五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第23話「命の華」感想

『ガンダム00』も終盤ですね。ところで、今日からちょっと、アフェリエイトつけてみました。金儲けしたいという魂胆はあまりなく、ブログが文字ばっかりでさびしいからだけなんですけどね。絵を載せようにも絵が描けないし、写真を載せようにもデジカメもってない・・・。それなら、ということでやってみました。少しは見栄えが良くなったかなぁ。さて、『ガンダム00』の感想。タイトルは「命の華」ということで、たくさん死人がでるのかなぁ、と思っていたんですが・・・。ここで本題に入ることはないか。では、第23話の感想、いってみましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

旗艦を落としても続くアロウズ艦隊との戦闘。そんな中、一筋の閃光が、戦場そのものを破壊しつくしてしまう。ついに姿を現したリボンズの母艦「ソレスタル・ビーイング(これが艦の名前ということでいいのかな?)」。トレミーはスメラギの指揮のもと、この巨大な艦に眠るヴェーダの奪還作戦を開始する、という話。

主要キャラが次々と死んでいく回になるのかと思っていたんだけど、・・・あれ、ほとんど死んでないでしょ?死んだのはリジェネだけ・・・。まぁ、リボンズ艦の攻撃で、死人は大量に出ていますけどね。コーラサワー?たぶん死んでないでしょう。彼が死ぬときは、もっと劇的にカッコイイ場面だと思うし。それに彼、二期になっていまいち活躍してないし、こんなところで死んでもなんの感動もない。あと、ソーマも、どうなったんだ、という場面で終わりましたが、予告で顔見せてるしなぁ。

そんなことはさておき、今回も戦闘は大迫力ですなぁ。宇宙を駆け巡るMSたちの姿もいいけれど、今回は、因縁の相手との直接対決という場面もあってよかった。これは盛り上がらざるをえないし。刹那・沙慈VSルイスとおまけにアンドレイ、ロックオンVSサーシェス、ティエリアVSリヴァイブ・ヒリング。あれ、アレルヤが・・・。彼、トレミーの防衛してました・・・。相変わらず、地味だなぁ、アレルヤ。でも、今回の因縁の対決、OPで対決している相手と違う・・・。ロックオンとティエリアは対決する相手、逆だし。どういう意図があるんだろう?本当の因縁の対決は、まだこの後にありますよ、ってことなのかなぁ?

ところで、リボンズの用意した大量のイノベイター軍団は・・・、ただの特攻兵器でした・・・(笑)。あれはないよなぁ・・・。新型のMSガガに乗って、ソレスタル・ビーイングに対して、圧倒的な数の有利を作る存在なのかと思っていたら、これだもん・・・。イノベイターを大量に作ろうとしたら、不完全な存在にしかならなかったのか。それとも彼らの乗る大量のMSを用意しようとしたら、不完全なものしかそろえられなかったのか。たぶん、話を盛り上げるために大量の敵を用意してみたけど、そんなことしたら、ソレスタル・ビーイングに全く勝ち目がなくなってしまう。例えガンダムであったとしても、イノベイターの機体をバタバタと倒していくのは、これまでの話の設定と合わなくなるし。そんなわけで、あんなことになったのでは、と想像してます。話の都合で、って感じだったのかなぁ、と。

では、思ったことをこまごまと。

・リボンズを殺したリジェネ。でも、やっぱりリボンズは死んでませんでした。リジェネ、「イオリアの計画がすべて僕のものに」、なんて言っていたのにね。リボンズは、ヴェーダと意識が直接つながっているために、体を殺しても意味ないみたいですね。で、サーシェスに殺されるリジェネ。結局、リジェネは思ったほど話をひっ掻きまわしてくれなかったなぁ。リボンズをさらに小さくした野心家にすぎなかったというか。なんか勿体ないキャラだったような・・・。

・残存のアロウズ艦隊に対して、艦隊の中央を攻撃して敵の分断をはかるマネキン。旗艦が撃沈されても元気ですなぁ、アロウズ艦隊。彼ら、どういう思いで戦っていたんだろ?自分、マネキンの戦術云々よりも、アロウズ兵の心情のほうが気になった。それにしても、トランザムもしていないのに、一撃で戦艦を撃ち落とす00ライザー、強すぎだろ・・・。

・スメラギとマネキンの通信。ライバルが、ついにご対面。二期になってからこれまで、二人が顔を見て互いに認識しあったことあったっけ?それにしても、お前たちを助けたわけではないぞ、というマネキンの態度は良かったなぁ。マネキン、この戦いが終わったら、ソレスタル・ビーイングに罪をとらせる、なんて言っちゃって。ツンデレ、って感じもしますが、まぁこれが彼女の本心でしょうね。でも、一時的な共闘にすぎなくても、ともに戦ってくれるのがマネキンで、スメラギはうれしかったとは思いますけどね。

