱きながらみてました。では、感想です。

今回は、面白かったです。

グラハムを退けた刹那。刹那の帰艦で、王留美からのメモがトレミーにもたらされる。ヴェーダの所在を知ったソレスタル・ビーイングの面々は、新装備を携え、アロウズ艦隊を突破する作戦を開始するが・・・、という話。アロウズ艦隊との一大決戦な回でしたね。画面をところ狭しと躍動するMSたちは、やっぱり心を湧き立たせるものがありますねぇ。新装備も、ソレスタル・ビーイング側だけでなく、バズーカ装備のアヘッドといったアロウズ側も描かれているのもいい感じだし。バズーカ装備のアヘッドの大軍に、1stガンダムの終盤の展開を重ね合わせて見てしまったよ。アヘッドがドムと重なったのかなぁ?

今回、もはや雑魚になり果てているアヘッドが、それでの活躍できたのは、「数で圧倒せよ」と言いながら、しっかり効果的な作戦をとるグッドマン准将のおかげ。アンチビームフィールド、なかなか憎いことをする、この金髪デブ(褒め言葉)。ビーム兵器を制限されると、ガンダムといえど、ここまで苦戦するものなのね。特にビーム兵器の塊のようなセラヴィーなんて、単なる役立たずのでかい的・・・。まぁ、こうしたグッドマンの作戦も、カタロンとマネキンの増援で形勢逆転されてしまうんですけども。それにしても、グッドマンの作戦と、マネキンの先を読む優秀さは出ていましたが、ピンチになってもなんの指示もださないスメラギは、なんか一期のときの感じ戻ってしまった印象・・・。

最後にリジェネがリボンズを撃ち殺していましたけど、予告で普通にリボンズいるし・・・(笑)。影武者?まぁ、リボンズ、今回の話の途中で、大量のブリング(?)を引き連れていたからね。階段にところ狭しと押し詰められたブリングと記念写真をとるかのようなリボンズ、この場面は笑わざるを得なかった・・・。リボンズはイノベイターをいくらでも生み出せるという理屈はわかるけど、同じ顔があんなに大量にいるのはね・・・(笑)。

では、以下、思ったことをこまごまと。

・グラハムのスサノオを攻略する刹那。今回の戦いでは、決着がつかないのかなぁ、と思っていたんだけど、違いました。意外とすんなりと。死を求めるグラハムと、「生きることが戦いだ」と言い、トドメを刺さない刹那の対比は良かったですよ。それにしても、「極み」を連発するグラハム・・・(笑)。「極み」というと、カレーのルーを思い出す自分・・・。どうでもいいか。あと、グラハムの回想シーンは、笑わずにはいられない。グラハム、本当に日本に憧れる外国人の姿そのままじゃないか・・・(笑)。畳の部屋で正座してるし(笑)。滝に打たれてるし(笑)。ホーマーさんもなかなかやりますなぁ(笑)。「我事に於いて後悔はない」、こんなことが書かれた掛け軸飾ってるし(笑)。

・ヴェーダの所在の判明。月の裏側だそうです。ラグランジュ2らしいです。リボンズさん、こんなところに隠れていたのね。光学迷彩使って。しかし、トレミーの場所から月の裏側まで映像が得られる、ってのはすごいなぁ。まぁ、この段階で、トレミーがどこにいたのか、自分、よく分かっていないんですけども・・・。

・アロウズのソレスタル・ビーイング殲滅作戦。ライセンスもちは、参加しないようです。意にも介さないグッドマンの気持ちはよくわかります。イノベイター、というかライセンス持ち、散々作戦を失敗しているし。で、リボンズの命令で部隊を離れるライセンス持ち。あれ、アンドレイもライセンス持ち?アンドレイの乗るアヘッド、バックパックがすごいですなぁ。地味に新装備。そして、ルイス、もう完璧危ない人間に・・・。「ざまあみろ」って・・・。カテジナ化、急速進行中・・・。

・ラボからの補給を受けるトレミー。使えるものはすべて持ってきたというリンダは、状況がわかっているということか。0ガンダムも使えるようにしたみたいで。下からの0ガンダムの姿、RX‐78そのままのように見えて・・・。この0ガンダムには、ラッセが乗るのかな?そして、0ガンダムと一緒に死ぬのかな?

