五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『マクロスFRONTIER』第19話「トライアングラー」感想

一日遅れの『マクロスF』の感想・・・。昨日は、仕事でへとへとになって、帰ったら何もやる気がしない、そんな状態だったもので・・・。なんか、遅れるのが当たり前になってきているなぁ。いかんいかん。といいつつ、まぁ、いつものことですが・・・。では、『マクロスF』の第19話の感想です。

今回は、うーん、まぁまぁかな、と。

ブレラとともにペットのあいくんを探すランカは、自分が歌を誰のために歌っていたのかに気づく。一方のアルトは、シェリルに会いに早乙女の屋敷を訪れる。ランカのライブの後、アルト・ランカ・シェリルの三人は顔を合わせることになる、という話。一話まるまるラブストーリー仕立てで、戦闘シーン、ありませんでした・・・。というか、バルキリー自体飛んでませんでした・・・。戦闘シーンが好きな自分にとっては、なんか物足りないなぁ、という感じ・・・。あと、タイトルから、今回の話でどうなるのかというのは予測できてしまったしのが。で、そこまでどうもってくるのかというのが、気になっていたんですが、特段すごいと思うこともなく、といった感じでした。あ、でも、三人がこの時点で、どんな思いで、どんな問題を抱えているのか、というのが明確になったのは、よかったです。

それと、バジュラの謎は、少しずつ明らかになってきていますね。ランカのペットだったあいくんは、バジュラの幼虫だったんですか。あんな可愛いものが、怪獣に・・・。まぁ、あいくんは、なんか裏があるだろうな、とは思わせていたけど。で、グレイスやレオンから「クイーン」と呼ばれるランカですが、もしかして彼女、バジュラにおける女王蜂?バジュラが蜂みたいな生態をとるのなら、ランカはその女王蜂の立場の存在で、歌によってその存在を誇示するって感じなのか、と。で、ランカ自身も幼虫の状態であり、そのランカをうまく手中におさめ、バジュラをも支配のなかに組み込もうと画策しているのが、レオンやグレイス、と。むむむ、なんか繋がってきたぞ。まぁ、勝手な推測で、全く当たってなさそうな気がしますが・・・。

では、以下、思ったことを。

・ランカの夢のなか。あれ誰?なんかブレラっぽいなぁ。ランカとブレラは、幼いときに接点がある、ということでいいのかな。ブレラも、ランカの歌に感じるものがあるみたいだし、もしかしてバジュラとか・・・。どうなんだろう。

・ランカのもとを抜けだすあいくん。腹が光ってる・・・。あれ、前にランカがバジュラに捕えられたときと同じような。結局、あいくんはバジュラで、腹が光ったのは成虫になる過程の現象ということなのかな。ということは、バジュラに捕えられたランカの腹が光ったのも、あのとき成虫になることを促されたということに・・・。

・早乙女の屋敷を訪れるアルト。そんなところから入るのね、アルト。兄弟子さんには、ばればれですが。アルトくん、着物を着たシェリルを見て、自分の母親の面影を見ます。そんなものなのかねぇ。あの屋敷で、着物着ているだけだぞ、シェリルは。髪の毛の色も全然違うし。もしかして、兄弟子は、アルトが母親とシェリルを重ねることを見越して、シェリルに着物を着せたのかなぁ。だとしたら、兄弟子はなかなかやる、ってことに。単に、「この屋敷にはルールがある。一つ、着るものは着物に限る」、ということかもしれませんが。まぁ、アルトくんが、マザコンなのはわかりました。

・パレードには参加せず、あいくんを探すランカ。・・・ちょっと、そのメガネは・・・。しかし、メガネかけただけで、よくランカだってばれないのかなぁ。髪の毛だって十分特徴的なのに。あと、あいくんのはずれをひく、ブレラ。センサーみたいな目で見ていたのに、カッコ悪い・・・。でも、あれは、あそこにもバジュラの幼虫がいたってことでいいのかな。

・シェリルと話、シェリルをランカのライブに誘い、別れるアルト。シェリルをランカのライブに誘うって、アルトにはどんな意図があったのでしょうね。ライバルのランカが歌う姿を見て、元の自分を取り戻せ、ってことなのかね。まぁ、アルトの言葉どおり、俺の勇姿を見ておけ、だったら、アルトはどうしようもないけどやつ、ってことに。飛行機雲でランカのハート、射抜いちゃってるし。

