五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『うみものがたり~あなたがいてくれたコト~』#011「光の心 闇の心」感想

ふぅ・・・。なんか『鋼の錬金術師』の感想を書いたら、今日することは全部終えたような感じがしてしまったよ・・・。この『うみものがたり』の感想、明日以降に書いてもいいかなぁ、なんて邪な心が生まれてきたり・・・。でも、きっちり書いていかないと、と今、心を奮い立たせております。先週分の『バスカッシュ!』の感想も残っているし、休みには書きたいと思っているアニメの感想もあるしね。ということで、『うみものがたり』第11話の感想、いきましょうか。この『うみものがたり』全12話なのかな?まぁ、いいや。では、第11話の感想です。

今回は、なかなか面白かったです。

闇の力に飲み込まれたワリン・サム・市川に襲われる、マリンと夏音。マリンの浄化が効かない彼らに、マリンと夏音は二人で力を合わせて浄化するという方法を見出す。三人を介抱したマリンと夏音は、その方法でもってウリンを助けることができると海へと向かう。海でウリンを探す二人。ウリンがいたのは、マリンとウリンが住んでいた家だった。夏音がマリンと一緒にいることで暴れ出したウリンに、二人はワリンたちに使った技を使うのだが・・・、という話。

今回、かなり力が入っているなぁ。戦闘シーンはよく動くし、アングルも面白い。そして、この作品でずっと気になっていたマリンと夏音の変身シーンも、自然なものになっている。そんな印象の回でした。松本と市川の戦闘シーンなんて、すごい動いているし迫力あるしでよかったのですが、それが笑える、という不思議な感じもしました。だって、亀がすごい戦闘を繰り広げているんだもの・・・(笑)。あと、個人的に、マリンとウリンの家のシーンで、ウリンが飛び出して行ったあとマリンが出ていくところのカットがとても印象的でした。なんか劇場アニメ見たいな迫力を感じたというかね。

お話のほうですが、まず、ワリンやサムたちとの対決は意外とあっさり終わったなぁ、と。友達が敵としてということで、もっとしっかり見せてくれるのかなぁ、なんて思っていたんだけどね。で、ワリンはともかく、サム・・・(笑)。闇に呑み込まれているのに、岩に剣が刺さって抜けなくなっているのは・・・(笑)。ここで、マリンと夏音は、力を合わせて強い力を発するという方法を見出したわけですが、なんかプリキュアみたいだったなぁ・・・。そういえば、今まで二人で力を合わせて技を出すというのは、無かったんだとも思ったり。ここで、二人にとってウリンを助ける希望見出したからこそ、ウリンを助けに行けるという展開は良かったですよ。

で、海でウリンがどこにいたのかと思ったら、マリンと住んでいた家で寝てる。あれ、マリンの夢なのか、と一瞬思ってしまったよ。そしてウリンがマリンに語る夢の内容のは、ウリンがマリンに傷つけられたと感じた出来事の数々・・・。いかに夏音が悪いやつなのかと誘導させるかのようなウリンの問いかけ、これはマリンにとってはつらいなぁ。マリンが口ごもるのも無理はない・・・。というか、ウリンにとってマリンは、自分のもとに引き入れるかだけでなく、自分と認識を共有するかも大事なのね。ウリンにとって、マリンは自分と同じ思いを持っていなくてはならない、そうでないなら裏切りだ、と考える彼女。その部分こそウリンの問題のようにも思いました。人間にとって、違うものをいかに認めるか、これが大事なんですけどね。