・決戦に挑むソレスタル・ビーイングの面々の決意。ソーマ、やっぱり男前すぎる・・・。沙慈も戦う決意をしたのね。そういえば、前回、ライルは刹那を許せないという気持ちを抱いていたが、それはどうなったのかな?

・宇宙に上がったカタロンとマリナ。マリナと子どもたちまで宇宙に上がったのかよ。これは、宇宙で歌う気満々だな。「私たちの歌を聴けえ」、って、マリナと子どもたちオンステージ・・・。マクロスみたいな展開を想像してしまう・・・。あと、このときカタロンにマネキンからの戦術プランが届いているのね。マネキン、悪役っぽい登場の仕方しちゃって、なかなかお茶目でした。

・生か死の選択をするグラハム。グラハム、切腹しようとしてる(笑)。日本刀常備してたのね、グラハムさん・・・。時代遅れも甚だしい(笑)。「武士道とは、死ぬこととみつけたり」、ぷぷぷっ(笑)。言葉の意味が面白いのではなく、グラハムが言っていることが笑わざるを得ない。でも、スタッフ、これやりたくて、ミスター・ブシドーなんて偽名にしたんだろ(笑)。そうだろ?まぁ、結局、グラハムは死ねませんでしたが。

・刹那に花をプレゼントするフェルト。フェルト、いつのまにそんな思いを・・・。ライルには裏切られたからね。まぁ、刹那は気づいてなさそうだけど。でも、フェルト、マリナに気を使っていますなぁ。というか、マリナとの関係を刹那に問いただす意味もあったのかな。急遽、刹那をめぐって女のバトル勃発・・・。で、刹那、やっぱりマリナとの関係、即座に否定するのね(笑)。

・新装備で発進するガンダムたち。それぞれの機体が少しずつ強化されて順次発進していく様はいいですねぇ。新たな剣を持った00、ブースター(追記:というか、ミサイルポット?)を装着したアリオス、右肩に盾みたいなものを装着したケルディム。あれ、セラヴィーだけ変わってないような・・・(追記:装甲追加されていたのね。気付かなかった・・・)。お、ソーマがマリーという呼び名を受け入れたぞ。あら、00ライザー、合体した時、変なポーズ取らなかったぞ。

・アロウズの部隊と交戦するソレスタル・ビーイング。今回、終始、GNアーチャーの動きがカッコイイぞ。なんかスタッフの愛を感じる・・・。あら、アリオスが普通に戦力となって戦ってる。珍しいこともあるものだ。まぁ、先行するGNアーチャーの援護みたいな位置取りですけど。

・グッドマンによる、特務艦の特攻にみせかけたアンチビームフィールドの展開。まんまとはめられちゃって、スメラギさん・・・。トレミーも被害をうけてるし。このアンチフィールドのなかで、実弾装備したアリオスが意外と役に立っているぞ・・・。珍しいこともあるものだ。まぁ、泣きごとの一つも言わず、華麗に戦い続けるGNアーチャーにはかないませんけどね。

・トレミーが危機に陥ったとき、カタロンの増援が到着。カタロン部隊、しっかり実弾装備しております。それもこれも、あの人の戦術予報のおかげですね。さすがマネキン。二期になってマネキンが、初めてスメラギの上を行く作戦をとったような・・・。それにしても、スメラギさん、ただ戦況を観察しているだけでは・・・。

・アロウズ艦隊の背後からマネキンの艦が登場。グッドマンに通信で、アロウズの「蛮行の断罪をする」なんて言ってしまうマネキン、カッコよすぎ。まぁ、グッドマンは、「あの女狐め」なんて言っていましたが。でも、これでアロウズ艦隊を挟み打ち。味方部隊をマネキンの部隊に向けつつ、損傷した味方艦が攻撃の邪魔になっていることに焦るグッドマンは、局面がやばい状況になっていることを分かっているのですね。やっぱり優秀だったのかな、グッドマン。味方の犠牲も顧みないさまは、残忍さみたいなことを感じさせますが。でも、そのグッドマンも、カタロンの援護でアンチフィールドをすり抜けてきた00ライザーによって、艦ごと撃沈。自分の身の可愛さから、逃げながら死ぬ姿は、彼らしい感じがすごくしました。そういえば、コーラサワー、お久しぶりです。ソレスタル・ビーイングと共闘関係になった彼は、もう死の危機に瀕することはないのでしょうか?

