五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『シャングリ・ラ』感想

これもまた、アニメのほうの感想です。小説原作のようですね、自分、全く読んだこともないし、アニメ化するまで存在すら知りませんでしたけど・・・。自分の無知を思い知るばかりだなぁ。さて、この『シャングリ・ラ』、こちらでは、先週最終回をむかえたわけだけど、自分は最終話が放送されるちょっと前から、録り溜めていたものを一気見。今日、十話分くらい見て、やっと最終回までみることができました。何時間もひたすらアニメだけ見ていると、さすがに疲れるね・・・。感想書く前からへとへとでございます・・・。まぁ、今日書いてしまわないと、内容も忘れてしまいそうだし、頑張って書きますよ。では、感想です。

感想は、まぁまぁ面白かったです。

女子鑑別所から出所した北条国子は、彼女が生活してきたドゥオモに帰る。国子は、そのドゥオモの反政府組織メタル・エイジに協力していた。政府、そしてアトラス公社が推し進めてきたアトラス計画によって、東京は森林と化していた。不自由のない生活が保障されるといわれるアトラスでの生活と、行き過ぎた緑化により恐ろしいほどの自然の脅威にさらされるドゥオモでの生活。国子は、その格差、そのやり方に反対し、アトラスに戦いを挑む・・・、という話かな。

まず、なんか気持ちの悪い作品だったなぁ、と。水蛭子や涼子、そして涼子の取り巻きたちがなんか、気持ち悪い・・・。モモコやミーコも、おかまということで、はじめのうちは気持ち悪い感じがしたし。話にしても、虐殺やら空襲やらいろいろとあったし。正直、見ていて気持ちの良い作品ではなかったですね。ほんと、美邦やら果凛やらの女の子が死んだらどうしようかと心配してしまったよ・・・。

正直、前半はものすごくつまらなかった。だって、それぞれのキャラクターたちが、それぞれの居場所を持っていて、どう関連しているのかが全く分からなかったんだもの・・・。さらに、物語自体もどこに進んでいくのか全然分からなかったし・・・。国子たちが政府と戦うといっても、何を得るために戦っているのか、よく分からなかったしね。

しかし、それぞれの関係が見えてきて、それぞれが関係づけられていく、そのあたりから面白くなってきたかな。話としては、刑務所での虐殺の後あたりからかな?でも、逆にいうと、それまでが前置きであったわけで、長い長い・・・。で、国子がメタル・エイジの総裁に就き、それぞれの立場が変わりだしてから楽しめるようになった、という感じでした。個人的には、国子と草薙の関係はどうでもよくて、国子と果凛が絡んだり、国子と美邦、美邦と果凛あたりが絡んでいくのは面白かったです。

で、最終的には、涼子がゼウスのインターフェイスという存在で、すべてを牛耳っていたということだったんですけど、涼子はもっとキャラデザ的に魅力的な女性として描かれたほうがよかったんじゃない?、と。涼子、見た目からしてサディステックな魔女、といった感じだもの・・・。もっと人徳がありそうな美女、というほうが、そのサディステックな性格とのギャップから魅力的に見えたかもしれません。さて、この物語、炭素市場だの森林化だの環境的な言葉がでてきますが、涼子の存在を鑑みると、人間の作りだした機械(涼子は、コンピューターと呪術的要素によって作りだされていたようですけど)の暴走の話だったのかなぁ、と。まぁ、それが環境問題などをもとにして作りだされたものだったのですけど。結局は、国子が人間の作りだしたシステム、人間を差し置いて暴走したシステムを破壊するというかたちで決着がついたわけですね。そうしてみると、全体の話の流れとしては、結構よかったかなぁ、と。

