五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『かなめも』第3話「はじめての、スマイル」感想

今日は、この後飲みに行かなければいけないので、さっさと感想を書いてしまわないと・・・。夜の街にくりだすことになっています。ちょっと、面倒くさい・・・。でも、今日仕事が休みなのはよかったのかな。そうでなければ、この『かなめも』の感想も明日まわしになっていただろうし。そういえば、いつも一週間の疲労を抱え、疲れ切った状態で感想を書いていたこの作品。今日はまだ元気です。どうなるかな?ということで、『かなめも』第3話の感想、いってみましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

風新新聞の専売所から学校へ通うことになった、かな。その日専売所でかなは、「拡張」という言葉を耳にする。新聞の勧誘をするという意味の「拡張」。代理は、そのためには笑顔が大事だと言う。しかし、かなの笑顔はだれもが恐怖するものであった。たまたま花日新聞の拡張をしていた美華をみつけた代理は、彼女につき従って笑顔を見せて来いとかなに命じたのだった・・・、という話。

個人的に、風新新聞の専売所の仲間のドギツイキャラクターに、ちょっとひいてしまっているこの作品。でも、今回の話はそうはならずに楽しめました。たぶん、代理と美華のおかげかなぁ。今回は、この二人のかなとの絡みが主体の話だったし。いや、この二人も十分キャラクターは濃いですよ。でも、この二人は受け入れられるし、楽しめる。すみません、代理、好きです・・・。

通っている学校で「拡張」を行う代理ですけど、普段のキャラとのギャップが・・・(笑)。いつもはクールで辛辣な印象なのに、学校ではすごくいい子を演じてる・・・。普段の彼女を知っている側からすると、演じているのが見え見えでとても笑える。これが営業スマイルというやつですね。でも、代理のしゃべっている内容やしゃべり方はなんかおばさん臭かったなぁ・・・。まぁ、それはそれで面白かったですけど。

一方、かなの学校へ転校生としてやってきた美華。かなのクラスへ転校してきた彼女、いきなり転校生らしからぬ物言い・・・。以前はお嬢様学校に通っていたみたいだけど、どういう理由で転校してきたんだ?新聞屋で働いていることといい、クラスメートの想像のように、家が没落したのか?それとも、かわいい子には旅をさせよ、的な感じの親の教育方針があるのか?美華の事情というのは、まだ謎ですね。ツンデレキャラというのは、しっかりわかってますけれども。そんな彼女、ライバルであるかなを気に入っているようですが、やっぱりかなは人望があるのかな。かなのまわりには人があつまる・・・。まぁ、かなを見ていると、薄幸そうな彼女をなんとかしてあげたい、と思うのかもしれませんが・・・。

恐怖に陥れるかなの笑顔を武器に、ライバル紙の「拡張」を失敗させようとする代理。こちらの売上を上げるのではなく、あちらの売上を落とすためのかなの利用。バカとはさみは使いようなんですかね。なんとまぁ、腹黒い・・・。でも、互いの良さをアピールする形で競争するのではなく、相手の足を引っ張る形で競争するのは、いずれは自分の身を滅ぼすことにもつながりそうですけどね。美華の横で笑顔だけを求めていた代理の思いとは裏腹に、かなは風新新聞の名前出してしまっているし・・・。

かなの笑顔をよくしようと笑顔の特訓をする美華。ライバルという間柄なのに、いいやつだなぁ・・・。で、完成した笑顔は、面白顔・・・(笑)。なにをどうやったら、あんな顔になるんだ・・・。面白かったですけど。でも、かな、自然に出てくる笑顔は良い笑顔なのにね。やっぱり笑顔を作ろうとするとダメなのかな。「拡張」のときも、楽しいからということで自然に笑顔が出てくるようになるのが、かなにとって一番いいのかもしれません。

さて、次回はプールの話のようですね。なにがどうなって、彼女たちがプールにいくことになったのやら。水着回なのかもしれないけど、デフォルメの強いこの作品のキャラクターたちの水着姿を見せられても、あまり有難味を感じそうにないのですけどね。まぁ、話あってこそなのかな?面白い話を期待しています。ということで、次回も、楽しみにしてますよ。

スポンサーサイト

PageTop

『化物語』第三話「まよいマイマイ 其ノ壹」感想

昨日書くはずだった感想です。この『化物語』、早いところではもう次の話が放送されているようで、一日感想書くのが遅れただけで、ちょうど一週間遅れに・・・。感想が遅れた理由・・・、いやぁ~、昨日家に帰ってきたときには、ほんとへとへとだったんですよ。で、今日休みだし、一日遅れてもまぁいいか、という感じで・・・。しかし最近、なんでこんなに疲れるんでしょうね。と、歳のせいか・・・。まぁ、そんなことはさておき、『化物語』の感想、いきましょう。今回から、「まよいマイマイ」ですね。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

