五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『絶対可憐チルドレン』第23話、『BLUE DRAGON』第22話の感想

やってきました日曜日。なんか、一週間が早いなぁ。そういえば、今日、日曜には珍しく早起きしたので、今日放送開始のアニメ『バトルスピリッツ 少年突破バシン』を見てみました。サンライズ制作のカードバトルアニメですね。で、大丈夫かいな、あれ・・・。どうにも主人公の髪の色が気になるんですけどね。あと、小学六年生って・・・。もう少し年齢下げたほうがいいような・・・。まぁ、面白いアニメになってくれればいいんですけどね。観ませんが。だって、朝早いしさぁ。では、今回の『絶チル』と『ブルドラ』の感想です。

『絶対可憐チルドレン』

今回は、面白かった・・・のかな?

えーっと・・・すみません、今回、部屋の片づけをしながら見ていたので、そこまでしっかり見ていないです・・・。感想に疑問符がついているのは、そのためです・・・。まぁ、かまわず書いていきますけどね。話は、パンドラの連中を集め動き出す兵部は、捕まっている久具津とマッスルを救出する。一方、勝手に行動をはじめた澪が皆本の家を襲う、という話。ついに兵部の変態集団パンドラが動き出しました。これから、パンドラの変態たちが続々登場して、また一段と面白くなっていくのかな。

パンドラのメンバーでありながら、勝手な行動をはじめた澪。兵部にゾッコンで、皆本を襲う、薫と対になるキャラクターなんですね。いいキャラクターになりそうですね、澪。今回、勝手に行動をはじめるのも無理もない。大好きな兵部が、「僕のフィアンセは彼女だ」って、薫を大々的に紹介したようなものですから。一人、嫉妬の炎を燃やす澪はなかなか可愛らしい。で、澪はテレポートの使い手なんですね。なるほど、テレポートにはそういう使い方があるのか。自分の体の一部をテレポートさせるという。同じテレポートの使い手の葵より、一段上の能力のような印象があるなぁ。実際、どうなのかわかりませんが。

では、以下、思ったことを。

・パンドラの連中を集め、薫を「クイーン」と紹介する兵部。パンドラ連中は、もっと変人ばかりかと思っていたら、結構、まともそうなのも多いのですね。普通の人っぽいというか。演出的に、パンドラ連中は、澪といままで登場した奴以外、影のように見せても良かったと思うけど。で、薫を紹介する兵部。あんな巨大スクリーンを使って・・・。なんだよ、あの薫の画像・・・(笑)。もっとましなものはなかったのかね。もしかして、あれが兵部お気に入りの一枚だったのかな。巨大な薫の前で、カッコつけてしゃべる兵部が笑えて笑えて・・・。

・バベルの取り調べを受ける久具津。やっぱり、久具津、バベルに捕まっていたのね。人形にしゃべらせて、黙秘って・・・。そういえば、皆本も、取り調べまでしなくてもいいのに。バベルには、取り調べを行うスタッフは他にいなかったのかね。

・皆本の前に現れるマッスル大鎌。あぁ、こんなやついたっけ。もうすでに、懐かしいなぁ。しかし、その大根、なんとも卑猥すぎる・・・。マッスルの愛情が大根をあんな形に、ってことかな。まぁ、現実にも、大根があんな形になってしまうことありますけどね。

・水着にエプロンで皆本を迎えるチルドレン。その恰好は・・・全然、エロくない・・・。まぁ、いいですけど。チルドレンのこんな格好、需要あるのかな。で、そうさせた犯人は、賢木ですか。賢木さん、あんた、先週大けがを負ったはずなのに。治るの早いなぁ。え、看護婦に手を出したって、ほんと最低だなぁ・・・。

・アニメを見るチルドレン。変身美少女アニメですか。当然、なんだいきなり、と思いましたよ。しかし、こういうアニメを、こういう感じで盛り上がって見るものなのかね、女の子は。どうにも、こういう作品だと、大きなお友達の姿も同時に思い浮かべてしまい、チルドレンがこんなアニメを見て大丈夫なのか、と心配になってしまう・・・。あ、この作品自体、こういう作品でしたか・・・。

・皆本のためにサラダを作っていたチルドレン。サラダって・・・って感じもしましたけど、話を聞くとなるほどなぁ、って感じに。頑張ったんだね、チルドレン。チルドレンだけでは危なっかしそうなので、賢木が、サラダを作るチルドレンの面倒をみたのかな?

・夜中にチェスをする皆本と賢木。夜中にチェスって・・・。おいおい、二人、怪しい雰囲気になってきたぞ・・・。男二人で、手を握り合うなよ・・・(笑)。まぁ、賢木が駒を隠していただけなんだけどね。「これで、こういうのが好きな女性も、この作品のファンに・・・」なんて、スタッフの声が聞こえてきそうだ。

・チルドレンたちも来た刑務所で暴れる久具津。うわぁ、畑から大量の人形がぁ。って、なんだよ、あの顔・・・(笑)。何の顔なんでしょうかね。なんか元ネタあるのでしょうか?

