五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『君に届け』episode.10「協力」感想

昨日は休みだったのですけどね・・・。御覧の通り、感想書けま・・・、書きませんでした・・・。で、何をしていたのかというと、大したことしてないんだよなぁ・・・。放送に追い付いていくためには、日曜以外の休みで多く感想を書いていくことが必須なんだけどなぁ・・・。どうも感想を書かずに他のことをしてしまう。で、いつまでたっても追い付けない・・・。何とかしないといけないんですけどね。さて、『君に届け』の感想。仕事のあった今日はちゃんと感想を書きます。でも、やっと第10話・・・。では、感想、いってみましょう。

今回は、面白かったです。

くるみと仲良くなった爽子。そのくるみは、事あるごとに爽子に話かけてくるのだった。一方、風早くんとは、今までのように気軽に話しかけることができなくなる爽子だった。そのことを気にする爽子は、くるみにそのことを話してしまう。くるみは、やんわりと爽子と風早くんとは似合わないということアドバイスし、爽子と風早くんの仲を裂こうとするのだが・・・、という話。

くるみが積極的に爽子と風早くんの間に入って、いろいろと仕掛けてくる話でした。くるみ、本領発揮という感じですかね。でも、そのくるみの黒い策略も爽子には通じないところが面白いところで。むしろ、くるみが爽子を陥れようとしたアドバイスが、爽子にとってはプラスに働いてる・・・(笑)。また一歩、爽子と風早くんが近しい関係になったのをくるみが目撃してしまうところが面白くて・・・(笑)。くるみがショックを受ける場面は、ほんと気持ちよかったですよ。

前回から、爽子に近付いてきたくるみ、今回のあのタイミングを見計らったかのような介入は、腹黒いなぁ。でも、そのことに純粋に友達になれたと嬉しがる爽子は・・・。爽子、もう少し善意の裏側にある部分を見ようとしないとダメですよ。一方の風早くんと爽子は、まさに恋する二人な感じで。ギクシャクした二人やりとりが、本当に若いなぁ。ギクシャクした二人、微笑ましくもありましたよ。まぁ、互いに相手がどう思っているのか分からないのが、恋の難しくも面白いところでもありまして・・・。・・・って、恋愛のことに疎い自分が何偉そうなこと書いているんだ・・・。でもまぁ、他人から見れば丸わかりで面白いですよね。

ギクシャクした風早くんとの関係を、くるみに相談する爽子。ここからくるみの策略が全開。相談を誘っているところから強引だったしなぁ。友達になったふりをして、相手を貶めようとするくるみは、ほんと嫌ですね。爽子は風早くんと似合わないだって、そんな傍から見たつり合いなんて関係ないでしょ。爽子と風早くんはタイプが違うだって、むしろタイプが違うからこそ惹かれあうものがあるのでしょ。っていうか、本当の友達なら、あの場面であきらめろ的なことは言わないものだと思うんだけどね。で、爽子がくるみの術中にはまるのかと思いきや・・・(笑)。普通に勇気づけることになっているし(笑)。たぶん、爽子が元から風早くんと自分が釣り合わないと思っていて、恋人になりたいと意識していないことがこういう結果になったのでしょうね。爽子の風早くんへの思いが、恋だということに、彼女自身が気づいていない、それがくるみの空回りにつながったように思えましたよ。でも、元気になった爽子と、そのことに怒り心頭のくるみの対比は面白かったなぁ。二人とも相手がなぜそうなったのか、気づいてないし(笑)。

たまたま爽子と風早くんが花壇で出会い、互いに相手と話すことに緊張していたことを知る二人。ここから、二人がまた会話で盛り上がることになったのですが、あの場面、風早くんが爽子と話すことに緊張していたことを告白したことが大きかったように思いました。普通、どう思っているのか気になる相手に、自分が緊張していることなんてすっと言葉にできないものだろうしね。そこが風早くんのすごさなのかな。互いに緊張していた二人だけど、それを知ったことで、互いの恋心というものにも気付いたのかな?たぶん、気づいてなさそうだけど・・・。仲良くしている二人のところに、またくるみ登場。今度はとても動揺しているようで(笑)。しかも、くるみが名字だということも、明らかにされ(笑)。うめ、って名前なのか。かわいいよ、うめちゃん(笑)。いやぁ、このシーン、非常に爽快でした。

また仲良くなった爽子と風早くんを見て、最後にくるみの奥の手が・・・。協力を取り付けてから、好きな人を告白するというのは、本当に意地が悪い。でも、くるみが風早くんが好きなことを告白する、これはやはりくるみの最終手段でしょうね。今まで彼女、そのことを感づかれないように周りに振舞っていましたから。自分から直接アタックするのではなく、相手を陥れて、自分が得をしようとする、これがくるみの基本戦略でしょうからね。ここまでくるみを追い付けた爽子はすごい。でも、人のいい爽子、悪魔の誘いのようなくるみの協力の申し出に、どう対処するんだろう?いやぁ、次回が気になります。ほんと、次回、楽しみにしてますよ。

君に届け VOL.4 [DVD]君に届け VOL.4 [DVD]
(2010/03/26)
能登麻美子浪川大輔

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。