五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『バスカッシュ!』第15話「ラン・アンド・キャノン」感想

ニュースでは、熱中症やらを取り上げております、・・・が、こちらはとても涼しいのですけど・・・。今なんかは、半そで一枚では肌寒い感じ。とても快適です。大変ですねぇ、暑い地域の人たちは。とはいっても、こちらの地域でも、これから段々と暑くなっていくのでしょうけど・・・。暑いのなんて大嫌いだぁ~!!・・・すみません、取り乱しました・・・。では、『バスカッシュ!』感想です。今回は、第15話ですね。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

月に向かうために、スカイブルーム王国にやってきたダンたち。だがその街は、街を守るために人々を極度に規制する街だった。専用のコートで子どもたちにバスケを見せていたダン。しかし、彼は調子に乗って、ビッグフットを取り出して来てしまう。ダンは即座に逮捕されてしまい、月行きが怪しくなってしまう。だが、捕えられたダンのもとに謎の紳士(?)が現れる・・・、という話。

月への大脱出の話、・・・なんですが、大脱出しなければならなくなった理由が、どう考えてもダンにあるのがなぁ・・・。完全なる脱獄だし・・・。で、大盛り上がりで月に行けるのか、と思いきや、地上に追い返されてるし・・・。悪事とはいえ、多くの人の頑張りで月へというところで、こんな展開・・・。頑張りがすべて無駄になる感じがして、妙に冷めた感じがしたよ・・・。

ダンの脱獄の点なんですが、いろいろなアニメで主人公が脱獄する話はあります。が、普通は主人公が脱獄するに足る理由、捕まえた側の不当性をしっかり描くものなんですよ。たとえば、主人公がいわれのない罪で逮捕されたからとかね。もしくは、戦争状態で相手側に逮捕されるとかありますけど。たいていの場合、逮捕自体不当なものだから、主人公が脱獄をはかるという展開になるものだと思うんです。でも、今回の話の場合は・・・。そもそも、ダンがスカイブルーム王国と敵対していたわけでもない。スカイブルーム王国は、非常に規制の強い国だったけど、ダンがそのことを疑問視したり、その制度を変えようとして行動したわけでもない。ただ、ダンが調子に乗って、スカイブルームの法を犯してしまっただけなのがなぁ。彼が、なんの言い逃れのできない犯罪者というのが・・・。ほんと、郷に入りては郷に従えですよ。この逮捕自体があまりに真っ当なものだから、その後の脱獄が全然説得力をもたない・・・。

変態仮面登場だ。名前、「ザ・パーフェクト」だったっけ?・・・でもこれ、ジェームスだろ・・・(笑)。あっ、それは突っ込んではいけないのか(笑)。ミスター・ブシドーみたいな感じでお約束なのかね?それにしても、あのイケてない仮面・・・(笑)。あの仮面はジェームスが自分で選んだんだろ?・・・どういうセンスしてるんだか・・・。なんか、中の人の普段の紳士っぷりといい、なんかウサミミ仮面を思い出してしまった・・・。でも、ジェームスさん、こんなことをしてしまっていいのだろうか。その行動にも疑問が・・・。なぜそこまでして、ダンを月に行かせたいかも、まだわからないしなぁ。

今回の話、みんなで協力してロケットに乗り込むシーンだけは、なかなか良かったですよ。セラが出てこないなぁ、と思っていたら、最後の最後で手を差し伸べていたし。全員が一丸となって、ダンを月へ行かせる(思いっきり犯罪行為だったんですが・・・)、そういう思いが感じられたのがよかったです。そういえば、今回フローラの姉が登場してきましたけど、どう話に絡んでくるのでしょうかね。なんかジェームスと親しい感じもしましたけど。

最後は地上に逆戻りのダンたち。あの手はいったい何だったんだ・・・。結局、はるかたちとも離れ離れになってしまったみたいだし。ダン・アイスマン・セラ・アラン・ミユキの五人だけ。この五人でどうこれからの話を切りぬけていくのですかね。また地上での話でなんか残念ですが、次回は、とりあえず楽しみにしてますよ。

バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]
(2009/09/16)
下野 紘伊藤 静

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。