五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『コードギアス 反逆のルルーシュR2』TURN21「ラグナレクの接続」感想

今日の感想三本目、『コードギアス』です。この『コードギアス』の感想を書く前に、『マクロスF』の感想を書いておこうと思ったんだけど、昼寝してしまった・・・。しっかり三時間くらい。おかげで頭はすっきりです。まぁ、これでいい感想を書けるとも思えませんが。では、『コードギアスR2』21話の感想です。

今回は、うーん・・・、まぁまぁかな。

Cの世界に閉じ込められた皇帝とルルーシュ。皇帝はそこでマリアンヌとともにラグナレクの接続を開始する、という話。いやぁ・・・ほんと・・・よく・・・分からん・・・。ルルーシュが形而上的云々、言っていたが、まさに話もそんな感じで、話だけで小難しいことを一生懸命説明されても理解できないですって。自分の頭が弱いだけなのか?ラグナレクの接続なんて、「ウソの無い世界」を作ろうとする皇帝の目的はわかるのですが、現実的にどうすることによって、どんな世界ができるのかがさっぱり・・・。集合無意識云々言われても・・・。そういえば、ラグナレクの接続あたりの展開は、谷口監督の前作『ガンソード』と同じような感じだなぁ、なんて思ったりしました。敵側による行き過ぎた正義、というか正義の拡大解釈の押し付けといったあたりが。まぁ、『ガンソード』のほうが敵側のやろうとしていることがわかりやすかったような記憶がありますけど。

あ、そうそう、今回、今まで謎だったところが一気にあきらかにされました。マリアンヌ関係のこととか、ルルーシュとナナリーのこととか。なんかもう最終回なのでは、と錯覚しましたよ。マリアンヌとアーニャの関係は、マリアンヌは自分のギアスを使ってアーニャに入り込んでいた、と。人の心に入り込むことができるギアスって、いまいち使い勝手が悪いような気もしますけど・・・。で、マリアンヌ殺害の首謀者はVVだった、と。彼、もうとっくに退場していますが。それにしても今回の皇帝、ルルーシュやナナリーに非常にやさしい対応をしていたことがわかりました。かなりビックリです。以前の弱肉強食云々言っていた皇帝は、どこにいったのやら・・・。皇帝、一気にスケールダウン・・・。

あと、最後に、ルルーシュがブリタニア皇帝の座につきましたね。これで完、となってもよさそうですが、まだまだ話は続くようです。ルルーシュは今までのレジスタンスという立場で活動していたのが面白かったので、次回以降どうなることやら、という不安が・・・。というか、この作品、ルルーシュがブリタニア皇帝のシャルルに反逆するということで成り立っていたように思うんだけど、今回でシャルルを倒しちゃったからなぁ。長いエピローグになるのか、もう一回シャルルは復活してくるのか。なんとなく、ルルーシュもシュナイゼルも倒れて、普通の人の長男坊がブリタニアの皇帝位について、めでたしめでたし、になりそうな感じもしますけど・・・。

では、以下、思ったことを。

・倒れていたスザクを拾うCCとアーニャというか、マリアンヌ。スザクくん、前回の転落でどっか深くに落ちてしまったのかと思ったら、こんなところにいたのね。彼も、もっと深い闇に閉じ込められればよかったのに。

・皇帝とルルーシュとの会話。Cの世界に閉じ込められて、手持無沙汰な二人のようですが、環境は皇帝が好きなように変えられるようです。皇帝「ちょっと本が読みたいなぁ」なんて思ったら、図書館みたいになりました。それにしても、皇帝の言う「ウソの無い世界」って、どういう世界なんだ?ここがよくわからなかったのよ。そういえば、Cの世界で象徴的に見せている歯車。あれ、なんかうまく噛み合っていないようにみえるんだけど。

