五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『マクロスFRONTIER』第21話「蒼のエーテル」感想

一昨日感想を書いたばかりの『マクロスF』。もう、次の話の感想です。こうなったのも、自分が先週サボったからなんだけどね。あぁまだ、前回の話はしっかり覚えてる・・・。そういえば、昨日、総理辞任という大きな出来事がありましたが、『マクロスF』時間変更無くてよかったぁ。ちゃんと『マクロスF』録画されていました。では、感想です。

今回も、面白かったです。

フロンティアへのバジュラの襲来は、ランカの歌をおとりにする作戦で撃退に成功する。その後、ランカは、成長したあいくんとともに、バジュラのもとへ飛び立っていった、という話。なんか、最終回でもおかしくないような話の展開・・・。まぁ、やり残していることは山積みなんですが・・・。思いだすのは、『ラーゼフォン』・・・。すみません、こういった話、おとぎ話でもありそうだし、アニメでももっと有名な作品とかありそうなんですが、これしか出てこない・・・。改めて、自分の教養の無さに愕然とする・・・。

ともかく、良かったですよ、ランカの旅立ちまでの流れ。アルトのやりきれなさも、ランカの辛い心境も伝わってきました。今回のランカの行動は、あいくんを群れに戻すという目的がありましたが、ランカ自身が自分の歌が軍事的に利用されることに困惑も理由、ということも分かりましたし。歌うことがただの道具として扱われることになったランカが、バジュラのもとへ行くのは、ある意味道理なのかな。そういえば、ランカって、人間とバジュラ、両方の痛みを感じる立場なんだなぁ、と今更ながら思いました。そう考えると、正しい決断だったのか。でもまぁ、ぶっちゃけて言えば、今回の大惨事、引き起こしたのはランカなんだけどね。そのことにランカは気づいているかどうか・・・、気づいてなさそうだけど。自分でも分からない、自分自身の得体のしれない力、それが何なのか知りたいという気持ちはあったのかもしれません。ランカはそこまで考えてねえよ、って感じもしますけど。

あと、今回、レオンがしっかりと権力を握りました。大統領がバジュラに襲われ、と彼が言うたび、笑えて笑えて・・・。やったのおまえだろ、とつっこむのは無粋ですね。大統領を殺して、補佐官であるレオンが臨時大統領。権力を握った補佐官か・・・なんか、『ダグラム』のラコックを思い出す。自分、ラコック、大好きです。あの腹黒さ・・・。レオンにもぜひ、「寄生虫めが」みたいな印象的なセリフとともに無残な死を望みたいなぁ。思えば今回、ランカはレオンの魔の手から逃れたようにも思える。あぁ、ランカがレオンの道具に成り下がらなくて、ほんと良かった・・・。

では、以下、思ったことを。

・バトルフロンティアを切り離し、対バジュラの指揮をとるレオン。バトルフロンティアを切り離したのは、真実を知っているオズマたちを近づけさせないという目的もあったのかな。そういえばオズマたちどうなったんだろう。後の場面では、死亡扱いされていたんだけど。まぁ、死んでいないだろうけど、隠れて独自に活動しているのか、それともレオンに捕まって収監されているのか。

・巨大化したクランのバジュラ撃退。ミハエルの死を受けて、今回はクランの回になると思ったんだけどなぁ。活躍、ここぐらいでした・・・。でも、武装したクランが、バジュラを撃退する姿はカッコ良かったですよ。

・ルカのバジュラ掃討作戦。ランカをおとりにして、バジュラを空間ごと消し去るなんて・・・。ルカ、黒くなってきました。レオンの計画のようですし。ルカ、レオンの下僕化、進行中。愛するナナセを守るためにとるこの作戦、ルカが主人公だったら、カッコよく描かれるんだろうなぁ。でも、残念ながら、主人公は隣のロン毛歌舞伎役者でした・・・。そういえば、アルトたち、いつの間にバルキリー用意したんだ?クランも宇宙で戦っているし。

・作戦成功で腹の痛みを感じるランカ。バジュラの痛みは、ランカにも伝わってくるということでいいのかな。ん、以前は痛みを感じている様子はなかったので、ランカの孵化させたバジュラの痛みが伝わってくるということなのか?以前の話、この点については、よく見てなかったから、わかんないや。そういえば、バトルフロンティアやマクロスクォーターが対峙していた母艦級のバジュラもいたと思うんだが、あれはどうなったんだ?

・葬儀でのレオンの演説。このウソ臭さがたまらない・・・。いいキャラクターだよ、レオン。ちゃっかりランカを控えさせてるし。ランカの歌拒否に、レオンはどう思ったんだろう?この小娘が、と思ったのか、まぁ、彼女もショックを受けていることだし、と余裕をもって見ていたのか・・・。

・ランカのもとに現れる、成長したあいくん。二人光る姿は、ランカと合体、みたいに思えました・・・。ただ、さらに成長しただけのようですね。なぁんだ・・・。まぁ、このシーン、ランカが何を知ったのかのほうが重要なのかもしれません。今回、なんにもわかりませんでしたが。

・夜中の三時に鳴る、アルトの携帯。アルト、何してるんだ?なんか、もの思いにふけっているようだったが。夜中なんだし寝ようよ、アルト・・・。あと、着信のランカの画像、なんか気になる。

・アルトに教えてもらった紙飛行機を飛ばすランカ。あれ、紙飛行機が光ってるぞ。と思ったら、紙飛行機をもったあいくん登場。なんだ、あいくん、ランカと合体してなかったのね。ランカがいつバジュラになるか、期待してしまった・・・。それにしても、あいくん、すっかり大きくなって。ほんと見違えるほどに・・・。アルトが撃とうとするのは当然ですね。だって、目の前にいるのは敵のバジュラですもん。

・あいくんを撃とうとするアルトを止めるブレラ。相変わらず、動きが早い。ランカとアルトを監視していたということですね。あ、バルキリーまで用意しちゃって・・・。ブレラは、ランカのこの行動、どの程度把握していたんだろう?それと、これは、グレイスの計画のなかにあるのかなぁ。グレイスがどう思っているのかは、非常に気になります。ブレラの独断だったら、また面白くなりそうだ、ブレラとグレイスの関係が。

今回、あいくんは成長しましたが、しっかりランカに懐いていますね。あいくんだけでなく、バジュラは、ランカには従う習性があるようですよね。つまり、ランカを仲介として、人間とバジュラの共存も模索できるということかな。となると、バジュラとの徹底抗戦、及びバジュラの支配を主張する、レオンたちが敵になる、ということなのかな。なんにせよ、次回を見ないと。ランカを失って人々はどう動くのか。次回も、非常に楽しみです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) マクロスFRONTIER 第21話 「蒼のエーテル」

マクロスF(フロンティア) 3 (Blu-ray Disc) バジュラとの戦いが続く中、あるものは愛する者を失い、あるものは憎しみを増幅させていた。三島の陰謀が大きく動き出す中、自分が人々の悲しみと憎しみを背負い<歌う道具>になることを拒んだランカは、一大決心をする・・...

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2008年09月04日(Thu) 17:27


☆マクロスF 第21話 「蒼のエーテル」

ブレラさんがやってきてランカに歌いたくないなら歌わなくてもいいんだぞといいだす。 しかし、ランカたんアイモアイモの歌を歌いだす。

F-Shock DL Blog 2011年04月17日(Sun) 20:04


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。