五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『かなめも』第5話「はじめての、みんなでお風呂」感想

先週の土曜日に書けなかった分の感想です。土曜のビアガーデン、楽しかった・・・。また行きたい。というか、今日も行きたい。行けるわけないんだけど・・・。今日は、大人しく感想書きますよ・・・。では、『かなめも』第5話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

台風が接近した風新新聞専売所。新聞配達にとって、台風は天敵ということで、てるてる坊主を作ったりして台風に対処しようとするかなたち。そんななか、風雨が一時治まった頃合いをみて、代理はみんなで銭湯にいくよう号令する。銭湯には、専売所の前にいた美華もつれていくことになるのだが・・・、という話。

なんだ、最後のダイジェスト映像・・・。しかも、第5話単体の・・・。尺余りか?DVD特典ならわかるが、こんなものをテレビで放送することになるとは・・・(笑)。それはさておき、今回の話、どうしようもないなぁ・・・。みんなで銭湯に行って、おっぱいおっぱいな話・・・。こんな話楽しめるか、という感じもするんですが、楽しかった自分がいる・・・。エロくて良かったとか、そういうのじゃなくて、もうバカすぎて・・・(笑)。

はるか、今までの話ではそのエロ思考がうざったく感じていたんだけど、銭湯でのあのはっちゃけぶりをされると、もう完敗です・・・(笑)。ここぞとばかりに、かなや美華の胸をもむはるか、ほんとバカだろ・・・(笑)。代理も、いいタイミングでツッコミいれてくるしさぁ(笑)。はるか、専売所でのエロ思考は、抑制された状態だったのね。で、銭湯でそれがはちきれた、と(笑)。でも、はるかやかなは、常日頃銭湯に通ってるんじゃないの?一緒に行くことだってあるだろうし。はるかにとって、あのはじけっぷりは、かなより銭湯初体験の美華の存在がおおきかったのかな?そう考えておこう・・・。そういえば、銭湯の場面、胸をアップに映されても、湯気で見えないよ・・・(笑)。も、もしかして、DVD特典?そんなことがあっても、たぶん買わないけど・・・。

銭湯初体験の美華。新聞配達をしている彼女が、かなに服を脱がせろ、なんて言ってましたが、どういう生活環境なんだ?やっぱり見た目通り、金持ちのお嬢様なのかなぁ?今回の話で、美華がどういう生活をしているのかが、とても気になりましたよ。そういえば、かなは美華に銭湯での牛乳の飲み方を教えていましたが、あれ、立って飲み物を一気に飲むときの生理的な動作らしいよ。右手で飲み物を飲むときに、左手を腰に当ててバランスととるということみたいです。まぁ、又聞きみたいな知識ですから、ほんとかどうか知りませんけどね。

前半のてるてる坊主の話、あれ本当の話なのかなぁ。お坊さんに来てもらうための目印が、あのてるてる坊主ということみたいですけど、それなら今てるてる坊主を釣るしても意味ないような・・・。お坊さんは、とうの昔に死んでるだろうし。まぁ、目印だけが、雨を止ますための象徴として残ったということでしょうけどね。てるてる坊主の由来については、勉強になりましたけど、前半はそれほど面白くなかったなぁ。どうも、毎度、専売所でのやりとりはいまいちな感じがする・・・。家の中でぐだぐだやっているよりも、外で暴れてくれたほうが、彼女たちは面白い、ということなんですかね?

今回、銭湯の話がメインのようで、台風のことはどこ吹く風、という感じでした。でも、¥最後、かなたちが銭湯に閉じ込められたかたちになりましたけど・・・。美華、台風とはいえ、飛ばされるなよ・・・(笑)。ということで、この台風に関係する話は、次回も続くようですね。台風、時期的にはばっちりな感じも・・・。で、次回、なんか怖い話をするみたいですけど。どんな話になるのでしょう。次回も、楽しみにしてますよ。

かなめも いち(初回限定版) [DVD]かなめも いち(初回限定版) [DVD]
(2009/10/07)
豊崎愛生水原薫

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。