・シャルル、CC、マリアンヌの過去が語られる。悲惨な過去から「ウソの無い世界」を作ろうという契約を結んだことは分かりましたが、シャルルがブリタニアを建国し皇帝につくまでの話は一切なかったなぁ。そういえば、マリアンヌを殺害したVVは、計画に支障が出るとかなんとか言っていましたが、動機は嫉妬ですかね、あれ。シャルルは子どももしっかり作ってるし。

・ルルーシュやナナリーが日本に来たのは、VVの目から逃すため。二人には優しいシャルル父さん。ん、マリアンヌに優しかっただけなのか。ルルーシュにとってはいらぬお節介だったようですけどね。

・マリアンヌやCCがCの世界に来たことで、シャルルはラグナレク接続開始。そういえば、スザクくんもちゃっかり来ています。なんでここにいるんだ、スザク。スザク「僕はルルーシュの親友だから、ここにいる」、こんなこと思っていたりして・・・。皇帝が、柄にもなくこそこそ進めてきたラグナレク接続。ついに皇帝の悲願が成就する、と思ったらルルーシュくん、反対。まぁ、反対しなければ、ダメな主人公と言われることになったでしょう。まぁ、反対して当然ですかね。第一、シャルルのやろうとしていることがいまいちわからないし。また、シャルルとマリアンヌは、ヘンな宗教に嵌ってトチ狂っているとしか思えないし・・・。

・ラグナレクの集合無意識にギアスとかけ、接続を止めるルルーシュ。あんなものにもギアスって効くんだ・・・。それにしても、シャルルとマリアンヌの体が消え出したのはなんで?マリアンヌは、意識体でしかないので、それでかなぁ、と思ったけど違うみたいだし。ルルーシュがギアスで「ラグナレク接続に賛成のものを消せ」と命じたとしても、実態のあるシャルルが光になって消えるのには違和感あるし。結果的に、ルルーシュ、父親のみならず、母親も消し去りました。母親が消えることには特別な感情を抱かなかったのかな、あれだけ探し求めていた人だし。あと、シャルルは消える前にシュナイゼルを否定していましたが、かれだってあんたの子どもだろうに。シュナイゼル、可哀想に・・・。そういえば、CCは以前のように戻ったのかと思ったら、なんかすっかり暗いだけの子に・・・。

・ブリタニアの皇帝に就任したルルーシュ。護衛にはスザクが。間の出来事、すっとばしました。ルルーシュ、なにをどうやって皇帝位についたのかね。シュナイゼルは身を隠しているようだし。まぁ、シャルルが弱肉強食とか言っていたので、ルルーシュが皇帝位に就くことは、当然といえば当然なのかな。それにしても皇帝の椅子に座るルルーシュ、なんとも悪名高い皇帝になりそうだ。あと、あんな場で学校の制服でなくてもよかろうに・・・。えっと、スザクについては・・・相変わらずだなぁ、と・・・。

次回以降、ルルーシュ率いるブリタニア軍とシュナイゼル軍の戦いになるのかな。シュナイゼル側に黒の騎士団もつきそうだし。うーん、面白くなるかなぁ、大丈夫かなぁ。ちょっと不安。まぁ、そのことを含めて楽しみにします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話 「ラグナレクの接続」

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume02 大混乱するエリア11。引き返せない、いや引き返さない。硬く悲壮なまでの決意の元、スザクは戦いに挑む!最強の部隊を相手に彼は勝利する事が出来るのか!?そしてルルーシュもまた…。人智超越した世界で明かされる驚天動

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2008年09月01日(Mon) 04:56


(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュR2 第21話 「ラグナレクの接続」

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume02 大混乱するエリア11。引き返せない、いや引き返さない。硬く悲壮なまでの決意の元、スザクは戦いに挑む!最強の部隊を相手に彼は勝利する事が出来るのか!?そしてルルーシュもまた…。人智超越した世界で明かされる驚天動

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2008年09月01日(Mon) 04:56


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。