そして、マリンと夏音がウリンに放った浄化するための技は、ウリンに吸収され、逆に闇の力で巫女になることができなくなってしまう。闇の力を浴びたマリンと夏音は、闇の力がなんなのか分かるわけですが、なるほど、人々が海に捨てた悲しみの心か・・・。人間にとって闇の部分はどうしても必要で、光と闇の二項対立で決着がつくようなものではない、ということですね。光と闇、ともに抱えるからこそ人間である、と。この作品、結構リアルな人間描写がありながらも、それを光と闇のどちらかでくくってしまう感じがあって、自分、それがなにかもやもやしたものとして感じてはいたんです。でも、それも今回の話で、そのこともミスリードさせるための展開だったんだなぁ、と納得。しかし、どうやって作品としてケリをつけるの、という疑問も同時に・・・。これまでの話、光=善、闇=悪というかたちで話を進めてきたわけで、その図式を崩壊させて説得力ある結末ができるのか、自分には想像できない・・・。光と闇をともに受け入れろ、ということになっても、この物語でなぜこれまでの事態が起こったのかが分からないしね。とすると、今まで光=善、闇=悪という図式を押し付けてきた張本人、松本になにか裏があるということになるのかな?

マリンと夏音は、巫女の力がなくなってしまったし、次回はどう展開していくのか、全く想像ができません。で、次回最終回なんだよね?とにかく、作品としていい結末を迎えてくれることを期待しています。どうなるのかなぁ?とにかく、次回も楽しみにしています。

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第2巻 [DVD]うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第2巻 [DVD]
(2009/11/22)
阿澄佳奈寿美菜子

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第24話「腹の中」感想

『真マジンガー』の感想を書いた後、ちょっと気になって10月からのアニメ新番組を調べたりしていたのですが、やっぱりこちらでは放送される作品が少ないみたいですね。あれもこれもと、感想を書く作品が増えてしまわないのはいいのですが、なんかなぁ・・・、と。自分、ロボットアニメやアクションアニメが好きなのですが、新番組にはそういうのはなさそうだし・・・。いろいろと残念な感じがしてしまいます。10月からアクションを楽しみながら見れるのは、この『鋼の錬金術師』だけになる?自分にとって、『鋼の錬金術師』が10月からの心のよりどころになるのかもしれません。まぁ、10月になってみない事には、わかりませんけどね。ということで、『鋼の錬金術師』第24話の感想、いってみましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

暴走したグラトニー。必死になって逃げ回るロイたちだったが、エルリック兄弟とリンは他の面々を逃がして、グラトニー退治に向かう。だが、そこにエンヴィーも現れる。エンヴィーとリン、グラトニーとエルリック兄弟の戦いの中、グラトニーはエドとリン、そしてエンヴィーまでも自分の腹の中に飲み込んでしまう。一方、ブラッドレイがホムンクルスであると知ったロイは、すぐに軍の中枢へつてを頼って乗り込むが、そこで待っていたのはブラッドレイがホムンクルスであると了解のうえで、彼に従う軍上層部の姿だった・・・、という話。

今回、前半は結構ギャグなやりとりも多かったし、後半でもシリアスな場面ですっとギャグが入ったりした印象があるのですが、いいアクセントになっていたし、ギャグへのウザったさというのは感じませんでした。前半も、ちょっとギャグ過剰な感じもしましたけど、このくらいでもいいのかなと思いましたしね。まぁ、ただロイが「役立たず」と言われ、真っ白になって倒れるシーンだけは違和感ありましたが。今更ながら、感想でまず、今回ギャグは・・・、ということを書きたくなってしまうこの作品はどうなのか、という感じもしますけど。そんなこと、自分だけなのかもしれませんけど・・・。

さて、前回、戦闘シーンが・・・、とみたいなことを書いたのですが、今回は素直によかったと思います。アップもうまく使っているし、引きのカットや俯瞰も少なくちゃんと迫力でてたし。そういえば、戦闘シーンでの俯瞰は、ブラッドレイの子どもが作文読んでいたときだけじゃなかった?これも、視点はブラッドレイたちの側にあるわけで、いい使い方だったと思いましたよ。で、エドたち三人がグラトニーの腹に飲み込まれてしまったわけですが、グラトニーのあの技、空間を消滅させているようにも思えたけど、腹の中に飲み込んでいたのね。放つのではなく、吸い取る。これはもう少し、グラトニーが吸い込むように演出して欲しかったかなぁ。

