五色の色眼鏡

色眼鏡で前がみえない…。 独断と偏見にみちたアニメの感想です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『マクロスFRONTIER』第22話「ノーザン・クロス」感想

今日は火曜日。火曜は『マクロスF』の感想です。今週こそは、ちゃんと書いていきますよ。でも、火曜にして、もう疲れきっています、自分。大丈夫かよ・・・。季節の変わり目だからかなぁ。まぁ、年がら年中、疲れている感もありますが・・・。そんなことより、感想ですね。第22話です。

今回は、まぁまぁ面白かったかな、といった感じ。

ランカを失ったレオンは、歌を取り戻したシェリルを招き入れる。一方、軍に編入されることになったSMSだが、レオンの真実を知り彼らは独自の行動をとる、という話。歌を取り戻したシェリルは、なんか雰囲気が変わりましたね。優しさが表面に出てきたというか。また、アルトとシェリルのやりとりは、以前のときと二人の立場が180度変わっているのは、面白かったです。そんなシェリルさんも、レオンの餌食に・・・。売れ出した途端、自分のものにしようとするのは相変わらずですか、レオン。そんなやつについていってはダメなんだけどなぁ・・・。今のシェリルなら、すっぱりと断るのかとも思ったんだけど。まぁ、シェリルがみんなのために歌いたいという気持ちも分かるのですけどね。あぁ、シェリルの行く末が非常に気になる・・・。

で、今回も、相変わらず、謎が謎をよぶ展開。最後、グレイスの本体かな?がいる星にランカたちはたどり着くみたいですが、なんなんでしょう、あの星。見た目、地球っぽい感じもしましたが、たぶん、違うかな。グレイスもバジュラ、というか、ランカと同じような存在なのでしょうか。うーん、分からん・・・。グレイスたちがバジュラの中心的な存在で、女王たるべき資質をもつランカを向かえ入れようと工作してきたのか。それとも、グレイスがバジュラの中心とは関係なく、あいくんを使って、自分たちに都合のいい星にランカを連れてきたのか。全然、先の展開が読めません・・・。まぁ、だからこそ楽しみでもあるんですが。

今回の見どころのSMSのフロンティア政府からの離反。あれはないよぉ・・・。どう考えても、離反するだけの条件が不足しているような・・・。レオンの大統領暗殺のことをもととして、SMSの軍への編入を契機に、ってだけだもんなぁ。隊員たちが、自らの進退を思い悩んでいる様子もないし・・・。暗殺された大統領がSMSを理解し支援していた人間だったりとか、SMSのオーナーのビルラーもレオンの手で暗殺されたとかなら、まだ理解できるのですが。また、ビルラーの手紙で暗に離反することを促していたりとか、自らの意思に反して上の命令に従おうとする艦長だが、レオンのあまりの非道さに隊員の熱意で重い腰を上げる、とかなら納得できなくもないですが。どうにも、あっさり離反しすぎていて、アルトとの戦闘でオズマはカッコいいことを言っていたみたいですが、全然カッコよく聞こえない・・・。せめて、ビルラーのレオンに対する立ち位置ぐらい明らかにさせといたほうが良かったのでは、と思いました。

では、以下、思ったことを。

・グレイスと電話するレオン。グレイスは、ブレラがランカを連れ出したことを予想外なことと言っていましたが、口ぶりから全然そうには思えません。たぶん、計画どおりなんだろなぁ、このことも。やっぱりレオンは、グレイスに操られているだけにすぎなかったのかな。フロンティアも壊滅状態で、こんなときに政府を強奪したレオンは、因果応報というべきか。レオン、新たなアイドル募集ですか。「求む、銀河の歌姫」、こんな人材募集の張り紙が思い浮かべてしまった。

