五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『バカとテストと召喚獣』感想

アニメの感想です。原作は、ライトノベルのようですね。読んだことありませんが・・・。最近、ネット配信で、パック購入をして見てました。しかし、パック購入の期限で見終わることができず、今日、最終話だけ別口で購入してみるという情けなさ・・・。お金が勿体なかった・・・。とりあえず、今日最終話まで見終わることができたので、感想です。それにしても、ネット配信は便利ですね。放送していないアニメでも見れるし、見逃した話も見ることができるし。これからも、どんどん利用してくことになりそうです。では、『バカとテストと召喚獣』の感想、いってみましょう。

感想は、おもしろかったです。

進級テストの点数でクラス分けが行われる文月学園。バカな吉井明久は、最低ランクのFクラスに配属されることになった。しかし、そこには試験の途中で体調を崩した姫路瑞希もいたのだ。本当は頭のいい姫路のためにも、上のクラスに上がりたいと思った明久は、この学園特有の「試験召喚戦争」で戦いを始めるのだが・・・、という話。

正直、はじめはどうなることかと思いましたよ。序盤は、ほんとおもしろくなかった・・・。試験召喚戦争に面白みを感じないし、主人公の明久は鬱陶しいし、他のキャラクターたちも強すぎるくらいあくが強いし・・・。演出のテンポも悪かったのかな、なんか笑えるって感じもせず、ストーリーがおもしろいわけでもなく、と感じたんです。が、尻上がりにおもしろくなっていきましたよ。最後の数話は、目頭が熱くなるようなシーンもいくつかあって・・・。終盤の試験召喚戦争と、最終話はほんと見ごたえがありましたし、見てよかったと思えるまでになっていましたよ。

個人的に、はじめはつまらない、という印象で始まったこの作品。印象が変わり始めたのは、弁当の回あたりからかな。結構早い段階なんですが・・・。この話で、ストーリー自体はまぁ…という感じだったんですが、笑えるシーンがよくてね。笑いながら続きも見ていけそうだな、なんて思いながら、続きの話を追って行った感じになりました。で、遊園地の話でビックリ。この話も、爆笑しながら見ていたんですが、最後でうるっときてしまって・・・。この話、ほんといい話だと思いましたよ。でも、これいい話だけど、召喚獣関係ないような・・・、なんて思いも抱いていたりもしました。というか、中盤ずっと召喚獣は出てきても、試験召喚戦争はしないし(できなかったんだけど)、全然それを作品的に有効に使っていないのが気になっていたんです。

で、最後の試験召喚戦争です。これはほんとに熱かった。召喚獣という設定もしっかり機能しているし。雄二の策をはじめ、それぞれのキャラクターが持ち味を発揮して、上へと這い上がっていくのがとてもかっこよかったです。Fクラスがバカだ、と散々見せつけた上で、バカな彼らがすべてを使って上の者にぶつかっていくのがいいんですよね。これこそ、カタルシス。ある意味、それまでの話はこの試験召喚戦争を見せるための前提にすぎない感じもする。でも、この試験召喚戦争の最後は、・・・あっけなかったなぁ。これだけ盛り上げたんだし、最後ぐらい勝たせてやれよ、と思いましたよ。まぁ、最終話の話もあったからなんですが。最終話を見て、明久と姫路の関係でしっかりオチをつけたんだな、と好印象で終わることができたわけですしね。

作品的に、萌え熱血アニメみたいな印象でした。ちょっとキャラクター描写はあざといなぁ、なんて感じもしたんですが、かれらバカだし、まぁいいのかな。そういえば、明久は、姫路と美波から好きになられていましたが、二人がなぜ明久を好きになったのか、よくわからない。姫路は、進級テストの出来事があったからという部分はわかるけど、それが恋に結びつくのが不明だし、美波に至ってはほんとなぜ?という感じが・・・。まぁ、萌えアニメだからそうなんだ、と割り切ってみるべきなのかもしれないですけどね。雄二と翔子の関係なんかは、脇役だし、過去のこともしっかりほのめかせているから素直に納得できるんだけど。

なんにせよ、尻上がりにおもしろくなっていく作品、笑いながら見て最後にほろっと感動する作品だったのはたしかです。いい作品だったと思いますよ。ぜひとも、またアニメ化してもらって、続きが見たいものです。しかし、明久たち、物語が続けば続くほどFクラスから上がることができない感じがするのですが・・・。Fクラスで、仲間たちとともに、というのが明久も、他の連中も一番合っているのかもしれないですけどね。

