五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』感想

アニメの感想です。原作は、マンガのようですね。前に、ちょこちょこ見ている、と書いたのはこの作品です。タイトルを打つのが面倒くさくてねぇ・・・。タイトルだけで、だいぶ文字数使ってしまいそうだし。略し方とかあるのかな?まぁ、いいや。この作品、新房+シャフト作品ということで注目はしておりました。見たいとは思っていたんですよ。でも、こちらでは放送していない。ということで、困ったときのネット配信。4月に入ってから見始めたんですが、今日全話視聴し終わりましたよ。それにしても、画面小さい、目疲れる・・・。とにかく、感想いってみましょうかね。

感想は、まぁまぁおもしろかったです。

突如日本に現れた、ヴァンパイアの女王ミナ・ツェペッシュ。少女の姿をした彼女は、この日本にヴァンパイアの居住区ヴァンパイアバンドを設立すると宣言するのだった。記憶喪失ながらも、普通の高校生活を送っていた鏑木アキラ。彼の前にミナが現れたとき、彼は、ミナを守るために仕えるという使命をもっていたことを思い出すのだった。ミナがヴァンパイアバンドを設立する目的、そしてミナとアキラをつなぐ彼の過去とは・・・、という話。

ミナのヴァンパイアバンド設立を巡る政治的駆け引きと、アキラたちが生活する学園生活。話の舞台が二つあるだけでも複雑なのに、さらにアキラの失った過去やら、ミナを頂点とするヴァンパイアの支配体制やらと、非常に込み入った濃いストーリーですね。そんなストーリーを、シャフト独特のカットのつなぎで魅せる演出やら、BL影やらで、さらに濃い作品に仕上がっていた印象です。ストーリーと演出、どちらかが濃いのはいいのですけど、両方濃いとさすがにくどいというか、話が見えにくくて・・・。キャラクターに感情移入する以前に、話を追うのに精いっぱいという感じもありました。

そんな作品的な濃さをより強く感じたのは、とくに前半の学園と政治を中心とした話だったのですが、このときはギャグ描写も多く、話自体はおもしろかったんです。ミナの政治的駆け引きと、アキラの学園での騒動をうまくリンクさせたりしていてね。ミナも、政治の場での腹黒い雰囲気と、学園での無邪気な雰囲気のギャップもおもしろさもありました。学園と政治、昼と夜をうまく使っていたと思いますしね。この前半の話を引き延ばして、最終回まで見せたほうがよかったんじゃない?なんて思ったりしましたよ。

で、ヴァンパイアバンドが設立した後の後半。演出的には慣れてきた感じで見やすくはなったんですが、昼が中心となる学園という舞台がそぎ落とされてしまったのが・・・。シリアス一辺倒になった感じで、楽しく見るという感じがなくなってしまった印象がありましたよ。話自体も、前半はヴァンパイアと人間の関係性、という想像しやすい話だったのが、後半は、ヴァンパイアの中での内輪もめという感じで、身近な感じはなくなってしまったし。話の主題がヴァンパイアの内輪もめでも構わないんですが、もう少し人間社会との接点があるなかでそれを描いてほしかった印象がありました。話自体も、よくあるようなストーリーで終わってしまいましたしね。

それにしても、ミナはとてもおもしろいキャラクターでしたね。声優さんの演技も相まって、とても魅力的に映りましたよ。上にも書きましたけど、甘えた感じと、冷徹な感じのギャップが非常にいい。で、アキラはまぁね・・・。とくに良くもなく、悪くもなく・・・。で、由紀、中盤は非常にいい立ち位置にいるキャラクターだなぁ、と思ったんだけど、終盤になったらすっかり影が薄くなってしまって・・・。終盤も、うまく由紀というキャラクターを活かせるような話にしてほしかった感じもしました。美刃は、ちょっとアクが強すぎ・・・。登場した段階で、こいつがラスボス、って感じはプンプンしてたし。

もし、突如ヴァンパイアが現れて、その存在を主張したら、という部分ではおもしろかったこの作品。でも、一話見た後、すぐに次の話が見たい、という欲求が出てこなかったんだよなぁ。その一話一話もとても長く感じたし・・・。そんな感じもありましたよ。なんか続編作りそうな雰囲気で終わりましたが、そこまで楽しみになるかというと、・・・う~ん・・・。でも、ミナと同じ顔をした者の存在のこと、今回のヴァンパイアの内輪もめの話よりかはおもしろくなりそうな感じはしましたよ。なんか話に踏み込んだ感想を書いていないですが、それは話についてあれこれいうほどに、自分が話に入り込んでいないからかもしれないですね。単に、自分が合わなかっただけかもしれませんけどね。

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第6巻 [Blu-ray]ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第6巻 [Blu-ray]
(2010/09/22)
悠木碧中村悠一