ただ、ところどころでいろいろと・・・。とくに最終回の前の話は酷かった・・・。母親を人質にとられた草薙が国子に銃を向けるのですが、あっという間に改心。涼子の取り巻きたちが、なぜか知らないが美邦を後継に決めたところで、涼子に反旗。理由が全然わかりません・・・。とくに、取り巻きたちの裏切りは、それ以前の彼女への疑心も含めてもっと描いておくべきではなかったかなぁ。で、なにが彼らに行動を起こさせたのか、についても。あとは、最終局面で政府や軍がなにをしていたのかも知りたかったなぁ。というか、世界の危機的状況のなかで、多くの人々は何を思いどういう行動をしていたのかも描く必要があったんじゃない?ちょっと話が内輪な感じになりすぎていたきらいがあったように思いますね。

なんか思い返してみると、面白かったのかなぁ・・・、という感じにもなってしまいます。でも、ミーコと美邦の別れの場面は、なかなか感動的だったしなぁ。結局、ミーコとモモコ、おかま二人がいい立ち回りをしてくれたという感じかな?

作品として、とてもアクの強い感じで、それが人を引き付けるものになっていればいいのだけど、そうはなっていない雰囲気。もう少しとっつきやすさがあればよかったのになぁ、と。あと、見ていて、終盤はそうでもないんだけど、次へ次へと先が見たくなるような感じが全然ないんですよ。どうも不吉な感じが強すぎて、見るのが怖くなってしまうという感じが強すぎるというか。なんかそんな感じの作品でしたね。なんか書き足りない気もしますけど、書きたいことが頭の中でまとまらないし、感想はこんなことろで。で、原作を読んでみたくなったかというと、う~ん、暇があったら、という感じ。

シャングリ・ラ 限定版 第1巻 [DVD]シャングリ・ラ 限定版 第1巻 [DVD]
(2009/07/24)
高橋美佳子有賀由衣

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『鋼殻のレギオス』感想

アニメのほうの感想です。って、自分、原作は全く読んだこと無いんですけどね。原作は、大人気ライトノベルのようですけど・・・。で、自分、この作品、ずっと録画だけはしてありまして、放送が終わってから見始めるという感じでした。放送終わってすぐに半分くらい見て、8月にまた半分ぐらい見て、今日、残り二話を見終わる、という、そんな感じ・・・。さすがに、はじめのほうの話は大分忘れてしまったよ・・・。ひさしぶりの一作品まとめての感想でもあるし、ちゃんと書けるのかも不安です・・・。印象中心の感想になってしまうでしょうね・・・。仕方がないと諦めつつ、感想書いていきます。

感想は、まぁまぁ面白かったです。

汚染獣が跋扈する世界レギオスで、レイフォンは学園都市ツェルニにやってくる。戦うことを嫌がるレイフォンだったが、ある出来事で、ニーナ率いる第17小隊に入ることになってしまう。類まれなる戦闘力を隠そうとするレイフォン。だが、第17小隊に打ち解けていくなかで、レイフォンの過去が明らかになっていく。レイフォンの過去に関係する天剣授受者とグレンダン、そして廃貴族の影がちらついてくる・・・、という話かな。

レイフォンを中心にしながらの、群像劇という作風なのかな。多くのキャラクターが登場して、ストーリーが交錯していく感じは伝わってきました。が、2クール作品で、これだけ多くのキャラたちを立てながら、ストーリーを展開していくのは難しかったのかなぁ。キャラクターが入れ替わり立ち替わり登場するという感じでせわしなさも感じましたし。レイフォンとサヴァリス以外の天剣授受者たちなんて、全然キャラが立つ前に終わってしまった感じだしなぁ。もっと大々的なプロジェクトで、長くやったほうがよかったかも、と思ったりもしました。ただ、ストーリーに関しては、レイフォンを中心にまとまったものになっていたとは思いましたけどね。

ただ、この作品の最終話付近で話題となる世界観については、よく分からなかった・・・。サヤが重要な存在になっていたようだけど、なにがなんだか・・・。平行世界みたいなものがあって、それを結びつけているのがサヤやら廃貴族なのか、それともそれは過去とこの時代という時間的な関係性なのか?前半部で、毎回入っていたよく分からない外画調のパートが、後半になってしっかりリンクしていくのはいいのですが、その二つの世界観の関係性がよく分からんし・・・。また、サヤやらディックやら、廃貴族やらが何者なのかもさっぱり・・・。結局、リーリンのもっていた能力というのも、よく分からなかったしなぁ・・・。たぶん、原作を読めばすぐに分かるんでしょうけどね。読むべきか・・・?