バカとテストと召喚獣 第6巻 [Blu-ray]バカとテストと召喚獣 第6巻 [Blu-ray]
(2010/09/22)
下野紘原田ひとみ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop

『君に届け』episode.25「新年」感想

やっと、『君に届け』も最終回まで見ました。本当なら、一昨日見て感想まで書いてしまうつもりだったんだけどね。一昨日は、そんな状態ではなかったもので・・・。疲れが半端なかったし。今日は、だいぶ元気になりましたよ。二連休で、ちょっと休み疲れみたいな感じはあるのですけど・・・。とにかく感想いってみましょうかね。では、『君に届け』最終回の感想です。

今回は、なかなかおもしろかったです。

初詣に来ている爽子と風早くん。出会ったときのことを思い出す爽子だったが、風早くんも爽子のことを入学式のときから覚えており、その後の彼女も見ていたのだった。風早くんのいい方向に変わってきているという言葉に感動する爽子。そして、二人して神社で新年を迎え、参拝もする。おみくじで大吉の風早くんに、凶の爽子。風早くんは、その大吉のおみくじを爽子にプレゼントとして渡すのだった。初詣も終え、帰路についた二人は・・・、という話。

最終回なのに、いつものノリのまま終わった、という感じでした。シリアス一辺倒になるのではなく、笑いあり、みたいな感じで、いつも通り、という感じだったかな、と。まぁ、最後の最後は、最終回らしいような感じで、これまで登場したキャラクターたちの新年を迎えた様子を見せていましたけどね。いつも通りな感じの最終回でいい、という感じもありますが、正直、最終回にしては内容が薄いような感じも・・・。前回と今回で話を引き延ばしている感じもするし。今回の話で、爽子の心境の変化みたいなことも特段ないしね。感想で書こうと思うこともあんまりないんだ・・・。なんかそれがちょっと残念でした。

前回と引き続きの今回の話。この二話を通じて、爽子と風早くん、互いが互いの思いを知る、という感じの話でしたね。そんな中で、今回特徴的だったのが、風早くんの気持ちというのが語られたこと。いままで、彼のセリフでしか知ることができなかった彼の気持ちが、心の声として分かることになったのは新鮮でした。これまで、徹底して爽子目線などでしか風早くんの気持ちを推し量るしかなかったですからね。彼が爽子をどう思っているのか、この初詣をどう思っているのか、それが、この最後の話でわかったのはよかったですよ。

最終回だし、一貫して爽子と風早くん二人の話に終始するのかと思っていたら、千鶴やあやねの話もしっかり展開していくのね。彼女たち、爽子と風早くんの傍観者という立ち位置だけでなく、しっかりと彼女たちの物語もある、と。なんか、基本シリアスな感じの爽子と風早くんに対して、千鶴やあやねたちの話が、ギャグ基調になっていたのは、いいアクセントだったかな、と思いましたよ。龍が帰ろうとしたため、千鶴が追いかけ、二人になるし、あやねはジョーにつかまっていて、それから解放されたと思ったら、ピンと出会う、と。爽子と風早くんのカップルだけでなく、千鶴やあやねも、それぞれの恋(?)を進めていく感じはおもしろいですね。カップルそれぞれで、雰囲気が違うのも興味深かったし。あやねとピン、互いにけんか腰の二人ですが、あれはあれで馬が合っているんじゃない、と思ったりしましたよ。

おみくじのシーン、大吉の風早くんに、凶の爽子。爽子の凶は、その前の振りからなんとなく想像できました。で、彼女の恋愛運の項目、なんとなく、今後の彼女に巻き起こる事を暗示しているような感じも・・・。風早くんが爽子に大吉のおみくじをプレゼントしていましたが、そんなの渡して効果があるのかな?それぞれの運勢を占ったものだから、渡しても意味ないような感じがするけど。そもそも、神社のおみくじ自体に、どれだけ当たるものなのか、という感じもしますけどね。