・ブレラと二人で話すランカ。二人は似た者どうしなんだなぁ。やっぱり、ブレラはバジュラ・・・?あと、ランカは、今まで歌ってきたのは、アルトのため、ってことに気づきましたね。あのとき、ブレラはどう思ったのかな。ランカのいい歌を聞くためにはアルトが必要、しかしアルトは俺のライバル・・・なんて葛藤が、ブレラには・・・やっぱり、無いのかな?しかし、あんな二人でいるところ、メディアにスクープされちゃったりしないのかなぁ。「超銀河アイドル、ランカ、熱愛発覚」って。

・兄弟子から、アルトの母親のこと、舞台に立つということについて聞くシェリル。兄弟子、アルトのことを語っていながら、シェリルのために語ってる・・・。やっぱりやるなぁ、兄弟子。ただものじゃない。で、アルトくん、父親に反発しながら、母親を求めて彷徨っている、エディプスコンプレックスそのままじゃないか・・・。まぁ、男なんて、みんなそんなもんかもしれませんが。

・ランカのライブ。あいくんは見つからずにランカは戻ってきたのね。しかし・・・なんだ?あのコスプレは・・・。なんか、変なのいっぱいいる・・・。ハロウィンとでも、重なってでもいたのか・・・。みんなのために歌っているようで、アルトのために歌うランカ。このこと、ライブにきたファンが知ったらどう思うのかな。ファン心理としては、複雑な思いを抱きそうですが・・・。

・ライブでのアルトたちの演技。ミハエルの描いたハートマークを、アルトが射抜くんですか。なんか、文章で書くと、違った意味合いでとれそうだな・・・。そういえば、ミハエル、意外と仲間のことに気を配る兄貴肌なんですね。ルカに対して、「一人でこそこそ何かをやるなよ」なんて、いい釘のさし方しましたし。

・ランカのライブから帰ろうとするシェリルを止めるクラン。「逃げるな」、おぉ、クラン、カッコイイ。たしかに、シェリルのあの様は逃げることだしなぁ。それにしても、うまく連携のとれたミハエルとクラン。二人で必死に、壊れてしまいそうな関係を取り持っております。将来、二人はおせっかいな夫婦になりそうです。えっと、いい意味で。

・レオンに、彼がクーデターを起こそうとしている事実を突き付けるオズマとキャサリン。二人は、これを探っていたのね。でももう、レオンのクーデターの計画ははじまっていたようですが。時、すでに遅し。個人的には、レオンのクーデターより、グレイスたちのほうが気になるんですけど。で、レオンですけど、クーデターまで起こす必要があったのかなぁ。もう十分、政府は彼の意のままになっているような気がするのですけど。あの大統領がいることによる、レオンの不都合ってなんだろう?

・ミハエルに、ランカとシェリル、どちらを選ぶのか、問われるアルト。ほんと、ミハエルはおせっかいです。若いんだしさぁ、いいんじゃないの、今の関係で。アルトは、二人を誑かしているわけでもないし。そもそも、アルトは、ランカとシェリル、二人を恋愛感情でみていたのか、って疑問が。アルトにとって、二人は恋人というより、大事な友達って感じが・・・。ミハエル、他人の恋路はそう急かすもんでもないよ、って感じが。あ、クランがシェリル連れてきた・・・。

・ライブの終わったランカが階段を駆け上がる。その先には・・・。お決まりのパターンですね。そういえば、ミハエルとクランはどこに消えたんだ。ランカとすれ違わなかったぞ。階段はいくつもあるのかな。ミハエルとクランが、ランカが来ることまで予測していたら、一気に悪役に変わりそうだ。「これで、泥沼」なんて、思ったりして。まぁ、考えてなかっただろうけど。

次回は、バジュラに成長したあいくんが大暴れするのかなぁ。あと、レオンのクーデターもあるし。あれ、タイトルまた曲名ですか。もしかして、この後ずっと曲名で通すのかなぁ。個人的には、普通にタイトルをつけてくれた方が好きなんですけど。でもまぁ、次回は話も大きく動きそうだし、楽しみにしています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

☆マクロスF 第19話 「トライアングラー」

アルトは、飛行機雲でハートに矢をいれる。 ランカさんが帰ろうとするとクランに逃げるなと言われる。

F-Shock DL Blog 2011年04月17日(Sun) 19:49


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。