五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『機動戦士ガンダム00』第25話「再生」感想

『ガンダム00』も、今回で最終回。これでこの作品も終わりかぁ、などと感傷に浸りながら見ていたんですが、・・・まだ劇場版があるのかよ。どうやら、2010年公開予定なようで。まぁ、この作品も劇場版があるのでは、みたいな噂は耳にしていたし、『マクロスF』なんかのこともあったので、ある程度は予期していたことですけどね。いいことですけどね、ガンプラもまだまだ出るようだし。正直、劇場版、どんな話になるのか楽しみですよ。劇場版についての妄想が膨らむばかりですが、最終話の感想を書かないと。では、感想いってみましょう。

今回は、面白かったです。

刹那とリボンズの最終決戦。激戦の末、00ライザーとリボンズキャノン(これでいいのか?ガンダムタイプの名前はなんだ?)ともに、機体を破壊してしまう。0ガンダムに乗り換え、自らの優位性を誇るリボンズだったが、その前に刹那があの機体とともに立ちはだかる、という話。

今回は、とにかく戦闘シーンがすごかった。刹那とリボンズの対決は言うに及ばず、アレルヤ(ハレルヤ)×ヒリング、ロックオン×リヴァイブも迫力満点だったしなぁ。というか、ロックオン、カッコよすぎだろ・・・。ボロボロの機体、短い時間しか使えないトランザム、そんな状況のケルディムで、リヴァイブのガデッサ倒すんだもの。零距離からの連射は結構しびれましたよ。アレルヤも最終回ということで頑張っていたんだけど、全部ロックオンに持っていかれてしまった感じで・・・残念。アレルヤも、ヒリングをあっさり倒した後、リボンズのファングにやられるからダメなんですよ・・・。まぁ、彼らしいといえば、彼らしいのですが。

で、刹那とリボンズの対決。二人とも最終話で機体を乗り換えるというのは、かなり珍しいのでは。まぁ、エクシアと0ガンダムということで、型落ちもいいところですが。それにしても0ガンダムの動き、たびたび1stガンダムと重なるところが(笑)。最後の盾を捨てて剣を構えるところなんかは、ランバ・ラル戦、そのまんまだろ・・・(笑)。ご丁寧に、機体からパイロットの姿が見えるという念の入れようだし・・・(笑)。リボンズの声と相まって、すごい相乗効果(笑)。あと、あの殴り合いは、『逆シャア』みたいだったなぁ。なんか、そういう視点で見ても面白かったです。

そして、最後のエピローグ。ちょっと長すぎやしません?まぁ、それだけ見せたいものが多かったということでしょうけど。1stシーズンから通して見るとあれくらいの長さがちょうどいいのかな?とりあえずは、カタロンを含めた新たな地球連邦の設立、そしてソレスタル・ビーイングはいまだ健在ということでの幕引きでしたね。そういえば、人々の中に、なんかイノベイターみたいな人の姿があったような気がするけど・・・。髪の毛の色のせいかな?それと、最後の「The Childhood of Humankind Ends」ってどういう意味なんだ?英語苦手なので分からん・・・。「人類の幼少期の終り」ってことなのか?

では、思ったことを細々と。

・リボンズと対峙する刹那。リボンズ、神を気取っております。人間が動物を管理するのと同じ、とはいい比喩をしますなぁ。リボンズが刹那と対決するのは、彼の有用性を証明するためでもあるのですね。なるほど、純粋種である刹那を倒せば、刹那よりもリボンズが上であることが証明されるし、リボンズの存在を脅かすものはいなくなるしね。で、きましたガンダムお得意の単語「エゴ」。「それはエゴだよ」、じゃなくて刹那曰く「そのエゴが世界を歪ませる」。それにしても、リボンズの機体の名称「リボンズキャノン」でいいのか?