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『君に届け』episode.22「クリスマス」感想

一昨日の日曜は、どうしようもないくらい疲れていましたけど、今日はとても元気です。昨日、いつの間にか眠ってしまっていたのにね。ということで、ガンガン感想を書いていきましょう。まぁ、気持ちのいい天気なので、出かけたいとも思ったりもするんですけど・・・。とにかく、『君に届け』の感想を。今回の第22話をもって、録りためていたものはすべて消化です。あと3話は放送されるのを待つばかり、ということになります。『君に届け』強化期間、なかなか大変だった・・・。まぁ、おもしろい作品なので、順調に書いていけたのはよかったですけどね。では、第22話の感想、いってみましょうか。

今回は、とてもおもしろかったです。

元に戻った千鶴と龍の関係。12月も半ばのそんなとき、風早くんを中心に、クラスでクリスマス会をしようという話が持ち上がってきた。爽子は風早くんに直接誘われ、行きたいという思いを募らせるのだった。だが、爽子には、家でのクリスマス会のことが・・・。クラスでのクリスマス会のことを両親に切り出そうとする爽子だったが、父親があまりにも爽子とのクリスマス会のことを楽しみにしていて、言えずじまいに終わってしまう。そしてクリスマス当日、家でのクリスマス会でも、クラスのことが気になる爽子。そんなとき、電話が・・・、という話。

おもしろいシーンで笑わせながらもくどくなく、それでいて爽子の葛藤がとても心に響く、そして最後は感動的な展開。とてもいい話だったと思います。クラスという新しい関係を獲得した爽子が、家族というもともとある関係との間で葛藤する様は、とてもよかったです。家族とのクリスマス会をあっさり捨てきれずに葛藤するのは、それだけ彼女が優しいからでもあるんですよね。それにしても今回の話、成長した子どもが、家族という枠を越えて羽ばたいていくようで、とても印象的でしたよ。それだけ爽子が成長したんだなぁ、というのが感慨深かったし。

爽子の父親、いい味出しているなぁ。親にとっては子どもはいつまでも子ども、爽子の父親にとっては、クリスマスも爽子を子どもとして扱うのに例外ではないようで・・・(笑)。高校生の娘に向かって、サンタさんにプレゼントをお願いするように言うって・・・(笑)。純朴な爽子でさえ、あきれるような感じで、とてもおもしろかったです。子の心、親知らず、なんですかね。でも、父親の言うことに、なんだかんだと従う爽子が・・・(笑)。いつまでも子どもを演じなくてはいけない爽子の気持ちはよくわかりますよ。父親、爽子の風早くんにあげようとしていたプレゼントまで奪いやがって・・・(笑)。あれは爽子、怒っていい。勘違いでもさぁ、父親、爽子からプレゼントされるまで待っているべきだろ。で、父親、気に入ったのか、家の中でずっとニット帽かぶってるし(笑)。

結局、クラスのクリスマス会のことを家族に切り出せず、家でのクリスマス会に参加する爽子。まぁ、いくらクラスメートが大事になったといっても、家族も大事にしなければいけませんからね。でも、爽子の心の中はクラスのクリスマス会のことでいっぱいで。やっぱり高校生にもなれば、家での毎年のクリスマスよりも、みんなでワイワイやりたいと思うものだよね。しかも爽子には、風早くんや千鶴、あやねといった家族以外の大事な人もできているわけだし。爽子の家でのクリスマス会、決してつまらないものでもなかったと思うんだけど、クリスマスなのになんかさびしく暗い感じだったのが印象的でした。

そんなときかかってくる一本の電話。風早くんをだすとは、あやね、やっぱり策士・・・(笑)。クリスマスプレゼントとか言っちゃうところがまた・・・。電話越しに聞こえる楽しそうに盛り上がってるところが、爽子にとっては辛いよね。でも、電話してくれるってことは、それだけ爽子が大事にしてくれているってことで、うれしいことでもあるよね。で、涙でしゃべれなくなった爽子に代わって母親がでるとは、風早くん、かわいそう・・・(笑)。こういうとき非常にドギマギするものだと思うのですが、風早くん、堂々としているなぁ。で、一方の爽子の父親、プレゼントに爽子が本当にほしがっている携帯電話とは・・・。くそ、このおやじ、爽子のこと、何も分かっていないように見えて、やりやがる・・・。泣きそうになりましたよ。爽子のこと、ちゃんと見ていないように見えて、見ているんだな、と。やっぱり、親、ということなんですかね。

携帯電話をもってクリスマス会に急ぐ爽子。もう誰もいないように見えて、風早くん、いなかったら男じゃないぞ、なんて思っていたら、やっぱりいました(笑)。さすが、男の中の男、・・・というほどでもないか。爽子へのプレゼントが、携帯のストラップとはまたにくい。でもいいですね、初めての携帯のアドレス交換が好きな人なんて。なんかとてもロマンチックでしたよ。で、爽子からのプレゼントは、・・・そんなところでおとさなくていいから(笑)。とてもおもしろかったですけど。風早くんには、腹巻もネックウォーマーに見える・・・(笑)。

