五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『夏目友人帳』第七話「子狐のぼうし」感想

やっと観ました、『夏目友人帳』の第七話。先々週サボった分です・・・。まだ一話分残ってます。今になってしわ寄せが・・・。後悔、先に立たず、か・・・。大丈夫かなぁ・・・。まぁ、とりあえず頑張って書いていきましょう。では、感想です。

今回は、面白かったです。

山で夏目に懐いてしまった子狐が、夏目に会いにくる話。なんとも、ほのぼのした感じの話でした。やっぱり、それは子狐の可愛らしさ、愛くるしさによるものですかね。独りよがりの考えを持っていたり、騙されやすかったりもするけれど、行動が早く、少しずつ学習していく。そういった、子狐の子どもらしさが良かったです。で、今回の見どころは、他人に合わせることができる大人な夏目と、自分の思いに一途な子どもの子狐の対比、ということになるのかな。どちらにも欠点はあるわけで、だからこそ互いが互いを見て尊敬しあう、その大切さがテーマなのかな、と受け取りました。友人帳の子弟関係でない、夏目が妖と持ちたい関係もそういうものなのかな、と。

そういえば、子狐がある妖から貰った、一日だけ人間になれる薬。あれ、本当にそういう薬だったの?子狐、途中でしっぽが出てきちゃったり、耳もしっかりあったりしましたが。やっぱり偽薬だったんでしょうねぇ。でも、子狐にとっては夏目に会いに行く勇気を与えてくれた薬ということになるわけで。結果的に、子狐は自分の力で夏目に会いに行ったことになるという。そう考えると、あの薬をくれた妖はカッコいいなぁ。悪ぶりながらも、子狐に手を差し伸べたわけですから。まぁ、薬が本物でもかっこよかったですが。

あと、今回の話、あまりにもほのぼのと進んでいくものだから、なにか最後にどんでん返しがあるのでは、と勘繰ってしまいました。子狐に訪れる不幸・・・。自分の悪い癖なのかな。まぁ、無くて良かったんですけどね。

では、以下、思ったことを。

・合宿に出かける夏目と義父との会話。なんかぎこちないなぁ。二人になにかあったの?夏目はあまり慣れてない人とはあんな感じで会話しますよ、ってことなのかなぁ。

・妖にいじめられる子狐。あれは酷いなぁ。大人が子供にしていいことじゃない。子狐は「役立たず」呼ばわりされていたけど、なにがどう役立たずなんだろう?いじめるための口実なのか。

・子狐を守るために夏目登場。夏目らしからぬ、ヒーローな登場の仕方をしました(笑)。なんかカッコよかったぞ。子狐をいじめていた妖は、夏目ごときにやられるなんてよわいなぁ。まぁ、自分が弱いからさらに弱いものに当たっていたということでしょう。

・夏目をつけ回す子狐。可愛らしいなぁ。合宿所にまで来ちゃって、夏目以外のものに見つかったら大変だぞ。ん、子狐は妖だから夏目以外には見えないのか?

・急な雨に夏目に傘を与える子狐。つけ回す子狐に、「面倒なことになる」と思っていた夏目くんも、子狐の魅力に取りつかれたようです。ってわけでもないか・・・。まぁ、妖の厄介事を背負い込むのが、夏目らしさということなんでしょう。

・夏目に子狐は子弟関係を望むが夏目は拒否。子狐にとっては夏目はヒーローなんでしょうね。夏目師匠、ものぐさで暗い感じの・・・。あれ、全然、師匠ってがらじゃない・・・。

・一人、夏目に会いに行く子狐。『はじめてのおつかい』みたいな感じでした。ここもうちょっとしっかり見たかったなぁ。人間嫌いだった子狐が、人間とふれあうことで、人間に対する考え方をどう変えていったのかを。尺の都合とか、まぁいろいろと問題があるのかな。そういえば、途中夏目が友達と遊んでいるシーンがありましたが、魚釣りって・・・。意外と夏目はアウトドアなんだなぁ。なんか部屋で黙々と本を読んでいる印象がありましたが。ん、友達に連れ出されただけなのか。

・団欒な食卓の中にいる夏目を見て逃げ出す子狐。転んだ子狐の前に夏目が。夏目くん、瞬間移動・・・。いつのまに子狐の前に・・・。野暮なつっこみですかね。

・子狐を山まで送り返す夏目。電車で眠る子狐も、また可愛らしい。夏目くんは、なんかお父さんのようです。子狐は今回の一人旅は楽しかったのかな。子どもはこうやって成長していくのかね。そういえば、夏目はこんな夜中に出かけちゃって家は大丈夫なのかな。親とか心配してそうだけど。

ほんと、いい話が多いなぁ、この作品。いい話な分だけ感想が書きにくい・・・。つっこみどころが少ないというか・・・。よくできた話を、どこがどう良かったのかうまく説明しながら感想が書ければ、良いんだけどねぇ。なかなか難しいです。あ、『夏目友人帳』、次回も期待してますよ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。