・突如、戦場そのものを破壊する巨大なビームの到来。戦場が一瞬にして墓場と化しました。MSの残骸がすごいなぁ・・・。あれ、アヘッドの顔だけが浮いてる(笑)。ついにリボンズが動き出しました。どうやら、一つのGNドライブの力をフルに使い、一射する兵器のようですね。でも、この一射目、大打撃を食らったのは、リボンズにとって味方であるところのアロウズ艦隊だったような・・・。まぁ、ソレスタル・ビーイングとかは、刹那の声で逃げる時間があったようだし、艦隊の数にしてもアロウズとその他では規模が全然違うからでしょうけど。

・現れるリボンズの母艦。光学迷彩を解除して、出てきましたリボンズの船。コロニー型外宇宙航行母艦「ソレスタル・ビーイング」、というらしいですね。月に寄生するキノコみたいな外見をしていますけど・・・。そして、これもイオリアの爺さんの開発。なにからなにまで・・・。この爺さんはすごすぎるなぁ。で、リボンズ曰く、この船は人類の希望で人類を滅亡から救うもの、らしいです。そして、またまた出てきました「来るべき対話」。今だに何と対話するつもりなのかが、分からないんですけど・・・。宇宙人でもでてくるのか?

・リボンズの船が姿を現したことで、スメラギはトレミーによるヴェーダ奪還作戦の開始を宣言する。世界を変えたことへの償い、再び未来を変える、と言うスメラギはカッコいいなぁ。そして、これがラストミッションか・・・。ここから、この作品の最後の戦いが始まることを宣言されると、なんとも感慨深い。

・ガンダムとトレミーの攻撃にさらされるリボンズは、ガガ部隊を発進させる。最高に笑える場面でした・・・。これだけの量のMSと、どうトレミーが戦うのか、と思っていたら、ガガは特攻兵器なんだもの・・・。拍子ぬけというか、なんというか・・・。それにしても、次々と突撃していくガガの群れは、シュールだなぁ(笑)。で、この新型のガガ、開発したのはビリーなのね。思いもよらぬところで登場のビリー。最近、姿を見せてなかったなぁ、と思っていたら、こんなところにいたのかよ。

・ガガの大軍に苦戦するトレミーを援護するマネキンやカタロン。ソレスタル・ビーイングの艦もトレミーの盾になって撃沈しましたね。この船、この役割のためについてきていたのか?それはさておき、コーラサワーが母艦を守って撃墜されました。マネキンに愛の告白、・・・たぶん、生きているから、結局、台無しになるんだろうなぁ。なんか全然感動しなかったし。死んでいたら、自分の見込み違い。

・トレミーはトランザムを使って、リボンズ艦に突入。トレミーだけでトランザムできるんだ?0ガンダムの存在を考えたけど、GNドライブついてなかった・・・。で、トレミー、艦に突入して、何をするのかというと、艦のシステムを解析して、ヴェーダの位置を探る、と。なるほど。そんなトレミーに大量のオートマトンが攻撃。こんなところでもオートマトンが活躍するとは・・・。

・ガンダムはそれぞれ因縁の敵との対決。レグナントと互角に戦う00ライザー以外は、敵に押されているなぁ。ロックオンはサーシェスにやられっぱなしだし、またしても腕を切られるセラヴィー。今回は、両腕切られております。このセラヴィーの形、アクエリオンみたいなことをしそうだなぁ。でも、後ろの腕、左右が逆か・・・。強敵を相手にするガンダムたちのなかで、夫婦そろってトレミーの防衛に当たるアリオスとGNアーチャー。お前ら、アンドレイと戦わなくていいのかよ。って、アンドレイ、ルイスのところにいた・・・。しかも、アンドレイ、00ライザーにあっさり足撃ち落とされてるし・・・よわっ・・・。あと、0ガンダムについては、・・・うーん、何も言うこと無いなぁ・・・。

・銃を持ってブリッジを飛び出したスメラギの前に現れたのはビリー。出た、スメラギを倒すためだけにここまで来た男。スメラギも視聴者も今回まで、すっかりその存在を忘れていた男。スメラギは、なぜビリーがこんなところにいるのか、不思議で仕方無かったに違いない(笑)。しかし、ビリーに銃が撃てるのかねぇ。まぁ、そのためにオートマトンを引き連れているような気もしますけど。

