五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『けいおん!!』第5話「お留守番!」感想

今日は、めちゃくちゃ仕事が忙しかったです。今週は長いのに、もう疲れ切ってしまって・・・。今週ほんと大丈夫かなぁ。というか、残業だったので、感想書く時間が全然とれないんですけど・・・。と言いつつ、もう書き始めていますが。今日は、この『けいおん!!』の感想を書いたら、何もできずに終わりそうです。で、寝たら、明日も仕事かぁ・・・。とにかく、書いていきましょうかね。では、『けいおん!!』第5話の感想です。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

唯たちが修学旅行に行ったとき、学校で授業を受ける二年生の憂と梓。三年生がいないちょっとした変化を楽しみつつ、そして唯から送られてくるメールを楽しんでいたのだった。だが憂は、家に帰ると唯がいないということを知らされ、悲しんでしまう。そこで、仲のいい梓とジャズ部の子で憂の家に泊まりに行くことになり・・・、という話。

やっぱり唯たちが修学旅行に行った時の、憂と梓の様子の話でしたね。唯たち三年生がいない学校のちょっとした変化を描き、彼女たちがいないことの寂しさを見せる。最後には、憂や梓がセッションして、彼女たちなりの楽しさを見つける。そういう話の筋自体はよかったと思うんだけど、いかんせん、そこに至るまでの物寂しい描写が長すぎて・・・。リアルな感じはとてもしたんですが、もう少し、楽しくなるような描写は入れてほしかったです。

今回登場した、憂や梓と仲のいいジャズ部の子(名前忘れた・・・)。飽きっぽい性格のようですが、意外とおもしろいことを言う性格のようで、なかなかいいキャラクターですね。まぁ、憂と梓が落ち着いている性格だから、そのことが際立ったのかもしれないですけどね。唯たちと一緒にいれば、おとなしい感じに見えそうですし。というか、唯たち四人がすごいきゃらが立っているだけなのかもしれない。でも、なんとなく憂や梓たち三人のノリが、リアルな感じの高校生って感じにも思えます。

お泊まり会になった、憂の唯がいない寂しさからくる涙。そんなに唯のことが好きなんだ。憂が唯を好きなのは、これまでの話からも分かっていたけど、ここまでとは・・・。普通、家族のだれかがいなければ、いないからこそできることをしたい、とか思いそうなものだけど。いない変化を満喫できるというかね。まぁ、憂も梓たちが泊りに来て、結果、いつもとは違う生活を楽しむことができたわけですがね。そういえば、意外と三人の会話で盛り上がる、って感じもあまりしなかったんだけど、どうだったんだろうか、このお泊まり会。

梓たちが泊まった次の日は雨でした。雨はやっぱり暗い感じになりますね。外へ出たいけど・・・、みたいにもなりますしね。あの鬱々した三人の様子が・・・。もう少し修学旅行で楽しんでいる唯たちとうまく対比させてくれればよかったんだけど。メールばっかりだったし、電話やなんかの接点をもう少し作っておいてもよかったんじゃない。で、学校で飼っているカメの様子を見に来た時に、三人でセッションする。ことになったのですが、これはよかったです。すっきりしない三人の表情が明るくなり、雨もあがり、と、それまでためていたものが一気にはじけた感じもしました。なんにせよ、楽器を演奏することで、しっかりオチをつけたのがよかった。軽音部の話なんだし、こうでなくては、なんて思いましたよ。で、この三人でのセッションの感じ、とてもよかったんですけど、今度もこの三人で、ちょこちょことセッションしていくのもいいんじゃない?唯たちが抜けた後も軽音部は安泰・・・、って部員の数足りないか。ジャズ部の子もいるし。今回の話の筋自体は本当に作品に合っているし、よかったです。

最後の最後で唯たちが帰ってきましたが、彼女たちがいると全然雰囲気が違いますね。それだけ彼女たちの存在感が大きいということなんでしょう。で、次回ですが、次回もなんか雨の日のことの話のようですね。唯たちもいるし、今回のように暗い感じにはならないとは思いますが、どんな話になるんでしょう。とにかく、次回は楽しみにしてますよ。

けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
(2010/07/30)
豊崎愛生日笠陽子

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。