五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『HEROMAN』♯9「アライブ」感想

今日、仕事が休みだったんですが、何もしてない・・・。いつものことのような感じもしますけど、ほんとぐだぐだと時間を浪費していただけ、って感じですよ。しかも、それなのに、時間がないような忙しいような錯覚を感じるという一日・・・。なんだろうね、腰痛のせいなのかな?腰は、昨日よりもだいぶよくなりました。痛みも和らいだ感じだし。でも、完治するにはもう少しかかりそうですけどね。さて、『HEROMAN』の感想。今回は、第9話ですね。では、いってみましょう。

今回は、まぁまぁおもしろかったです。

ドクターミナミは、タマの動きを止める作戦を今まさに実行しようとしていた。一方、ゴゴールの攻撃の前に倒れたジョーイ。一度は立ち上がる彼だったが、またしてもゴゴールの標的となり、攻撃を受け倒れてしまう。彼が倒れたとき、ヒーローマンが赤い炎を身にまとい、ゴゴールに襲いかかったのだ。その凶暴で残虐な戦い方、意識を取り戻したジョーイは、そんなヒーローマンを止めようとするのだった・・・、という話。

ゴゴールを倒し要塞も破壊され、なんか最終回みたいな内容の話でした。もしかして、ゴゴールはスクラッグの尖兵にすぎないのか、とも思ったけど、そうでもないような雰囲気だったし。とりあえず、第1部完、という感じなんでしょう。でも今回、展開が早くて、というか早すぎて・・・。二話分くらいの内容を、一話にして見せたような感じで、勿体なく、そしておかしい部分があるようにも思えました。ヒーローマンが暴走してそれをジョーイが止めるという話で一話にしたほうがよかったんじゃない?展開が早ければいいってもんでもない、と思いましたよ。

ヒーローマンの暴走とそれを止めるジョーイ。ジョーイが倒れたことで、暴走したヒーローマン、エヴァみたい・・・。そしてヒーローマン、どれだけジョーイのことが好きなんだ、と。それはいいとして、ジョーイ、体丈夫すぎるだろ。二回も倒れて、起き上がってきているし。二回目に倒れたときなんて、ゴゴールの攻撃、まともにヒットしてたしね。彼はもう人間を越えている、ってことなんですかね。さて、その立ち上がったジョーイが、ヒーローマンを正気に戻したわけですが、ヒーローマンがジョーイのコントロールが利かなくなったのは問題ですね。でも、ヒーローマンが別にどんな残虐な戦い方をしてもいいと思うんだけど・・・。どういう形であれ、敵であるゴゴールは倒さなければいけないんだし。プロレスアニメのような展開だったんですが、これスポーツじゃないからね。なんか暴走したヒーローマンについて問題視するところが間違っている感じがしました。そういえば、戦闘中のサイとデントン、二人して観戦しているだけで、なにしているんだ?倒れたジョーイのところに行ってあげるくらいのことはしてあげるべきだったと思うんだけど。

ジョーイによって正気を取り戻したヒーローマンが、ゴゴールを倒す。一体、ヒーローマンの暴走はなんだったんだ?まぁ、今後の話の伏線なんだろうけど・・・。でもやっぱり元に戻るのは早すぎる感じはするし・・・。で、二人でゴゴールを倒したわけですが、ジョーイ、さっきまでフラフラなくらい疲れていたのに、完全に復活してるし・・・。ゴゴールに倒されていたときは、体力回復の時間稼ぎだったのか・・・。それにしても、ジョーイにしてもゴゴールにしても、倒れたと思ったら立ち上がり、というのが何回も続くなぁ・・・。戦闘もののお約束といっても、さすがにくどすぎるように思いました。

要塞ごと爆破をはかったゴゴールに、ジョーイ達はタマの進行と止めるために危険な行動に出る。デントンが、最上階のコントロールルームで作業することになりましたね、少しでも間違ったら、ということをデントンは心配していましたが、それ以前に、デントンがスクラッグのコンピューターが使えるのか、とか、スクラッグの言語が分かるのか、ということが問題になりそうな感じがするんだけど・・・。デントンも、最後はバンバン叩いていたし、分かっていなかったのかな、という感じはしますけどね。しかし、ロックがかけられていなくてよかったね。というか、スクラッグもちゃんと特定の人物しか使えないようにロックしておけよ・・・。まぁ、こんな事態になることは全く想定していなかったのかもしれないですけど。

開発した兵器で、タマを止めることをアピールしたかったドクターミナミ。普通、何もせずとも、タマが止まってくれたことを喜びそうな状況なのに、自分を売り込もうという彼にとっては不幸でしかなかったようですね。人間的に、情けない感じはしますね。悪役らしいといえば、悪役らしいけど。でも、兵器を使う前にタマが止まってしまったことも、自分の手柄にはできそうな感じはしますけどね。これを使う前に、実は・・・、みたいなことを言えば、なんとでもできそうな感じはするし。そういえば、大統領の周りにいるものが、そんな心配することはなかった、ということを言っていましたが、随分な事無かれ主義だな、と・・・。

さて、次回からは新しい話が始まるようですね。これからのヒーローマンの敵は、人間、ということになるのかな。なんか、スクラッグの要塞の跡からなにやら拾っていた者もいたし、スクラッグのことも関係してくるだろうけど。とにかく、次回がどういう話になるのか、次回は楽しみにしてますよ。

HEROMAN Vol.1 (初回限定版) [Blu-ray]HEROMAN Vol.1 (初回限定版) [Blu-ray]
(2010/08/18)
小松未可子木村良平

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。