・ルイスと戦う刹那と沙慈。「世界を乱す悪」と非難するルイスに対して、「それで幸せになれるの。戦いで勝ち取った未来は、未来じゃないよ」という沙慈。沙慈も言うようになったなぁ。この場面、沙慈のセリフの入り方がすごい良かった。

・セラヴィーから抜け出したティエリアは、リボンズと対峙する。リボンズのいた場所、あれがヴェーダなのかね。セラヴィーの真の力を発揮させるためにも、ティエリアにはヴェーダを奪還してもらわないといけないし。でも、リボンズの体を撃っても、リボンズは死なないんでしょ。リボンズはヴェーダの中に意識があるらしいし。ちょっと待てよ、ヴェーダとリンクしたセラヴィーは真の力を発揮する。でも、ヴェーダの中にリボンズがいる。真の力を発揮したセラヴィーは、リボンズによって操れる、ということに。つまりは、セラヴィーがこの話のラスボスになる可能性もある、ということのような・・・。ラスボスはリボンズが操る真の力を発揮したセラヴィー、そういうことも予想しておきます。まぁ、こう考えると、ティエリアがどうなるんだ、って問題があるんだけどね。

次回も、このまま最終決戦ですね。そろそろラッセも死にそうだなぁ。0ガンダムとともに。ラストシューティングやったりして・・・。さすがに無いかなぁ、狙いすぎだし。予告では、刹那が革新者になるようですけど、今の刹那から何がどう変わるのやら・・・?兎にも角にも、残り二話。次回も、楽しみにしています。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]
(2009/04/24)
宮野真守三木眞一郎

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第49話、『BLUE DRAGON』第48話の感想

もう三月も半ば、『絶チル』と『ブルドラ』の二作品も、もうすぐ終わってしまいますね。こうやって二作品まとめて感想書くのも、あと三回なのかな?たぶん、『ブルドラ』のほうはこちらでは放送自体が一週遅れているので、四月の頭まで放送ありそうですけど。でも、結構しんどかったんだ、二作品まとめて感想書くの。朝から頭フル稼働って感じだし。それももう少し。あとは、一回一回をしっかりと書いていくだけですね。・・・と言いながら、今日の『絶チル』の頭の部分見逃したんだけどね。まぁ、いいや。では、『絶チル』と『ブルドラ』の感想、いってみましょう。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、なかなか面白かったです。

記憶を失った谷崎と彼が握りしめていた花。謎を解明しようとする皆本も襲われ、ここ十年の記憶を失ってしまう。そんな皆本の前に現れたのは、兵部だった。彼は、皆本に記憶を取り戻す治療を施すと同時に、皆本の姿を、今の記憶に合った子どもの姿に変えてしまう、という話。

とりあえず、兵部、どこまで甲斐甲斐しく皆本の面倒みてるんだよ、と。敵はブラックファントムだし、バベルとパンドラがいがみ合っている場合ではないとはいえ、兵部、記憶を失った皆本の世話をするとは・・・。学校までパンドラで支配してるし・・・(笑)。チルドレンを自分のものとする、絶好のチャンスでもありそうなのにね。兵部にとって自分のライバルと認めている皆本と、こんな形での決着は紳士的ではないと思ったのかな。というか、大変な状況にある皆本を放っておいたら、チルドレンが自分を見損なうと考えたのかな。

それにしても、パンドラが学校を支配したのは面白かった。パンドラの連中が、教師や生徒として普通にいるし・・・(笑)。職員室の雰囲気、どう考えてもやばいだろ・・・(笑)。先生役のパンドラ連中、何教えるんだろ?というか、短い間とはいえ、ちゃんと学校を運営していけるのか?・・・って、兵部、生徒になっているし(爆笑)。どこまで同じ土俵で皆本と争いたいんだ、おまえ・・・。あ、澪はこのまま学校のお世話になったほうがいいじゃない。お頭もちょっと弱いようだし。兵部あたりがリミッターつけてやってさぁ。

そういえば、パンドラ、コントみたいなことをしていたけど、敵であるブラックファントムが動き始めているんだし、ブラックファントムと戦おうということにはならなかったの?もしかして、学校の支配は、ブラックファントムをおびき出すための罠なのかな。ブラックファントムが狙っているのはチルドレンだし、彼女たちを囲ってしまう、という意図もあったのかな。あら、なんかつじつまが合ってきたような気がするぞ。