話としては、グラトニー関連のことは書くことは特にない。グラトニーを回収にきたエンヴィーが、グラトニーに飲み込まれてしまう、というのはなんか面白かったなぁ、ということぐらい。エンヴィー、自分勝手なところが多い人物かと思っていたら、ラストなきいま、意外とホムンクルスの計画には忠実なんだなぁ、と思ったり。

で、ロイ関連のこと。軍に乗り込んだロイあたりの部分は、非常に面白かったです。正義の人として、ロイがつてを頼って訪れた人さえも、ブラッドレイの息のかかった人物になり果てている。こういう事態はリアルだなぁ、と。権力というのは、こういうことを作りだしやすいのかもしれませんね。権力は人を腐らせやすいというか・・・。でも、ロイが行った正義の人かのチェックをクリアしたわけで、ブラッドレイの行おうとしていることが、正義だと思っているからこそブラッドレイにつき従っているとも考えられる。ロイと軍上層部の違いは、何にとっての正義なのか、ということだけなのかもしれません。問題なのは、ブラッドレイが彼らに語る計画がどういうものか、なのでしょう。そのブラッドレイの計画、ひいてはホムンクルスの計画ですが、これは冒頭のマルコーが気づいた「国土練成陣」のことなのですかね。エンヴィーの話から察するに、これは国民全員を抹消するようなものなのかな?恐いですねぇ。ところで、軍の上層部の面々は、ホムンクルスの計画についてはどの程度認識しているのでしょう。人間、自分の身が危ないとなれば、反対の立場にまわるのが常のように思うけど。

グラトニーの腹の中に閉じ込められたエドたち、一体どうやって脱出するのでしょうかね。そして、エドは腹の中で何を知ることになるのかな?すべては次回ですか。ブラッドレイの息のかかった軍上層部に取り囲まれてしまったロイの今後も含めて、次回も楽しみにしてますよ。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2 [Blu-ray]鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2 [Blu-ray]
(2009/09/30)
朴叙ミ美釘宮理恵

商品詳細を見る

PageTop

『真マジンガー衝撃!Z編 on television』第25話「逆転!バードスの落日!」感想

連休ですねぇ。連休だと思うと、怠け癖のある自分は、感想も先送りにしてしまいがちです。『真マジンガー』の感想が遅くなったのもそのため。我ながら困ったものだ・・・。まぁ、連休といっても、自分は明日仕事だし、連休になっていないんですけどね。それでも、火曜水曜と休みだし、何をしようか夢だけが膨らんでおります。さて、『真マジンガー』の感想。次回が最終回ですね。どういうかたちで終わるのかなぁ、グレート編はやってくれないのかなぁ、そんなことを思ったりします。でも、今はとにかく第25話の感想ですね。では、いってみましょう。

今回は、なかなか面白かったです。

燃え尽きた光子力研究所、次々と倒されるマジンガー軍団、つばさはさらわれ、くろがね屋もおちる・・・。苦戦する甲児たちだったが、マジンガーZのもとにゴッドスクランダーが到着し、状況は少しずつ変化していった。Drヘルは、ピグマン子爵の死、あしゅら男爵・ブロッケン伯爵が倒されたことで、バードス島を熱海へと向かわせる。だが、熱海にきたバードス島を待っていたのは、新たによみがえった光子力研究所とマジンガー軍団の集中攻撃だった。そしてこれも、つばさの作戦だったのだ、という話。

破壊された光子力研究所、苦戦するマジンガーZが攻勢に転じる話だったのですが、なにせ展開が多くてほんとめまぐるしい。それがそのまま面白さにつながってくれればよかったのですが、今回はもう少し一つ一つのことをしっかりと見せて欲しかったという感じも・・・。あと、光子力研究所の面々がやられたと思ったら、次々と復活していくのもどうかなぁ、とも思いましたよ。光子力研究所を爆破した弓教授や博士たちでさえ、普通に生きてるし・・・。まぁ、復活した光子力研究所が、EDテーマに合わせてバードス島に総攻撃を加えるところは、感動的でよかったのですけどね。弓教授が攻撃命令だしたところが、異様にカッコよかった・・・。

