五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『真マジンガー衝撃!Z編 on television』第21話「遺恨!くろがね屋の一番長い日 後編」感想

この前の日曜に書くはずだった感想です・・・。それが、今日になってしまった・・・。ダメだね、この前の日曜は、『鋼の錬金術師』と『うみものがたり』の感想を書かなくてもいいなんて思っていたら、『真マジンガー』の感想まで書くのが面倒くさくなってしまって・・・。結局、この有様・・・。過去を振り返っても仕方がない、感想は今日書くからいい、ということにしておこう。ということで、第21話の感想です。だいぶ物語もクライマックスに差し掛かってきた感じもしますが、この作品、全何話なんだろ?2クールってことは知っていますが。そんなことはさておき、第21話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

ピグマンを捕まえ、ゼウスの腕を呼び出すつばさ。光り輝くその腕は、エネルガーZを捕まえる。だが、剣造に化けていたブロッケンは、エネルガーZを大爆発させようと企てる。それを阻止しようとする甲児。彼の前にデータの存在として残されてあった十蔵が現れ、十蔵に導かれるまま、マジンガーZはゼウスの腕=ゴッドスクランダーと合体する・・・、という話。

やっと登場した、ゴッドスクランダー。それと合体したマジンガーZの姿は、文句無しにカッコよかったです。ただ、ビッグバンパンチ形態になってエネルガーZを倒す場面が、回想シーンでギャグっぽく描かれていたのは・・・。まぁ、これからの話でビッグバンパンチをしっかりカッコよくみせるための措置と考え、納得しておきますよ。

今回の話は、前半がこれまでの話の続きで、後半は事後の話でしたね。前半はしっかり盛り上がれるものでしたが、後半の話は、ここまでしっかりやらなくてもいいよぉ・・・、って感じも。三部構成の三話目って考えるとどうしてもね。後半は、話ものんびりとした感じで、ギャグっぽいシーンも多かったし。まぁ、次回から最終決戦って感じで怒涛の展開が続くのでしょうし、この作品全体でみた場合に、ここで一度話を落ち着けるという狙いがあったのかな。もしかしたら、全話見終わった後に、今回の話がいいアクセントになっているのかもしれません。

前半の話ですが、くろがね屋五人衆は死んでなかった・・・。よかったと思うとともに、素直に殺しておけよ、とちょっと興ざめした感じも・・・。何人か生きていても良かったんですが、全員復活はどうなのか、と・・・。そして、捕えられたピグマンは、中から本当の姿が・・・。こんな妖怪みたいな奴だったの・・・。たしかに変装していたとなると、刺されただけでは死なないか。でも、ピグマン、ダンディな黒人という感じがカッコよかったのになぁ。中のやつ、目もつぶれてないし・・・。まんま小悪党な雰囲気になってしまいました・・・。そういえば、甲児の守りたいもの、弟のシロ―なのね。これちょっと弱い感じがしたなぁ。というか、ちょっとBLくさい・・・?それなら、母親であるつばさのほうが説得力ある感じがするのに。まぁ、つばさからのフリだったので、甲児の答えがつばさだと、おいおい、って感じにもなるんですけど・・・。

で、後半の感想。なんか普通ではないやつらが、ぞろぞろとくろがね屋にやってきたと思ったら、彼ら刑事なのね。そこら辺は、つばさが、しっかり根回しをしていたと。そして、帰ってきた暗黒寺。・・・あれ、なんかカッコ良くなっているぞ・・・。とおもったら、登場のところまででした・・・。飲み会では、いつもの姿に・・・。でも、ガミアを連れて来て、しっかり戦力になりそうな感じに。暗黒寺自体も成長したのかなぁ?それはさておき、暗黒寺とガミア、すごく合っている感じがしますよ。で、ガミアを直したのは、剣造ってことなのかな?剣造は生きていて、グレートマジンガーとともに、最終回にでも、劇的に登場するのでしょうかね?

バードス島が姿を現わし、Drヘルの総攻撃が始まる、というところで今回の話は終了。次回は、あしゅら男爵を使った攻撃をしてくるようですね。あしゅら男爵は、Drヘルのもとで治療しているような状態でしたが、Drヘルによって洗脳されているという状態なのですかね。あしゅら男爵が経験してきたこと、それを再び取り戻すというのが、次回のテーマになるのかな?どんな話になるのかな?次回も、楽しみにしてますよ。

真マジンガー 衝撃!Z編 2 [DVD]真マジンガー 衝撃!Z編 2 [DVD]
(2009/09/25)
赤羽根健治本多陽子

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。