五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第二十話、『BLUE DRADON』第十九話の感想

朝になんとか『極上生徒会』の感想を書き、いつもどおり『絶チル』と『ブルドラ』の感想です。いやぁ、感想を書くの終わらなかったらどうしようなんて思っていましたが、無事放送を見れました。では、感想です。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、面白かった。

兵部のペット桃太郎が、兵部のもとを抜けだし、チルドレンに拾われるという話。桃太郎の存在を介して、チルドレンたちエスパーが、一般人からいかに危険な存在で距離をとって見られているかを、再認識させられた話でした。人間性が普通であっても、あまりに強大な力をもつものは、人間社会から隔離せざるを得なくなる。そういう、なんか人間の共同体の怖さ、みたいなものが、この作品のテーマなのでしょう。仕方のない面があるのは当然なんですがね、今回の皆本の言葉にもあるように。で、今回は、それを特に意識させられる話でした。

今回主役の桃太郎なんですが、あれ、エスパーの実験動物だったんですか・・・。てっきり、兵部あたりが、人間だったエスパーをムササビにしたのかと思っていたよ。しかし、桃太郎は、人間が兵器として研究していた負の遺産だったとは・・・。なんか桃太郎は、可哀想でもあります。普通の動物だったのに、あんな人間みたいな意識を持ってしまったことも、不幸な感じもするし。で、施設から救ってくれた兵部、ともに人間を憎むものとして、手を取り合うのは、当然ですね。二人は、似た者同士のような印象だったし。

では、以下、思ったことを。

・また男の入浴シーンからかよ・・・。今回は兵部でした。実年齢はおじいちゃんなはずなのに、あんな気取って風呂に入る姿は、なんか笑える。桃太郎が兵部のもとから去って行きましたが、兵部はすぐに探そうとはせず、あんまり気にしていないような気が・・・。まぁ、兵部の能力ならすぐに見つけ出せそうですからかな。

・兵部のもとを飛び出た桃太郎。なんかひまわりの種が食べたくて、出て行ったみたいですね。兵部、ちゃんとエサやってないのか・・・。桃太郎、ペットショップで見た仲間に恋をしますが、桃太郎のような意識をもってないので、すぐに恋は冷めました。バカにしてたけど、そんな桃太郎が特別なんだって・・・。で、桃太郎、ひまわりの種を守るのに夢中で、車にひかれそうになるなんて・・・。桃太郎も結構、おバカです。ひまわりの種、下に落としてもべつに大丈夫だろうに・・・。

・チルドレンに拾われる桃太郎。飼い主である兵部は、探しに来なかったということか・・・。あれ、桃太郎、記憶無くなっているの?あんな小さな脳みそで、人間みたいな思考をしている無理がたたったのかな。記憶を失ったまま、すぐに薫に懐いていました。薫、変なやつに好かれる能力は、驚異的です。そういえば、桃太郎って名前、チルドレンたちも知っていたんだ。

・皆本はハウンドとともに訓練。で、かれらはその地で、動物実験の跡地を見つけます。あんなほら穴みたいなところで実験するのかなぁ。まぁ、戦時中のものだと考えれば、ってことなのかな。戦争ということで、使えるものはなりふり構わず使う、ほんと悲惨な感じがします。兵部も昔、そういう存在だったのでしょうね。

・チルドレンは、柏木が来たので、桃太郎を風呂に隠す。顔を出しながら柏木と会話していたが、風呂に入ってないのばればれ・・・。

・裸で柏木に近づく薫を見て、桃太郎が誤解して逆上。おいおい、薫、胸揉んでる、揉んでる・・・。エロすぎるって・・・。桃太郎に誤解され、柏木さん、可哀想です。チルドレンのためにご飯作っていただけなのに・・・。

・皆本たちが帰ってきて、桃太郎の扱いでチルドレンと皆本で意見の対立。隔離して処分しないと危ないという皆本の意見ももっともだし、桃太郎に自分の姿を重ね、普通に扱いたいというチルドレンももっともです。このようなどっちの意見が正しい、ってわけではない、この意見の対立は良かったです。皆本が、自分が非難していたような人物と同じようなことを、桃太郎に言っているという矛盾も含めて。

・薫に裏切られたと思い、暴れようとする桃太郎。そんな桃太郎を止めようとする薫。薫は、桃太郎を倒す以外に、止める方法があるのかな、と思っていました。やはり薫には、桃太郎を止められませんでした。桃太郎の攻撃を受けているだけだもの・・・。それでは・・・。

・兵部が登場し、暴れる桃太郎を止める。皆本に見ておけ、みたいに言っていましたが、ガキの喧嘩じゃねぇか・・・。あの喧嘩を皆本に見えたかったのかなぁ。バカです、兵部。こうなることを考えていなかったのかもしれないけど。そして、みんなの前で、桃太郎にロリコン呼ばわりされてるし・・・。にそれにしても、兵部、あんなガキみたいなことする人だったのね。いつも気取っているのは、カッコつけていただけなんだね。そんな兵部が面白かったです。そういえば、兵部の味方の変なエスパー出てきたなぁ。彼、兵部についていったらダメだと、今回の話で思わなかったのかな。