・トレミーを発進させ、刹那の援護にあたろうとするクルーたち。あの場所にとどまっていたのは、状況がわからなかったことと、ラッセがいなかったからなのかな。ラッセ、ビリーを気にしてるし(笑)。まぁ、そうだよな、敵の拠点で部外者がいつのまにかブリッジにいるんだもの。・・・ん、それだけなのか?なんで気にするのが、ミレイナとかじゃなくてラッセだったんだ?もしかしてラッセさん、あんた・・・スメラギさんに惚れてる?

・リボンズの機体の猛攻を受ける刹那。リボンズキャノン、後ろ向いたらガンダムが・・・。なんか見た目マスターガンダムみたいなだなぁ。色白いけど。それにしても、裏表がある機体というのは面白い。オセロみたいですけど。セラヴィーのことがあるし、シートの向きはどうでもいいことは分かっているしね。で、この機体、リボンズキャノンになると砲撃型、ガンダムになると接近戦用みたいですね。一体でどういう状況にも対応できるってのが売りなのかな?機体の名前、作中では名乗っていなかったが、裏がリボンズキャノンなら、表はリボンズガンダムなのかなぁ?そういえば、この機体、ビリーも開発に関わっていたら笑えますね。どうしてこんな機体を開発したんだ、どうしてすぐに言わないんだと、スメラギに怒られるビリー(笑)。実際はどうだか知りませんが。

・リボンズ、刹那ともに援軍がやってくる。リボンズには、リヴァイブとヒリング、刹那には、アレルヤとロックオンですね。リボンズ、二人に対して「余計なこと」なんて言っちゃって、うれしいくせに(笑)。でもまぁ、リボンズとしたら刹那と、一対一で勝負をつけたいってことだったのかな。結局、アレルヤたちがきて、一対一の状況は変わらなくなったけど。そういえば、アレルヤ、00ライザーがトランザムしている状況でもないのに、ハレルヤが出ていましたが、どういうことなんだろ?で、アレルヤとロックオンがイノベイター二人と互角に戦えたのは、イノベイターがヴェーダのバックアップを受けていなかったからなのね。つまりは、ヴェーダとつながっていなければ、イノベイターも人間と変わらない、ということのようです。

・トレミーの00ライザー援護。「そんな攻撃」というリボンズ、まんまアムロなんですが(笑)。でも、煙幕はられて、腕切り落とされてますね、リボンズさん。「純粋種の力」なんて言っておりましたけど。

・リボンズへのヴェーダを使ったティエリアの干渉。幽霊みたいなものが登場するシーンは、ガンダム、って感じですなぁ。幽霊のティエリア、リボンズに「人を見下し続けているから」なんて言っているし。こういう感じ、なんか『Ζガンダム』みたいでした。結局、トランザムした二体、相打ちでした。

・破損した機体で00のGNドライブをもつリボンズ機。GNドライブを大事そうにもっている姿は、なんか微笑ましい感じがした。で、リボンズが見つけたのは、捨てられた0ガンダム。おい、ラッセ、どこに機体を捨ててんだよ・・・。リボンズ、有頂天じゃないか(笑)。敵にナイスアシストをするラッセ・・・。アムロ、もといリボンズはこの機体が一番なのかな。一方の刹那は何かを見つけています。そういえば、スメラギが「R2」云々言っていたのは、これか?

・エクシアでリボンズの前に現れる刹那。「どこだ、どこにいる」って、またアムロになっているんですけど、リボンズさん・・・。それにしても、自分、こんなところでエクシアが再び出てくるとは、正直予想外でした。あれ、マリナの歌が流れだしたぞ・・・。この歌、戦闘シーンに合っているのかどうなのか。うーん・・・。結局、刹那とリボンズの対決は、刹那がリボンズを串刺しにして終わりました。あのシーン、一発で串刺しになるのではなく、一度互いの剣をはじいた後、という感じの方が良かったのかもしれません。