・リボンズを撃ち殺すリジェネ。リジェネのやってきたことは、すべて脳量子派でリボンズに筒抜け。なんとも悲しいですなぁ、リジェネさん。どんなにあがいても、所詮リボンズの駒でしかないというか・・・。リボンズを撃ち殺したリジェネ、「人類を導くのは、このボク、リジェネ・レジェッタだ」、えーっと、それ、アレハンドロのセリフ・・・。それに、そんなこと言ったら、かれが小物であることをアピールしていることに他ならないじゃん・・・。

アロウズとの一大決戦は終わり、次回からイノベイターとの戦いになるようですね。ラグランジュ2には、イノベイターの大型母艦が隠れているようですし。物語もまさに佳境。どう話が展開していくのかな?一話一話に目が離せなくなってきました。ほんと、次回も、楽しみです。

スポンサーサイト

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第48話、『BLUE DRAGON』第47話の感想

今朝起きたのは、9時半。危ないもう少しで『絶チル』の放送に間に合わないところだった。普段の日曜は、だいたい8時くらいには起きているんだけどなぁ。まぁ、よく寝たぶん、朝から目が覚めている感じがしますけど。しかし、今日はいい天気です。気持ちがいいし、外にでも出かけて・・・って、いかん、『絶チル』と『ブルドラ』の感想を書かないと。物語も佳境に入った二作品の感想、いってみましょう。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、なかなか面白かったです。

力の制御がうまくできず、暴走するような症状をみせる薫。皆本は薫に一人部屋での待機を命じる。落ち込む薫を連れ出したのは、澪とパンドラの連中だった。彼らは、ブラックファントムと戦うというのだが・・・、という話。今回の話、テンポよく物語が進んでいったので、面白く見ごたえがありました。薫の身にあらわれた頭痛と暴走、これは強力すぎる薫の力は、薫にとっての無償ではありえない、ということのあらわれなのかな?というか、力の大きさに対して、子どもである薫の体がついていけないということなのか?でも、脳内出血でははなぁ・・・、鍛えるとかはできない感じがするし。なまじ未来の薫を知っている分、想像の範囲が狭められるというか・・・。薫の身の危険を案ずるようなドキドキ感がないというか・・・。まぁ、悪いわけではないんだけど。

それにしても、放送も終了間際だというのに、新キャラが続々と・・・。今回の作戦を仕切っていたのは加納紅葉で、澪や桃太郎とともに、カズラとカガリを率いていた、と。Wiki見て、整理整理。今回出てきたブラックファントムは、パティ・クルー、と。ふむふむ・・・。紅葉は前からでていたから顔は知っていたが、カズラとカガリは初めて登場。今回一回限りのキャラなのかなぁ。カズラちゃん、なかなか可愛らしいのに・・・、能力はなかなかグロテスクだけどね。

では、以下、思ったことをこまごまと。

・ホテルで受付をするダブル・フェイス。ターゲットに思いっきりスルーされてる・・・。どんな危ない人でも、チェックインぐらいは普通にするだろ・・・。バベルの連中、ホテルで何してるのかな、と思ったら、作戦のようで。「姉さん・・・」、そういうドラマありましたねぇ・・・。

・兵器の密輸(?)密売(?)の現場に皆本とチルドレンが突入。普通の人なら、その筋の人であろうと、チルドレンにとってなんら敵ではないのですね。「このあと爆弾で」と言っていた皆本の周りに爆弾が・・・。薫がみんなを守って、皆本は「よかった」と言っていましたが、ホテル思いっきり爆破されているし、全然よくないような・・・。

・皆本を襲おうとした能力者に対して薫の力が暴走。相手を殺そうとしております。やめられない、とまんない・・・。でも、まだ薫の自我があるうちは、大丈夫なのかな。力の制御ができないみたいですけど。で、皆本がリミッターを使って、事態を収拾。殺人鬼にならずにすんだ薫。よかったねぇ。

・検査をうける薫は、次の任務で待機を皆本に命じられる。薫を待機させるのは、もっともなことだけど、皆本の言い方はなぁ・・・。「来なくていい」だっけ?あんな役立たずみたいな言い方をされたら、薫でなくたって傷つくって・・・。