そういえば、前回気になっていた千鶴と龍の関係、元に戻ったという感じなのね。以前より距離は縮まったのかもしれませんが。でもなぁ、あんな風に龍に慰められたらなぁ・・・。まぁ、いいや。爽子と風早くんも、相変わらず少しずつ距離を縮めているようですけど、なかなか踏ん切りがつかない感じはしますね。とにかくあと三話、どう話が進んでいくのか、気になります。ということで、次回も楽しみにしてますよ。

君に届け Vol.7 [DVD]君に届け Vol.7 [DVD]
(2010/06/23)
能登麻美子浪川大輔

商品詳細を見る

PageTop

『WORKING!!』5品目「ある風邪の日に…、いつもと違うワグナリア」感想

昨日、感想を書いた後、お酒を飲みながら動画だのなんだのを見たりしていたんですが、・・・いつの間にか寝てました・・・。一人なので、他人に醜態を見せるわけでもなく、それはそれで気持ちいいものです。が、起きたとき焦るよね。電気つけっぱなしで、ちゃんと布団で寝てたんですが、あれ、メガネどこ?って。潰していたら洒落にならないなぁなんて思っていたんですが、いつもとは逆のところにちゃんと置いてありました。無事で、よかったです。そんなことはさておき、『WORKING!!』の感想。今回は、第5話です。では、いってみましょう。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

男性の接客ができない伊波は、それを直そうとしていた。しかし、男性客を前にすると足がすくんでしまい、接客できずにいるのだった。一方、佐藤は八千代の誤解にイライラしていたのであった。そんなある日、小鳥遊の妹が熱を出してしまい、彼女を病院へ連れていくため、小鳥遊が急遽バイトを休むことになるのだった。ホールにぽぷらと伊波しかいない中で、男性客ばかりがつぎつぎと訪れ・・・、という話。

今回も、また男性恐怖症の伊波の話が中心でしたね。彼女にとって危機的状況が訪れたわけですが、結局、男性恐怖症、克服できてないじゃん・・・。まぁ、伊波が男性恐怖症を克服してしまったら、彼女の魅力が半減どころでないくらいなくなってしまうような気がしますけど。八千代と小鳥遊がいないなかで、佐藤を中心に、臨機応変に仕事をふりわけてピンチを乗り切ったわけですが、もう少し伊波が男性客を前にてんやわんやする姿は見せてほしかったです。アニメといえど、あくまで仕事の話なんで、この対応は正しいんでしょうけどね。

前回、このワグナリアでの人間関係が見えてきておもしろかったんですが、今回もそれにまつわる話はおもしろかったです。相馬が解説してくれる、店長・八千代・佐藤・ぽぷらの四人の関係、小鳥遊は悪循環と言っていましたが、いい関係なのではないかと(笑)。佐藤に八つ当たりされている感のある、ぽぷらが一番かわいそうな感じはしますけどね。でも、ぽぷらはいじられてこそ輝く・・・、やばっ、自分、小鳥遊と同じ感覚を持ってしまっているよ・・・。そんな四人の関係、そこからまたぽぷらを起点に、小鳥遊・伊波がつながっていくのですね。これで全員、・・・あれ、相馬が・・・。相馬、意外と伊波の後にくっつきそうな感じもしますけどね。相馬にとって、なかなか近付けず、秘密を握れない伊波、そんな彼女を知りたいと思う欲求が恋心に・・・、ってなったりして。

自分を常識人だと思っている小鳥遊、いや、それはさすがに・・・(笑)。ド変態です、あんた。周りから見れば、十分変態なのに、常識人を気取る小鳥遊が痛々しいです。まぁ人間、どんなに変な趣向をもっていても、自らは常識人だと思っているものでしょうけど。ちょっと人とは趣向が違っているだけだ、と思っているくらいでね。たしかに、小鳥遊も、「小さいものが好き」という変態的なところ以外は、まともだとは思いますけどね。ただその変態的なところが、あまりにも強烈過ぎて・・・。

主役である小鳥遊の出番が結構少なかった今回の話。意外と、小鳥遊がいなくても話回せるんじゃない?と思ったり・・・。そんな今回、最後のオチはもう少し強烈なものがほしかったなぁ。ちょっとすっと流れて行きすぎのような感じだったので。そういえば、佐藤と相馬のホールの制服姿、なんかカッコよかったですね。そういう意味では、今回は貴重だったのかな。さて、次回は、小鳥遊一家の話のようですね。前回、ちらっとは出てきましたが、彼女たちがどんな話を織りなしてくれるのでしょうかね。ということで、次回は、楽しみにしてますよ。

WORKING!! 3 【完全生産限定版】 [DVD]WORKING!! 3 【完全生産限定版】 [DVD]
(2010/06/23)
福山潤阿澄佳奈

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。