・兵部に抱きつき感謝する久具津とマッスル。うわ、これは・・・。兵部にしたら、たまったものではないでしょうね。感謝されているとはいえ、おっさん二人が抱きついてくる・・・(笑)。

・チルドレンが出かけた隙に掃除をはじめようとする皆本。完璧に、母親の発想です・・・。男親でも、母親がいないと、こういう風になるのだろうか。まぁ、家事が好きなのはいいことなのでしょうけどね。

・皆本の家を襲う澪。登場の仕方、カッコいいなぁ。それに強いなぁ。手だけがテレポートして攻撃する様は、なんか、ロボットアニメを見ているような感じでした。

・澪にさらわれた皆本。薫が驚くのも無理もない。賢木は冷蔵庫と一体化してるし。「ケツが冷える」って・・・、まぁそうなんでしょうけど。それにしても、澪の残した手紙はすごかったなぁ。漢字を使う基準がよくわからんし、字間違えて直してあるし。澪もしっかり子どもなんですね。

続きは次回ですか。なんか、澪と皆本がいい雰囲気に。皆本、澪にも気に入られてしまうのか?薫と澪の対決より、葵と澪のテレポート能力対決のほうが、見てみたい、なんて。さて、どうなるんでしょうね。次回も、楽しみです。次回はしっかり見ないと・・・。


『BLUE DRAGON 天界の七竜』

今回は、とても笑えて、面白かったです。

旅の途中、お金のなくなったシュウたちは、ケーキ屋で働くことに、って話。本編に関係のない、どうしようもない話だったんですが、いやぁ、笑った。先週との雰囲気の違いもすごいですが、たまにはこういう話もいいですね。ケーキの中にシュウを入れたのが運のつき。それにしても、シュウがあんなに空気の読めない奴だったとは・・・。まぁ、ブルードラゴンがシュウ以上に空気の読めない奴だったのですが・・・。

それにしてもドラゴンたちのやりとりは面白かった。ピポポタマン、どうみても正義のヒーローには見えません(笑)。まぁ、ブルードラゴンという最高の悪役がいたから成り立っていたのかもしれませんけども。で、ピポポタマスは、ここぞとばかりに、ブルードラゴンに、これまでの恨みつらみをしゃべってるし。結局、ブルードラゴンがキレてしまい、すべて台無しにってことですか。シュウもいいところでブルードラゴンを下げさせることできなかったのかね。面白かったからいいですけど。

では、以下、思ったことを。

・店屋で食べまくるシュウたち。すごい勢いで食べるなぁ、お金大丈夫か、と思ったら、案の定・・・。で、ブーケが財布係なのね。立ち位置お母さんだから当然か。ブーケも育ち盛りの子どもを三人も持って、大変だ。ブーケも、もう少し計画的に使うことはできなかったのか、って気もしないでもないが。そういえば、いままでお金、どうしていたんだろう。謎を追って旅をしても、お金が入るわけでもないし。敵を倒しても、お金が入るわけでもないし。

・町で仕事を探すシュウたちがみつけたのがケーキ屋。恐いオヤジなんかがでてきるのかと思ったら、あら、美人のパティシエ。で、マルマロ、ジャンプして回って踊って、あっさり働くことOKもらっちゃって、見ているこっちもびっくり。なんか裏がありそうな気がしていたんだけどなぁ。

・ノイとブーケも合格し、シュウだけが不採用。三人のなかで、一人だけノリの悪いシュウ。笑える。シュウって、こんなに不器用だったんだ・・・。とりあえず、シュウはその照れをどうにかしないとダメだと思うぞ。

・ケーキ屋で働くマルマロたち三人と、仕事探しのシュウ。シュウがあまりにもみじめだなぁ。空腹のまま公園のベンチで横になるって・・・。昔は大活躍をみせた英雄も、今では・・・。マルマロたちも全くシュウのこと気にしてないし。

・パーティー当日、ケーキの中に入るマルマロ。小便はしたけど、腹を下すって・・・。うわぁ、漏らしでもしたら大変なことになるぞ・・・。異臭のするケーキ・・・うぇ。マルマロが力ずくでケーキから出てきたのは、正解だったのかもしれない。まぁ、マルマロをケーキの中に入れることにしたのが、失敗だったんですけどね。

・ケーキが着くのが遅れ、場を持たせるブーケとノイ。ブーケ、やっぱり、脱ぐのかい。相変わらず、エロイなぁ、ブーケ。カメラさん、もうちょっと下を・・・。そういうわけにもいかないか・・・。そういえば、ブーケ、ちゃんとブラもしてるのね。まぁ、あの胸だったら、無いと大変か。マジシャンノイ、マジックの種はブーケです。はじめはウケのいい二人でしたが、さすがに長丁場は無理でした。マジックもシルクハットとステッキだけでなく、いろいろなものを使えばよかったのに。参加している子どもを透明なブーケが持ち上げるとかさぁ。

・ケーキの中には、たまたま現れたシュウが入れられる。空気読めないのが入ってしまったよ・・・。マルマロが入って、ブルードラゴンで運んでも良かったと思うけどね。マルマロも、また同じ失敗しそうで、入りたくないのかな。で、ケーキのなかから、豪快にブルードラゴン登場。あーぁ、やっちゃった・・・。あれでは、さすがに子どもたちも泣くわな。食べれるはずのケーキもぶっ壊してるし。

・悪のブルードラゴンを倒すため、ピポポタマン登場。ブーケ、ナイスアイデア・・・なのか?ピポポタマスが、必死にブルードラゴンに空気を読むように言い聞かせているのが、笑える。それにしても、今回のピポポタマス、ノリノリである。まぁ、ブルードラゴンに言いたいことも山ほどあるようだしね。そういえば、ブーケ、着替えるの早いなぁ。なんなら、裸でシュウたちの前に現れても良かったのに。

・サーベルタイガーも登場し、ピポポタマンの必殺技炸裂。っておい、屁かよ・・・。さすがに、あんなことをされたら、ブルードラゴンも怒るのも無理もない。ブルードラゴンが暴れて、すべて台無しに・・・。あーぁ。

今回は面白かったですけど、次回も、本筋とは関係のない話なのかなぁ。そんな雰囲気でした。二回続けては、ちょっときつそうだ。大丈夫かなぁ。まぁ、どうなるか分からないですけどね。重要な話かもしれないし。とりあえず、次回も、期待しています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。