・落ち込む薫のもとに現れたのは、澪と桃太郎。やっぱり薫と澪は喧嘩するのね。喧嘩するほど仲がいい、って言うけど。まぁ、似た者どうしだからなんでしょうけど。二人が喧嘩している端で、一人食べ物に夢中な桃太郎は、なんかいい。

・薫を連れ出すように命じたのは、紅葉。新キャラ二人を率いています。それにしても、パンドラの連中、喧嘩っ早いなぁ。まぁ、ボスである兵部が、いつも追っかけている女が薫、ということなら、気にいらなくなるのは仕方がないのかな。この場面、各キャラクターの能力の紹介という意味もあったと思いますけどね。カズラの能力は、体全体を触手のようなものに変形させることなのかな。顔に似合わず・・・。一方のカガリは、火を吹く能力?普通だなぁ・・・。で、紅葉は、空間を固定させる能力のようで。たしかにこれは強そうだ。

・薫のリミッターを壊されたことで、皆本から電話。必死に取り繕うとする薫は・・・。ウソバレバレじゃん・・・。それにしても、後ろの連中の顔(笑)。クールな感じの紅葉もだし・・・(笑)。

・飛行機を墜落させて敵をおびき出す紅葉。その飛行機に乗っていた他の乗客の命は、大事の前の小事のようで。これは、薫が反発するのも当然だなぁ。結局、乗客の命を救出することになったけど、みんなで救出するときの絵、なんか笑えた。みんなで、飛行機の上に乗って、力を合わせて、って感じだし、同じポーズだし。

・変装する薫。あら、なかなか可愛らしい。でも薫、わざわざ変装する必要あったのか?ブラックファントムにとっては、バベルもパンドラも協力しようが、何をしようが敵という認識しかないと思うんだけど。それに、薫が皆本たちとニアミスするような可能性があるのならわかるんですが、全然場所は違うようだし。それにしても、カツラを持ち歩く女、紅葉。兵部との作戦だとしても、戦いの場に行くのに、カツラを用意する様を想像するとなんか面白い。

・パティと対決するパンドラ+α。空気読めよ、薫・・・。そこは、パンドラでいいじゃん・・・。それはいいとして、パティの能力は、体を細かい粉のように変える能力みたいですね。粉の広がる範囲は、彼女のテリトリー、という感じなのかな。そのなかなら、どこでも体を再構築できるようで。

・澪の言葉で、自分がいつも見守られていることを知る薫。皆本や母親の彼女への厳しい言葉も、彼女のためを思って、ということを薫が知ったようですね。それに対して、澪はどうなのかなぁ。兵部は澪のことも考えていることは分かるけど、彼女の前にいつも薫が出てくるからなぁ。可哀想といえば、可哀想な感じがする。

・みんなの力を合わせて、薫の力でパティを倒す。うわ、黒い翼・・・。あと、このためのパンドラ連中のリミッターだったのね。自分、この段になって、初めて今回の話で、紅葉が薫を誘った意味がわかりました・・・。薫しか今のところ、ブラックファントムに操られている連中を救うことができないのを、すっかり忘れていました・・・。パンドラの連中あれだけいても、葵と紫穂の力にはかなわないんだ・・・。最近、葵と紫穂がそこまですごいとは思えないんだけどなぁ。

・脳内出血で倒れた薫のところにやってきたのは、兵部。噂をすればなんとやら、この男、ほんといい場面でやってくる。今回の事態の一部始終もしっかり見ていたということか。まぁ、パンドラの作戦でもあるわけで、当然といえば当然ですが。あと、パンドラの連中に、兵部が薫にどうしてそこまで固執するのかを知らしめたかったみたいですね。兵部と紅葉の計画というか・・・。で、薫の怪我は、兵部があっさり解決。おまけに今回の事の記憶間で消して。万能ですなぁ、兵部。そういえば、今回、薫は全く兵部をみていないんだよね。なんか不思議な感じ・・・。

次回もブラックファントムとの戦いの話ですかね。皆本が子どもにされてしまうみたいですけど。でも、終盤になって、ブラックファントムとの戦いが続くということは、最終的にブラックファントムを倒すということで、話をまとめるのかな。どうなんでしょう?まぁ、とりあえず、次回も楽しみにしています。