話は戻って、光子力研究所を爆破した弓教授を取り囲むピグマン子爵の軍団。やっぱりピグマンは前回の爆発で死んでなかったのね。まぁ、弓教授たちでさえ生き残っているし当然なのかな。で、弓教授と彼を心配してきたさやかを助けたのは、暗黒寺とガミア。二人、カッコいい・・・。でも、二人、剣造とつながっているようだけど、どういう立ち位置なんでしょう?そもそも剣造の考え自体もわからないけど・・・。この点が、この作品の重要な部分になるのかな、なんて思ったりしますけどね。で、本来の姿をさらけ出し、逃げようとするピグマンにとどめを刺したのは、ブレード(だっけ?)。誰・・・?もしかして、鉄也?なんか、グレート編もありそうだなぁ、と思わせてくれたり。どうなんでしょ?

ゴッドスクランダーとの合体で、逆転する甲児とマジンガーZ。でも、戦闘シーンは前回のほうが面白かったなぁ。というか、今回、あまりマジンガーZの戦闘シーンを見せてくれなかった感じ・・・。その後乗り込んだグールでのブロッケンとの戦いも、なにがあったのか分からない感じだったし・・・。そういえば、ブロッケン伯爵、かれの乗り込んだ機械獣は、何がすごいのか分からないままやられてしまったなぁ・・・。やられっぷりもギャグな感じだったのは、ちょっと残念だったし・・・。

あしゅら男爵のくろがね屋攻撃を食い止めようとするボスボロット。前回に引き続き、今回もカッコいいぞ、ボスボロット(笑)。結局、ボスボロットが機械獣あしゅら男爵を破壊した感じになってるし・・・(笑)。でも、もう少し早い段階から、もっとボスボロットの活躍が見たかったなぁ、とも。逆にいえば、ボスボロットごときに破壊される機械獣あしゅら男爵、ということなんですが、あしゅら男爵、甲児との決闘をけって、このざま・・・。これでよかったのか、あしゅら男爵・・・?まぁ、彼、今回のことでは死んではいないのでしょうけどね。ゴーゴン大公もちらっと出てきたし。ミケーネとの話となれば、やはりグレート編を・・・?

浚われたつばさは、剣造のもとへ連れていかれる。剣造、どういう形で生きているのかと思ったら、ケドラと一体化したむごたらしい姿で・・・。で、いるのは、バードス島なのかな?ほんと彼、どういう立ち位置なのやら・・・?Drヘルに協力しつつ、暗黒寺やガミアを光子力研究所に派遣しているわけだしね。やっぱり、ミケーネという敵を見据えて、Drヘルとくろがね屋・光子力研究所の双方を手玉に取っているということなのかな?あと、今回の話の展開自体がつばさの作戦であったわけなのだけど、すごい策士なのに、自分はつかまっているという間抜けさ・・・。つばさの行く末は、悲しい末路しか待っていない感じがしてしまうなぁ。

光子力研究所の総攻撃でバードス島が破壊され、そのなかからDrヘルの機械獣が出てきたところで終わった今回の話。次回の最終回は、マジンガーZとDrヘルの最終決戦ということになるのでしょう。とにかく二人が、どういう戦いっぷりを見せてくれるのかは楽しみです。しかし、次回の一話で話がちゃんと片付くのかなぁ、という感じも。やっぱりミケーネ関係は、グレート編ということで、やってほしいなぁ、なんて思ってしまいます。ともあれ、次回は最終回、とにかく楽しみにしてますよ。

真マジンガー 衝撃!Z編 2 [DVD]真マジンガー 衝撃!Z編 2 [DVD]
(2009/09/25)
赤羽根健治本多陽子

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。