・また人気を取り戻しつつあるシェリル。なんか以前とは顔が違うような。なんか幸薄そうな感じに・・・。面倒をみているのは、ランカの元事務所の社長ですか。それにチャリティーって、シェリルも変わったなぁ。他人とのコミュニケーションの仕方も、以前とは全然違うし。うわぁ、アイドル強奪集団が現れた。またかよ・・・。社長もランカに引き続き可哀想です。レオン「脚光を浴び始めたアイドルは、私が庇護させてもらうよ」、って感じに思えて。なんか、レオンが、地位と権力をもったアイドルオタクのように思えてきた・・・。

・崩壊した町を歩くオズマとキャッシー。あんたら、捕まってなかったんかい。すぐにSMSに逃げ込めば・・・、SMSにも捜査の手は伸びてるのかな。でも、SMSにそんな様子はなかったけど。で、落ちているのは、ミンメイ人形ならぬ、ランカ人形ですか。どうでもいいんですが。

・レオンとルカと会うシェリル。ルカくん、すっかりレオンの仲間に・・・。人間、他人に言いにくいことは回りくどく説明するものです。シェリルの余命は短いんだ・・・。だからこそ使えるようですが。まぁ、レオンにとってシェリルはランカの代用品にすぎないんですけどね。最終回で死にそうだなぁ、シェリル・・・。それとも、治療薬が見つかるのか。

・ビルラーからの連絡で軍に編入されることになるSMS。レオンとビルラーのやりとりをもっと知りたかった・・・。ビルラーからSMSへどういうことを言ってきたのかも、事務レベルのこと以外しかわからないし。憤るオズマなどは分かるのですが、艦長、あんたはもっと思い悩まないと・・・。艦として、とるべき行動がもうすでに決まっているのはなぁ・・・。

・屋敷でアルトと会うシェリル。よくもまぁ、タイミングよく・・・。そういえば、アルトの携帯には、ランカから電話かかってきたことは何度もありますが、シェリルからってのは、記憶にないのですが。あったっけ?二人は電話してたりするのか?上にも書きましたが、アルトとシェリルのやりとりは面白かったですよ。シェリルさん、すっかりエロくなってしまわれて・・・。

・レオンのグレイス暗殺。レオンはこのとき、グレイスの怖さを知らない・・・。使い捨ての道具だったとも知らずに・・・。レオンの小物っぷりは大したものであります。

・レオンの大演説で、最後にシェリル登場。演説の内容はさておき、レオンって結構、民衆からの人気があったんだ。そうだろうなぁと思うけど、意外とびっくり。やっぱり、バジュラとの徹底抗戦を主張するのね。最後に歌うシェリルは、あぁ・・・。シェリルはみんなのためと気持よく歌っていたのかもしれないけど、見てるこっちは歯がゆくて、歯がゆくて・・・。

・フロンティアを離れるマクロスクォーター。レオンには従えないというのは分かるとしても、どこへ行こうとしているのでしょう?なにをしようというのでしょう?海賊だ、と宣言する艦長。おいおい・・・。

・オズマと対峙するアルト。アルトにはSMSから詳細が伝えられなかったということなのかな。ほんとマクロスクォーターは何をしたいのか、よくわからん・・・。アルトを残して、次々と銀河へ飛び立っていく印象だけがありますが。「大人のすることか」「大人だからするんだろ」ってやりとり、何のアニメだったけ?なんか、フレーズだけ覚えてる・・・。え?『キングゲイナー』?

ランカの向う先には、とってもグラマラスになったグレイスさんが・・・ってところで終了。今回、EDの後にも映像があったのには、びっくりしたよ。ほんと次回も気になります。レオンのもとにいるシェリルとか、グレイスの星に向かうランカとか。そういえば、残り話数も大分少なくなったと思うけど、この作品、ちゃんと終わるのかな。なんか不安になってきた。まぁとりあえず、次回を楽しみにしています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

☆マクロスF 第22話 「ノーザン・クロス」

ルカは、シェリルさんにV型感染症のことを話す。ヴァジュラの体液で起こる病気。 そして、その状態はフォールド波がでてることを話す。

F-Shock DL Blog 2011年04月17日(Sun) 20:10


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。