『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回は、なかなか面白かったです。

ルドルフの審判により裁かれるロッタ。ヒルデガルドに痛めつけられるロッタをシュウたちは救出する。そして、再び対面したルドルフとシュウ。いよいよ両者の対決がはじまる、という話。クライマックスに向けてまだまだ話が加速していますね。そして、ロッタさんの見せ場の回。追い詰められた状態で、すべてルドルフの思惑どおりに事が運んでいることを問い詰めるロッタさん、カッコいいぜ。でも、ヒルデガルドに対してあんなに痛めつけられるとは・・・。もっと強いと思っていたんだけどなぁ・・・。

で、ルドルフの計画が明らかにされましたね。上位生命体がよりよい進化をするために、人類を箱庭のなかの実験体として観察していた、と。そして、自分たちの進化になんら有益ではないから、抹殺を開始した、と。神をきどりながらも、自分たちの利益しか考えていない、彼。どうしようもないなぁ・・・。まぁ、まだルドルフには裏がありそうですけど。でも、こんな独断ばかりのルドルフをみたら、一番彼に従順そうにみえたヒルデガルドが、彼に疑問を抱くのも無理はない。上位生命体の進化を考えている、といいながら、ルドルフのもとにはだれもいなくなってしまったし。

今回、ヒルデガルドもカッコ良かったなぁ。みなおしたというか。かれらの法律を遵守する立場から、ルドルフに協力することができない、ということをしっかり主張するし。ただ、ルドルフの命令を聞いているだけの存在ではなかったのですね。まぁ、種の保存を最優先に考えて、という行動のようですけど。でも、かれ、このあとどう動くのかな?

では、以下、思ったことをこまごまと。

・黙っていたロッタだったが、ついにルドルフに反論する。人類を抹殺することを前提として、事を運んでいた、ということのようですね。試練といいながら、ただ人類を手玉にとって遊んでいたというか。ルドルフは、上位生命体の進化ということが考えにあったようですけど、人間と接触し変わっていったロッタやノイが、一番上位生命体の進化を体現しているように感じるのは、なんとも皮肉的。

・ロッタを裁くルドルフ。決をとらずに、権限で判決するルドルフをみて、ヒルデガルドもかれに疑問をもったようですね。上位生命体がこれ以上いなくなるのもどうか、と考えるヒルデガルドの思いも良くわかりますし。でも、ロッタはヒルデガルドが倒すことに。

・ヒルデガルドとロッタの戦闘。いろいろとトリッキーな攻撃ができるヒルデガルドに比べて、ロッタさん、特徴がないなぁ・・・。ヒルデガルドの体からもうひとつの顔が生えてきて、ロッタさんやられてしまうし・・・。もう少し善戦してほしかった。両者は互角の勝負をするが、ルドルフがヒルデガルドに手を貸して、ロッタが追い詰められるとかさぁ。

・ロッタを助けるためのシュウたちの作戦。ルドルフの前に現れたシュウの声が、いきなりブーケに変わったのは、ビックリした。で、あぁ、なるほど、と。ブーケのこの能力、しばらく見ていなかったのでわすれていたよ。ブーケが気を引いて、その隙にシュウがロッタを救出、そんな感じになりました。なかなかうまい作戦だったのではないかと。

・ルドルフに対峙するシュウ。ノイも、かれに疑問をぶつけていましたね。自分たちを倒すチャンスはいくらでもあったのに、なぜ見逃したのか、と。どうなるのか見てみたかった、ということだったっけ?ルドルフの答え。やっぱりまだルドルフには、裏がありそうだなぁ。

・決戦を前にプリムラの体に異変が起こる。封印が解かれる、とか言っていましたね。プリムラは、タルコフスキーの孫ではなく、かれが発見した存在なのかな。というか、孫の体に、なにかを封印したということなのか・・・。実はなんなのか非常に気になります。

・ルドルフとシュウたちの決戦がはじまる。ブーケの「最後の合体」という言葉が、クライマックスを感じさせるなぁ。ブルードラゴンと合体したシュウに対して、ドラゴンを出しただけのルドルフ。この男やはりなにか隠してる・・・。

さて、次回はついにシュウたちとルドルフとの決戦ですね。まぁ、次回では、決着はつかないかな。あと、プリムラが隠していたことの正体がわかるみたいだし。気になることが多いなぁ。次回は、本当に楽しみです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。