・薫と心が離れてしまったのではないかと不安になる皆本。薫が兵部に取り込まれたら、大変なことになるしね。葵と紫穂がすぐに皆本のフォローをしたのはよかったです。・・・って、おい、薫は、柏木の胸揉みたいだけかよ・・・。薫ってオヤジ思考みたいに思われているが、実はマザコンなんじゃない、と。お母さんの乳が恋しいだけの・・・・。うーん、どうかな。

次回は、変な人形遣いが暴れる話ですか。で、裏で兵部が糸をひいている、と。そういえば、以前の話で兵部が彼を勧誘している場面がありましたね。人形遣いの彼、バベルを裏切るのかな。次回は、結構楽しみです。


『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回は、こちらも面白かったです。

前回のライバッハの神殿の話の続きです。神殿の奥に進むシュウたちは、そこでミヒャエルと出会う、という話。前半は、前回に引き続き、いまいち面白くないなぁ、なんて思っていましたが、後半、ミヒャエルが出てきて、これは面白いって感じになりました。シュウたちに見つかったミヒャエル、治療中でこれは見られたくないって感じだったもんなぁ。いままでのカッコつけていたミヒャエルさんが、いまでは、すっかり笑えるキャラクターになりました。最高です、ミヒャエル。今回も、見事なまでに、負け犬っぷりを披露してくれたし。

ミヒャエルさんがいうには、上位生命体は、人間たちを滅ぼすほうに傾いているらしいですね。それも、シュウが間違いだらけの選択をしているために。それにしても、シュウの選択だけが、世界の命運を決めるってのは、ひどい話だよなぁ。しかも、シュウたちには、どの選択が正しくて間違っていたのか、分からないという理不尽さ。たぶん、ミヒャエルと戦い、ミヒャエルを倒したのは、間違った選択なのだろうけど。神を気取る上位生命体が、自分たちと拮抗する力を手に入れた人間たち、というのはうれしいはずはないですからね。

では、以下、思ったことを。

・ブルードラゴンが通り抜けた扉、ドラゴンだけが通れるようです。で、そのドラゴンで人間も通れる扉を開ける。まさにRPGの謎解きのような展開。うーん・・・。

・シュウたちがついた先は、コントロールルームのようなところ。パスワードがいるらしいです。パスワードを探して、新たな旅が始まるってことになるのかな。それにしても、間違ったパスワードを入力したわけでもないのに、防衛システムが働くとは・・・。あのロボットたち、何度も復活していましたが、中心部分を壊せば、動かなくなる、とかはなかったのかな。そういえば、あの場所、宇宙船か飛行船のような感じだったなぁ。あれが、上位生命体の世界に行ける船になりそう、と予想。

・後ろの扉を開けて防衛システムから逃げるシュウたち。システムがダウンしていたような状態になっていたけど、あの扉は起動するんだ・・・。防衛システム、ちゃんと敵を逃がさないように作っておけよ・・・。

・通路を抜け、奥の部屋で待っていたのは、ミヒャエル。扉を開けたらなにがあるんだろう、って期待していたら、彼で、笑ってしまった。あぁ、気持ちいい、って感じで治療中でございました。やられてから、全然出てこないと思ったら・・・。そういえば、あの胸の傷は治らないのかな。今までシュウたちを陰で監視し、操っていたかのようなミヒャエルですが、シュウたちに予期せぬところで、情けない姿を見られてしまうとは・・・。彼は、愛すべきダメキャラです。そのうち上位生命体からも見捨てられそうだなぁ、ミヒャエル・・・。

・ノイに当たり散らすミヒャエル。そんなノイに責任押し付けても・・・。まさに上位生命体の名折れです。責任転嫁、カッコ悪い・・・。

・シュウたちにも、散々厭味をいったあと、対決。ブルードラゴンとノイの合体、サーベルタイガーとブーケの合体、まさに総力戦です。ドラゴンを使えない、コンラッドとグリーズもいい働きしていました。いやぁ、なかなか燃えますね。余裕ぶっこいてたミヒャエルが、慌てだすさまは、非常に爽快です。

・ミヒャエルくん、またシュウに敗れる。ほんとに情けないなぁ、ミヒャエル。今回は、綺麗なまでの負けっぷりだったし。逃げるように脱出してたし。胸の傷、またひとつ増えてるし・・・(笑)。ジェリド街道一直線・・・。ロッタさん、こんな情けないミヒャエルに、なにか言ってやってください。

で、次回は、ロッタさん登場です。シュウたちになにかするらしいですね。今回出番がなかったので、とても楽しみです。ロッタさんは、ミヒャエルと同じ道を歩まないでくれよ、応援してるから・・・。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。