では、以下、思ったことをこまごまと。

・記憶喪失になった谷崎。ブラックファントムのユーリが「けがらわしい」と吐き捨てていましたが、まぁ、彼はそうですね。変態オヤジですから。しかし、記憶喪失になった谷崎を見て心配するナオミは・・・。やっぱり、喧嘩するほど仲がいいってことなのでしょうかね。なんか、娘を溺愛する父親と、思春期の娘。そんな関係にみえますけどね。

・任務のために出動するチルドレン。意外とうまいこと事件を解決することもあるのね。なんか、いつも失敗ばかりしている印象があるので・・・。これも彼女たちが成長した、って証なのかな。なんか、体も成長しているようですけど。脇が破れるってのはわかるんですが、胸のボタンが取れるってのは・・・。よくよく考えてみると、チルドレンの制服、機能性に優れていないような、任務に適していないような・・・。

・犯罪者のもっていた花を見つける皆本。倉庫の裏には、その花が咲き乱れています。・・・って、なんの花だったっけ?花言葉までしっかり説明してくれたんですが、自分、すっかり忘れてる・・・。

・ユーリに襲われる皆本。ユーリ、皆本に真実を知られそうになったから襲ったのではなくて、もともと襲おうとしていたのね。なんでこのタイミングだったんだろう、って気がしますが・・・。で、まぁ、普通の人の皆本が、一人で能力者にかなうわけもなく・・・。

・バベルから皆本が襲われたという連絡をうける賢木。あれ、彼の携帯のストラップ、ランカちゃんでは・・・。銀河の歌姫、こんなところにも人気が・・・。で、自然に場を去ろうとした賢木ですが、チルドレンに見透かされています。賢木、一瞬でも真面目な顔見せては・・・。ウソが下手なのね。まぁ、こういうところこそ、女性がキュンっとなるところなのでしょうけど。でも、柏木さんは呆れてましたなぁ。

・バベルに強行突入する兵部。力ずくで皆本の治療にやってきた兵部さんです。いつもの優雅な侵入方法とは違いましたね。それだけ皆本が心配なのか?兵部もすっかり皆本の虜、口ではいろいろと挑発的なことを言っているけどさぁ・・・、いかん、これは言いすぎ・・・。兵部「まさしく愛だ」とか言ったらさぁ・・・、あぁ、これ声優さん逆か・・・。えっと、皆本の治療器具と化した桃太郎、置物になったみたいで、なんかかわいかったですね。

・子どもの姿になる皆本。兵部が、皆本を今の記憶にあった体にしてくれたみたいですね。子どもの記憶しかない皆本、大人の体なら危ない人ですけど、子どもの体なら大丈夫。しかし、どこまで親切なんだ、兵部・・・。もしかして、兵部にとって、大人な皆本はダメだけど、子どもの皆本なら・・・、ってこともあるのかなぁ。ロリコンに、ボーイズラブに、ショタコン・・・。兵部に、いろいろな変態の要素がつけ加わっていく気が・・・(笑)。

・子どもになった皆本を可愛がるチルドレン。子どもになった皆本は、最強ですね。女性の心を独り占め。って、賢木、おまえもかい・・・。でも、なんだよ、女ものの服を着せられた皆本のはにかんだ姿の妄想は・・・(笑)。

・学校へ行くことになる皆本とチルドレン。兵部によって、皆本が学校に通うために準備がしっかりされていました。どこまで面倒みてるんだよ、兵部(笑)。自分も子どもの姿で学校にいるし。先生とかじゃないのが、本当に笑える。ふと思ったが、もしかして、桃太郎が彼の身近にいないために、兵部の変態さに歯止めがかからなくなっているのか?いいや、兵部には、深い考えがあるはず・・・だと思うんだけど、どうだろうなぁ・・・。

・自分の居場所があることに喜ぶ皆本。なんか、天才児だった皆本は、隔離されることになっていたみたいですね。チルドレンと共通するような悩み。でも、あんまりいらないように思うけどなぁ、こういう設定。まぁ、次回での話で重要な意味を持ちそうなことでしたけどね。

今回はこんな感じで、続きは次回なのかな。パンドラの支配する学校、皆本が記憶を取り戻すかどうかが中心の話になるみたいですね。ブラックファントムはどうなったんだ?というか、こんなことしていていいのか、って感じもしますけどね。話がどうなっていくのか、次回も楽しみにしています。


『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回は、なかなか面白かったです。

ルドルフと戦うシュウたち。しかし、ルドルフの圧倒的な力の前に、シュウたちは倒れてしまう。そんなシュウの前に封印を解いたプリムラが、ルドルフを倒すためのカギをシュウに提示する、という話。

