五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『かなめも』第4話「はじめての、プール」感想

今日はいい天気でした。っていうか、暑かった・・・。夏ですねぇ。そんな今日も仕事、早く冷たいビールが飲みたい。というか、もう飲んでるんですが・・・。感想大丈夫か、という感じもしますが、まぁ、ホロ酔い気分で、気楽に書いていきましょう。では、『かなめも』第4話の感想です。

今回は、なかなか面白かった。

販促用のチケットから、みんなでプールに行こう考える専売所の面々。かなも引き連れて、水着を購入してしまう。だが、代理から突き付けられた真実。みんなが同じ日に仕事が休みになることはなかったのだ。面々は、せめて雰囲気だけでも味わおうと、水着姿で夕刊の配達に出かけるのだったが・・・、という話。

歌を折り混ぜたミュージカル仕立ての作風。話自体は大したことないのですが、バカだなぁ、と。歌もしょうもないものでしたしね。でも、それが面白かったです。何やってるんだ、お前ら・・・、って感じがよかったというかね。たぶん、ミュージカル仕立てでも大真面目にやれば高尚なものになるのでしょうけど、妙に間の抜けた感じがギャグアニメとして合っていたのではないかと。だって、歌っているのは、水着の歌とかだよ・・・(笑)。そういえば、今回の作風、なんか教育テレビの子供向け番組を思い出す感じがありましたよ。

プールに行こうということで、水着を買った面々。でも、みんなでプールに行くことが出来ないと分かり、水着で新聞配達に出かけました。街中を走る水着姿の女の子たち・・・。アニメとして画面上で見ると、あまり大事って感じはしないなぁ・・・。でも、実際にいたらびっくりするだろうなぁとは思いますよ。あっ、でも外国とかだったら普通にいそうだなぁ、とか思ったり・・・。どうなんだろうね?

水着で配達することで、人々の注目を集め、新聞の販促にもつながったという今回の話。専売所の面々に群がる男ども、どっから集まってきたんだ・・・。あら、他紙の配達員である美華まで水着になってしまって・・・(笑)。美華ちゃん、スクール水着っぽい水着を着ていましたが、結構寸胴なのね・・・(笑)。

そんな様子をみていた代理が、専売所で小さなプールを用意していてくれたというのが、今回のオチですが、代理の水着姿は見れなかった・・・。しかし、あのプール、子ども用のやつでしょ?そこそこの大きさあったけど、そういうのもあるのかね。もしかして、代理の私物?みんなが帰ってくる前に、一人でせっせと空気を入れる代理の姿・・・。なんか想像すると面白いなぁ。結局、専売所の面々は、目的のプールに行けなかったわけですが、それも現実的な感じがしてよかったと思いますよ。仕事は仕事でサボるわけにはいかないからね。

歌を入れながら、気楽に気持ちよく見せてくれた今回の話。30分があっという間に過ぎてしまった感じで良かったですよ。さて次回は、お風呂の話のようです。今回がプールで、次回がお風呂。どんな話になるのでしょう。また今回のようなミュージカル仕立てでもいいと思いますけど・・・。でも、今回の話、飛び道具だったのかなぁ。そんな話になるのか、次回も、楽しみにしてますよ。

かなめも いち(初回限定版) [DVD]かなめも いち(初回限定版) [DVD]
(2009/10/07)
豊崎愛生水原薫

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。