五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』第25話「闇の扉」感想

今日感想を書いた『真マジンガー』をはじめとして、こちらでもこれから最終回ラッシュ。連日最終回の感想を書くことになれば、感想書いていくのがつらくなるんですが、今期はうまいこと最終回の日がバラけてくれた印象もあり、よかったと肩をなでおろしています。さて、そんな中、感想を書いているアニメの中で、唯一10月からも続く『鋼の錬金術師』。放送は、4クールということでいいのかな。なかなか長い付き合いになりそうです。まぁ、これからも地道に感想を書いていくことにしましょう。では、第25話の感想です。

今回は、面白かったです。

グラトニーに呑み込まれてしまったエドとリンは、二人で出口を探してした。そこに現れたのは、二人とともにグラトニーに呑み込まれたエンヴィー。エンヴィーは二人に、この空間はグラトニーの腹の中であり腹の中ではなく、出口はないことを告げる。そして、この空間は「真理の扉」の失敗作であることを明らかにする。もう死ぬのを待つしかないと伝えるエンヴィーは、二人に襲いかかるのだった。本当の姿を見せつけるエンヴィー、それは化け物の姿だった・・・、という話。

暗いシーンの描写が多く、皮靴食べたり、本当の姿のエンヴィーだったりとグロテスクな感じのした今回。でも、見せ方がうまかったためか、面白く見れました。ギャグ描写も、違和感なくいいタイミングで入っていたしね。さらに言えば、今回、戦闘シーンは最後に少しあっただけで、全体としては謎が明らかになるという説明回の雰囲気が強かったのですが、それでも絵に飽きてしまうことなく見られたというのは、演出がうまかったということでしょうね。

では、話の中身について感想を。エドとリンが、絶望的な空間のなかでエンヴィーに会ったことで、エンヴィーの口からホムンクルスのしてきたことについていろいろとあきらかになりましたね。イシュバール殲滅戦を引き起こしたのは、他ならぬエンヴィーであったこと、ホムンクルスには「お父様」と呼ばれる存在がいること、そしてそれはブラッドレイではないことなどですね。後の二つは、視聴者にはもう提示されていることですが、そのことを主人公であるエドが知ったことは展開的には大きいですね。

さて、イシュバール殲滅戦の発端となった、兵士が少女を謝って射殺してしまったこと、これはエンヴィーがイシュバール政策に穏健な兵士に化けて行ったものだったのでした。ちょっとした事件だ大戦争の引き金となる、これは現実でもあることですね。第一次世界大戦とかそうだったっけ?さらに穏健派の人間に化けて事件を起こす、これは穏健派を黙られると同時に世論を推進へと誘導していく、すごい政治的な手だなぁ、と嫌な感じはするんだけどなんか感心してしまいます。イシュバール側にも、推進派だろうが穏健派だろうが、軍は信用できないものと思わせることができ、対立を煽ることにも機能したわけだしね。ただ、回想で兵士に化けたエンヴィーが少女に銃を向ける場面、あんな普通の街中だったら、銃を取り出した時点で周りがもっと騒ぎ出すと思うんだけど・・・。さらにいえば、あんな感じで殺してしまえば、穏健派だったあの兵士が狂乱しただけ、ともとられる可能性があるんだけど・・・。今回の話のなかで、あの回想シーンだけはなんか腑に落ちませんでした。

「お父様」が作りだした「真理の扉」の失敗作のなかで、出会ったエドたちとエンヴィーですが、てっきり呉越同舟のようなことになるのかと思ったら、そうはならずに戦っているよ・・・。これはやはり脱出への可能性が見いだせない、ということが大きいのかな。エンヴィーはとくに脱出することはあきらめている、という感じだし。エンヴィー、二人がいずれ死ぬなら、自分が殺しても変わらない、という考えのようであります。でも、エンヴィーは、ホムンクルスで死なないだろうし、あの箱庭的な空間のなかで永遠にいるつもりなのかね。それもそれで不幸だなぁ。となると、やはり三人で、脱出への手立てを考えるのが賢明なんじゃない?