戦闘シーンは結構よかったですよ。ド派手だし、見せ方のカッコイイ。超人どうしの戦い、という感じで、リアルっぽさは全然ありませんがね。で、とくに、汚染獣との戦いより、人間同士の対決は面白かったです。人間同士だと、しっかり相手方の主義主張もあるし、攻撃をするにせよ受けるにせよ反応があるしね。ただ、最後の廃貴族の力を手に入れたサヴァリスとレイフォンの戦いはなぁ・・・。ちょっとあっさり決着がつきすぎ・・・。あと、最後の汚染獣を倒すところも、第17小隊全員がそれぞれの役割をもって事に当たってくれたらなぁ、という感じもしました。原作ではどうなのか知らないけど、アニメでは第17小隊の物語、というかたちでストーリーが展開してきたわけだし。重要人物だったニーナなんて、寝てるだけという・・・。

それにしても、レイフォン、モテモテですね。ニーナに、メイシェン、フェリにリーリンと・・・。それに対して、レイフォンがそれぞれの関係を割り切っていて、恋人どうしにならないのが憎らしい・・・(笑)。それはさておき、個人的には、フェリは可愛らしかったですね。不器用全開の接し方、それでいてイライラすると、つい本音が出てしまったり、物に当たったり・・・(笑)。フェリ特有(?)のチビキャラも合っていた感じもするし。ニーナは、最終的にもっと強くなるとか、重要なキャラクターになると思ったら・・・。なんか最終的に影が薄い感じになってしまって・・・。彼女のまっすぐな感じ、すぐに邪な思いを吐露してしまう正直さは、よかったですけどね。

話としては、前半の「井の中の蛙」のような話よりも、世界が広がって他の組織との関係も出てくる後半のほうが面白かったです。まぁ、後半になるにつれ、分からないことも多くなっていくのですけど・・・。ただ、この作品、地味な印象があるんだよなぁ。なんでだろ?キャラデザのせい?雰囲気のせい?よく分からないけど。とにかく、原作を読んだほうがより楽しめるのでは、と思いましたね。読むか、原作?でも、巻数多そうで、気が引ける・・・。あと、話の終わり方は、意味深な部分もあり、二期も期待できそうな雰囲気だったんですけど、どうなんでしょ?そういう展開も、ぜひ期待してますよ。

鋼殻のレギオス第1巻 (限定版) [DVD]鋼殻のレギオス第1巻 (限定版) [DVD]
(2009/03/27)
岡本信彦高垣彩陽

商品詳細を見る

PageTop

『バスカッシュ!』第23話「コーズ・スラッシュ・セッド・ソウ」感想

こちらで、先週放送された分の感想です。連休で、自分も昨日と今日休みなんですが、この『バスカッシュ!』の感想、昨日書くつもりだったんだよね。でも、今日書くことに・・・。で、昨日、何をしていたかというと・・・。昼寝したこと、買い物に行ったことは覚えているんですが、あと何していたっけ・・・?ただ言えることは、無駄に一日を過ごしたということだけです。はぁ・・・。さて、『バスカッシュ!』の感想、こちらでは今日の深夜に放送あるので、次回分をまた明日感想を書くことになります。二日連続か・・・。とにかく、第23話の感想、いきましょう。

今回は、まぁまぁ面白かったです。

ヤンの計略に倒れたダン。ヤンはそのまま軍事力でスカイブルームを制圧してしまう。エクリップスは、ヤンからその計画を聞き出すと、ミスター・パーフェクトとともにダン救出に動き出した。サウザントに解剖されそうになるダン、すんでのところで彼を助けだすエクリップス。だが、ダンは息をしてはいなかった。一方、急遽月とアースダッシュが激突しようとしていることを世界に訴えるスラッシュ。新たなリーグを開催する彼のもとに、アイスマンがいた・・・、という話。

