五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『君に届け』episode.21「初雪」感想

今日は、ほんといい天気でした。・・・仕事でしたけど。こんな天気のいい日は、外へ出たくなりますね。ブログなんて書くのも嫌になります。でも、一日一つくらいは記事を書きたい、そんな気で今日も書きますよ。そういえば、4月は非常に感想の量が多かったのですが、天気の悪い日が多かったからなのかもしれない。天気の文句をブチブチと書きながらも、感想が進む進む、って感じだったような・・・。さてさて、『君に届け』の感想、今回は第21話。あと二話でこちらの放送に追いつきます。あと少しだ、頑張っていきますよ。では、感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

爽子とあやねに本心を打ち明け、すっきりした感じの千鶴。彼女は、今こそ徹と話をしたい、自分の思いを伝えたいと思っていた。そんなことを話していた三人の前に、突如、徹が現れる。千鶴を借りていく、といった彼は、千鶴を連れて二人で歩いて行くのだった。徹が連れて行ったのは、千鶴との思い出の場所ばかり。その場所場所で、徹は千鶴に対しての思い出を語るのだった。徹の結婚のことに話が及んだとき、ついに千鶴は、徹が好きだということを彼に伝えるのだった・・・、という話。

千鶴の徹への思いをふっきる話でしたね。前回は、ギャグ的な要素をふんだんに振りまいて、面白おかしく魅せる感じが強かったのですが、今回は、一転して極めてしんみりとしたシリアスな雰囲気で押し通した感じでした。千鶴と徹の思い出のシーンなんかは、楽しい感じでもありましたが、状況が状況だけに笑えない・・・。個人的には、前回までとはいかないまでも、もう少しギャグのシーンはほしかったです。まぁ、千鶴のあこがれの存在である徹にギャグシーンをさせるわけにもいかず、またあこがれの存在を前に千鶴にもギャグシーンをさせるわけにもいかない、って感じだったのでしょうけどね。

千鶴と徹の、二人の思い出の地めぐり。千鶴にとっては、徹と二人だけの時間を過ごせる、というのはうれしいことだったのでしょう。でも、それが思い出の地をめぐる、というのはどうなんだろう、と。徹が千鶴との思い出を大事にしている、ということはわかるけど、新たな二人の思い出を作ろうとしてないわけで・・・。そして、徹の千鶴との思い出というのは、千鶴を妹のように接してきた思い出でもあるわけですし。徹に似合う女になりたいと思ってきた千鶴ですけど、徹の認識では、千鶴はいまだに妹のような存在でしかない、ということの表れでもあったように思う。だから、徹が好きな千鶴が、徹とこの思い出の地を巡る様子は、なんか悲しい感じもしましたよ。

徹に好き、ということを伝えた千鶴、徹からも好きだよ、と答えてくれましたが、その好きという言葉のずれがなんとも悲しかった。徹にとっても、悪気はなく答えているのは分かるんだけど、千鶴の気持ちが伝わっていないのがね。徹にとって、千鶴はまさに家族のような存在で、全く恋愛対象としてみてはいない。昔のままの関係で千鶴を見ているのですよね。なんか、成長した千鶴と、時が止まったままの認識でいる徹、そのずれがせつないです。でも、千鶴にとっては、徹に伝わらなくても、自分の気持ちを言えたこと、徹が千鶴のために帰ってきてくれたことは、うれしかっただろうけどね。千鶴のモヤモヤは、婚約のことで、徹と話せなかったことがもともとの原因だったし、ちゃんと話せたことはよかったのかな。

今回、仕事の忙しい徹をわざわざ千鶴のために呼び戻したのは、龍でした。なるほど、こうやって彼の存在が際立ってくるのか、と。ちゃんと千鶴のためを思って龍は行動していたんだな、と思い知りました。で、前回の千鶴に対しての彼女を怒らせた言葉、あれの真意はなんだったんだろう?千鶴が言っていたように、千鶴の八つ当たりの矛先になる役を買って出た、ということなのかな?よくわからん・・・。でも、今回の龍は、まさに男子高校生なリアルな雰囲気だったなぁ、と。徹に対しての態度とか、千鶴の母親に対しての態度とか、あんな感じだよね、なんて思いつつ見ておりました。パンを名目に兄貴を呼び出そうとするところなんか、素直になれない高校生らしい感じが・・・(笑)。そんな龍は、千鶴が行った場所もわかってました。やっぱり千鶴には龍が似合っているのでしょうね。でも千鶴、徹に振られてすぐに龍に泣きつく、と考えると、ちょっと節操がない感じもするぞ。まぁ、そうなってしまう気持ちは、十二分に分かりますけどね。

千鶴の恋についての話も、今回で一段落かな。千鶴、いちばん身近なところに、彼女のことを本当に思ってくれている人がいた、と。千鶴と龍、これからもまだ何かあるのでしょうか?これで恋人どうしになったととらえることもできるし、今回のことは友達だから、ととらえることもできるし・・・?さてさて、次回は、予告を見る限り、また爽子と風早くんが中心の話になるみたいですね。クリスマスの話みたいですけど、どんな話になるのでしょう。次回も、楽しみにしてますよ。

君に届け VOL.6 [DVD]君に届け VOL.6 [DVD]
(2010/05/26)
能登麻美子浪川大輔

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。