あと、今回、メイがシャオメイを探すなかで、メイの立場というのがやっとわかりました。彼女、シンの王位に直接関係する立場ではなかったのね。一族を助けるために、不老不死を手に入れるというのが、彼女のここにきた目的のようだし。リンと対立する立場なら話をどうするんだろ、と不安だったんだけど、なるほどね、と。これで、リンとメイが手を取り合うこともできるわけだしね。しかし、メイとともに暮らしていたシャオメイ、あの行動、動物の範疇を越えてるぞ・・・。まぁ、可愛らしいといえば可愛らしいのですけど。

そして、ブラッドレイに捕まったロイは、部下という手足を次々にもがれていくという、苦しい状況。合法的な権力を行使して、ロイの身を縛り付けるブラッドレイ、憎らしいなぁ。しかも、リザを自分のお付きとしておくというそのやりくちは、策士としか言いようがない。ロイにとってリザは、人質になったわけで、リザにとっては昇進という名の左遷に他ならないでしょうしね。しかしながら、これからの二人の、軍人としての責務と人間としての感情が巻き起こす葛藤、これは楽しみですね。

さて、アルがエドたちを助けるために、グラトニーとともに「お父様」のもとに向かいましたね。アルとグラトニー、こちらはちゃんと呉越同舟。やっぱり外からの働きかけでないと、腹の中からは脱出できないのかな?どういうかたちで、エドたちの救出がなされるのですかね。アルが「お父様」と会えるのかも含めて、次回も楽しみにしてますよ。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3(完全生産限定版) [Blu-ray]鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2009/10/28)
朴ロ美釘宮理恵

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『真マジンガー衝撃!Z編 on television』第26話「決着!ロケットパンチ百連発!」感想

昨日は飲みに行っていたので、『かなめも』の感想は書けませんでした。感想は、今日は無理でも、そのうち書きますよ。しかし、今日、二日酔いがきつい・・・。昨日は飲みすぎだったか・・・。今の時間まで、なにもすることができない感じだったし・・・。それでも、なんとか『真マジンガー』の感想を書いていかないとね。なんて言ったって最終回だし。では、最終回の感想、いきましょう。

今回は、面白かったです・・・、が・・・。

立ち上がったDrヘルの機械獣。そのすべてのエネルギーを吸い取らんとするかのような圧倒的な強さの前に、マジンガー軍団は手も足も出ない。だが、その機械獣の中に現れた兜甲児。彼は、つばさの計画のもと、あしゅら男爵の手引きにより、内部からの機械獣破壊に動いていたのだ。再び、研究所に迫るDrヘル。彼を倒すため、マジンガーZとして立ちふさがった甲児は、Drヘルの機械獣にロケットパンチの雨あられを繰り出す・・・、という話。

今回、この作品の最終回だったわけですが、・・・全然話が終わってない・・・。自分も、続編を作って欲しいという希望はありますけど、この作品はこの作品としてすっきり終わらせるべきだったんじゃない?続編への続きの部分は、かるく匂わすくらいにしてさぁ。それが、Drヘルを倒して、ミケーネの台頭、甲児に安息のときはない、という感じで、物語は続いていくというのを、今回、しっかりと見せてしまっているからなぁ。ところで、続編の制作は決定しているの?

でも、今回の話自体は面白かったですよ。ヒーローものの最終回としてスッキリとした話の展開だったし(最後以外・・・)、戦闘シーンは迫力満点だったし。そういえば、今回のサブタイトルを見たとき、マジンガーZが徹底的にDrヘルの機械獣を殴りつけて、最後はビッグバンロケットパンチで、という流れなのかなぁ、と予想していたんですが、あんなに大量のロケットパンチが雨あられのように降ってくるとは・・・。度肝を抜かれました。しかし、あの大量のロケットパンチ、一つ一つは小さな力だけど、たくさん集まれば大きな力となる、そんな感じにも思えて良かったですけどね。ちりも積もれば山となる、かな?