・エピローグ。・アザディスタンの再建を宣言するマリナ。なんか大人になった、というか微妙に顔違うような・・・。男みたいというかなんというか・・・。・新しい連邦の影で、腹切りをしていたのは、ビリーのおじさんかな?・アンドレイは、アロウズとして罪に問われるのではなく、普通に軍人しているのね。父を認めるようになったのは、成長なんでしょうけど。・准将になったマネキンは、コーラサワーと結婚。ほら、やっぱり死んでなかった、コーラサワー。でも、「幸せのコーラサワー」って・・・。・ビリーのもとに現れるグラハム。ビリー、スメラギとはどうなったんだ?写真は大事そうに飾ってあるけど。実は、スメラギはビリーにその気は全然なかった?それならビリー、悲しすぎる(笑)。・アレルヤとマリー、二人は巡礼の旅をしているのか?二人して宗教に目覚めたのかな?将来、司祭のようなことをやっていたりして・・・。・ヴェーダのなかのティエリア。「来るべき対話」ってのは、まだ先なのね。・ソレスタル・ビーイングは、いまだ健在。世界が悪い方にいかないように見張るのが彼らの仕事らしいです。・最後に写った星は、木星か?木星帝国でもでてくるのか。『クロスボーンガンダム』みたいですけど。

これで、『ガンダム00』の感想もお終いですね。えっ、まだ劇場版があるって?だって、まだまだ先だし、その時までブログやっているかどうかも謎だし・・・。でも、劇場版、楽しみにしていますよ。

では、最後に『ガンダム00 セカンドシーズン』全体の感想を。感想としては、面白かったです。

後半に展開を進めることや伏線の処理でいっぱいいっぱいになって、話が大味になっている感じも受けましたけど、全体としては、面白かったなぁ、と。やっぱり、ロボットアニメとして、毎回のように戦闘シーンで楽しませてくれる、ってのは良かったです。ギミックもいろいろ凝っている感じもしたし(アリオスを除いて)。話自体も、一期と違って目指すべきところが序盤からしっかり見えていたので、ストレスなく楽しめた感じでした。話が単純になった、とも言えるのですけどね。でも、エンターテイメントとして、このくらいがちょうどいいんじゃない、なんて思ったりします。小難しいからいい作品、ってわけでもないですしね。

一期二期通しての作品のテーマとしては、沙慈が最後に語っていたように、現実に無自覚ではいけない、世界について考えないと、ってことのようですね。そういう匂いはしていましたが、そのテーマを体現するような内容だったかというと、うーん・・・。もっと、刹那でなく、沙慈がクローズアップされる話の展開だったら、そのテーマが強調されたのかもしれません。あと顔の見えない大衆というものの動きをしっかり見せていくとか。でも、テーマとかは、面白かったから、どうでもいいか。

全体を通しての感想、いっぱい書いてやろう、と思っていたんですが、意外と書けない・・・。テーマなどは、一度頭から通して鑑賞するともっと見えてくるのかなぁ、なんて思ったりしました。うーん、感想書くのは難しい。それにしても、ここまでで一つの作品として作ってある印象だけど、劇場版ではこれ以上どうするんだ、ってことが気になる。なんか、今は、振り返って感想を書くことより、そっちのほうばかりが頭を支配していますよ・・・。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 [DVD]
(2009/04/24)
宮野真守三木眞一郎

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第51話、『BLUE DRAGON』第50話の感想

えっと、自分、実は一昨日から三連休でした。今日がその最終日。で、ブログを書かずに何をしていたかというと、・・・何もしていない・・・。どこかへ遊びに行ったわけでもなければ、スパロボを進めたわけでもない、・・・何をしていたんだ、自分・・・。どうもダメですね、連休があると。「いつでもできる」って気持ちが、やりたいことすべてを先送りにしてしまう。で、結局、時間の無駄遣い・・・。そんなことより、『絶チル』と『ブルドラ』の感想。『絶チル』は、今回で最終回ですね。長かった・・・。一方、『ブルドラ』のほうは、こちらではあと一話残っています。二作品同時に、最終回を迎えずに済んだことはよかったのかな。書く量も多くならなくて済むし。では、『絶チル』と『ブルドラ』の感想です。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、なかなか面白かったです。