最後は、それぞれのキャラクターの新年を迎える様子。くるみ、以前の感じに戻っているような。というか、個人的に
、彼女にもっとストーリーに絡んできてほしいのですが・・・。爽子のクラスメートたちは、・・・全然印象にない・・・。爽子の両親は、ほんと仲いいんだなぁ、という感じがします。今回の両親の様子、夫婦として、すごくリアルな感じもしましたよ。そして、爽子と風早くんの別れ。なんか言葉少なに歩いていましたが、カップルとしてどうなんだろ?とも思ったり。楽しいのかどうなのか?なんて。でも、あれが二人が落ち着く雰囲気なのでしょうけどね。で、別れた後の風早くんの独白、なんか意味深だったなぁ。

すっと流れていくような最終回でした。この後も物語が続いて行く感じはいいのですが、前回か今回でもう少し盛り上がるような出来事があってもよかったなぁ、とも思いました。爽子と風早くんが二人で新年を迎える、という出来事があったのですが、クライマックスとしては、ちょっと予定調和すぎる、感じがするというか・・・。今回、こういう結末になるのはいいのですが、その前に二人の関係に・・・、みたいなのがあってもよかったのではないか、と。でも、こんな話でも、しっかりとおもしろくみせてくるのは、さすがだと思いましたよ。


ここまでが今回の感想で、以下、この作品全体の感想。

感想は、おもしろかったです。

こういう恋愛物は苦手だった自分(食わず嫌いだったのかもしれませんが・・・)、ですが、普通に楽しんでみることができたのは、それだけ作品が素晴らしいということなんでしょう。話の軸は、青春ラブストーリーで、真面目なものなんですが、それをおもしろい描写も織り込みながら魅せていったのは見事だったと思います。とくに序盤のみんなから距離を置かれている爽子、というキャラクターも、普通なら暗くてかわいそうな感じに描かれそうなところを、面白おかしく描いていたのはよかったです。ちゃんと笑える描写になっていたし。マンガ原作で、原作通りなのかもしれないですけど、映像化したときにちゃんと楽しめる映像にできるか、というのがアニメスタッフの力量だろうし、その点ではうまく話を盛り上げていたなぁ、と思います。

ストーリーは、第1話の段階で、どういう結末に至るのかがわかるような感じでしたね。展開を二転三転させたがるような最近の作品の中にあって、ある程度先が見えるというのはいいことだったと思います。予想される結末に至るのかの過程をどう見せるかでもあるわけだし。肝心の中身の話ですが、爽子と千鶴・あやねが微妙な距離感になる話や、くるみ関係の話などはとてもおもしろかったです。個人的に、キャラクターたちが内に秘めた思いを爆発させるような話が好きなのでしょう。ただ、そのくるみの話の後は、原作通りのためなのか、ちょっと話自体に勢いがなくなってしまった感じも・・・。千鶴関係の話は、当然あっていい話だし、いい話だと思うのですが、爽子に直接かかわる話ではなかったし、初詣の話も爽子と風早くんの間になにか波風が起こることもなく、順調に関係を進展させていっただけだったし。もう少し、最終回に向けて、盛り上がるような話もうまく盛り込んでほしいような感じはしました。

キャラクター描写は、それぞれが複雑な思いを抱えていること、それをうまく表現していたと思いますよ。言葉で表すことが難しいようなそれぞれの思い、なかなか感想書くのが難しかったんだ・・・。それでいて、各キャラクターがそれぞれらしい思いで葛藤したり悩んだりしていたしね。うまかったと思います。はじめは完璧なキャラクターのようにも思えた風早くんや龍、そんなキャラクターたちも距離が遠かったから見えなかっただけで、物語が進むにつれて、彼らの複雑な思いや悩みが見えてきたのはおもしろかったです。あと、個人的に、好きなキャラクターは、くるみとかあやね。ちょっと一癖あるような、腹黒さがあるようなキャラクターが好きなんだなぁ、再認識。まぁ、純粋な主人公である爽子も好きですけどね。

なんかいまいち感想になっていない気がしますが、こんなところで。こんなに感想が書けないの、自分が少女マンガ原作の作品とか全く見ていなかったので、比較しながら見るとかできないのが原因でしょう。ラブストーリー自体、全然見てないしね。今後はもっとこういう恋愛物も見ていきたいですね。あと、この作品、最後で二期についてもほのめかしてましたが、どうなるんでしょう?実写化もするみたいですが、実写は苦手なので見ませんが・・・。とにかく、おもしろい作品だったので、二期があることを期待してますよ。

君に届け Vol.7 [DVD]君に届け Vol.7 [DVD]
(2010/06/23)
能登麻美子浪川大輔

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。