今回の話のキーパーソンは、あしゅら男爵だったのですが、やっぱりあのケドラの塔での出来事は彼にとって重要な意味をもっていたのね。あの場面で、あしゅら男爵は、Drヘルは従うに値しないと悟ったようだし。トリスタンとイゾルデ、それぞれの半身を腐らせた犯人は、Drヘルだったと認識したわけだしね。で、あしゅら男爵はその後、Drヘルに従っているように振舞いながらも、つばさの計画に加担していた、と。あのケドラの塔での出来事以来、あしゅら男爵が何を考えているのか、分からなくなっていたのはそのためだったのね。Drヘルを倒すために甲児たちについたあしゅら男爵、でもその目的は別の意味もあったというのはびっくりでした。それはミケーネの復活であり、つばさや甲児はあしゅら男爵に利用されていたということでもあった、と。甲児たちの仲間になったかのようなあしゅら男爵、でもそれは彼の大願成就のためであったわけで、そういう行動をするあしゅら男爵、したたかだなぁ、と。あしゅら男爵には、同情を抱きつつあったのですが、最後の場面で憎らしく思えるようになり、印象も大変化・・・。

逆にいえば、Drヘルは、ミケーネを押さえつけていた存在だったわけで、彼の目論んでいた世界征服もミケーネに対するものであった、と。彼、彼の本来の目的自体は悪いことではないのだけど、やはりその目的に達するための手段がまずかった、ということでしょう。目的のためなら手段が悪でも、といえば聞こえはいいけどね。でもせめて、世界に対してミケーネについての警鐘を鳴らす、そういうことはやっておくべきだったかなぁ、と。Drヘルもある種、不器用な男だったのかなぁ、と。

さて、ミケーネの復活というかたちで、暗い感じで終わった本作。で、続編のグレート編は作ってくれるんだよね?ぜひ作って欲しいのですが、鉄也とかは死んでいる設定になっているし、どうするんだろ?あの幽霊は、つばさが作りだした幻覚で、実は生きていたりするのかな?それとも、鉄也は死んだという状況で、甲児主役のまま話が進んでいくのかな?ああいう終わり方をされると、いろいろと想像してしまいますね。とにかく、続編を作ってくれることを期待していますよ。


今回、『真マジンガー衝撃!Z編』が最終回だったので、この作品全体の感想を。

感想は、なかなか面白かったです。

まず、古臭さも感じさせるキャラクターデザインと、ド派手な戦闘演出、これが作品の魅力として、うまく組み合わさっていたかなぁ、と思いましたよ。まぁ、第1話を思い出すと、とにかくびっくりした、という感じでしたが・・・。マジンガー世代でもない自分にとっては、マジンガーZってこんなにカッコよかったんだ、と思わされる感じでもあったし。

話としては、今川作品らしい、話を盛り上げながらも物語の謎を少しずつ解いていくような話の作り。謎解きものの作品だと、前半がよく分からないものになってしまったり、後半に向けてだんだんとダレてきてしまったりするものですが、それをエピソードをある程度区切ることで、作品全体の謎とエピソードごとの謎、それをうまく使い分けて、そういう事態にならないようつくられていたように思います。まぁ、中盤あたりから少しだれる感じもたしかにあったけどね。見方を変えれば、ド派手な演出という力技で、作品全体のテンションを保ってきたとも思えますけどね。

ただ、長々と引っ張ってきた謎、それ自体については大したことなかったかなぁ、という感じも。それは、Drヘルの本当の目的と、あしゅら男爵の件についてですけどね。なんとくなく予想できた展開で、そうくるか、というような驚きがなかったというか。謎があればある程、自分、どうしてもどんでん返しのような展開も期待してしまうので。

あとは、エピソードごとの時間の流れが非常に遅い、というのも気になる点でした。しっかり見せる、という意味ではいいことなのかもしれませんけど、物語がなかなか動いていかないことにじりじりした感じもあったというか。時間の流れも、もう少しテンポよく進んでほしかったかな。まぁ、このことは特に前半で感じたことで、後半になってからは良くなってきたように思いましたけどね。

なんだかんだ書きながらも、作品としては、リメイク作品としてうまくいった作品の一つだと思います。古さと新しさ、それがいい塩梅で混ざり合っていたと思うし。まぁ、マジンガーに思い入れの強い人から見たら、どう思うのかはわかりませんけどね。でも、個人的には、この作品十分に楽しませていただきましたよ。

真マジンガー 衝撃!Z編 2 [DVD]真マジンガー 衝撃!Z編 2 [DVD]
(2009/09/25)
赤羽根健治本多陽子

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。