母の日に一人公園にたたずむ阿良々木暦。暦は妹と喧嘩をして、一人出てきたのだった。そんな彼のもとに、戦場ヶ原ひたぎが現れる。暦に恩返しをしたいよいう彼女。そんな二人が会話をしているなか、暦は一人の少女を見つける。道に迷っているらしい少女、彼女は八九寺真宵という小学生だった・・・、という話。

ついに、八九寺真宵登場。かわいいなぁ、もう~。今回の話、真宵が話に絡んで来てから、俄然面白くなりました。逆にいうと、それまでの暦とひたぎの二人のやりとりは、いまいち面白くなかった・・・。会話の内容自体は面白いんだけど、なんか淡々としたやりとりをずっと見せられていた感じでね。というか、落ち着いた雰囲気のある二人の会話が長々と続く、って感じがキツかったのかなぁ。演出で楽しませようという配慮は十分に感じられたけどね。

今回の話は、公園が舞台の話でしたけど、公園の雰囲気は原作を読んでいたときに想像していたものとはちょっと違ったなぁ。原作を読んだときは、もっと普通の公園、って感じでイメージしていたんですが、この作品での公園は非常に近未来的で都会的。置いてある遊具は当たり前のものって感じでしたけど、緑が全くなくだだっ広い感じでしたね。暦の座っていたベンチのところにあるオブジェもなんなんだろう、って感じのものだったし。しかし、この作品的にはこういう雰囲気の公園で合っていたのかな、という感じもしましたけどね。遊具越しに暦とひたぎのやりとりをみせる構図とかは面白かったし。でも、この公園暑そうだなぁ・・・。憩いの場って感じが全然しない・・・。あっ、だから彼らのほかに誰もいなかったのか・・・?

そんな公園で繰り広げられる暦とひたぎのやりとり。ひたぎの遠回しで不器用な告白を、無下もなく断る阿良々木暦・・・(笑)。女性の側から、こんなに積極的に誘ってきてくれているのにねぇ・・・(笑)。彼、ほんと鈍感・・・。いや、気付いていながらもそう簡単にひたぎの誘いに乗るほど、彼はバカじゃなかった、ということなのか?まぁ、いずれハーレム状態を作り出す彼のこと、おそらくは前者でしょう。そんなだから、真宵に目がいってしまった暦にひたぎは、訝しむような目を向ける・・・。これは、本当にひたぎには暦のやっていることが分からなかった、ということが後々わかるんですけど・・・。そういえば、原作を読んでいた時から思っていたけど、母の日ってそこまで大々的なイベントなのか?ってことが疑問・・・。妹が兄妹そろって母の日を祝おうという考えに、どうにも違和感を感じてしまって・・・。自分が親不孝者だからですかね?まぁ、この話、母の日というのが、結構ネックになるのは分かっているのですけども。

真宵に興味をもつ暦。暦、真宵に関わりたいといろいろやっていましたが、言っていることとやっていることがまるで違う・・・(笑)。人畜無害とか言いながら、やっていることは実力行使だし・・・。暦が真宵の気を引こうとするこの場面、アニメとして見ると面白いですね。言っていることとやっていることの矛盾が際立つ、際立つ。そしてついには、小学生の真宵をやっつけて、高らかに笑う高校男子の阿良々木暦・・・(笑)。どう考えても、悪人です。悪の笑いです、それ・・・(笑)。ここに、彼に変態へとなっていくための萌芽が・・・(笑)。この真宵とのやりとり、真宵の明るくアニメ的な雰囲気もあって、とても楽しくみられました。話を楽しませるためには、落ち着いた雰囲気のキャラだけでなく、真宵のようなキャラも必要なんだなぁ、と思いましたよ。

次回は、暦とひたぎが真宵を連れて、真宵の探しているところに行くところからですね。次回は、公園を出て、街中へ行くということになるのですが、どういう感じで見せてくれるのか。期待したいです。そして、真宵が「阿良々木さん」を噛んだり、まさに暦を噛んだり、といった場面も見せてくれるのかな?ということで、次回は楽しみにしてますよ。

「化物語」第二巻 / まよいマイマイ【完全生産限定版】 [Blu-ray]「化物語」第二巻 / まよいマイマイ【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2009/10/28)
神谷浩史斎藤千和

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。