捕えられたエスパーの解放を進め、組織の拡大をはかるパンドラ。一方の、チルドレンは、地道にエスパー犯罪の対処にあたっていた。そして時がたち、チルドレンの卒業式がやってきた、という話。

卒業式という節目の出来事を主題にして、少し成長したチルドレンと、これからも変わらない彼女らと皆本の関係を描く、いい最終回だったと思いますよ。定番といえば定番なんですが・・・。まぁ、原作もまだ話は終わっていないでしょうし、無理にすべてを解決してしまうよりよかった、という感じですかね。

中学生になったチルドレンは、バベルの制服が変わっていましたね。制服で大人っぽくみえるものですね。薫は、ミニスカートのことで、皆本をからかっていましたけど、前の制服もミニスカートだったような?しかし、ミニスカートで空を飛ぶ、これほんと丸見えだろうな・・・。いいのか、こんな制服。局長の趣味なのか?そういえば、薫の髪どうなっているんだ?卒業式のときは、結構長かったのに、中学生になって任務にあたるとき、また短くなっていたけど・・・。いろいろと髪型変えているのかなぁ?

では、思ったことをこまごまと。

・客船をのっとるパンドラ。客船でいいんだよなぁ、この船。金塊やら、捕えられたエスパーやら、いろんなもの積んでいたけど・・・。あと、パーティーの場面で、女性が話題にしている男性がだれなのか、と思ったら、兵部と真木かよ。兵部はわかるが、真木も結構女性受けがいいんだ・・・。兵部、相変わらず、エスパーの勧誘に腕を見せております(笑)。チルドレンと皆本以外はうまくいく、兵部の人間勧誘術。あら?真木も女の子を・・・。って、幼女じゃねぇか・・・。さすが、兵部の子飼い(笑)。もし、真木に懐いた女の子を見て、兵部が嫉妬したら、笑えるような・・・。そんな場面ありませんでしたけど。

・子ども用の小さいプールで宿題をするチルドレン。皆本に「海につれていけ」と文句を言っていますが、いい身分だなぁ。だって、あんな状態で宿題やっているんだよ。ちゃんと先生もついてるし。自分が小学生のとき、クーラーもないクソ暑い部屋のなかで、宿題をやっていたことを思い出すぜ・・・。ちょっと、皆本、甘やかしすぎなのでは?

・天使と悪魔の比率を眺める不二子と皆本。相変わらず、これですか。不二子に言わせると、好転しているようです。まだ悪魔のほうが比率が高いんだけど、悪魔の比率が減って、不明の部分が増えたってことなのかな?以前の比率なんて、覚えてない・・・。

・事件発生で対処するハウンド。初音のポーズ、あれ、サンバルカンか?ハウンドは事件解決に失敗していますけど、犯罪者の能力とハウンドの能力の相性が悪いような・・・。ハウンドのメンバーがもう一人くらいいればねぇ。

・ハウンドに代わり事件に当たるチルドレン。あら、相変わらず、付帯的な被害が・・・。いまだに変わらないのねぇ、彼女たちのやりかた。薫は「現場の判断に任せろ」と皆本に言っていましたが、皆本も現場の立場の人間だと思うんだけど・・・。

・追い詰めた犯罪者は、自殺しようとする。犯罪者は、チルドレンは恵まれていると言っていましたが、皆本の言うとおり、エスパー能力を持っていようといなかろうとその人次第だよねぇ。エスパー能力を持っていることで泣き言をいうよりも、兵部みたいなことをするほうが、よっぽど清々しいし。やっていることが、いいことか悪いことかはべつにして。