今回の話、はじめのほうのひたすら一方的にシュウたちがやられる場面は、なんか長ったらしくて、うーん、と思っていたんだけど、プリムラとシュウが会話するところからもうね・・・。プリムラとシュウのやりとり、シュウの言葉は、本当に熱かった・・・。自分の身を犠牲にしようとするプリムラの提案に乗ったら、シュウは運命のままに進むことになる。例え、ルドルフを倒すには最善の策だとしても。でも、シュウはきっちりプリムラの提案を否定してくれましたね。「運命は切り拓くもの」、その信念を曲げなかったシュウは、ほんとにカッコ良かった。

で、今回、プリムラの正体がわかりましたね。やっぱり、ゾラ。でも、闇に飲み込まれたゾラの光の部分がプリムラだった、ということのようですけど。自分、一期を見ていないから、ゾラについては、二期での回想でしか知らないんですけどね・・・。そんなゾラの光の部分を体に宿したのがプリムラ、と。体のプリムラは、タルコフスキーの本当の孫なのかなぁ?

そのプリムラは、闇さえも拒絶する光の部分なので、闇と同じ性質の上位生命体にも効力がある、と。だが、それをすると、プリムラも消滅してしまう、ということらしいですね。そして、このプリムラの消滅が、ヴァ―ミリアンの言っていた、シュウがプリムラを殺す、ということだったようで。このプリムラの提案、圧倒的な力の前になすすべのないシュウたちにとっては、まさに一縷の望みのような提案ですよね。でも、プリムラが犠牲になる。見ているこっちにしても、プリムラの提案ならルドルフは倒せそうだ、と提案に乗って欲しい気持ちと、「運命は切り拓くもの」と言ったシュウがこの提案に乗ってはいけないと思う気持ちでうまく揺さぶられましたよ。

では、以下、思ったことをこまごまと。

・ルドルフに全く歯の立たないシュウたち。体力が回復していないシュウにとっては、この戦いはまさに地獄のような感じですよね。ロッタを助けるために無理して出てきたものだったし。ルドルフにとっては、思う壺だったのかね。本来の力を出せないシュウに対して、散々にこき下ろすルドルフは、ひどいやつだなぁ、とも思いましたけどね。

・プリムラの封印が解かれそうなことを心配するタルコフスキー。このじいさん、プリムラの封印を解くためにここに来たのではないのかね。戦力としては全然役に立たないわけだし。プリムラ誕生の秘密は分かったけどさぁ。あと、ロッタやノイも戦ってほしかったなぁ。シュウも万全な状態で戦っているわけではないんだし。

・ルドルフの一撃で倒されるブルードラゴン。ルドルフは、倒せたように思っていたようですけど、ここで倒せていないのはみえみえ。散弾みたいな攻撃だったし・・・。まぁ、主人公がこんなところで倒されるわけはないとは、だれしもが思うことですけど。プリムラとタルコフスキー、ついでに被害くらって、崖から落ちそうになってる・・・。戦闘に目もくれず、違うことを気にしてるから・・・。それにしても、爺さん、力無いなぁ・・・。あら、落ちた・・・。

・勝ち誇るルドルフに対して、ただ一人立ち向かおうとするノイ。やっと動いてくれました、ノイくん。ついでに、ノイの過去になにがあったのかも語ってくれて。で、ノイはルドルフを説き伏せようとしていましたが、もう少し人間が持っていて上位生命体が持っていないものを端的に言い表して欲しかった。人間のよさがなんなのか、いまいちよく分からなかったし。

・シュウの前に現れるプリムラ。熱い場面でしたよ。プリムラも自分の身を犠牲にするといいながらも、涙を浮かべていたところをみると、シュウたちと別れたくない、という気持ちもあったということですね。シュウもそのプリムラの本心の部分も感じ取った様子だったし。そしてまた力がわきあがってくるようなシュウの姿は良かったですね。ブルードラゴンが力強く立ち上がっていく様は、カッコ良かった。

・再びルドルフに対峙するシュウたち。それぞれの思いが感じられてカッコ良かったです。ルドルフとの本当の戦いは、ここからですね。

次回は、ノイがパワーアップする話みたいですね。とすると、再び立ち上がったブルードラゴンであっても、ルドルフには歯が立たない、という展開なのかな。さて、ノイはどんな姿になるのでしょうかね。次回も、とても楽しみです。

絶対可憐チルドレン 06 [DVD]絶対可憐チルドレン 06 [DVD]
(2009/01/23)
平野綾白石涼子

商品詳細を見る
BLUE DRAGON-天界の七竜- 1 [DVD]BLUE DRAGON-天界の七竜- 1 [DVD]
(2008/07/16)
根本圭子生天目仁美

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。