やっぱり、月とアースダッシュの衝突、それが問題となる世界の話だったか。で、スラッシュたちとヤンで、その対策に対する違いが鮮明になった話でした。ヤンは、軍事力によって月を破壊しアースダッシュだけを救うという計画で動き、スラッシュたちは「伝説」に基づくバスカッシュによって世界を元に戻そうとする計画を進めていた、と。今回、月とアースダッシュの激突が逼迫した状況になり、それぞれの計画が表舞台に出てきた、という感じかな。でも、この月とアースダッシュの衝突への危惧は、もっと物語の早い段階で鮮明にしてもよかったんじゃない?むしろ、月とアースダッシュの衝突とバスカッシュを結びつける「伝説」の中身を秘密にしておいたほうが・・・、そんな感じがしました。

今回、エクリップスのダン救出、自身の計画を着々と進めるヤン、そして動き出すスラッシュ、と三つの視点を中心に話が進んだ感じでしたが、個人的にはもう少しダン救出とヤンの動きを対比したかたちで話を進めて欲しかったなぁ。スラッシュについては、最後の宣言でしっかり存在感のあるものになるわけだし、途中そこまで触れないで。自分としては、ヤンがダン救出をどう思っていたのか、それがもっと知りたかった、というかね。ヤンにとってダンはもう用済みなわけで、どうでもいいと捉えていても、それが実際起こったときにどう思うのか、たとえ自身の計画に万進する姿でもいいからヤンをしっかり見せて欲しかったです。

ヤンから彼の計画を聞いたエクリップスが、ダン救出に動くわけですが、ヤンから情報を聞き出すときに、仲間外れにされるヴィオレット・・・。可哀想に・・・。まぁ、あの場面、シトロンとルージュによるアドリブだったのでしょうけど。自分も、「あれエクリップス、まだヤンについていくつもりなの?」と騙されたし・・・。しかし、シャワー室で、裸になって本当の事を告白する三人・・・(笑)。なぜシャワー室?シャワー室だって、監視されているかもしれないのに。あっ、でも、ヤンがシャワー室まで監視していたら、これはただの盗撮か・・・。

一方、ダンはサウザントによって調査されてましたね。サウザントにとっては、ダンが「伝説」である理由というのを科学的に証明したい、という感じなのかな?そのためには、解剖も辞さない、と。非常に科学的立場の人間、まぁ、よくある科学崇拝の科学者、という感じですね。さて、そこに現れたのが、エクリップスと、ミスターパーフェクト。ジェー・・・、いや、ミスターパーフェクトはアースダッシュにいるのね。スラッシュと離れて・・・。今回は、もう少し彼の活躍は見たかったかなぁ。救出はあっさり成功で、逃げるときに水路でみんな流されていましたが、ミスターパーフェクトはどこへ行った?

最後に、スラッシュの宣言。国家元首とかでもなく、ただのスポーツ団体の理事なのに、全世界への宣言・・・。まぁ、それはいいんですが、スラッシュ、彼は何者なんでしょう?まだ分からない・・・。でもかれ、宣言でダンが作ったバスカッシュ、という言葉を使っていましたね。これは、ダンがスラッシュにも影響を与えているという証左かな?さて、今回の話で、最終的に全世界でみんながバスカッシュをする、という展開が見えてきたような気がしました。あと、心臓も止まっていたようなダンですが、ルージュのキスで心臓の音が・・・。でも、まだ目覚めない。ダンが目覚めないのはいいのですが、心臓が止まっているかのようなことまではいらなかったんじゃない?

さて、次回からは、スラッシュが提唱したバスカッシュのリーグが始まるようです。そういえば、今回、全然バスケをするというシーンがなかったなぁ・・・。次回はしっかり見せてくれるでしょう。期待しています。また、アイスマンはどう変わったのか、ダンはいつ目覚めるのかも気になりますね。ということで、次回は、楽しみにしてますよ。

バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]バスカッシュ shoot.1 [Blu-ray]
(2009/09/16)
下野 紘伊藤 静

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。