・チルドレンの小学校の卒業式。卒業生みんなで、この作品のEDを歌い始めたのには、笑った・・・。合ってないこともないんですが、式の中でなんだし、普通に「仰げばと尊し」とか「ほたるの光」とかでいいじゃん・・・。あれ、式に皆本が参列していることは分かるんですが、なぜ局長たちがいる?来賓で呼ばれたのか?涙をこらえる皆本、気持ちはわかります。が、普通を装いつつも、あの必死にこらえている表情は(笑)。あ~ぁ、皆本、不二子に騙されちゃって(笑)。でも、泣き顔を写真にとられるのは、男としてやっぱり恥ずかしいよな。子どものような存在のチルドレンにその写真を見られちゃっているし。

・クラスの集合写真を撮る皆本。なんで皆本なんだ?というか、他の生徒の親はどこへ行ったんだ?親がいっぱい集まって、みんなクラスの写真を撮っているほうが、らしい気がするんだけど。怪しい人が校舎の屋上に・・・。兵部・・・。相変わらずの覗き趣味ですか。

・歌に合わせて、今まで出てきたキャラクターたちの様子。結構頻繁に出ているキャラクターたちばかりだったので、あれ?っという感じにはならなかったかな。ただ、パンドラにいた金髪の女の子、あれはだれだっけ?腐女子のようなことを考えているようでしたが。あと、ちさとたちに場面で出てきたのは、ユーリのようだけど、チルドレンと同じ学校に通う?どういうこと?なんか、アニメの二期とかやってもおかしくないような雰囲気だったなぁ。

・任務にあたる成長したチルドレン。見た目は変わっても、相変わらずなノリのチルドレンですね。まぁ、人間、そうすぐ変われるものでもないか。でも、ちょっと、任務に関しての成長したチルドレンの姿も見たかったなぁ、という感じも・・・。

今回は、まさにエピローグな感じの話でしたね。でも、なんか少し間を開けて、二期をやってもおかしくない感じもしましたね。うーん、無いかなぁ・・・。

で、この『絶対可憐チルドレン』の作品全体としての感想。感想としては、まぁまぁだったかな、と。

作品全体のノリが軽く、とても見やすい作品だったですが、一年通しての物語としてみると、いまいち盛り上がりに欠けたというか・・・。最終的な敵を倒す、みたいなことはなかったからなぁ。パンドラは無理でも、ブラックファントムあたりとは決着をつけてもよかったんじゃない?そんな気がしました。まぁ、原作の都合で無理だったのかな?

あと、どうも薫ばかりが持っていく話が多くて・・・。チルドレン三人が主人公のはずなのに、薫ばかりが話の中心になりすぎたというか。終盤なんか、葵と紫穂はほんと脇役でしかなかったし・・・。もう少し三人の物語、という感じで話を進めて欲しかったなぁ。薫よりも、葵や紫穂のほうが魅力的に感じるという、自分の好みからなのかもしれませんけどね。でも、葵と紫穂も、もっと活躍して欲しかった、というのは、正直な感想ですね。

絶対可憐チルドレン 08 [DVD]絶対可憐チルドレン 08 [DVD]
(2009/03/25)
平野綾白石涼子

商品詳細を見る


『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回は、面白かったです。

人類の存亡をかけて、カイザースベルトに攻撃を仕掛ける影使いたちとローゼンクロイツ。カイザースベルトのなかで倒れたシュウは、夢の中でゾラと会っていた、という話。

ロギたちが、カイザースベルトの破壊を試みるということが中心の話でしたね。やっぱり、みんなが力を合わせて、巨大な敵に立ち向かっていくというのは、熱い。なんども倒れそうになりながらも、なんとかカイザースベルトのバリアを破り、中に侵入する道筋までつけたしね。そして、出てきましたデルフィニウム。出てくるタイミングやら発言やら、カッコよすぎだろ・・・。

そして、シュウの夢の中のゾラ。あのシーン、シュウの夢、ということでいいのかな。やっぱり「守りたい」っていう気持ちが、大事なんですね。ゾラが出てきたのは、シュウをもう一度立ち上がらせるために必要だったということかな。で、目覚めたシュウとプリムラのやりとり、これもなかなか良かったなぁ。自分の命を投げうって人類を救いたいというプリムラと、プリムラも含めてみんなを守りたい、というシュウ。プリムラの考えの方が、人類を救う可能性は高いことから、どっちの気持ちも分かるんだよね。ただ作品として、シュウは、「運命は切り拓くもの」と言ってきたわけだから、プリムラを殺すわけにはいかないだろうけど。どうなるんかなぁ・・・?

では、思ったことをこまごまと(『絶チル』の感想書いた後で、だいぶ忘れてるけど)。

・カイザースベルトに攻撃をはじめるロギたち。それぞれが影を出す場面はカッコいいぜ。スレイプニル部隊もいるし。でも、ロッタの忠告は不気味だなぁ。ロッタさんも早く怪我を直して、増援にまわってくれよ・・・。

・ルドルフに彼の過ちを説くノイ。ノイの言っていることが正論に思える。まぁ、上位生命体の進化をノイ自身が証明しているようなものだしね。ルドルフは、人類が価値のない存在だ、と頭からきめつけている感じなのかな。ルドルフの求めている進化がどういう進化か、ってことも関係しているのかもしれませんけど。

・一度に大量の部隊を落とすカイザースベルト。ユグドラシルも効きません。この巨大戦艦を一人で操っているのか、ルドルフ。でも、多くのものたちを前にして独り、って感じもするなぁ。一人暴走しているというか。と思ったら、ドラゴンがいっぱい出てきた・・・。そういえば、なんだよ、あの大爆発・・・。残存勢力20%って、よく影使いたちは無事だったなぁ。

・ゾラと話すシュウ。ほんとこれは、夢のなかなのかな。シュウははじめ、自分が死んだのかと思っていたみたいだけど。そういえば、前回、プリムラがシュウに触れていたが、そのことがシュウの夢のなかにゾラを連れてきた、ってことになったのかな。

・危機的な状況を前にデルフィニウム登場。ヒーローは遅れてやってくる、って女性ですけどね。主役でもなんでもありませんけどね。そういえば、彼女、ジーロと因縁があったんだっけ?すっかり忘れていたよ。でも、影使いみんなで力を合わせるように仕向けるデルフィニウム、カッコよすぎです。バリアを壊す場面、みんなで力を合わせれば、壊せないものなどない、って感じで燃えましたね。

・目覚めたシュウは、タルコフスキーに出会う。シュウが目覚めたとき、プリムラがそばいなかったので、シュウを生き返られて死んだのかと思ったよ・・・。で、タルコフスキー、お前はなにをやっているんだ。せめて、プリムラのもとへ行くとかしろよ・・・。自分は間違っていたと、懺悔するだけではなぁ・・・。ただ、ここで運命の通りに進むならば、どういう展開になるのかを彼の口を使って説明してくれたのはよかったです。タルコフスキーは、そのための存在だったのかな。人類は滅亡する、という運命らしいですけど・・・。

・命を投げうとうとするプリムラを止めようとするシュウ。あぁ、プリムラが・・・、と思ったら、シュウがジャンプ。そのまま下に落ちてるし。怪我とか、大丈夫なのか?体が弱そうなプリムラと、怪我を負っている状態のシュウだし。でも、シュウには、プリムラを止めながら、ルドルフを倒してくれないと困りますけどね。

今回、「もう終わってしまうの」って感じでしたよ。それだけ続きが気になる話ということで。そして、次回はついに最終回。どういう結末を迎えるんですかね。個人的には、プリムラがどうなるのかが、とても気になる。そういえば、今回、シュウとルドルフの戦いが始まるところまで話が進むのかと思ったけど、そうじゃなかった・・・。まぁ、いいんですけどね。なんにせよ、次回は、本当に楽しみです。

BLUE DRAGON-天界の七竜-  10 [DVD]BLUE DRAGON-天界の七竜- 10 [DVD]
(2009/04/15)
根本圭子生天目仁美

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。